海外FXの特徴

デメリットなし!海外FXのゼロカットシステムを紹介します

海外FX特有のシステムであるゼロカットシステム。

顧客が入金額以上の損失は負わないシステムのことで、メリットしかありません。

ここでは、

海外FXのゼロカットシステム

についてまとめていきます。

海外FXのゼロカットシステムとは

海外FXのゼロカットシステム

顧客の最大損失は入金額に限定されるというシステム

ゼロカットシステムとは、顧客の最大損失は入金額に限定されるというシステムのこと。(以降ゼロカット)

ゼロカットを採用している海外FX業者では、口座残高がマイナスになった場合に追証(おいしょう)が発生しません。

口座残高がマイナスになるような状況は、相場の急変などで強制ロスカットがうまく作動しなかった場合などで稀にあります。

※過去リーマンショック(2008)、東日本大震災(2011)、スイスフランショック(2015)などの際には強制ロスカットがうまく作動しないくらいの値動きになりました。

この時、ゼロカットのあるFX業者では口座残高のマイナス分は業者が補填しますが、ゼロカットのないFX業者では追証(おいしょう)としてマイナス分の追加入金を請求されます。

このマイナス分が大きく、すぐに用意できないような金額になってしまうと「FXで借金を負う」という事態になるわけですが、ゼロカットを採用している海外FX業者を利用していればその心配はありません。

一時的に口座残高の表示がマイナスになったとしても、遅くとも翌日までには口座残高は0にリセットされる場合が多いです。

FXで借金を負ってしまう状況とその回避方法
FXで借金を負ってしまう状況とその回避方法FX取引は状況・条件次第で借金を負う可能性があります。 簡単に言うなら、追証(おいしょう)のあるFX業者を利用していて、相場の急変...

追証(おいしょう)とは

追証とは、急激な相場の暴騰や暴落で口座残高がマイナスになってしまった場合、不足のマイナス分をトレーダーが追加で支払わなければならないという仕組みです。

もし支払わなければ、裁判所命令での銀行口座の凍結、資産の差し押さえなどが執行されることになります。

なお、すべての日本のFX業者には「追証」を定めた規定があります。(FXで借金を負う可能性があるということ)

ゼロカットを採用しているFX業者

ゼロカットを採用

主要な海外FX業者

ゼロカットを非採用(代わりに追証)

全ての国内FX業者、一部の海外FX業者

主要な海外FX業者ではゼロカットが完備されています。

一方、国内FX業者でゼロカットを導入している業者はありません。

ほとんどの海外FX業者はゼロカットが完備されていますが、海外FX業者に口座開設する際にはHPで確認することをオススメします。

国内FX業者と海外FX業者の違いを11項目で比較しますFXを始めようと思った場合、利用する業者は国内FX業者か海外FX業者の2択。 国内FX業者とは、GMOとかDMMFXとか日本国内に...

まとめ

海外FXのゼロカットシステム

顧客の最大損失は入金額に限定されるというシステム

ゼロカットが優れているのは、顧客が入金額以上の損失を負わないという点。

トレードでどんなに負けても入金額が最大の負けになります。

不測の事態でも顧客が借金を負うことがない。

これは、かなりのメリットであり、海外FX業者をオススメする理由でもあります。

オススメの海外FX業者はここだ!
私ならここを選ぶ!オススメの海外FX業者を紹介します。海外FX業者は数多くあれど、結局どこを選べばよいのか。 基本的には、使いたい業者が安心して利用できる業者なのかを確認したうえで、ボ...