海外FXの特徴

最強の顧客保護!追証なしの「ゼロカットシステム」を徹底解説

最強の顧客保護!追証なしの「ゼロカットシステム」を徹底解説

海外FX業者で採用されている「ゼロカット」。

これは、はっきり言って顧客保護のシステムとしては最強です。

同じ顧客保護のシステムである「強制ロスカット」と併せて説明していきます。

なお、時間がない人のために、この記事でわかることを簡単にあげておきます。

強制ロスカットシステム

国内FX業者・海外FX業者ともに用いられている「強制ロスカット」

この「強制ロスカット」は顧客保護の観点から設定されましたが、これのみでは全くもって完璧ではありません

「FX会社のシステム的な問題」、「○○ショック」のような相場の急変時に強制ロスカットが間に合わずに「追証」が発生する可能性があり、また発生した事実が何度もあるからです。

前者のFX会社のシステム的な問題としては、突発的なスプレッドの拡大、FX会社のシステムダウンなどがあげられます。

後者の○○ショックというは、リーマンショック(2008)、東日本大震災(2011)、スイスフランショック(2015)などがあたり、それなりの頻度で起きています。

このようなときに、強制ロスカット+追証というコンボが発生し、FXで借金を負う人がでてくることになります。

FXは危ない?FXで借金を負ってしまう人がいるのはなぜか
FXは危ない?FXで借金を負ってしまう人がいるのはなぜか「FXに手を出して借金を抱えてしまった。」 みたいな話を1度は耳にしたことがあるかもしれません。 そういうのを聞くと「FXっ...

追証とは

強制ロスカットがうまく作動しなかった際に発生する「追証」。

「追証(おいしょう)」とは、追加の証拠金の意味です。

口座内の証拠金が不足したために、追加で証拠金をいれるようにFX会社に請求されるのが、「追証が発生する」という意味になります。

もし「追証」を支払わなければ、裁判所命令での銀行口座の凍結、資産の差し押さえなどが執行されてしまいます。

この「追証」が、顧客がすぐに支払える程度なら問題ありませんが、○○ショックなどの相場急変のときには、すぐには支払えない額に達する可能性があります。

このような多額の追証によって「FXで借金を負った」みたいな話が表にでてくることになります。

ゼロカットシステム

海外FX業者では、強制ロスカットに加えて「ゼロカット」が採用されています。

ゼロカットとは強制ロスカットがうまく約定せず、口座残高がマイナスになってしまった場合にそのマイナス分を業者が負担するというシステムです。

この「ゼロカット」は、顧客にとって絶対的な安全弁となりえます。

ゼロカットのメリット

ゼロカットとは、言葉の通り、顧客の口座残高が0になった時点で取引終了ということです。

前述の○○ショックなどの相場の急変時においても、口座残高が0になった時点で取引終了なため、追証が請求されることはありません

一時的に口座残高の表示がマイナスになったとしても、遅くとも翌日までには口座残高は0にリセットされるので心配は不要です。(マイナスになった分は業者が負担します。)

追証を請求されない、これが何を意味するか。

顧客は預け入れた資金以上のマイナスは負わないということです。

つまり、トレードをして借金を負う可能性は0ということになります。

なぜ海外FX業者ではゼロカットを採用するのか

海外FX業者がゼロカットを採用するのは、収益構造の問題になります。

海外FX業者の収益源というのは、顧客が支払う手数料(スプレッド)になります。

簡単に言うと、顧客がトレードすればするほど、そのポジション量が大きければ大きいほど、海外FX業者も儲かるという仕組みになります。

取引量が増えなければ、会社が儲からない。

追証の不安を取り除くことで、取引量を増やそうというのがゼロカットができた理由になります。

ゼロカットを採用するということは、追証が発生するような事態にはFX業者が顧客のマイナスを肩代わりするということになります。

事実、顧客マイナスを肩代わりしたせいで潰れてしまった海外FX業者もあります。

にもかかわらず、多くの海外FX業者ゼロカットを採用しています。

つまり、追証発生時に顧客のマイナスを負担するデメリットよりも、顧客の取引量を増やすことのメリットの方が大きいと結論づけているものと言えます。

「追証をゼロにするから、ビビらないで積極的にトレードしてください。」

というのが、海外FX業者の姿勢なわけです。

国内FX業者でゼロカットを採用しているところ

現在のところありません。また採用するというような動きもありません。

国内FX業者は、海外FX業者と収益構造が異なります。

国内FX業者の収益源は、「顧客の損失」です。

スプレッド(取引手数料)で稼ごうとしていないので、スプレッドの狭さ競争みたいなことが起きるわけです。

そのため、数多くトレードしてもらう必要性も海外FX業者に比べて低いことになります。

以前、国内大手のFX業者でカバーディーラーをやっていた友達がいましたが、やっている仕事は指標時にスプレッドを広げること追い出すために儲かっている人を探すことだと言ってました。(現在の国内FX業者の中がどうかは知りませんが、そんなに変化はないと思っています。)

ゼロカットのまとめ

国内FX業者の顧客保護システム
強制ロスカット(追証あり)
海外FX業者の顧客保護システム
強制ロスカット+ゼロカット(追証なし)

国内FX業者は、追証の可能性が消えない強制ロスカットシステムのみを採用しています。

そのため、強制ロスカット+追証というコンボが発生する恐れがあり、発生した場合には借金を負う人がでてくることになります。

一方で海外FX業者は、強制ロスカットシステムに加えて、追証なしのゼロカットシステムを採用しています。

顧客の追証分を海外FX業者が担保することで、取引量を増やしてもらいたいからです。

追証がないということは、私たち顧客が不測の事態に借金を負うという可能性がなくなることを意味します。

よって、ゼロカットシステムというのは、最強の顧客保護のシステムと言えるのです。