デモトレードはすべき?XMでのデモ口座開設手順

デモトレードは意味がないみたいな見解もありますが、個人的にはすべき時期はあると考えます。

海外FXでは、取引プラットフォームはほとんどMT4(MT5)なので、デモで使い方を覚える意味はけっこうあります。

デモトレードに簡単に説明した後、XMでのデモトレード口座の開設方法を説明していきます。

デモトレードとは

架空のお金を用いて無料でFX取引が体験できるシステムです。

もちろん、利益を出しても出金はできませんし、損失を出しても架空のお金が減るだけです。

リアルトレードと同じトレーディングソフトを利用でき、実際の取引に近い環境でのトレードが試せます。

デモトレードをするメリット

どのような取引ソフトでも言えることですが、注文の出し方やチャート設定の仕方などは実際に使ってみて覚えるのが一番早いです。

海外FXの場合、デモといっても使用するMT4自体は実際の取引で使われているものと同じもので、使用するデータも実際のものとほぼ同じです。

ですので、マーケットが閉まっている土日には、デモ口座であっても取引はできません。

動いていないチャートを見ることはできます。

海外FX業者のトレーディングソフトはたいていMT4なので、いったん使い方をデモで覚えてしまうと、あとはどの海外FX業者を選んでもシステムで悩むことはなくなります。

初心者の方には雰囲気をつかむためにもデモトレードをすることをオススメします!

→ FX初心者はまず何から始めるべきか。トレード上達のための手順

以下、代表的な海外FX業者であるXMでのデモ口座開設手順について解説していきまっす。

XMでのデモトレード口座開設手順

Step1 XMのHPへ行き「デモ口座開設」をクリック

まず公式HPへ行き、「デモ口座開設」をクリックします。

こちらから直接デモ口座開設画面に行ってもOKです。

Step2 必要事項の記入

必要事項を記入していくわけですが、デモ口座なので本人確認は行われません。

なので、Eメール以外は適当に入力してもデモ口座は開設できます。

・性 適当に

・名 適当に

・居住国 JAPANを選択

・都道府県 適当に

・電話 +81に番号の最初の0を抜いて足します。

(例)携帯番号が08012345678の場合 → +818012345678

・Eメール 自分のメールアドレスを入力

・希望言語 日本語を選択

・取引プラットフォームタイプ MT4とMT5から選べます。

・口座タイプ スタンダード口座とXM Zero口座から選べます。

・口座の基本通貨 JPYを選択

・レバレッジ スタンダード口座なら1:888、XM Zero口座なら1:500を選択

・投資額 1,000~5,000,000まで選択可能。単位は選択した通貨になります。

・口座パスワード パスワードを決めて入力。

・口座パスワード確認 口座パスワードと同様のものを入力。

※パスワードはメールで送られてこないため、忘れないようにしましょう。

全て入力したら「デモ口座開設」をクリック!

以下のような画面が表示され、残りはメールアドレスから認証するだけです。

Step3 XMからのメールを確認し登録を完了。

XMからのメールを確認すると上記のような内容が表示されます。

「Eメールアドレスをご確認ください。」をクリックします。

これで登録完了です、お疲れ様でした。

MT4(MT5)のログイン設定

デモ口座の登録が完了すると、取引プラットフォームのログインサーバーを記したメールが送られてきます。

このメールに記載されたサーバーでデモトレードができるという意味になります。

MT4(MT5)をダウンロードするためにこちらへ行きます。

自身のデバイスにあったページへ行きソフトをダウンロードします。

ダウンロード後、インストールして起動しましょう。

MT4を起動させると上記のような画面がでてきます。

ID、パスワード、登録完了後にきたメールに記載されていたサーバーを入力します。

ログイン情報を保存にチェックを入れておけば次回は起動時から勝手にログインしています。

これで、あとは自由にいじってトレードするだけになります。

XMのデモ口座に関する注意点

デモ口座の有効期限

デモ口座に有効期限はありません。

ですが、最終ログインから120日が経過するとデモ口座にログインできなくなります。

なお、ポジションを保有していれば上記の場合でもログインできます。

デモ口座のリセット

デモ口座のリセットはできません。

設定した資金を変えたい場合など口座をリセットしたい場合、もう1度デモ口座を作る必要があります。

デモ口座とリアル口座の違い

デモ口座は、リアルのライブ口座とは違うサーバー上で稼働しています。

そのため、ライブ口座のレートとは必ずしも同一にはならず、タイムラグが生じることもあります。

デモ口座は無料で提供されているため、この辺は仕方ありません。

まとめ

デモトレードの簡単な解説とXMでのデモ口座の開設手順でした。

デモトレードは、初心者の方は特にやるべきです。

ベテランの方でも、さわった事のない通貨ペアやCFDをトレードをする場合は、まずデモで試してみるのがいいと思います。

参考にしてみてください。

関連記事

XMでの出金方法と注意事項のまとめ

XMにおける株価指数CFD取引。証拠金、損益の計算方法などを解説

XMから銀行への出金実例(mybitwallet経由)。100万円出金してみまし...

【画像付き】XMにおけるMT4の導入から初期設定のまとめ

XMのおいしすぎるボーナス!XMPを最大限活用する方法

XMの取扱銘柄一覧