パターン別に解説。海外FX業者からの出金方法まとめ

海外FXで稼いだら、きっちり出金!

なわけですが、出金方法は入金によって流れがいくつかあります。

できるだけわかりやすく解説してみたので、参考にしてください。

入出金の基本ルール

入出金に関しては、全ての海外FX業者共通でマネーロンダリング防止対策のために以下のルールがあります。

1、「入金元」、「口座」、「出金先」は全て同一名義人であること。

2、原則として「入金元」と「出金先」は同一経路であること。

1は当然の話で、入出金に関わる口座の全てが自己名義である必要があるということです。

自己名義の銀行口座から入金後に、自分の奥さんの銀行口座に出金とかはできないということです。

2の「同一経路」というのは、例えばクレジットカードで入金したならクレジットカードでの出金が大前提ですよということです。

入金額を超える利益分の出金は、海外FX業者によって自由に選べる場合と海外銀行送金のみとなる場合に分けられます。

なお、ビットコインの場合は本人確認というものは存在しないので例外的になります。

クレジットカードで入金した場合の出金

海外FX口座からクレジットカードへの出金というのは「返金処理」のことを指します。

つまり、クレジットカードで海外FX口座に入金した場合は、出金額に応じて入金額がキャンセル扱いとなり返金されることになります。

ショッピング枠での決済となっているので、ショッピングがキャンセルされて、口座に返金されるということです。

クレジットカード入金額よりもクレジットカード出金額が多かった場合、クレジットカード入金額までがクレジットカードでの出金となり、それ以上の部分に関しては海外送金での銀行振込になります。

いくつか例をあげて説明します。

(具体例1)

クレジットカードで10万円入金後、トレードがうまくいき15万円になったので全額出金する場合。

クレジットカードの入金分10万円は、クレジットカードの返金処理で出金。

残りの利益部分5万円に関しては、銀行口座へ出金。

(具体例2)

クレジットカードで10万円入金後、トレードでやられて口座残高0に。さらにクレジットカードで10万円入金後、15万円まで回復したので全額出金する場合。

クレジットカードの合計入金分20万円に達するまでは、クレジットカードの返金処理で出金になります。

よって、クレジットカードで15万円の出金。

(具体例3)

クレジットカード(A)で10万円入金後、さらにクレジットカード(B)で20万円入金。トレードで失敗して、25万円に減ってしまったので全額出金する場合。

複数のカードで入金した際は、直近に利用したクレジットカードから返金処理が行われます。

この場合は、クレジットカード(B)に20万円が出金され、残りの5万円がクレジットカード(A)に出金されます。

なお、すでにクレジットカードの入金額分の引き落としが終わっている状態でクレジットカード出金をした場合、翌月分の請求があればそれと相殺され、なお差額がある場合にはクレジットカード会社から引き落とし先の口座に入金されることになります。

銀行送金で入金した場合の出金

国内銀行送金か海外銀行送金かを問わず銀行送金で入金した場合は、同じく銀行送金で指定の銀行口座に出金分を振り込んでもらえます。

海外FX口座からの銀行送金は、海外銀行送金しか選べない場合が多いです。

また、基本ルールで説明したとおり同一名義、同一銀行への出金が基本です。

業者にもよりますが出金依頼から3~5営業日くらいで指定の銀行口座へ着金します。

海外FX口座から銀行口座へ海外銀行送金する際は、以下の経路で送金されます。

海外FX口座 → 中継銀行 → 国内銀行口座

この場合、「海外FX口座→中継銀行」と「中継銀行→国内銀行口座」の2ヶ所でで出金手数料がかかります。

「海外FX口座→中継銀行」でかかる出金手数料は海外FX業者側で負担してくれるケースがほとんどになりますが、「中継銀行→指定した国内銀行口座」でかかる手数料は、顧客負担になります。

だいたい1回の出金につき、2500~3000円の出金手数料が目安になります。

また、海外送金の際にSWIFTコードなどの情報が必要になります。

詳しくは以下にまとめましたので、気が向いたらどうぞ。

→ 海外送金に必要!主要金融機関の「SWIFTコード」の早見表

ビットコインで入金した場合の出金

ビットコイン入金を利用した場合の出金は、クレジットカードでの出金と同様のかたちになります。

ビットコイン入金額までの出金はビットコインへ、ビットコイン入金額を超える額は海外銀行送金での出金というかたちです。

出金依頼から着金までには通常1営業日、3,000ドルを超える出金の場合は3営業日くらいかかります。

出金手数料は海外FX業者によって有料のところもあれば無料のところもあります。

電子決済会社を経由して出金

2016年9月をもってNeteller、Skrillは利用停止になっています。

以前まではNetellerなどの電子決済会社を経由して入出金するのが利便性が高く主流の方法でしたが現在は利用できなくなりました。

電子決済会社経由なら、クレジットカードのように入金額までという制限がなく、手数料も無料なうえ、入出金も早いといいことづくめだったのですが、時代の流れということで諦めましょう。

現在、mybitwalletという電子決済会社が利用できます。こちらは出金の手数料が海外送金に比べて安いのでオススメです。(2018/8/16追記)

→ mybitwalletとは?海外FXで利用するメリットはあるのか

出金はmybitwalletの利用がオススメ

海外FX業者への出金方法のまとめでした。

現状、海外送金での出金が最もスタンダードなかたちになります。

現状、手数料的に最もお得なのはmybitwalletになります。出金の際はそちらを利用するのがオススメです。(2018/8/16追記)

今後ビットコイン出金などが定着してくるかもという感じですね。

関連記事

海外FXの入金は面倒?海外FX業者への入金方法まとめ

海外FXの出金拒否!きちんと出金できることがなにより大事

ビットコインで入出金。そもそもビットコインとは