FX取引の上達(中級)

トルコリラ暴落!スワップ狙いのトレードの可否を考える

トルコリラ暴落!スワップ狙いのトレードの可否を考える
初心者
初心者
トルコリラが高金利だから買うのにいいって聞いたんだけど?
ボナパル
ボナパル
トルコリラはもらえるスワップ以上に下落幅が大きいためオススメしません。ここではスワップ狙いのトレードについてまとめていきます。

この記事でわかること

・トルコリラという通貨の特徴

・スワップ狙いのトレードの可否

スワップ狙いのトレードを考える(トルコリラの場合)

トルコリラがまた暴落してTRYJPYで16円を割りました。

2010年には63円とかだったことを考えると、そこから75%くらい下落してるわけです。

スワップ狙いでトルコリラを買って下落に耐えていた人は退場した人も多そうです。

トルコリラの魅力的なスワップ金利

トルコリラが話題にあがるのはスワップ金利がとても魅力的に映るためです。

トルコは政策金利が諸外国に比べて高く、現状で8.00%あります。

日本の政策金利は0.10%ですので、トルコリラ円を買っておくと、その政策金利の差額7.9%が日々スワップ金利としてもらえます。

2018年5月25日現在のスワップ金利は以下のとおりです。(GMOクリック証券の場合)

通貨ペア必要証拠金(1万通貨あたり)スワップ金利(1日あたり)
USD/JPY43,820円53円
AUD/JPY33,144円37円
TRY/JPY9,204円76円

トルコリラ1万通貨の買いポジションで1週間で532円(76円×7)もらえることがわかります。

預入は9,204円ですので、拘束資金に対して結構いい利率がもらえることがわかります。

これだけみると確かにおいしいですが、価格変動がすべてを吹き飛ばします。

トルコリラ円チャート

上記のチャートのとおり、トルコリラ円は、ここ20年くらいきれいな右肩下がりのダウントレンドです。

資金を吹っ飛ばされたトレーダーやこの地獄のような状況をひたすら耐えている投資家が多数散見されます。

トルコリラをずっと保有しているくらいなら、大型株でもずっと保有して配当でも貰っていた方がよほどましだったと言えるでしょう。結果論と言えば結果論ですが。

トルコという国の特徴

トルコは高いインフレ率に悩んでいる

インフレというのは物の値段がどんどん上がっていくことです。

直近で16%以上のインフレ率です。

インフレを止めるためには金利をあげる必要があります。

インフレというのは市場に出回っているお金が多く、物がよく売れる状態です。(経済成長のためには、ほどほどのインフレは必要です。)

それが過度に進むと物の値段が上がりすぎて売れなくなるため、今度はデフレへと向かっていくことになります。

日本を見ればわかるとおり、デフレになると物の値段は下がりますが、労働者の給料も上がらないためどんどん物が売れなくなっていきます。そういった悪循環に陥ると経済的にはとても危険な状態になります。

そうならないためには、インフレ時に金利をあげてお金の流れを悪くすることでインフレを抑える必要があります。(金利をあげるとお金を借りたときの返済額が大きくなるのでお金の流れが悪くなるということです。)

現在トルコの大統領であるエルドアン大統領は利上げ政策に否定的です。

高インフレに悩んでいるはずなのに、市場が必要であろうと考える利上げがトルコでは行われないことから、トルコリラは失望売りでどんどん下がっているのです。

トルコは政情不安定

トルコはエルドアン大統領の強権政治でデモの弾圧やクーデター未遂、テロの活発化など不安定な状態が続いています。

国として政情が不安定だと当然ながら自国通貨は下落します。

世界からなくなるかもしれないと思われている国の通貨を誰が買うでしょうか。

そのため、トルコはそのような理由でも金利をあげなければならないのですが、前述のとおりエルドアン大統領は利上げ政策に否定的なため、必要な利上げが行われません。

誰も買いたいと思わない国の通貨を買っている人たち。

それがスワップ収入に目を奪われた日本人です。

金利収入を煽る証券会社やFX会社にも問題はあると思いますが、投資は自己責任が原則ですから何とも言えないところです。

スワップ狙いのトレードの可否

トルコの政策金利は17.75%、日本はゼロ金利ですので、トルコリラを買っているとその差額の金利分が毎日スワップとして入金されます。

過去には円キャリートレードと言って、円を売って高金利通貨を買うというのが流行っていた時代がありました。

2004年~2007年くらいのひたすら円安のきれいなトレンドが出ていた時期です。

その頃、高金利通貨として買われていたのはオーストラリアドルやニュージーランドドルだったりしたわけですが、現在のトルコリラほどの金利はありませんでした。

ですが当時は円安のトレンドが強かったのでスワップ狙いで長期トレードしていれば、日々もらえる金利収入に加え、キャピタルゲインも期待できたわけです。

しかし、2008年のリーマンショックでたいていの国はゼロ金利に近いかたちになってしまい円キャリートレードというのは廃れました。

先進国のほとんどが金融緩和で政策金利を下げるなかで、高金利を維持している通貨というのはそれなりに理由があるわけです。

そこに疑問を持てない初心者層が今回のトルコリラの暴落の被害者になっているのではないかと推察されます。

トルコの政策金利は17.75%、100万円分のトルコリラ円を買っていたら1年で18万円弱の金利収入が得られます。

普通に考えて、ここまで金利が高いのは危ないとか、おかしいとか思いませんか?

リスク(下落幅)の大きさに比べて、リターン(スワップ金利収入)が少ないというのが現在のトルコリラの特徴です。

また、FXはレバレッジを利かせられるのが特徴です。スワップ目当てでレバレッジを利かせると下落の時の被害もより大きくなります。

トルコリラに限らず新興国系で高金利の国はそれなりの理由があります。

リスクに対して、リターンが見合っていないというのは、現在のスワップトレード全般にいえることです。

スワップ狙いのトレードを考えるのまとめ

・スワップ金利が高いのには、それなりの理由がある場合がほとんど

現状、スワップ狙いのトレードはリスクとリターンが見合っていないと言える

トルコリラを例にスワップ狙いのトレードについて考えました。

現状、スワップ狙いの長期トレードというのは、あまりおいしくないというのが結論です。

FXはスワップ金利狙いで長期トレードをするよりも、短期売買の方がよほど相性がよいです。(長期トレードをしたいなら株とかETFを買っておいた方がいいかと)

ある程度の経験や準備は必要となりますが、短期売買で稼げるようになると余裕でお金が増えていきます

スワップ金利を日々チマチマもらうよりは、日々チマチマ1pipsでも抜くことを目指した方が個人的にはよいと思います。