信託保全はなし!TitanFX(タイタンFX)の安全性

海外FX業者とは思えないほどの低スプレッドでブイブイ言わせているTitanFX。

スペックだけ見れば、口座開設のメリットは十分すぎるほどです。

一方で、安全性はどうなのでしょうか。

結論から言うと、「並」の安全性です。

海外FX業者の顧客保護システム

海外FX業者の場合、自社の運転資金と顧客から預かった資金の「分別管理」を行っている会社は多いです。

これは顧客の資金が海外FX業者の運転資金と混じらないようにする最低限の顧客保護システムです。

「分別管理」より上の顧客保護になると、「分別管理+信託保全」になります。

「信託保全」まで行って海外FX業者は多くなく、登録している金融監督機関の要請によってなされている場合がほとんどです。

日本の金融庁への登録やキプロスの「CySecライセンス」を所持していると「信託保全」または「信託保全に該当するシステム」の導入が必須となります。

TitanFXの安全性

TitanFXはニュージーランドのFSP金融ライセンスを取得しています。

これは、わりと審査の緩いライセンスで規制も厳しくありません。

そのため、金融庁やキプロスのCySecライセンスのように「信託保全」は義務づけられていません。

緩めの金融ライセンスで営業しているTitanFXは危険なのでしょうか。

審査が緩めのFSP金融ライセンス

TitanFXはなぜ審査のゆるい金融ライセンスしか取得していないのか。

これは、TitanFXの設立背景に起因します。

TitanFXは元々PepperStoneにいた経営陣が新たに設立したブローカーになります。

PepperStoneは審査が厳格なオーストラリアの金融ライセンスを取得していましたが、オーストラリアの金融監督機関の圧力により日本市場撤退を余儀なくされた背景があります。

これは、日本の金融庁の要請にオーストラリアの金融監督機関が応えたかたちです。

→ 日本市場から撤退させられた海外FX業者PepperStone(ペッパーストーン)

TitanFXでは再び日本人向けサービスの停止を避けるため、比較的規制がゆるめで、日本の金融庁ともつながりの薄いニュージーランドで金融ライセンスを取得したものと推察されます。

審査と規制が強いところで金融ライセンスを取得すると、顧客に対してうちの会社は安全性が高いというアピールにはなります。

その一方で、金融監督機関の規制によってサービスの柔軟性が失われ、最悪の場合には継続的に営業できなくなる可能性がでてきます。

そのため、これまで優良と言われてきた海外FX業者でも審査の緩い金融ライセンスに移行しているのが最近の海外FXの流れです。

XMやAXIORYなども、それぞれ規制のゆるいセーシェルやベーリーズにて金融ライセンスを取得しています。

しかし、これでは金融ライセンスによる安全性を売りにできません。

そのため、顧客保護は自主的なシステム(XMではAIGの保険、AXIORYでは分別管理した口座を第三者機関が管理等)を導入しているところもでてきています。

TitanFXの顧客保護システムは?

金融ライセンスによって自社の安全性をアピールできないTitanFX。

では、TitanFXは顧客保護に関して独自の施策をしているのか?

特に何もしていません。

強いてあげるとすれば「分別管理」をしている銀行のグレードが高いです。

TitanFXが分別管理を委託している銀行は、ナショナルオーストラリア銀行(NAB)になります。

このナショナルオーストラリア銀行は、6000億ドルの資産管理額、150年以上の歴史を持つオーストラリア最大の銀行です。

また、世界の銀行ランキング・格付けトップレベルで日本のメガバンク(三菱東京UFJ銀行など)よりも安全性の格付けが高いです。

仮にTitanFXが倒産といった事態になっても、顧客資金にTitanFX側が手をつけることは難しいと考えていいと思います。

TitanFXの安全性に関する結論

TitanFXの安全性について振り返ります。

・金融ライセンスは審査と規制の緩いFSPライセンス。

・顧客資金は最低限の分別管理。

・分別管理している銀行は格付けの高いナショナルオーストラリア銀行。

・独自の顧客保護のシステムはなし。

以上からみて、TitanFXは安全性が高いと言い切れる海外FX業者ではありません。

ただし、現状の運営姿勢や出金拒否の話が全くでてきていないことなどから、「並」くらいの安全性はあるのではないかと個人的には思います。

安全性は普通、過度な信頼はしないこと

TitanFXの安全性についてでした。

安全性は「並」ですが、提供するサービスのスペックは「特上」なのがTitanFXです。

TitanFXの口座開設を検討するうえでの参考にしてみてください。

なお、TitanFXへの口座開設はキャッシュバックサイトを経由した方がお得です。

→ 画像付きで解説!TitanFXの口座開設手順まとめ(TariTali経由)

関連記事

画像付きで解説!TitanFXの口座開設手順まとめ(TariTali経由)

TitanFXの取扱銘柄一覧

TitanFXの本人確認手続き。必要書類のアップロード

日本市場から撤退させられた海外FX業者PepperStone(ペッパーストーン)

【評判・特徴】極狭スプレッド!TitanFXのメリット、デメリット