FX取引の基礎

FXはいつできるの?FXの取引時間と時間ごとの特徴

日本株は東証が開いている時間に取引できます。

一方、FXは24時間取引ができます。

FXの取引時間と時間ごとの特徴についてまとめていきます。

FXの取引時間

FX市場は月曜日の早朝に開き、土曜日の早朝に閉じます。

その間は、24時間常に市場が開いています。

つまり、平日なら24時間トレード可能ということになります。

fx-start_FXの取引時間

世界各国の為替市場は、上図のとおり右から左へと次々とオープンしていきます。

それぞれの取引時間が重なりつつ、次へ引き継いでいくので24時間どこかの為替市場が「常に」開いているということです。

最初にオセアニアのニュージーランドの為替市場が開きます。その後すぐにオーストラリア、日本、香港が続きます。これらをアジア市場と呼びます。

アジア市場が終わりに近づくと、次はヨーロッパ市場がオープンします。その後すぐにイギリスのロンドン市場がオープンしいきます。

ヨーロッパ市場、ロンドン市場の後半に差し掛かるころ、最後に米国市場がオープンします。

米国市場が終わる頃に、またニュージーランド市場が開きます。

このサイクルが月曜の朝から土曜の早朝まで繰り返されていきます。

<FX市場には取引所はない>

FX市場には、中心となる取引所が存在しません。

日本株なら日本橋にある東京証券取引所で取引されていますが、FXの場合はそのような物理的な取引所はありません。

では、どこで取引されているのか。

インターバンク市場という銀行間の電子的なネットワークの集合体が取引所というかたちになります。

FXの市場は、世界中に広がる銀行間のネットワークなので、取引は土日を除き24時間いつでも行われているのです。

夏時間と冬時間

そもそも夏時間と冬時間の違いですが、サマータイムのあるなしの違いです。

日本と違い欧米では、季節による日照時間の違いに合わせて明るい時間に活動するためにサマータイムを導入しています。

サマータイムが適応になると1時間時計を早めて、サマータイムが終わると1時間時計を戻します。

夏時間=冬時間-1

という式が成り立つということです。

例をあげれば、冬時間で22時は、夏時間では21時になります。

サマータイムの導入期間は各国によって違い、FX業者がどこの国のサマータイムに合わせるかによって取引できる営業時間も変わります。

多くの場合、米国サマータイム(3月第2日曜日~11月第1日曜日)に合わせています。

7ヶ月にも及びますので、1年のうち半分以上は夏時間ということになります。

夏時間と冬時間で注意すべき点は経済指標の発表時間が1時間変わることです。

夏時間、冬時間の切り替え時期は特に注意です。

重要指標の前に大量のポジションを抱えてしまっているみたいなことがないように注意したいところです。

3大セッション

世界の金融の中心地を3ヶ所あげるなら、どこになるでしょう。

正解は、「ニューヨーク」、「ロンドン」、「東京」です。

FX市場においても、その3ヶ所が開いている時間帯は、取引量が厚くなります。

そのため、3大市場が開いている時間を下記のように呼んでいます。

日本市場(東京市場)が開いている時間帯
→ 東京セッション(東京時間)

ロンドン市場が開いている時間帯
→ ロンドンセッション(ロンドン時間)

アメリカ市場が開いている時間帯
→ ニューヨークセッション(NY時間)

また、それぞれの時間帯にその国の通貨が活発に取引されることになります。

東京時間なら「円」、ロンドン時間なら「ユーロ」や「ポンド」、NY時間なら「ドル」です。

トレードすべき時間帯

トレードすべき時間帯というのは、結局のところ取引が活発になる時間帯ということになります。

取引量が増え、値動きが大きくなるためチャンスが多くなるからです。

取引が活発になる時間帯は下記のとおり。

17:00~21:00(夏時間では16:00~20:00)
→ 東京セッションとロンドンセッションが重なる時間帯

22:00~翌2:00(夏時間では21:00~翌1:00)
→ ロンドンセッションとニューヨークセッションが重なる時間帯

見てのとおり、日本の時間で見ると夕方から夜中にかけて為替は動き出します。

株は取引時間が日中なのでサラリーマンには厳しいですが、FXならサラリーマンでもチャンスはあるということになります。

トレードすべきでない時間帯

トレードすべきでない時間帯というのは、どちらかに激しく動くことがあらかじめわかっている時取引量が薄く値幅がでない時です。

具体的に言うと、以下のようなときになります。

1、主要な経済指標の発表前

アメリカの雇用統計やFOMCなど大きな指標が控えてる時は、様子見で値動きが乏しくなります。

そして、そのような重大指標が発表されると激しく動きます。

ここで無理にトレードして、ポジションを持ったまま指標突入みたいなことは避けましょう。

2、欧米の祝日

日本は平日でも、欧州やアメリカが祝日の日があります。

機関投資家などの参加者は休みをとっているので、値動きが乏しくなりがちです。

3、金曜の終盤(土曜の早朝)

金曜のニューヨークセッションの後半は、取引が薄くなるのであまり動かなくなります。

デイトレードのはずが、動かないからと翌週に持ちこしてみたらやられたというパターンは避けたいところです。

トレードは日本時間の夜がオススメ

FXの取引時間をまとめました。

最も値動きがあって、チャンスが多いのがニューヨークセッション。

日本時間で夜中です。

FXで稼ぎたいなら、この時間に集中してトレードすることをオススメします。