FXはいつできるの?取引時間と時間ごとの特徴

株は東証が開いている時間に取引できます。

FXは取引所がありませんが、どの時間に取引できるのか?

ググればすぐわかりますが、あえて私が説明していきます。

FXの取引時間

FX市場は月曜日の早朝に開き、土曜日の早朝に閉じます。

その間は、24時間常に市場が開いています。

世界各国の為替市場は、図のとおり右から左へと次々とオープンしていきます。

それぞれの取引時間が重なりつつ、次へ引き継いでいくので24時間どこかの為替市場が開いているということです。

最初にオセアニアのニュージーランドの為替市場が開きます。その後すぐにオーストラリア、日本、香港が続きます。これらをアジア市場と呼びます。

アジア市場が終わりに近づくと、次はヨーロッパ市場がオープンします。その後すぐにイギリスのロンドン市場がオープンしいきます。

ヨーロッパ市場、ロンドン市場の後半に差し掛かるころ、最後に米国市場がオープンします。

米国市場が終わる頃に、またニュージーランド市場が開きます。

このサイクルが月曜の朝から土曜の早朝まで繰り返されていきます。

夏時間、冬時間

日本と違い、海外にはサマータイムがあります。

「夏は暑いし、時計の針を1時間進めてみたりして、太陽の出ている時間帯を有効活用しようぜ!」という制度がサマータイムです。

これに伴い、FXの取引時間も1時間変わります。

4月から10月までを夏時間といい、11月から3月までを冬時間と言います。

FX市場の取引時間をまとると下記のとおり。()内は夏時間

市場オープンクローズ
シドニー(オーストラリア)7:00 (6:00)16:00 (15:00)
東京(日本)9:0017:00
ロンドン(イギリス)17:00 (16:00)2:00(1:00 )
ニューヨーク(アメリカ)22:00 (21:00)7:00 (6:00)

※日本はサマータイムという制度はないので営業時間はかわりません。

FX市場は取引所があるわけではないので、この時間はだいたいの目安になります。

このオープンとクローズの時間内に、それぞれの国でトレードが活発になると考えてください。

夏時間と冬時間の切り替わりで気をつけるべきなのは、いつ始まっていつ終わるかとかではなく、「経済指標の発表時間が変わる」ということです。

経済指標の発表時というのは、相場が大きく動く可能性があります。

その時間を把握せずに指標に巻き込まれて損失というのは、トレーダー失格です。

3大セッション

世界の金融の中心地を3ヶ所あげるなら、どこになるでしょう。

正解は、「ニューヨーク」、「ロンドン」、「東京」です。

FX市場においても、その3ヶ所が開いている時間帯は、取引の量が厚くなります。

そのため、3大市場が開いている時間を下記のように呼んでいます。

日本市場(東京市場)が開いている時間帯を「東京セッション(東京時間)」という。

ロンドン市場が開いている時間帯を「ロンドンセッション(ロンドン時間)」という。

アメリカ市場が開いている時間帯を「ニューヨークセッション(NY時間)」という。

トレードすべき時間帯

トレードすべき時間帯というのは、結局のところ市場が活発になる時間帯ということになります。

取引量が増え、よく動く時間帯は下記のとおり

東京セッション(東京時間)とロンドンセッション(ロンドン時間)が重なる時間帯を含む 17:00~21:00(夏は16:00~20:00)

ロンドンセッション(ロンドン時間)とニューヨークセッション(NY時間)が重なる時間帯を含む 22:00~翌2:00(夏は21:00~翌1:00)

見てのとおり、日本の時間で見ると夕方から夜中にかけて為替は動き出します。

株は取引時間が日中なのでサラリーマンには厳しいですが、FXならサラリーマンでもチャンスはあるということになります。

活発に取引される通貨

3大セッションそれぞれで活発に取引される通貨は異なります。

東京時間なら「円」。

ロンドン時間なら「ユーロ」。

NY時間なら「ドル」。

結局のところ、それぞれの時間帯の国の通貨が活発に取引されることになります。

なので、トレードする通貨ペアを時間帯によって変えることも大事です。

東京時間にトレードするならドル円やユーロ円など円絡みを。

ロンドン時間ならユーロドルやユーロ円などのユーロ絡みを。

NY時間ならドル円やユーロドルなどドル絡みを。 などなど

トレードすべきでない時間帯

1、主要な経済指標の発表前

アメリカの雇用統計やFOMCなど大きな指標が控えてる時は、様子見で値動きが乏しくなります。

ここで無理にトレードして、ポジションを持ったまま指標突入みたいなのは最悪のパターンになります。

2、欧米の祝日

日本は平日でも、欧州やアメリカが祝日の日があります。

機関投資家などの参加者は休みをとっているので、値動きが微妙になりがちです。

3、金曜の終盤

金曜のニューヨークセッションの後半は、取引が薄くなるのであまり動かなくなります。

デイトレードのはずが、動かないからと翌週に持ちこしてみたところやられたというパターンは、やればわかりますが凹みます。

取引時間はきちんと把握しておこう

FXの取引時間をまとめました。

トレードすべき時間帯、トレードしない方がいい時間帯は把握しましょう。

最も値動きのあるNY時間は、普通のサラリーマンの方なら在宅している時間だと思います。

株と違い為替は日本時間だと夜間がメインの時間です。

そのため、日中仕事をしているサラリーマンにもチャンスがあります。

関連記事

FXトレードにおける資金管理の方法を語る

逆張りナンピン手法はオススメしない理由

きちんと理解できている?通貨ペアの読み方と為替レートの意味

トレードする際に注意!重要なアメリカの経済指標まとめ

投資に関する書籍や投資ブログなどの読み方

ほとんどの人がFXで勝てないのはなぜか