スイスフランショックで問われたFX業者の信頼性

2015年1月15日に起きたスイスフランショック。

世界中の市場を大混乱に陥れました。

国内FX業者においては、追証によって大きな借金を負う個人投資家が続出。

また、海外FX業者においては複数の業者が破綻するという事態に見舞われました。

この出来事は、FX業者の信頼性を問うのに十分な出来事でした。

まとめていきます。長めですのでごゆっくり。

スイスフランショックの背景

スイスフランショックまでのスイスの為替政策

2008年のリーマンショック、2010年からは欧州債務危機といった金融危機がありました。これを受け、リスク回避の観点から安全資産である円やスイスフランへと投機マネーが流入していました。

日本もそうですが、輸出で儲かっている国(GDPに対する輸出依存度が高い国)は、自国通貨高が経済に与える影響が大きいです。スイスは日本よりもGDPに対する輸出依存度高いため、自国通貨の上昇を抑える為替政策をとっていました。

スイスの中央銀行であるスイス国立銀行(日本だと日本銀行にあたる銀行)は、スイスフランの上昇を抑えるため、2011年9月からスイスフランに対するユーロの下限(ユーロスイス相場)を1.2000として無制限介入を行っていくという為替政策をとっていました。

簡単に言うと、EUR/CHF(ユーロスイスフラン)のレートが1.2000まで上がったら、スイスが「スイスフラン売り、ユーロ買い」という介入をしてレートを下げると宣言していたことになります。

自国通貨を売って他国通貨を買うという介入は、他の国から売るための通貨を調達する必要がないため、比較的簡単に行えます。

この場合、「スイスフラン売り、ユーロ買い」の介入は、スイスにとっては自国紙幣を刷り続ければよいだけになります。そのためユーロを買うための資金源が枯渇する心配がなく、理論上は無制限に介入し続けることが可能であったといえます。

無制限介入がスイスに及ぼした影響

「スイスフラン売り、ユーロ買い」の無制限介入の結果として、スイス中央銀行のユーロ建ての資産が大きく膨らむこととなりました。これは、ユーロが下落するとスイスの国民資産の減少につながることを意味します。

当時ユーロは断続的に下落していたため、スイス国民の間でも問題視されるようになっていました。

このような状況でECBが国債買い入れによる量的緩和策を導入するとの見通しが強まります。

これによってユーロの更なる下落の可能性が高まりました。

結果、2015年1月15日にスイス中銀は対ユーロで設定していた1ユーロ=1.20スイスフランの上限を撤廃すると発表。

これはスイスフラン売りユーロ買いの無制限介入を断念する宣言でした。

スイスフランショック前の市場参加者の動向

スイスフランショック前の為替市場では、EUR/CHF(ユーロスイスフラン)の1.2000というレートが絶対的な防衛ラインだったため、市場参加者に利用される状況となっていました。

その手法は、EUR/CHF(ユーロスイスフラン)の1.2000下限付近で買いポジションを構築し、スイス中銀の「スイスフラン売り、ユーロ買い」介入での利益を狙ったものでした。(いわゆるレンジの下の方で買って、レンジの上の方で利食うという手法です。)

ただ、EUR/CHF(ユーロスイスフラン)は変動幅が極めて小さかった(3年以上1.2000~1.2500のレンジ)ことから、この手法で大きく稼ぐためにはポジション量を増やす必要がありました。

そのため、トレードを行う投資家の中にはハイレバレッジで大量の買いのポジションを持つ者も多く、EUR/CHF(ユーロスイスフラン)の買いポジションが市場に積み上がっていくことになりました。

スイスフランショック

2015年1月15日木曜日は、東京時間から、日経平均先物、ドル円ともに上昇していました。下落していた原油価格も上昇し、リスク回避ムードが一旦落ち着いついていたといえます。

そんななか、18:30ごろ1つのニュースが流れます。

「スイス中銀がEUR/CHF(ユーロ/スイスフラン)の1.2の防衛ラインを撤廃」

EUR/CHF(ユーロ/スイスフラン)は大暴落。スイスフラン絡みの通貨は値がつかず、市場が大混乱に陥りました。

これを受け、日経平均先物やダウ先物などの株価も大きく下落しました。

この時のEUR/CHF(ユーロ/スイスフラン)チャートが下記になります。

大量の「ユーロ売り、スイスフラン買い」で、チャートソフトが壊れたのかと勘違いするレベルの垂直落下。

スイスフラン絡みの通貨は、一瞬で1,500pips以上も値が飛びました。その後も、たった20分間で3,500pips以上も値が動いたのです。

この間、投資家の注文はロスカット注文を含めほとんど約定していません。

※ちなみに、これはユーロから見ると大暴落ですが、スイスフランから見ると大暴騰にあたります。なので、EUR/CHF(ユーロ/スイスフラン)が大暴落したというのと、スイスフランが大暴騰したというのは同じ意味になります。

スイスフランショック時の2ちゃんねるの状況

追証をくらった人が大量発生。阿鼻叫喚の様子が生々しいので載せておきます。

2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/15(木) 21:12:11.58 ID:6/mEmG+r0.net

256 Trader@Live! sage 2015/01/15(木) 20:26:53.01 ID:u1bQe60D

元カノから泣きながら電話きた。

1200万ふっ飛ばして更に追証2200万だって。

FX教えたの俺なんだよな。どうしよう。

55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/15(木) 21:35:21.86 ID:Gzr1C0J/0.net

>>2

なんで泣いてるの?

もともとリスクわかっててやってるんだよね?

3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/15(木) 21:13:01.75 ID:6/mEmG+r0.net

253 Trader@Live! 2015/01/15(木) 20:26:30.03 ID:TIbxNCVZ

吐き気が留まらん…

-9200万とか手取り18万の俺絶対払えんぞ

87: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/15(木) 22:51:00.71 ID:yoVYMAyi0.net

>>3

ゾッとする

7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/15(木) 21:17:38.28 ID:W/kGUFsx0.net

スイスフランのチャートがぶっ飛んでてワロタ

10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/15(木) 21:19:04.28 ID:OWEW33Qz0.net

なにがあったスイス

13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/15(木) 21:20:08.35 ID:W/kGUFsx0.net

>>10

為替相場に介入するのを急にやめた

41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/15(木) 21:29:27.21 ID:OWEW33Qz0.net

>>13

つまりスイス国民以外が持ってるスイスのお金は全てゴミと化したってことか?

50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/15(木) 21:33:11.73 ID:W/kGUFsx0.net

>>41

逆。今までスイスフランを欲しい人がいっぱいいて、スイスの中央銀行がスイスフランが上がらないようにしてたけど、急に止めたから買いたい人が殺到して暴騰。

もともとスイスフラン持ってた人は大儲け。

70: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/15(木) 21:42:00.18 ID:9IfUjJ0s0.net

>>50

為替介入をやめる気配とかってのは多少なりとも情報流れてたの?

79: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/15(木) 22:31:01.50 ID:TO3AZ3nz0.net

>>70

逆、3日前に介入を続けると発言していた

14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/15(木) 21:20:10.43 ID:WhOAUo4K0.net

持ってる金以上に賭けられるってこと?

よく分からんけどやらなくてよかった

22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/15(木) 21:22:53.62 ID:kXLpmmyFa.net

他板でも盛り上がってんな

為替とかわからん俺にはすごさというか酷さがわからんからドラゴンボールで例えて

27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/15(木) 21:24:49.73 ID:W/kGUFsx0.net

>>22

クリリンが死んでないのに、突然悟空がスーパーサイヤ人になった

26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/15(木) 21:24:24.42 ID:nfHhwWeF0.net

マイナスになるって問題じゃねーの?

自殺か自己破産しか無いじゃん

28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/15(木) 21:25:17.31 ID:ZxGmRKxv0.net

>>26

責任100%個人なのに自己破産できるわけねーじゃんwwwwww

29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/15(木) 21:25:20.40 ID:2QhkduVe0.net

元金以上なくならないんじゃないの?

借金になる前にロスカットあるだろ

知らんけど

31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/15(木) 21:26:45.08 ID:ZxGmRKxv0.net

>>29

止まる前にそれだけ損害でてるってことだよ

38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/15(木) 21:28:43.95 ID:fSxxtvgo0.net

明日は新小岩が盛り上がるな

40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/15(木) 21:29:15.84 ID:nfHhwWeF0.net

つまり持ってる金から-2000万ってことだろ?

借金ってことにならないんなら良いんじゃね

57: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/15(木) 21:36:43.18 ID:6/mEmG+r0.net

>>40

違う

持ってる金全てと2000万

43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/15(木) 21:30:06.16 ID:0EAz8rp00.net

下の階の住人が叫んでたのはこれのせいか

75: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/15(木) 21:42:59.16 ID:fSxxtvgo0.net

チャートの補助線が役割を果たしてなくて糞ワロタ

http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1421323776/

スイスフランショックを受けてのFX業者の対応

レートが急激に動いたため、投資家による逆指値注文(ロスカット注文)やFX会社による強制ロスカットが、本来執行されるレートよりもはるかに離れたレートで執行されるという、投資家にとっては予期せぬ事態に陥りました。

これはロスカットを執行したにもかかわらず、口座残高を上回る損失が出てしまったということです。

このときに明暗を分けたのは、FX業者に「ゼロカットシステム」があるかないかでした。

国内FX業者

EUR/CHF(ユーロ/スイスフラン)で直接やられたという方は少なかったようですが、CHF/JPY(スイスフラン/円)やUSD/CHF(米ドル/スイスフラン)などスイスフラン絡みの通貨を取引していた投資家は大きな被害を被ることになりました。

国内のFX業者には、「ゼロカットシステム」を採用しているところはありません。

つまり、口座残高を超える分の損失は「追証」というかたちで、追加で入金を求められる事態となりました。

国内業者の統計によれば、この時の「追証」は、個人顧客が19億4800万円(1137件)、法人顧客が14億4000万円(92件)でした。

つまり、国内FX業者を利用していた個人トレーダーは、口座資金が全て無くなったうえに、さらに一人平均170万円の「追証」がきたということです。

すぐに支払えないくらいの「追証」がきたために、再起不能になった人も大勢いると思われます。

このスイスフランショックではっきりしたことは、国内FX業者を利用して自主的に逆指値注文(ロスカット注文)を置いても、もしくは、業者が設定している強制ロスカットというシステムを使ったとしても、「証拠金内で損失を食い止めることができない」ということです。

つまり、強制ロスカットという仕組みは、通常の相場状況ではとても有効なリスク管理方法であるが、絶対的な安全弁ではないということが証明されたと言えます。

海外FX業者

一方で、海外FX業者の多くは「ゼロカットシステム」を採用しています。

「ゼロカットシステム」とは、証拠金以上のマイナスは出ず、最悪でも証拠金が0になるだけという方式です。

「ゼロカットシステム」の場合、顧客の証拠金からはみ出してしまったマイナス(追証にあたる部分の損失)はFX業者が被ります。

スイスフランショックでは、その被ったマイナスが大きかったせいで、アルパリという当時比較的大きかったイギリスの海外FX業者が破綻しました。

これは顧客を守ったために破綻したとも言えます。

「ゼロカットシステム」を採用している海外FX業者で取引をしていた日本人の個人投資家のうち、一部の不誠実なFX業者を除き、このスイスフランショックの暴落で追証を請求された人はいませんでした。

会社が破綻に陥ったとしても、個人投資家をしっかり保護してくれる仕組みが「ゼロカットシステム」だと言えます。

また、アルパリのように破綻に追い込まれたFX業者があるなかで、「全く経営に影響を与えない。」とスイスフランショック翌日に発信する海外FX業者もありました。

そのFX業者は、XMです。

そして、XMは今後とも「ゼロカットシステム」で顧客を保護していく姿勢を崩さないことを宣言していました。

それは現在においても遵守されていると思います。

→ 【評判・特徴】総合力NO.1!XMを選んでおけば問題なし!

本当の危機の際に安全なのは海外FX業者

一般的に国内FX業者の方が、海外FX業者よりも安全というイメージがあると思います。

しかし、このスイスフランショックで本質的に顧客を保護しているのは「ゼロカットシステム」を採用している海外FX会社だということが、はっきりしたように思います。

現在においても国内FX業者で「ゼロカットシステム」を導入する会社は一社もなく、金融庁においても「ゼロカットシステム」を促進する動きはありません。(あまり意味のないレバ規制には熱心です。)

現在継続的に勝っている方でも、国内FX業者においては、たった1度の取引リスクで勝ち分をはき出すどころか、大きな借金を追ってしまう危険性があります。

そのようなことを考えた場合、「追証」がなく「ゼロカットシステム」を導入している海外FX業者を選択すべきだと思います。

関連記事

海外FX業者の口座開設に使用する必要書類まとめ