FX取引の基礎

【スワップはいつもらえる?条件は?】スワップポイントの基礎知識

【スワップはいつもらえる?条件は?】スワップポイントの基礎知識
初心者
初心者
FXでスワップっていうのをもらうにはどうしたらいいの?
ボナパル
ボナパル
高金利の通貨を買うともらえます。ここではスワップポイントについてまとめていきます

この記事でわかること

FXのスワップポイントの仕組み

スワップポイントの基本

スワップポイントとは、2通貨間の金利差によってもらえる(もしくは支払う)お金のことを指します。スワップ金利とか単にスワップと言われるものも同じものを指します。

FXでは、通貨ペア取引します。

つまり、ある国の通貨を買って、ある国の通貨を売るのがFXです。

きちんと理解できている?通貨ペアの読み方と為替レートの意味
きちんと理解できている?通貨ペアの読み方と為替レートの意味 この記事でわかること ・通貨ペアの読み方 ・チャートの強弱の見方 通貨コードとは FXでは、...

その買っている通貨、売っている通貨の国の金利差がスワップポイントとなってもらえる(もしくは支払う)ことになるのです。

具体例

日本の政策金利が1%、アメリカの政策金利が3%で、

ドル円を買った場合

ドルを買って、円を売っている状態のため、日米の金利差2%分のスワップポイントがもらえます。

ドル円を売った場合

ドルを売って、円を買っている状態のため、日米の金利差2%分のスワップポイントを支払うことになります。

スワップポイントで稼ごうと思った場合、金利の高い通貨を買い、金利の安い通貨を売ると多くのスワップポイントがもらえます。

ただし、金利の高い通貨というのはそれなりに理由があって金利が高くなっているため注意が必要です。

トルコリラ暴落!スワップ狙いトレードはオススメしないトルコリラがまた暴落してTRYJPYで16円を割りました。 2010年には63円とかだったことを考えると、そこから75%くらい下落...

スワップポイントはいつもらえる?条件は?

スワップポイントは、ポジションを保有した状態で日をまたぐこと1日単位で付与されます。

何時をもって日をまたいだとみなすかは、業者によって異なります。(朝6時とかが多いです。)

為替レートに保有ポジション量と金利差をかけて1年分を計算、それを365で割ることで1日分のスワップポイントを計算します。

と言っても、私たちが計算する必要はなく、FX業者のHPを見ればスワップポイントがその日にいくらもらえる(もしくは支払う)の記載してあります。

なお、1週間(7日)のうちFXができるのは平日の5日間のみです。

金利というのは毎日つきますので、土日の2日分のスワップポイントが浮いていることになります。

この2日分のスワップは、業者にもよりますが、だいたい水曜日から木曜日にかけてポジションを保有しているともらえます。(その日はスワップが水曜日、土曜日、日曜日の分がもらえるということ)

海外FXと国内FXでのスワップポイントの違い

金利というのは、FX業者によって異なるものではないので海外FX業者だろうと国内FX業者だろうとスワップポイントはもらえます。

ただし、付与される額が違います。

基本的に海外FX業者よりも国内FX業者の方がスワップポイントは多い傾向があります。

これは業者ごとに付与基準に細かい違いがあること、海外FX業者は顧客が頻繁にトレードしてくれる方が儲かるので、長期でポジションを保有しているトレーダーはあまり歓迎していない等の背景があるとも言われます。

一方で、海外FX業者は国内FX業者よりも取扱いの通貨ペアが多いため、海外FX業者の方が高金利通貨の選択肢は多いというメリットがあります。

また、海外FXはハイレバレッジが特徴です。ハイレバレッジによって同じ資金でも国内FX業者よりも多くのポジション量を保有することができます。

そのため、ポジション量を増やせばスワップポイントも多くもらえることになります。(為替変動のリスクは高まります)

海外FXのスワップの特徴

メリット

・高金利通貨の選択肢が国内FXよりも多い

・最大レバレッジが高いので同じ資金でも国内FXより大きなポジションをとれる

デメリット

・スワップポイントは国内FXより多くない

国内FXのスワップの特徴

メリット

・スワップポイントが海外FXよりも多い

デメリット

・高金利通貨の選択肢が海外FXよりも少ない

・最大レバレッジが25倍なので、海外FXよりも資金が多く必要になる

スワップポイント狙いの注意点

為替の変動リスクが高い

スワップポイントは毎日入ってきますが、少額です。

そのため、為替変動によってそのプラスが簡単に打ち消されてしまうことが多々あります。

打ち消されるだけならいいですが、為替変動分のマイナスがスワップだけで取り返せないのも通常です。

そもそも金利が極端に高い通貨は発展途上国が多く、売られやすい傾向があります。

そのため、トルコリラ円などをスワップ目的で買っていた人はかなり負けていると思います。

主な高金利通貨

南アフリカランド(ZAR)、トルコリラ(TRY)、メキシコペソ(MXN)、ロシアルーブル(RUB)等

長期運用が必須

スワップポイントで稼ごうと思った場合には、長期運用が必須になります。

金利差で稼ごうとしているので、レバレッジをかけて外貨預金をしているのと大差がないためです。

「外貨預金」、「外貨建てMMF」、「FX」の違いを解説する
外貨預金、外貨建てMMF、FXの違いを解説する外貨投資であるFX。似たような外貨投資には外貨預金、外貨建てMMFがあります。 それぞれの違いについてまとめていきます。 な...

スワップポイントのまとめ

スワップポイントとは2国間の金利差によってもらえる(もしくは支払う)お金のこと

・スワップポイントはポジションを保有している限り、平日毎日もらえる(もしくは支払う)

スワップポイントは、2国間の金利差の差額を日々もらう(もしくは支払う)ものです。

毎日、安定してスワップポイントがもらえるというメリットの一方で、長期運用が必須となり、為替変動のリスクが大きいというデメリットがあります。

簡単に言うと、スワップで稼ごうというのは、レバレッジをかけて外貨預金をしているのと大差がないため、個人的にはあまりオススメしません。

海外FXをやる場合には短期トレードの方が相性がいいと思います。

オススメの海外FX業者はここだ!
オススメの海外FX業者はここだ! この記事でわかること 私的な海外FX業者の選択基準とオススメする海外FX業者 海外FX業者を選ぶため...