トレードをするにあたって、まず決めるべきこと

ふんわりとしたタイトルにしてみました。

トレードで稼ごうと思った場合、まず決めなければならないことはなんでしょう。

トレードするにあたって必要な要素は、色々あります。

トレードタイミング、相場分析、etc・・

ですが、何より大事なのはロスカットの基準をきちんと定めることです。

ロスカットが定まっていないトレードはやるに値しない

ロスカットを定められないようなトレードはやるに値しません。

ロスカットの位置からエントリーの位置を決めるくらいのスタンスの方が、適当にやっててもきっと儲かります。

たいていの場合、ロスカットを入れなくても戻ってきて同値で撤退みたいなことが可能ですが、そういう行き当たりばったりのトレードをしていると、いつかとても痛い目にあいます。

バルサラの破産確率という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

以下の表の100に当てはまるような手法だと確実に破産するってやつです。

ちなみにペイオフレシオ(損益率)というのは、平均利益÷平均損失で計算できます。

トレード毎でロットが違う方は、pipsで計算しましょう。

自分の手法がどこに属するか説明できるでしょうか。

裁量で何となくやっている人はたいてい記録もつけてないため、自身がどこに位置するかもわからないことでしょう。

今日からでいいので売買記録はつけましょう。

トレードで安定して稼ぐために必要なこと

トレードで安定して儲かるというのは、たまたま流れに乗れたとかではなく、同じこと(手法)を繰り返して、勝ったり負けたりしながら結果的に儲かっているという状態です。

言い換えると、売買の統計をとったら期待値がプラスになっているという状態です。

同じことを繰り返すということは、エントリー、イグジット、トレードタイミングをある程度固めなければ同じ事は繰り返せません。

そのため、本気で稼ごうと思ったらそれらを決めるために検証が必要になるわけです。

検証の方法は、過去チャートでもフォレックステスターでもなんでもよいのです。

エントリー、イグジット、トレードタイミングを明確に決めてトータルでプラスになる方法を考えましょう。特にイグジットの中でもロスカットが大事です。

怠惰を求めて勤勉に行き着く

トレードを始めようという方は、「お金が欲しい、できれば楽して」みたいな動機の方が多いのではないでしょうか。

私もきっかけは似たようなものです。

ですが、トレードで安定して勝つことを望むなら、検証や売買記録の見直しなどある程度真剣に取り組まないといけません。

怠惰を求めて始めたのに、結局そのために勤勉になる必要があるということです。

そして、その勤勉さがいつ身になるかはわかりません。

ですが、それが習慣となって身についたときには、ある程度安定してトレードで稼げていることでしょう。

本日のまとめ

・トレードはまずロスカット基準から。

・売買記録をつけましょう。

・実践以外の検証や売買記録の見直しを習慣に。

関連記事

そもそもFXとは?FXの基礎の基礎

ライン(水平線)の引き方の基礎とトレードへの活かし方

投資に関する書籍や投資ブログなどの読み方

とりあえず覚えよう!トレードに使えるいろいろな注文方法の解説

FX初心者はまず何から始めるべきか。トレード上達のための手順

経済指標って何? 初心者が抑えるべき経済指標の基礎知識