海外FX業者の口座開設に使用する必要書類まとめ

海外FX業者に口座開設する場合、必要となる書類が2つあります。

本人確認書類住所確認書類です。

マイナンバーは国内FX業者では必須になりますが、金融庁の管轄ではない海外FX業者では必須にはなりません。

必要書類を用意してスキャンかスマホなどで撮影した後、WEB上でアップロードするのが通常の手順になります。

以下まとめです。

口座開設に必要な書類

本人確認書類、住所確認書類ともに各1点を求められる場合が多いです。

1 本人確認書類(顔写真付き)

基本的に顔写真(カラー)がついたものが必要になりますので、注意してください。

・運転免許証(住所証明書との併用不可)

・パスポート

・マイナンバーカード(住所証明書との併用不可)

・写真付き住基カード

・外国人登録証/在留カード

・障害者手帳

2 住所確認書類

運転免許証などの場合、住所変更で裏面が必要な場合は表裏両方必要になりますので、注意してください。

・運転免許証(本人確認書類との併用不可)

・健康保険証

・マイナンバーカード(本人確認書類との併用不可)

以下の書類の場合は、発行日より6ヶ月以内であることが必要。

・公共料金請求/領収書

・電話料金明細/請求書

・クレジット・銀行明細/請求書

・住民票

・納税関係書類

必要書類の用意が難しい場合

運転免許証を持っていなかったり、クレジットカードの明細書を紙で受け取ってない方も多いのではないかと思います。

もし必要書類が用意できない場合は、海外FX業者のサポートまで連絡をとってみましょう。

たいていの場合、日本語で丁寧に対応してくれます。

注意点

本人確認書類と住所確認書類の併用は不可ですので注意しましょう。

本人確認書類と住所確認書類の画像については、スキャナーである必要はなく、スマホなどで撮った画像でも鮮明であれば大丈夫です。

関連記事

スイスフランショックで問われたFX業者の信頼性