海外FX業者

海外FXの口座開設手順と必要書類のまとめ

海外FXの口座開設の手順と必要書類のまとめ

海外FXは国内FXよりも口座開設が簡単でスピーディー。

国内FXの場合、簡易書留郵便の受取などがあるため、口座開設に1週間以上かかる場合があります。

一方、海外FXの場合には、たいてい1時間も経たずに口座開設が完了し、取引可能になります。

ここでは、海外FX業者の口座開設手続きの手順についてまとめていきます。

なお、時間がない人のためにこの記事でわかることを簡単にあげておきます。

海外FXの口座開設手順は3ステップ
手順1、口座開設フォームの入力
手順2、必要書類のアップロード
手順3、口座開設の承認

手順1、口座開設フォームの入力

口座開設フォームの入力
口座開設フォームの入力完了でできるようになること
アカウントが作成され、マイページへのログインが可能に

まず、海外FX業者の公式HPに行き、口座開設フォームで必要事項を入力しアカウントを作成します。

入力項目として一般的なのは以下のようなものです。

口座開設フォームの入力事項

氏名・住所・電話番号・メールアドレス・アンケート(取引経験・資産等)

入力事項は英語で入力する必要あり・電話番号はルールあり

海外FX業者は、海外の企業なので口座開設のフォームも基本的には英語で入力する必要があるところが多いです。

とはいっても、英語に変換してコピペ済むので難しくはありません。

住所の英語化

住所は、こちらのサイトで日本語の住所を英語に変換できます。

英語に変換したらコピーして口座開設フォームに貼り付けましょう。

電話番号のルール

電話番号はじめの0を抜いて、+81をプラスします

・携帯番号が080 1234 5678の場合
→ +81 8012345678

・固定電話番号が03 1234 5678の場合
→ +81 312345678

入力が終わるとアカウントが作成され、登録メールアドレス宛にマイページにログインするためのID・パスワードが送られてきます。

※パスワードは口座開設フォームで自分で決めて入力する場合もあり。

手順2、必要書類のアップロード

必要書類のアップロード
必要書類のアップロード完了でできるようになること
ほとんどの場合、入金が可能になる
口座開設ボーナスがもらえる

次にマイページにログインし、必要書類(本人確認書類・住所確認書類)をアップロードします。

※口座開設フォームと必要書類アップロードが一体となっているところもあります。

必要書類は、スキャンしたものでもよいですし、スマホカメラで撮影したものでも構いません。

ただし、全体がきちんと収まり、鮮明に撮影されていることが大事です。

口座開設の必要書類として一般的なものは以下のとおり。

本人確認書類

運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・外国人登録証/在留カード・障害者手帳など

本人確認書類は、基本的に顔写真が入ってるものが必要になる

住所確認書類

健康保険証・公共料金の領収書・電話料金の領収書・クレジットカードの明細書・銀行の明細書・住民票・納税関係書類など

住所確認書類は、発行から一定期間内(6ヶ月以内など)のものが求められる場合があり

アップロードは、複数のファイルを指定できるところが多いので、運転免許証で裏面に住所変更がある場合などでも表裏両面をアップロードできます。

手順3、口座開設の承認

口座開設の承認
口座開設の承認でできるようになること
取引や資金の出金等すべてのサービスが利用可能になる

最後に口座開設の承認のメールが届きます。

これで晴れて、取引、資金の出金などすべてのサービスが利用できるようになります。

取引ツールのダウンロード

口座開設はすべて完了していますが、取引をするためのツール(MT4・MT5など)をパソコンやスマホにダウンロードしましょう。

取引ツールへのログインも、口座開設承認のメールなどにID・パスワードが記載されているはずです。

口座開設手続きのまとめ

口座開設の手順とできるようになることを表にしてまとめておきます。

参考にしてみてください。

手順マイページ
ログイン
入金出金取引
口座開設フォームの入力×××
必要書類のアップロード××
口座開設の承認