FX取引の上達(中級)

ポジポジ病の処方箋。FXにおけるポジポジ病の治し方と予防法

ポジポジ病の処方箋。FXにおけるポジポジ病の治し方と予防法
初心者
初心者
ポジポジ病ってなに?
ボナパル
ボナパル
感情に流されて優位性のないところで頻繁にトレードしてしまう病です。ここではポジポジ病についてまとめていきます。

この記事でわかること

・ポジポジ病の症状となりやすい状況

・ポジポジ病の治し方と予防法

ポジポジ病とその症状

「数pipsでもいいから取りたい!」「少しでもいいから稼ぎたい!」

みたいな気持ちが強くなってトレードしている方は、ポジポジ病予備軍です。

ポジポジ病とは、感情に流されて優位性が無いところでポジションを何度も何度も建ててしまう病です。

ある程度の裁量を入れるにせよ、トレードで勝っていくためにはトレードルールが必要です。

「トレードルールがない」、もしくは「負けが続いてトレードルールを無視」するとポジポジ病は発症しやすいと言えます。

ポジポジ病の症状としては以下のようなものがあげられます。

<ポジポジ病の症状>

ポジションを持っていないと落ち着かない

・ポジションをとりたくて仕方ない

・とりあえずポジションをとってしまう

・ポジションがない状態が損をしている気分になる

上記のように、トレードに対して中毒症状に陥っているのがポジポジ病です。

ポジポジ病になると、数pipsでもいいから取りたいとポジションをとりがちになります。

稼ぎたい気持ちが強すぎると、優位性のないところで何度もトレードを繰り返してしまい、小さなマイナスがたまりにたまって大きなマイナスへと成長していきます。

ポジポジ病になりやすい状況

健全なトレーダーがポジポジ病に侵されやすい状況としては、以下のような状況が考えられます。

<ポジポジ病に侵されやすい状況>

・その日最初のトレードで大きくやられた時

・スキャルピングがメインの方が不調な時

・トレードルールを破ってしまった後

・FX初心者でトレード自体が楽しくて仕方ない時

基本的に「相場でお金を稼ぎたい!」という感情が強くなればなるほどポジポジ病になりやすいと言えます。

トレードルールは一度破ってしまうと、次からルールを破る抵抗感が薄くなるので問題です。

ポジポジ病にならないためにも、ルールを破ってしまったらいったん相場から離れて反省することをオススメします。結果的に余計な損失を抑えられます。

FX初心者でトレード回数が増えてしまうのは仕方ない面もありますが、マイナスは膨らむでしょう。

ポジポジ病の治し方と予防法を考える

ポジポジ病の治し方

1、トレードを休む

2、1日の損失限度のルールの設定

3、トレードする時間軸をあげてみる

ポジポジ病の治し方としていくつか方法を考えます。

1、トレードを休む

問答無用で2,3日トレードは休みます。

その間チャートも見てはダメです。

2,3日も休めば冷静な自分が戻ってくるはずです。

2、1日の損失限度のルールの設定

「1日に1万円負けたらその日は終了」等、1日の損失限度のルールを設定します。

損失限度を設定する事で、ポジポジ病によって損失が膨らむことを回避できます。

また、相場から離れることで冷静な自分を取り戻せます。

3、トレードする時間軸をあげてみる

普段5分足でトレードしている方なら、15分足とか1時間足でのトレードにしてみようということです。

トレードする時間軸をあげると、必然的にポジションの保有時間は伸びるはずなので短期間でポジポジすることはなくなります。

ポジポジ病の予防法

ポジポジ病にならないためにはどうしたらよいのか。

ポジポジ病とは、「相場でお金を稼ぎたい」という感情が強まることで発症するので、トレードで熱くならないことが最も大切です。

トレードで熱くならないためには、ある程度はトレードルールを決めておく必要があります。

エントリー基準、イグジット基準はもちろんのこと、値幅がない相場状況の時はトレードしないというのもひとつです。

裁量を入れるにしてもある程度トレードルールが定まっていれば、ルールどおりに注文を執行することがトレードのメインの作業になります。

トレードに関して感情を挟む余地を少なくすれば、ポジポジ病が発症することは少なくなるということです。

ポジポジ病の治し方と予防法のまとめ

ポジポジ病になってしまうのは、感情の問題です。

ムリしてトレードするのではなく、適切な場面だけトレードすることを心がけましょう。

ポジポジ病に限らず、相場で大きな損を出してしまうのは、自身の感情を制御できなかった時です。

現在儲かっている人も熱くなってしまってやられるという経験しています。

誰もが通る道ですが、感情的になっている時はたいてい損をするということは認識しておきましょう。