ビットコインや仮想通貨を買うならどっちがお得!?取引所と販売所の違いについて

ビットコイン、仮想通貨を購入しようと思った場合、取引所と販売所のどちらかで買うことができます。

仮想通貨を今後購入しようと考えている方は取引所と販売所の違いは知っておいた方がいい知識ですのでまとめておきます。

仮想通貨の取引所とは

ビットコイン等の仮想通貨を売買できる仮想通貨の取引所というものがあります。

インターネットに仮想通貨取引所のサイトにあり、そこで仮想通貨を取引することができます。銘柄が仮想通貨とういうだけで、FXなどと同じです。

基本的な取引の構造は株の売買と同じで、取引したい価格と数量がマッチすれば取引が成立します。

仮想通貨を買いたい人と売りたい人が集まって自由に売買する場所が取引所です。

仮想通貨の販売所とは

仮想通貨の取引所については前述のとおりですが、その取引所内に「販売所」という項目があったりします。

販売所の場合は、買いたい人に対して取引所を運営している企業が売る相手となって売買が成立します。

野菜を買いたい人が八百屋から野菜を買うのと同じです。

要は、取引所を運営している企業が仮想通貨の売店をやっていると考えればよいです。

取引所と販売所の違い

ここまでをまとめると、仮想通貨取引所の中に取引所と販売所の2つがあって、好きな方で売買できるということです。

そのため、自分が株のように売買したいのか、とりあえず手っ取り早く仮想通貨を売買したいのかを考えて利用する必要があります。

また仮想通貨取引所の中には「取引所」と謳っていても実態は「販売所」である仮想通貨取引所もあるので注意が必要です。

見分け方は単純で、自分で価格を指定できれば取引所で、指定できなければ販売所です。

取引所のメリット・デメリット

取引所のメリット

売り注文と買い注文の需要と供給で売買が成立するので、価格を指定した注文(指値注文)が可能になります。

つまり、仮想通貨を安く購入できたり、高く売却できたり、自分が売買したい値段まで待つこともできると自由度が高いとうことです。

そして、販売所は後述しますが業者の手数料を上乗せしているため、取引所での売買の方が基本的に安い値段で購入でき、高い値段で売却できます。

取引所のデメリット

他者とうまくマッチングしなければ売買は成立しないため、買いたい値段で買いたい量を買えない、売りたい値段で売りたい量を売れないということが起こりえます。

基本的に株などと売買構造が同じなので、取引が盛り上がっているときなどは値動き激しくなることにも注意が必要です。

販売所のメリット・デメリット

販売所のメリット

いつでもすぐに自分が売買したい量の取引が同一の価格できることです。

ですので、多少の値段の差異は気にせず売買したい場合は販売所を利用するメリットがあります。

販売所のデメリット

取引所での売買よりも値段が割高なことです。

これは仮想通貨取引所を運営している企業が販売手数料を上乗せしているという理由が大きいかと思います。

取引所と販売所、どちらでの売買がお得なのか

これは圧倒的に取引所での売買がお得です。

仮想通貨取引所にもよりますが、取引所と販売所の値段の差異は取引回数が多くなればなるほど影響も大きくなります。

少しでもより良い値段で仮想通貨を売買したい場合には、「取引所で売買する」の一択です。

同一の値段ということにこだわらないのであれば、大きな数量でも取引所でたいていは消化でき、販売所よりも良い値段で売買できる場合がほとんどです。

本日のまとめ

仮想通貨を売買できる場所には、取引所と販売所がある。

取引所で取引をした方が圧倒的にお得。

関連記事

画像付きで解説!bitFlyer(ビットフライヤー)のアカウント作成と本人確認手...

出川ショック!?出川哲朗「ビットコイン」の暴落のせいでネットで袋叩きに!

【初心者用】仮想通貨取引で知っておくべき基礎用語

友達「お前まだFXとかやってんの?仮想通貨やれよ」ワイ「いや…ワイ仮想通貨とか信...

投資信託でコツコツ稼ぐマンのワイ、仮想通貨バブルに指をくわえる

【評判・評価】資本力のある最大手の仮想通貨取引所!bitFlyer(ビットフライ...