海外FX業者

PepperStoneが日本市場から撤退した理由

PepperStoneが日本市場から撤退した理由

PepperStoneは、現在も存在する業者ですが日本市場からは撤退しており、日本在住の日本人は口座開設できません。

ここでは、

PepperStoneが日本市場から撤退した理由

についてまとめていきます。

PepperStoneが日本市場から撤退した理由

PeppetStoneが日本市場から撤退した理由

金融庁の圧力によってASIC(オーストラリア証券投資委員会)が、オーストラリアのFX業者が日本居住者向けにサービスを提供できないように規制したため

PepperStoneの撤退までの時系列

2014年10月2日
→ 日本居住者の新規口座開設を停止。

2014年12月31日
→ 完全撤退。

現在も日本居住者の口座開設は受け付けていません。

PepperStone(ペッパーストーン)は、かつて日本人トレーダーに絶大な人気があったオーストラリアにある海外FX業者。

2chでは、胡椒(こしょう)と呼ばれ親しまれていました。

絶大な人気があったにもかかわらず、2014年12月31日に日本市場から完全撤退し、現在も日本居住者向けにサービスは提供していません。

日本人に大人気だったにもかかわらず、日本市場から撤退したPepperStone(ペッパーストーン)。

撤退した理由は、日本の金融庁がオーストラリアのASIC(オーストラリア証券投資委員会)に対して圧力をかけたためと言われています。

※ASIC(オーストラリア証券投資委員会)は、オーストラリアの金融庁にあたる金融ライセンスを管理する機関です

金融庁は自己の管轄下にないFX業者が、日本国居住者に対して営業活動をすることを快く思っていません。(日本居住者がFXやるなら金融庁が管理したい)

そのため、オーストラリアのASICに圧力をかけ、オーストラリアのFX業者が日本居住者向けにサービスを提供できないように規制してもらったということです。

これによって、PepperStoneだけでなくオーストラリアの金融ライセンスを持つ全て海外FX業者は、現在でも日本居住者の口座開設を受け付けていません。

PepperStoneが人気だった理由

当時のPepperStoneの取引スペック

  • レバレッジは最大400倍
  • スプレッドが極狭のRAZOR口座
  • スキャルピングOK
  • 日本語サポート○
  • 国内銀行送金での入出金OK
  • 取扱通貨ペアの多さ 等々

PepperStoneが人気だったのは、「狭いスプレッド」、「高い約定力」、「取扱通貨ペアの多さ」と3拍子揃っている業者だったからです。

当時、このような取引スペックを備えていた海外FX業者はほとんどありません。

そのため、ハイレバでスキャルピングをしたい裁量トレーダーや、EA(自動売買システム)を利用するシステムトレーダーにかなり人気がありました。

現在のスペック基準から見ても、十分な取引スペックを誇っていたのがPepperStoneという業者でした。

前述のとおり、日本から撤退したPepperStoneですが、そのPepperStoneの元上層部数人が規制の厳しくないニュージーランドに新しいブローカーを設立します。

それが、TitanFX(タイタンFX)という業者。

スプレッドも狭く、口座タイプもPepperStoneと同様の2タイプ、最大レバレッジは500倍、ゼロカットもありとニュージーランド版のPeppetStoneと言ってもいいのがTitanFXという業者になります。

※なお、TitanFXの現在の所在地はバヌアツという国です(追記)

TitanFX(タイタンエフエックス)の特徴と評価!極狭スプレッドで低コストな海外FX業者
極狭スプレッドで低コストな海外FX業者!TitanFX(タイタンFX)を紹介しますTitanFX(タイタンFX)は、2014年からサービスを開始している海外FX業者。 業界最狭のスプレッド、最大500倍まで可能な...