DD、NDD?FX会社の約定方式ついて解説する

国内FX業者と海外FX業者では、約定方式(注文執行方式)が違います。

約定方式とは、顧客が注文してからどういう処理がFX業者でされているかという話になります。

ここの流れを理解すると、より自分に合うFX業者を選べるようになります。

できるだけわかりやすく解説していきます。

注文執行の基本的な流れ

FXにおける注文執行の基本的な流れは以下のようになります。

1、顧客がトレードソフトから注文

2、注文を受けたFX業者からインターバンク等に注文

インターバンクとは、電子的な為替取引の場で取引所のようなものだと考えればよいです。

等としているのは後ほど説明しますが、LP(リクイディティプロバイダ)に流す場合もあるためです。

LP(リクイディティプロバイダ)とは、流動性を提供するために価格を提示する銀行などの金融機関が該当します。

約定方式の種類

約定方式にはDD方式とNDD方式の2つに分かれており、NDD方式の中でECN方式とSTP方式に分かれているというのが大まかな区分けになります。

DD(OTC)方式とは

DD(OTC)方式を採用しているFX業者は、いわゆる呑み業者です。

DDというのは、「Dealing Desk(ディーリング・デスク)」の略です。

顧客の注文をディーリングデスクのカバーディーラーを介してインターバンクに注文を流すという方式が「DD方式」です。

簡易な図にすると以下のようになります。

建前上は上記のような説明になりますが、実際のところは外部のインターバンクにに注文を流しません。

顧客の注文を自社のシステム上だけで処理しているのが、DD(OTC)方式を採用しているFX業者の特徴になります。

この方式の最大の問題点は、顧客が負ける事がFX会社の利益になるということです。(顧客とFX業者の利益相反)

注文を呑んでいるということは、FX業者が顧客と逆のポジションをもっているのと同義なためです。

FX業者が儲けるためには、顧客に負けてもらわなければなりません。

そのためになにをするか。

・ストップ狩り

・レートずらし

約定拒否

・故意のシステムダウン

・故意のスリッページ

・スキャルピングの禁止

上記なようなことをしてくるFX業者に覚えはないでしょうか。

そう、国内FX業者のほぼ全てはDD(OTC)方式になります。

上記のような行為は、全て国内FX業者が儲けるためにやっていることになります。

ひどいところになると何のイベントもない日にこういうことをやってきます。(ちなみに楽天FXです。)

NDD方式とは

DD方式に対して、海外のFX業者で主流なのは「NDD方式」です。

NDDというのは、「No Dealing Desk(ノー・ディーリング・デスク)」の略になります。

つまり、顧客とインターバンクの間にディーリングデスクを挟まず、顧客の注文をそのままインターバンク等に流すというシステムです。

簡易な図にすると以下のようになります。

このNND方式は、顧客にとってクリアで公正な約定方式です。

ディーリングデスクのディーラーが介在する余地がないため、FX業者の利益の源泉はスプレッド等の手数料になり、顧客が勝とう負けようが関係ありません。

むしろ、手数料収入を継続的に得るためには顧客に勝ち続けてもらった方がいいことになります。

顧客(トレーダー)が取引すればするほどFX業者は儲かるため、顧客とFX業者はWINWINの関係になるのがNDD方式の特徴です。

そのため、XMなどの海外FX業者ではウェブを通じてトレーダーの教育を行っています。

このNDD方式は、「ECN方式」・「STP方式」と2つの種類に分けられます。

ECN方式とは

「ECN」とは、「Electoronic Communication Network」のことで、「電子商取引」を意味します。

これは顧客から注文を受けたFX業者がそのままインターバンクに注文を流す方式です。

「インターバンク直結」と謳われている場合は、ECN方式なんだなと考えてOKです。

これは、私たち顧客(トレーダー)にとって、最も公平な約定方式と言えます。

スプレッドは純粋にインターバンクの買値と売値の差になるため、低スプレッドが実現し、時には「ゼロやマイナスのスプレッド」になることもあります。

一方で、流動性が低い通貨に手を出すと売買相手が見つからず、大きなスリッページが発生しやすい約定方式になります。いわゆる、よく注文が滑ります。

このECN方式でトレードをする際の最大の特徴。

それは、スプレッドとは別に外付けで取引手数料取られることです。

これはインターバンクにそのまま注文を流すというシステム上、スプレッドに海外FX業者分の手数料を足せないためです。

ただし、この外付けの取引手数料を考慮しても通常の口座よりもコストがかからない場合が多いです。

また、トレードソフトによっては株のように板情報を見れる場合もあります。

なお、XMの「XM zero口座」などがECN方式の口座に該当します。

→ 「XM Zero口座」はつかえるのか?特徴などをまとめてみた

STP方式とは

「STP」とは、「Straight Through Processing」の略で、発注・売買成立から決済に至るまでの過程を、人手を介さず電子的に行うことをいいます。

STP方式では、インターバンクではなく提携しているLP(リクイディティプロバイダ)に注文を流します。

その後、LP側でインターバンクに注文するという流れです。

LP(リクイディティプロバイダ)とは、流動性を提供するために価格を提示する銀行などの金融機関が該当します。

この方式の海外FX業者は、複数のLPから提示された卸値のうち最も狭いスプレッドを提供しているLPの卸値に自社のスプレッドを足し、MT4など取引プラットフォーム上へ価格を表示します。(機械的に行われているためラグ的なものはありません。)

この方式のメリットはスプレッドがECN方式よりは広くなりますが、約定力が高いことです。

このSTP方式は、STPマーケットエグゼクションとSTPインスタントエグゼクションに分けられます。

細かすぎるので特徴だけ把握しておけばOKです。

・STPマーケットエグゼクション

LPに直接注文を流す。ECN方式と基本的に変わらない。

スプレッド狭い、スリッページあり

・STPインスタントエグゼクション

FX業者でいったんカバーした後、瞬時にLPに注文を流す。

スプレッドが広め、スリッページほぼなし

海外FX業者のスタンダード口座にあたるものはだいたいSTP方式になります。

ECN方式とSTP方式の特徴まとめ

「ECN方式」、「STP方式」の特徴をトレードする視点でまとめると下記のようになります。

「ECN方式」の特徴

・取引手数料が有料

・スプレッドが狭い

・リクォートなし

・板情報がみれる場合がある

「STP方式」の特徴

・取引手数料が無料

・スプレッドがやや広い

・最大レバレッジが高い

・最低入金額が低い

ECN方式とSTP方式はどちらがオススメか

資金量、トレード手法によってオススメが変わりますので、分類します。

ECN方式がオススメの方

・自己資金が多く100万通貨以上でトレードしたい方

・スキャルピングトレードをしたい方

・指標発表時にトレードしたい方

・板情報を読んでトレードしたい方

STP方式がオススメの方

・自己資金が少ない方

・ハイレバレッジでトレードしたい方

・ECN方式のオススメに該当しない方

約定方式のまとめ

約定方式(注文執行方式)を図にまとめると下記のようになります。

最も大事なことは下記になります。

「DD方式」を採用しているのは国内FX業者であり、私たち顧客(トレーダー)が負ければ負けるほどFX業者は儲かる。

「NDD方式」を採用しているのは海外FX業者であり、私たち顧客(トレーダー)が取引すればするほどFX業者は儲かる。

「ECN方式」、「STP方式」は「NDD方式」内の分類。自己資金の量、トレード手法によって「ECN方式」か「STP方式」の口座を選択するのがオススメ。

最低限「NDD方式」のFX業者を選択していれば個人的にはいいと考えます。

それさえできていれば、その中の分類である「ECN方式」、「STP方式」のどちらの口座を選択するかは、個人の好みの範疇でそこまで重要ではないと思います。

関連記事

海外FX業者を利用するにあたり英語力は必要か?

悪質な海外FX業者に騙される前に。金融ライセンスを知れ!

海外FXと言えばハイレバ!ハイレバレッジ取引の魅力について語る

ECN口座の取引コストは?ECN口座の取引手数料は「pips」換算すると理解しや...

ハイレバレッジは危険?レバレッジ何倍なら安全なのか

最強の金融ライセンス!キプロスのCysecライセンスについてのまとめ