FXトレード論

FXで勝つためにトレード手法が必要な理由

トレード手法を作るべき理由

FXで勝つためにトレード手法が必要な理由。

それは、感覚だけで勝ち続けることが難しいから。

上がりそう下がりそうの感覚で勝ち続けられるなら、どうぞそれを続ければいい。

でも、やってみればわかると思いますが、感覚重視の裁量トレードと言うのはどこかで大きな損失を喰らいます。

ということで、ここでは、

トレード手法を作るべき理由

についてまとめていきます。

ルールなき裁量トレードが破綻する理由

何も知らずにFXを始めた方がまずやる裁量トレード。

上がりそう、下がりそうでエントリー。

儲かれば万々歳、損切りは特に決めていない。

そんな感じで私も最初はトレードしてました、はい。

でも、このやり方だと大きな逆行を引いてしまった時に大損します

プロスペクト理論っていう行動経済学の理論がある。

簡単に言うと、人は利益よりも損失の方がメンタルに響くって理論。

損失を実現させたくないっていう心理から、人には損失自体を回避してしまう傾向がある。

よって、うまく損切りができないといった説明に使われる。

ルールなき裁量トレードと言うのは、負けトレードをそんなに深く考えていないので、それなりに逆行されると損切りするかしないか迷いが入り、結果「そのうち戻るだろう」と損失回避に走ってしまう。

要は、「損切りをできなくなってお祈りモード」になりやすいのである。

このようなルールなき裁量トレードは、1トレードに口座残高をすべてをbetしている状態と言える。

なので、逆行後にお祈りが通じなかった場合、口座残高が全部飛んで退場ということになる。

相場の予測と言うのは、当たる時もあれば当たらない時もある。

なので、当たらなかった時にどうするかを考慮しないと、そのうち破綻する

言い換えるなら、少なくとも損切り基準がはっきりしていないFXでは勝ち続けることは不可能だということです。

FXで安定して勝ちたいならトレード手法は必須

FXで勝つというのは、常に相場の予測を当てることではありません

FXで勝つとは、負けトレードを考慮した上で、トータルでプラスに持っていくというのが正解です。

そのために、なにが必要か。

・負けトレードがあってもトータルでプラスになるエントリー基準、イグジット基準。

・負けトレードが考慮された資金管理ルール。

要は、トレード手法と言われるものを構成するルールを最低限決めないと、FXでの安定的な勝ちは見込めません。

そして、これらは実戦前に定めておかないといけないものです。

日々のトレードの時に「これから上がるかな」とか「エントリー後どこで切ろうかな」とか悩んでいてはFXでは勝てないのです。

トレード手法に合致する状況を見つけたら、迷わずエントリー、利益になろうが損失になろうがルールどおりにイグジット。

これを続けることで勝ったり負けたりしながら残高が増えていくっていうのが、FXで勝っている人の姿です。

なので、FXで勝つためにできる努力っていうのは、日々の相場分析と言うよりは、トレード手法の作成がすべてと言えます。

トレード手法を自分で作ることをあきらめるっていうのは、FXで勝つことをあきらめると同義だと私は思っている。

他人のトレード手法で勝ってるなら続ければいいと思うけど、自分で考えて検証したトレード手法こそやっぱ至高

なんとなくの裁量トレードや他人のトレード手法でうまく勝てない方は、自分でトレード手法を作成することにチャレンジして欲しいと思います。

トレード手法は自分で作った方がいい理由
トレード手法は自分で作った方がいい理由ネットには色々なトレード手法が落ちている。 どれも勝てそうに見えるし、真似して使ってみたら自分も勝てるような気がする。 です...