【評判・特徴】呑み業者の疑惑あり!あまりオススメできないLAND-FX

LAND-FXという海外FX業者があります。

ランドエフエックスと読みます。

このFX業者、近年ブログなどで紹介されて見る機会も多く、日本人トレーダーを増やしている感があります。

ですが、この業者グレーです!

LAND-FXとは

LAND-FXは、2013年に営業を開始したニュージーランドに本社を置く新興の海外FX業者です。

売りとしては海外FX屈指の低スプレッド、0.0035秒以内の高速約定、入金ボーナスなどで、LAND-FXを利用する日本人トレーダーは徐々に増えている印象があります。

さらに、2016年には取得が難しいとされている英国FCAライセンスをとり、顧客資金が5万ユーロまで補償されるようになりました。

金融ライセンスもしっかりしており、一見スキャルピングなどの短期売買向きの優良海外FX業者に見えるLAND-FXですが、ここは色々と疑惑のある海外FX業者です。

LAND-FXの会社情報詳細
会社名LAND-FX Global Ltd.
所在国ニュージーランド
所在地Plaza Level, 41 Shortland Street, Auckland, 1010, New Zealand
事業開始2013年

呑み業者疑惑あり

このLAND-FX、NDD方式の約定方式を採用していると謳っているのですが、DD(OTC)方式を採用しているFX業者ではないかという疑惑があります。

DD(OTC)方式とは、顧客から受けた注文を外部のインターバンク等に流さず自社のシステム上だけで処理するようなかたちのFX業者です。

この方式を採用しているFX業者はいわゆる呑み業者にあたり、顧客の注文を呑んで顧客の損失を自社の利益としています。

つまり、顧客とFX業者とが利益相反の関係になっています。

日本国内にあるFX業者は、ほぼすべてこれに当たります。

顧客に損をさせるために故意のレートずらしやストップ狩りなどを行ってくるのがDD業者の特徴です。

詳しくは下記にまとめたので気が向いたらどうぞ。

→ DD、NDD?FX会社の約定方式ついて解説する

LAND-FXが、DD(OTC)方式の業者ではないかという疑惑をもたれている根拠をあげていきます。

狭いスプレッドなのにスリッページがなく、約定スピードも速い

一見、最良の取引条件に見えますが、これはDD方式を採用している国内のFX業者と同じ特徴になります。

DD方式を採用しているFX業者は「顧客の損失」が一番の利益です。

→ 狙われてる?FX業者によるストップ狩りについて解説する

つまり、手数料でそこまで稼ぐ必要がないため日本国内のFX業者のようにスプレッド競争みたいなことが起こるわけです。

LAND-FXも国内FX業者と同様、スプレッドが狭く、注文は滑らず、かつ高速約定です。

LAND-FXは表向きNDD方式の業者だと謳っていますが、理論上スリッページもなくスプレッドが狭いNDDの業者というのはありえません。

XMはスプレッドを広くしてスリッページを抑える方式(STPインスタント方式)ですし、AXIORYなどはスプレッドを狭くしてスリッページが多めの方式(STPマーケット方式)を採用しています。

スキャルピングを嫌っている

現在はHPがリニューアルされたため、記載が消されてしまったのですが以前は以下のような内容の記載がありました。

・経済指標発表時のスキャルピングは禁止

・EA(システム)を使ったスキャルピングは禁止

・サーバーに負荷をかけるような高頻度の注文・取引は禁止

上記をした場合には、予告なく取引を停止します。

これは日本語では消えましたが、英語の利用規約の中では残っているものです。

取引の停止とは、口座を強制的に閉じられ出金も拒否されるということを意味すると思っていいです。

まず、外部に注文を流しているNDD業者は「顧客の支払う手数料」が一番の収入です。

そのため、顧客が取引すればするほどFX業者も儲かるという仕組みになります。

つまり、NDD方式を採用しているFX業者にとっては、スキャルピングのようなトレードは本来歓迎すべきものなのです。

にもかかわらず、この利用規約・・。

これは国内FX業者と同じような禁止事項になります。

また、高頻度取引がどの程度でNGなのかの記載もありません。

これはLAND-FXのさじ加減で、儲かっている顧客を追い出せることを意味します。

DD方式のFX業者にとって「顧客の利益=FX業者の損失」なので、儲かっている顧客には出ていってもらった方がいいわけです。

これも国内FX業者に通ずるところです。

最小スプレッドよりもIB業者への報酬の方が多いという噂

詳細は定かではありませんが、LAND-FXが提供する通貨ペアの最小スプレッドよりもキャッシュバックサイト(IB業者)への報酬の方が多いという話があります。

例えば、ドル円の最小スプレッドが0.3pipsなのにキャッシュバックサイトへの1トレード当たりの報酬が0.4pipsだったりするということです。

これが正しい情報なのであれば、LAND-FXがNDD業者であった場合、キャッシュバックサイト経由の顧客がトレードするたび損失が発生することになります。

これはスプレッドによる手数料では利益は出ないということです。

つまり、注文を呑んで顧客の損失で利益を出さない限りは経営が成り立たないという話になります。

以下、優良キャッシュバックサイトであるtaritaliの記事を参考に載せておきます。

・LAND-FX取り扱い停止について(出金拒否や呑み業者である情報などの詳細記載)

・LAND-FXは明らかな呑み(DD)業者

LANDFXは呑み業者なのか

LAND-FXは呑み業者なのかという問いに対しての答えは、

「限りなく黒に近いグレー」

という表現になります。

外側から見た特徴はDD方式のFX業者そのままですが、会社の内側のことは正確にはわかりませんので。

海外FX業者で口座開設する際、以下の3点を満たしていればそうそう間違いはありません。

・「ゼロカットシステム」を採用し、「追証なし」であること。

これはFXで預け入れたお金以上の損失をださないために必須です。

→ 最強の顧客保護!追証なしの「ゼロカットシステム」について説明する

・取引の透明性が高いNDD方式を採用していること。

これは顧客と業者がwinwinの関係であるところを選ぼうという理由です。

→ DD、NDD?FX会社の約定方式ついて解説する

・最低限の安全性の担保として金融ライセンスを所持していること。

これは健全な運営がなされる業者かという点でのチェック項目です。

→ 悪質な海外FX業者に騙される前に。金融ライセンスを知れ!

後述しますが、LAND-FXはNDD方式の採用だけでなくゼロカットシステムの採用も怪しいです。

出金拒否の情報が多い

呑み業者の疑惑にも通ずるところがありますが、LAND-FXは出金拒否の報告が多いです。

これは、先程高頻度取引で説明したのと同様で、LAND-FXのさじ加減によってどうにでもなるような禁止取引に引っかかったことが理由によるものです。

特に2015年頃は、LAND-FXで出金できなかったというトレーダーが続々名乗り出て、2chなどはかなり炎上していた気がします。

これはLAND-FXでトレードするなら、常に出金拒否の恐れがあるということを意味します。

LAND-FXのメリット

悪いところばかりあげるのもフェアではないと思うので、LAND-FXを選ぶメリットも上げたいと思います。

1、極狭のスプレッドと高速約定

LAND-FXは約定スピード0.035秒を謳っており、ほぼほぼ注文は滑りません。

スプレッド水準に関しても、海外FX業者の中ではかなり狭い部類に入ります。

以下、平均スプレッドになります。

 通貨ペア平均スプレッド
ドル円0.80pips
ユーロ円1.50pips
ポンド円1.80pips
ユーロドル0.80pips
ポンドドル1.20pips

呑み業者疑惑との裏表ですが、NDD業者だということを信用するのであれば、この狭いスプレッドと約定力はトレードするうえでのメリットです。

2、最大500倍のレバレッジ

LAND-FXの最大レバレッジは500倍です。

他のFX業者ではもっと高いところもありますが、500倍もあれば資金効率的には十分なレベルです。

3、 豊富な通貨ペア

通貨だけでなく、貴金属、原油、株価指数など60種類以上の取引銘柄が選択できます。

4、金融ライセンスの信頼度が高い

LAND-FXは審査の緩いニュージーランドの金融ライセンス(FSP)のみで2013年から営業していました。

金融ライセンスから見ると信用度の低かったLAND-FXですが、2016年になり審査の厳しさがトップレベルの英国FCAライセンス(Registration Number : 709866)を取得しました。

この金融ライセンスは英国金融サービス補償機構(FSCS)への加入が必須なため、LAND-FXが倒産した場合にも顧客資金は約600万円(5万ユーロ)まで補償されることとなりました。

LAND-FXの金融ライセンス情報詳細

・Finance Services Authority (FSA) : 23627 IBC 2016

審査・規制の緩いニュージーランドの金融ライセンス。

・Financial Conduct Authority (FCA 709866),FSPR #FSP264385

金融ライセンスの中でも最も取得難易度が高い英国FCAライセンス。

5、安心の日本語サポート

公式サイト、取引ツールは完全に日本語で英語は全く不要です。

LAND-FXのサポート情報詳細
問い合わせ方法問い合わせ先受付時間
電話(+64)9925-0369平日 10:00~18:00
メールjapansupport@land-fx.com24時間
ライブチャット公式ページ右下のボタンから平日 10:00~18:00
コールバック公式ページ右下のボタンから24時間

LAND-FXのデメリット

 

これまで上げてきた、呑み業者という疑惑さじ加減次第でどうにでもなる禁止事項などで十分なのですが、他にもあるのであげておきます。

1、ゼロカットが怪しい

LAND-FXはゼロカットを標榜していますが、HP内に以下のような記載があります。

全くもって意味が分からない注意書きです。

まず、ゼロカットが申請制です。

そして、LAND-FXの裁量でリスク管理ができていないと判断されたら追証です。

どこがゼロカットシステムなのか・・。

この記載でゼロカットを謳うとか、はっきり言ってカス業者と言っていいかと・・。

→ 最強の顧客保護!追証なしの「ゼロカットシステム」について説明する

2、出金手数料がかかる

現状出金でスタンダードなのは、海外送金なわけですがLAND-FXでは手数料を取ります。

約45$と記載されているので5000円弱です。これにプラスして着金側の銀行の手数料もかかることになります。

FX業者側の出金手数料は無料とするところもあるので、これはデメリットになります。

そもそもLAND-FX側の裁量で出金拒否の恐れも常にあるわけですけども。

LAND-FXの入出金情報詳細
入金方法手数料着金スピード
クレジットカード(Visa,MasterCard,JCB)無料即時
海外送金5,000円~3~5営業日
国内銀行送金無料※即時

 

出金方法手数料着金スピード
クレジットカード(Visa,MasterCard,JCB)無料即時
海外送金5,000円~3~5営業日

オススメの口座開設方法

口座開設にあたって見るべき3点のうち、金融ライセンスは抜群ですが、ゼロカット、NDD方式の2点が怪しさ満点です。

そのため、口座開設はオススメしません。

他の優良な海外FX業者の利用をオススメします

LAND-FXという海外FX業者の説明でした。

国内FXと異なる海外FXの利点は、NDD方式であること、ゼロカットシステムがあることが双璧です。

どちらも微妙なLAND-FXを選択するメリットを私は感じません。

他の優良な海外FX業者での口座開設をオススメします。

関連記事

【評判・特徴】口座開設の価値なし。怪しさ満点のBigBoss

【評判・特徴】金融ライセンスなし!信頼性皆無の海外FX業者GEMFOREX

【評判・特徴】君もアイフォ戦士に!iFOREXのメリットデメリット

【評判・特徴】安全性抜群!FxProのメリット・デメリット

【評判・特徴】追証なしを反故に!選んではいけない海外FX業者FXDD