その他

MT4での発注のやり方まとめ(成行・指値・逆指値・分割決済)

MT4での発注のやり方まとめ(成行・指値・逆指値・分割決済)

トレードで稼ぐためには、当然ながら注文を自由自在に出せる必要がある。

海外FX業者のトレードソフトは、ほとんどのところでMT4が使われている。

なので、MT4の発注のやり方をマスターしておけば、どこの業者を利用しても困ることがなくなるってこと。

MT4での発注方法っていくつかやり方があるけど、できるだけ、簡単で早く発注できる方法を選ぶのがベスト。

ということで、ここでは、

▶ MT4での発注のやり方

を『エントリー・『決済に分けてまとめていきます。

※このページでは主にMT4の操作について説明していきます。そもそもの注文内容の説明は下記記事でまとめています。

FXで使う注文方法まとめ
【FXの基本】FXで使う注文の種類まとめ(成行・指値・逆指値)当然ですが、FX取引で稼ぐためには、買いor売りの注文を出す必要がある。 ※FXは、株(現物)と違って、買いからでも売りからでも入...

新規注文エントリー)のやり方

MT4の注文のやり方(エントリー)

ここでは、新規エントリーの際の成行・指値・逆指値注文についてまとめていきます。

成行で新規注文(エントリー)する方法

成行(なりゆき)注文とはその時の為替レートで注文する方法です。

MT4で成行の新規注文をするのに最も簡単な方法は、ワンクリック注文を使うこと。

MT4の注文のやり方(ワンクリック注文)

チャートの左上に出ているやつを使うと簡単に成行注文が出せる。

MT4の注文のやり方(ワンクリック注文詳細)

見方を説明すると、中央上部にあるのが発注ロット数。

▼でロットが下がり、▲でロットが上がる。中央の数字を選択して取引したいロット数を入力してもOK。

SELLの下に表示されているレートが成行で売った場合のレート。ここをクリックすると成行の売り注文が発注され、通常すぐに約定する。

BUYの下に表示されているレートが成行で買った場合のレート。ここをクリックすると成行の買い注文がが発注され、通常すぐに約定する。

使い方としては、発注ロット数を設定しておいて、買いたい場面ではBUYのレートをクリック、売りたい場面では売りのレートをクリックするだけ。

説明文にすると長いですが、単にクリックするだけなので、やればすぐ理解できるはず。

なお、当然ですがレートは常時動いているので、ここに表示されている数字もチカチカ変わります。

後述する発注ウインドウでも成行注文は出せますが、ワンクリック注文の方が早いです。

ワンクリック注文を利用するための初期設定

<ワンクリック注文を使うための初期設定>

ワンクリック注文を利用するためには、最初に下記の設定をしておく必要がある。

1、メニューバーのツールの中にあるオプションを選択。

MT4の注文のやり方(ワンクリック注文の初期設定1)

2、取引タブ内にある「ワンクリック取引」にチェックを入れて、OKを押す。

MT4の注文のやり方(ワンクリック注文の初期設定2)

以上の設定でワンクリック注文が利用できるようになります。

ワンクリック注文が消えた時の対処法

何かいじってワンクリック注文が消えてしまった場合にどうやって直すかわからない。

という人のために、ワンクリック注文を再表示させる方法をまとめておきます。

ちなみに、ワンクリック注文は、表示・非表示の切り替えができるので、ワンクリック注文が邪魔なので非表示にしたいという人も参考にどうぞ。

ワンクリック注文が表示されない場合の対処方法

ワンクリック注文を再表示させる方法

  1. チャートの左上にある▼を押す
  2. チャート上で右クリックして、ワンクリックトレードを押す

上記のことをすれば、ワンクリック注文は表示できる。

①チャートの左上にある▼を押す

ワンクリック注文の表示・非表示1

チャートの上にある▼を押すと、下記のようにワンクリック注文が表示されます。

ワンクリック注文の表示・非表示2

▼が▲に変わっています。

▲を押すと、ワンクリック注文が非表示になります。

②チャート上で右クリックして、ワンクリックトレードを押す

ワンクリック注文の表示・非表示3

チャート上のどこでもいいので右クリックする上記のウインドウが出てくる。

この中にある「ワンクリックトレード」をクリックするとチャート上にワンクリック注文が表示されます。

ワンクリック注文が表示されている状態で「ワンクリックトレード」をクリックすると非表示になります。

指値・逆指値で新規注文(エントリー)する方法

指値注文は『レートを指定して発注する注文方法、逆指値注文は『指定レートを超えたら発注する注文方法。

指値注文・逆指値注文で一番簡単なやり方は、チャート上で右クリックして発注後に、注文を置きたいレートまでずらす方法

MT4の注文のやり方(指値注文1)

例えば、黄色のラインまで戻ってきたら売りたいと考えている場合。

黄色のライン付近に売りの指値注文を出すやり方は、下記のようにする。

MT4の注文のやり方(指値注文2)

チャート上で、現在レートよりも上の位置で右クリックして、指値売りをクリックする。

置きたい位置にはあとでずらすので現在レートより上で遠いところならどこでもいい。

ちなみに、この時発注されるロット数は、ワンクリックトレードで設定されているロット数と連動している。(ロット数は発注後に変更も可能)

MT4の注文のやり方(指値注文3)

発注した指値注文が、チャート上にポジションラインとして表示されるので、そのラインをドラッグして本来注文したかった位置に移動する。

これで無事に指値注文を置きたいところに置けたのでおしまい。

続いて、逆指値注文。

基本的に指値注文と同じで、チャート上で右クリックして発注後に、置きたい位置にずらす。

MT4の注文のやり方(逆指値注文1)

黄色のラインを割ってきたら、売りたいと考えている場合。

黄色のラインの下に売りの逆指値注文を出すやり方は、下記のようにする。

MT4の注文のやり方(逆指値注文2)

チャート上で、現在レートよりも下の位置で右クリックして、逆指値売りをクリックする。

置きたい位置にはあとでずらすので現在レートより下で遠いところならどこでもいい。

MT4の注文のやり方(逆指値注文3)

発注した逆指値注文が、チャート上にポジションラインとして表示されるので、そのラインをドラッグして本来注文したかった位置に移動する。

これで無事に逆指値注文を置きたいところに置けたのでおしまい。

売りの場合で説明しましたが、買いの場合はチャート上で右クリックする位置を逆にするだけ。買いの指値なら現在レートよりも下、買いの逆指値なら現在レートよりも上。

指値注文と逆指値注文の特徴さえ把握できてれば悩むことはないはず。

発注ウインドウを出して発注する方法もあるのだけれど、「とりあえず発注して、あとから元々置きたかった位置に注文を移動する方法」のが簡単だし、早いのでオススメ。

なお、指値や逆指値のレートをきちんと定めたい場合やロット数を後から変えたい場合には、注文のライン上で右クリックして、「注文の変更」をクリックすると発注ウインドウがでてくるので、そこで変えられる。(下記参照)

また、注文を取り消したい場合は、「注文の取消」をクリックすれば、通常すぐに注文はキャンセルされます。(下記参照)

MT4の注文のやり方(注文の取消・変更)
発注ウインドウから発注する方法

成行注文・指値注文・逆指値注文は、すべて発注ウインドウからも発注できる。

発注ウインドウを出す方法は複数あり、下記のとおり。

発注ウインドウの出し方

  1. チャート上で右クリックから新規注文をクリック
  2. キーボードのF9を押す
  3. ツールバーの新規注文をクリック
MT4の注文のやり方(発注ウインドウの出し方)

以下、発注ウインドウからの成行注文・指値注文・逆指値注文のやり方についてまとめていきます。

MT4の注文のやり方(発注ウインドウから注文1)

チャート上で右クリックして上記ウインドウを表示後、注文発注→新規注文を選択

そうすると下記のオーダーの発注ウインドウが出てきます。

MT4の注文のやり方(発注ウインドウから注文2)

成行注文の場合、成行買い・成行売りのボタンをクリックするだけ。

指値注文・逆指値注文を出す場合、この発注ウインドウの注文種別のところで指値注文を選択する。(下記画像参照)

MT4の注文のやり方(発注ウインドウから注文3)

そうすると、それまで成行注文の発注画面だったところが切り替わり、注文種別・価格・有効期限などが出てくる。

MT4の注文のやり方(発注ウインドウから注文4)

この注文種別の見方は下記のとおり。

Buy Limit買いの指値注文
Sell Limit売りの指値注文
Buy Stop買いの逆指値注文
Sell Stop売りの逆指値注文

出したい指値注文・逆指値注文を選択して、レートを入力。その後に発注ボタンを押せば注文完了です。

なお、指値注文・逆指値注文は成行注文と違っていつ約定するかわからないので有効期限が設定できる。

何も入力しなければずっと注文は出っぱなしだし、今日だけとかにすれば日付が変わった時にオーダーがキャンセルされるって感じです。

決済注文のやり方

MT4の注文のやり方(決済注文)

MT4での決済注文は、チャート上の保有ポジションラインを起点に行うか、ターミナルの取引タブにある保有ポジションを選択して行う。

以下、それぞれの注文方法ごとに決済注文のやり方をまとめていきます。

ターミナルの出し方

<ターミナルの出し方>

1、ツールバーから出す

MT4の注文のやり方(ターミナルの出し方1)

ツールバーの赤で囲んだアイコンを押すとターミナルが表示されます。

2、メニューバーから出す

MT4の注文のやり方(ターミナルの出し方2)

MT4の一番上にあるメニューバーの表示を押して、ターミナルを押すだけ。

成行で決済注文する方法

一番簡単に成行決済する方法は、ターミナル内の保有ポジションの右端にある×を押すこと。

MT4の注文のやり方(成行決済1)

×を押すと、通常すぐに決済注文が約定する。

×印を離した時に決済されるので、長押しするとタイミングを計ることもできる。(長押ししながらマウスを動かし、×印以外のところで長押しを止めると決済はされない)

損益金額を見ながら決済しなくてもよいなら、チャート上で保有ポジションのラインを右クリックして「閉じる」を押すのも早い。(下記参照)

「閉じる」を押すと、通常すぐにポジションが成行決済される。

MT4の注文のやり方(成行決済2)

また、ターミナルにある保有ポジションを選択して右クリックすると、下記のウインドウが開くので、そこで決済注文を押すことでも成行決済できる。(下記参照)

「決済注文」を押すと、通常すぐにポジションが成行決済されます。

MT4の注文のやり方(成行決済3)

指値・逆指値で決済注文する方法

決済の指値・逆指値注文で一番簡単なのは、チャート上の保有ポジションのラインをマウスの左ボタンで長押ししながら上下にスライドすること

MT4の注文のやり方(指値・逆指値決済1)

真ん中の緑ラインが、買いポジションのライン。

このラインをマウスの左ボタンで長押しして、上にスライドすると指値注文が、下にスライドすると逆指値注文が出る

1スライド1注文なので、損切りの逆指値注文と利確の指値注文を出したいなら、2回スライドする必要がある。

買いポジションで説明しましたが、売りポジションなら逆になるだけ。

上にスライドすれば逆指値注文が、下にスライドすれば指値注文が出る

このやり方が、一番手っ取り早いのでオススメです。

なお、発注した指値・逆指値注文を移動したい場合は、注文ラインを左ボタン長押しでスライドするだけ。

取り消したい場合は、注文ラインを右クリックして「○○をキャンセル」を押すだけです。(下記参照)

MT4の注文のやり方(指値・逆指値決済2)
発注ウインドウから指値・逆指値の決済注文を出す方法

指値・逆指値の決済注文は発注ウインドウから出すやり方もある。

ターミナルにある保有ポジションを右クリックする。

MT4の注文のやり方(発注ウインドウから決済1)

出てきたウインドウ内の「注文変更または取り消し」を押す

MT4の注文のやり方(発注ウインドウから決済2)

オーダー画面が表示されるので、赤枠で囲ったところに決済したいレートを入力して、「変更する」ボタンを押せば、指値・逆指値の決済注文は完了

※決済したいレートを入れると、下のグレーになっている「変更する」ボタンが押せるようになる。

見てわかるとおり、右側が指値決済(利確)で、左側が逆指値決済(損切)。

両方入れてもいいし、片方だけでもオーダーは出せます。

分割決済の方法

保有ポジションのうち一部のみを決済したい場合に使う分割決済の注文。

保有ポジションのうち半分だけ利益確定したいとかいう場合に使うやつ。

まず、前提として、MT4での分割決済は成行注文でしか出せません

やり方は、下記のとおり。

1、ターミナルにあるポジションをダブルクリックする。

MT4の注文のやり方(分割決済)

2、上記オーダー画面の「数量」のところに、決済したいロット数を入力して、成行決済ボタンを押す。

以上で、分割決済は完了。

ターミナルの保有ポジションも残りのロット数に変更されているはずです。

おわりに(まとめ)

新規注文(エントリー)

  • 成行注文
    → ワンクリックトレードが早い
  • 指値・逆指値注文
    → チャート上で右クリックしてとりあえず発注、その後注文を移動させるのが早い

決済注文

  • 成行注文
    → ターミナルで×を押すのが早い
  • 指値・逆指値注文
    → チャート上で保有ポジションラインをマウスの左ボタン長押しスライドが早い
  • 分割決済
    → 成行の分割決済しかできない

MT4で発注するやり方をまとめました。

基本的には発注ウインドウよりもチャート上から発注する方が簡単で早い

とはいえ、自分がやりやすい方法で発注すればいいかと思います。