季節要因とは?為替・株式市場のアノマリーまとめ

為替市場や株式市場などのマーケットではアノマリーと呼ばれるものがあります。

アノマリーとは「そうなる傾向がある」くらいのものです。

為替市場の場合、「8月はボラティリティが下がりやすい」とか「ゴトー日は円安になりやすい」とかそういうやつになります。

以下、アノマリーについて記述していきます。

アノマリーとは

アノマリーとは、マーケット(相場)において理論的な根拠をがあるわけではないが、よく当たるとされる経験則のことをいいます。

簡単に言うと、「そうなる傾向がある」と言われるものがアノマリーと呼ばれます。

季節要因(季節ごとのアノマリー)

1月

欧米企業が年度初めのため海外投資のために外貨を買う動きが強まるため、変動幅が大きくなる傾向があります。

また、お正月のシーズンは薄商いとなるため値動きは小さくなる傾向があります。

ドル円に限って言うと、1月に「その年の高値または安値」をつけることが多いようです。

2月~3月

日本企業が決算期(本決算)に入ります。

多くの日本企業は決算のために外貨を円に替える必要があるため、「外貨を売って円を買う」動きが強まります。

そのため円高にふれる傾向があります。

4月

日本企業の年度初めです。

決算期が終わり、海外投資のため再び「円を売って外貨を買う」動きが始まることから円安に振れやすい傾向があると言えます。

5月

「Sell in May(セルインメイ)」と言われる季節です。

※Sell in May→Sell in May, and go away; don’t come back until St Leger day.

「5月に売って、セント・レジャー・デー(9月の第2土曜日)まで戻ってくるな」というアメリカの格言です。

5月は株が売られやすい傾向があると言われています。

そのため為替もつられて円高になりやすい傾向があります。

6~9月

夏枯れ相場と言われる季節です。

欧米では6月から9月にかけてバカンスシーズンになり、市場参加者が減ります。

そのため流動性が低下する傾向があると言えます。

また、日本の企業では9月末に中間決算があるため、2~3月と同様に円買いの動きが強まり円高になりやすい傾向があると言えます。

10月

10月効果と呼ばれるアノマリーがあり、アメリカ株が下げやすく底をうつ傾向があります。

有名な株価暴落が起こっているのこの10月が多いです。

1929年10月24日「暗黒の木曜日(Black Thursday)」

1987年10月19日「暗黒の月曜日(Black Monday)」

アメリカ株の株安によりドル安になる傾向があります。

つられて日本株も株安になると円高傾向になるため、ドル円は円高ドル安になりやすいということになります。

11月~12月

欧米企業の決算期にあたるため、決算のために外貨を売ってドルを買う動きが強まり、ドル高になる傾向があると言えます。

また11月4週目の米国感謝祭の休暇やクリスマスシーズンでの市場参加者の減少から流動性が低下する傾向があります。

その他のアノマリー

ゴトー日

銀行などの金融機関が顧客と外貨取引をする際の基準レートを仲値といいます。

日本の金融機関においてその仲値が決定するのが日本時間の9時55分で、この時間に決まった仲値のレートが、その日一日の銀行における取引レートということになります。

日本の輸入企業では、取引先への支払いをドル建てで決済している場合が多く、決済日(5や10のつく日)に円をドルに両替します。

この5や10がつく、5の倍数の日をゴトー日と言います。

このゴトー日に多くの日本の輸入企業がドルの両替を行うた銀行などの金融機関のドルが不足することがあります。(仲値不足)

それを解消するために金融機関は為替市場からドルを調達する必要があり、円を売ってドルを買うことから円安ドル高になりやすい傾向があると言えます。

まとめると、ゴトー日は仲値のレートが決まる9時55分までにかけて、「円安ドル高」になる傾向があるということです。

ちなみに5の倍数の日が土日祝だった場合、ゴトー日は前倒しです。

13日(金)、14日(土)、15日(日)だった場合、13日(金)がゴトー日になります。

ジブリの呪い

ジブリの法則とも呼ばれます。

これは、金曜ロードショーでスタジオジブリの作品が放映されると、高確率でその日のドル円とNYダウ、翌営業日の日経平均が大荒れとなる法則のことです。

急落するイメージの方が強いためか、ジブリの呪いと呼ばれています。

特に危険なのは「米国雇用統計+ジブリの法則+月曜日が祝日」いうパターン。

雇用統計が予想を大きく下回り、NYダウとドル円が下落。月曜日には日本が祝日ということで円高がさらに進行。火曜の日経平均は-500円安などの大暴落で始まるというのが最悪のパターンです。

作品でいうと、滅びの呪文「バルス」が唱えられる「天空の城ラピュタ」が一番警戒されている模様です。

本日のまとめ

為替市場、株式市場などマーケットに関するアノマリーについてでした。

あくまでも「こういう傾向がある」程度のものなので過度に重視する必要はないと思います。

参考にしてみてください。

関連記事

FX初心者が知っておくべきFXの基礎用語

FXトレードにおける資金管理の方法を語る

どのインジケーターを使えば効率よく勝てるのか。インジケーターの選択方法

きちんと理解できている?通貨ペアの読み方と為替レートの意味

トレードをするにあたって、まず決めるべきこと

ライン(水平線)の引き方の基礎とトレードへの活かし方