トレード手法を作る際の考え方。

ブログやツイッターなどを眺めているとテクニカルで埋め尽くされているチャートの画像をよく見ますが、そんなに表示する必要あるのかなと思っています。

私が必要最低限のテクニカルで値動きを見やすくした方がいいというタイプの人間なせいもありますが。

テクニカルでごちゃごちゃしたチャートになると、テクニカルごとの判断基準があるためエントリーなどの判断に迷いを生みます。

このようなチャートになってしまうのは、手法を作る段階で間違っているのではないかと思うので、私が手法を考える際に気をつけていることを記していきます。

テクニカルをたくさん表示してもたいして意味がない

トレードをするうえで、どこでエントリーして、どこでイグジットするかを決めることは必須ですが、テクニカルありきで複雑に考えすぎている人が多い気がします。

「MACDがクロスして、ストキャスがあがり始めたうえで移動平均線を超えたら」などなどテクニカルの数ほど条件はつけようと思えばいくらでもつけられます。

エントリーはある程度厳選すべきでしょうが、条件をつけすぎるとエントリーチャンス自体が少なくなります。

テクニカル自体は価格を加工してチャートに表示しているだけなので、それに特別な意味を見出す行為はあまり意味がありません。

テクニカルは万能ではないし、聖杯などもあり得ません。

それに数多くのテクニカルを監視してるの大変じゃないですか?

色々とテクニカルをこねくり回して複雑なことをしなくても、トレンドが出ているならトレンド方向にポジションをとれば儲かるし、レンジなら上限下限で逆張りしていれば儲かります。

テクニカルありきではなく、相場のどこをとりたいかを先に考える

「テクニカルをとりあえず表示して、過去チャートをみてここで買ったら儲かりそうだ」でトレードするのは順序が違います。

正しい順序は「相場のどこをとりたいのか→それにあうテクニカルはないか」の順です。

押し戻しでエントリーしてトレンドにのるという順張りの場合で考えます。

順張りの場合、自分が見ているタイムスパンのトレンドで押したら買い、戻したら売るだけです。そして、押しすぎ、戻しすぎで損切り、これだけです。

その場合、決めることはどこまで押したら買うのか(戻したら売るのか)、どこまで行ったら押しすぎ(戻しすぎ)と判断するかだけです。

それを移動平均線などのテクニカルを基準に決めてもいいですし、ラインを引いて決めてもいいでわけです。この辺は好みの問題で各人で正解は異なります。

押し戻しで入るために、テクニカルを利用するというのが正しい考え方です。

なので、他の人が使ってないような一般的でないテクニカルでも自分のニーズに合えばどんなテクニカルでも問題ありません。

まとめると以下のように1から3番の順で考えます。

1、順張りで押し戻しで入ってトレンドにのりたい

2、テクニカルやラインなど自分に合うもので押し戻しの基準を決める

3、そのうえでエントリーとイグジットを決める

利食いに関しては、損切りほど重要ではないので上で書きませんでしたが、前回の高値で利食うでもいいし、トレンドラインが崩れるまではずっと持ってるでもいいし、そこらへんも各人の好みになります。

細かい点は個人ごとに変わってきますが、大事なことは手法を考える際の流れを間違わないことです。

シンプルに考えた方がうまくいく

「バカな奴は単純なことを複雑に考える。普通の奴は複雑なことを複雑に考える。賢い奴は複雑なことを単純に考える」

と言ったのは京セラの創業者の稲盛和夫ですが、「単純なことを複雑に考えすぎてうまくいかなくなる」というのはバカでなくても誰もが陥る可能性があります。

こと、儲かるための道筋が一つではないトレードに関してはそうだと言えます。

前述のように、順張りなら押し戻しの基準を決めてエントリーする、押しすぎ戻しすぎで損切るだけです。

逆張りならレンジを定義して、高値と安値近辺で逆張りエントリーする、すぐレンジ内に戻らず抜けすぎたら損切りするだけです。

単純に言えば、これだけのことを多くのテクニカルを使って複雑にしすぎる必要もありませんし、収益も複雑にしたからといって増えるわけでもありません。

私が手法を考える際に気をつけていることは以上ですが、「物事を難しく考えすぎない」ということは忘れるべからずです。

関連記事

様々な金融商品の中でFXを選ぶ理由

FXは勝てないゲームなのか

私がトレード中に見ているツイッターアカウント

トルコリラ暴落、高金利通貨の高金利には理由がある

損切りができない?悩んでるなら海外FXでゼロカットされるのが上達の近道

トレードで稼ごうと思うなら自身ときちんと向き合うこと。