FX取引の基礎

【強制ロスカットのルール】ロスカット水準と証拠金維持率を理解する

初心者
初心者
どういう状態になったら強制ロスカットってされるの?
ボナパル
ボナパル
FX業者によって基準は違います。ここでは強制ロスカットのルールについてまとめていきます。

この記事でわかること

FX取引における強制ロスカットのルール

FXにおける強制ロスカットルール

FXにおける強制ロスカットルールとは、

「口座の証拠金維持率が〇〇%を下回ると、FX業者が強制ロスカットする」

というルールです。

何%で強制ロスカットになるかはFX業者によって異なります。

国内FX業者の場合は概ね50%~100%、海外FX業者の場合は概ね0%~40%くらいです。

数字が小さければ小さいほど強制ロスカットにはかかりにくくなります。

この強制ロスカットはトレーダーの意思に関係なく、FX業者がロスカット水準に基づいてトレーダーのポジションを強制決済するものです。

強制ロスカットとは

「顧客が預けた証拠金以上に損失を出さない」ように、その手前でFX業者が「強制的に損切り」を行うこと。

ロスカット水準と証拠金維持率

FXをするにあたって確実に理解しておくべき強制ロスカットのルール。

ここでは、強制ロスカットされる基準である「ロスカット水準」とロスカット水準にあたるかを判断するための「証拠金維持率」について説明します。

ロスカット水準

ロスカット水準
強制ロスカットになる証拠金維持率のこと

「証拠金維持率40%以下で強制決済」という場合、ロスカット水準は40%と表現されます。

マージンコール水準

ロスカット水準と似た用語にマージンゴール水準というものがあります。

マージンコールというのは、証拠金維持率が減っているという業者からのアラートです。

もうすぐ強制ロスカットだよというアラートとも言えます。

マージンコール水準というのはそのアラートがされる証拠金維持率のことです。

証拠金維持率

証拠金維持率
「有効証拠金÷必要証拠金×100」で計算される〇〇%で現される数字

なお、有効証拠金と必要証拠金の定義は以下のようになります。

有効証拠金
→ 口座残高+保有ポジションの評価損益(含み益・含み損)

必要証拠金
→ ポジションを持つために必要な証拠金

わかりづらいと思うので、証拠金維持率計算の具体例をあげておきます。

証拠金維持率計算の具体例

・口座残高10万円
・保有ポジションの必要証拠金が5,000円

1、エントリー時(評価損益が0の時)

10万円(口座残高)+0円(評価損益)=10万円(有効証拠金)

10万円(有効証拠金)÷5,000円(必要証拠金)×100=2,000%

証拠金維持率は、2,000%

2、7万円の含み損がある場合

10万円(口座残高)-7万円(評価損益)=3万円(有効証拠金)

3万円(有効証拠金)÷5,000円(必要証拠金)×100=600%

証拠金維持率は、600%

3、5万円の含み益がある場合

10万円(口座残高)+5万円円(評価損益)=15万円(有効証拠金)

15万円(有効証拠金)÷5,000円(必要証拠金)×100=3,000%

証拠金維持率は、3,000%

<必要証拠金の計算方法(参考)>

必要証拠金の計算方法

必要証拠金の計算式は以下のようになります。

通貨ペアの現在レート×取引ロット数÷口座レバレッジ=必要証拠金

具体例

・ドル円の現在レートが110円
・10万通貨を買う
・最大レバレッジが500倍

110円(現在レート)×100,000通貨(取引lot数)÷500倍(口座レバレッジ)=22,000円

強制ロスカットに関わる3要素

どれくらいの含み損で強制ロスカットなるのか。

それは、以下の3要素によって変化します。

1、ロスカット水準

2、口座のレバレッジ

3、取引ロット

上記3つの要素によってどれくらいの含み損に耐えられるかが変わります。

ロスカット水準

ロスカット水準が低いほど、強制ロスカットは遠くなる

ロスカット水準が100%と40%では、当然後者の方が含み損に耐えられます。

このロスカット水準は、各FX業者ごとに規定されているものなので、トレーダーがコントロールするものではありません。

そのため、口座開設時点で確認しておくべきものになります。

口座のレバレッジ

口座のレバレッジが大きいほど、強制ロスカットは遠くなる

口座のレバレッジが25倍と500倍では、当然後者が含み損に耐えられます。

口座レバレッジによって、必要証拠金が変わります。

証拠金維持率の計算式を確認すればわかりますが、割る側の必要証拠金が変わるため、口座レバレッジが大きいほど含み損に耐えられることになります。

具体例

・口座残高10万円
・評価損益-3万円

1、レバレッジ25倍で必要証拠金が5万円の場合

有効証拠金÷必要証拠金×100=証拠金維持率

10万円(口座残高)-3万円(評価損益)=7万円(有効証拠金)

7万円(有効証拠金)÷5万円(必要証拠金)×100=140%

2、レバレッジ500倍で必要証拠金が2,500円の場合

有効証拠金÷必要証拠金×100=証拠金維持率

10万円(口座残高)-3万円(評価損益)=7万円(有効証拠金)

7万円(有効証拠金)÷2,500円(必要証拠金)×100=2800%

取引ロット数

取引ロット数が少ないほど、強制ロスカットは遠くなる

取引lot数が増えると、必然的に必要証拠金が増えます。

前述のとおり、これも証拠金維持率の計算式で言う割る方の数(必要証拠金)が増えることになるため、取引lot数が少ない方が含み損に耐えられるということになります。

ロスカット水準と証拠金維持率のまとめ

・強制ロスカットルールとは、「口座の証拠金維持率が〇〇%を下回ると、FX業者が強制ロスカットする」というルール

・強制ロスカットが行われる基準をロスカット水準という

・ロスカット水準は証拠金維持率(有効証拠金÷必要証拠金×100)で決まる

ロスカット水準はFX業者ごとに基準が定められており、証拠金維持率がどれくらいかで決定されます。

証拠金維持率は、「有効証拠金÷必要証拠金×100」で計算されることは覚えておきましょう。

強制ロスカットにかかるまで、どれくらいの含み損に耐えられるかの考え方も記載しましたが、そもそも含み損にどれくらい耐えられるか考えるのはナンセンスです。(あらかじめロスカット位置は決めておくべき)

リスク管理をきちんとしたうえで、トレードをすることをオススメします。

エントリー時点でロスカット位置を決めておくことの重要性
エントリー時点でロスカット位置を決めておくことの重要性トレードで稼ぐために必要な要素は、色々あります。 トレードタイミング、相場分析、トレード手法 etc・・ どれも大事な要素で...