FXの基礎

【初心者向け】強制ロスカットの仕組みを理解する

【初心者向け】強制ロスカットの仕組みを理解する

どのFX業者にも必ずある強制ロスカット。

顧客が入金額以上の損失を負わないように、FX業者が一定の条件のもと顧客の保有ポジションを強制決済する仕組みです。

強制ロスカットが執行される条件は、FX業者ごとに定められた証拠金維持率(ロスカット水準)を下回った時。

ここでは、

強制ロスカットの仕組み

についてまとめていきます。

強制ロスカットとはなにか

<強制ロスカットとは>

顧客が入金額以上の損失を負わないように、決められた証拠金維持率(ロスカット水準)を下回った時点でFX業者が「強制的に損切り」を行うこと。

強制ロスカットとは、口座残高以上の損失を出さないように、業者が決めたロスカット水準を下回ったら、FX業者が強制的に顧客の保有ポジションを決済すること。

国内FX業者、海外FX業者問わず基本的にどの業者にもあるものです。

ロスカット水準とは、強制ロスカットになる証拠金維持率のこと。

「ロスカット水準は証拠金維持率が〇〇%」

と、どのFX業者のHPにも書いてあるはずです。

このFX業者ごとに定められた証拠金維持率(ロスカット水準)を下回った時点で、強制ロスカットがFX業者によって行われます。

つまり、トレーダーの保有ポジションが強制決済されて損失が確定するということ。

ロスカット水準の目安

証拠金維持率が何%で強制ロスカットになるかはFX業者によって異なります。

国内FX業者の場合は概ね50%~100%、海外FX業者の場合は概ね0%~40%くらいです。

※数字が小さければ小さいほど強制ロスカットが執行されにくくなります。

ロスカット水準とはなにか

<ロスカット水準とは>

強制ロスカットになる証拠金維持率のこと

※証拠金維持率40%以下で強制決済という場合、ロスカット水準は40%と表現されます。

前述のとおり、ロスカット水準とは「強制ロスカットになる証拠金維持率のこと」をいいます。

つまり、ロスカット水準を理解するには、証拠金維持率がなにかを理解しないといけないということ。

<証拠金維持率とは>

「有効証拠金÷必要証拠金×100」で計算される数値のこと

※有効証拠金=口座残高+保有ポジションの評価損益(含み益・含み損)のこと

※必要証拠金=ポジションを保有するために必要な証拠金のこと

証拠金維持率は、「有効証拠金÷必要証拠金×100」で計算される数値のことです。

有効証拠金と必要証拠金については以下のとおり。

有効証拠金:口座残高+保有ポジションの評価損益(含み益・含み損)

必要証拠金:ポジション保有のために必要な証拠金

口座残高+保有ポジションの評価損益をポジションの保有に必要な証拠金で割ったものをパーセント表示にしたものが証拠金維持率です。

この証拠金維持率が一定の数値以下になったとき(ロスカット水準にかかったとき)に強制ロスカットが執行されることになります。

なお、ロスカット水準と必要証拠金はFX業者ごとに決められているものです。(業者ごとに固定の数値)

そのため、変動する数値は含み損益の増減する有効証拠金のみになります。

以下、具体例をあげておきます。(説明の都合上スプレッドは無視します。)

必要証拠金について(参考)

必要証拠金の計算方法を簡単に説明

必要証拠金=通貨ペアの現在レート×取引ロット数÷口座レバレッジ

必要証拠金は業者ごとに決められているといいましたが、上記の計算式の口座レバレッジが業者によって異なるため、業者ごとの必要証拠金が異なって決められているという意味です。(※国内FX業者の場合は、どの業者も最大レバレッジ25倍なので横並び。)

例として、ドル円の現在レートが110円、10万通貨を買う場合を考えます。

最大レバレッジが500倍の海外FX業者での必要証拠金は、22,000円となります。

一方、最大レバレッジが25倍の国内FX業者での必要証拠金は、440,000円となります。

  • 110円(現在レート)×10万通貨(取引lot数)÷500倍(口座レバレッジ)=22,000円
  • 110円(現在レート)×10万通貨(取引lot数)÷25倍(口座レバレッジ)=440,000円

最大レバレッジが大きいFX業者の方が、強制ロスカットになる値段が現在レートから遠くなります。

証拠金維持率の計算の具体例

<条件>

  • 口座残高10万円
  • 保有ポジションの必要証拠金が50,000円
  • ロスカット水準は70%

エントリー時の証拠金維持率

10万円(口座残高)+0円(評価損益)=10万円(有効証拠金)

10万円(有効証拠金)÷50,000円(必要証拠金)×100=200%

ポジションを建てた時点では、評価損益が0なので口座残高がそのまま有効証拠金となります。それを必要証拠金で割ると証拠金維持率が計算できます。

計算の結果、証拠金維持率は200%となり、ロスカット水準である70%を上回っていることから強制ロスカットにはなりません

5万円の含み益がある場合の証拠金維持率

10万円(口座残高)+5万円(評価損益)=15万円(有効証拠金)

15万円(有効証拠金)÷50,000円(必要証拠金)×100=300%

含み益がある場合には、口座残高に含み益の金額を足したものが有効証拠金となります。

上記の場合、15万円が有効証拠金となり、それを必要証拠金で割ることになります。

計算の結果、証拠金維持率は300%となり、ロスカット水準である70%を上回っていることから強制ロスカットにはなりません

7万円の含み損がある場合の証拠金維持率

10万円(口座残高)-7万円(評価損益)=3万円(有効証拠金)

3万円(有効証拠金)÷50,000円(必要証拠金)×100=60%

含み損がある場合には、口座残高から含み損の金額を引いたものが有効証拠金となります。

上記の場合3万円が有効証拠金となり、それを必要証拠金で割ることになります。

計算の結果、証拠金維持率が60%となり、ロスカット水準である70%を下回っています。そのため含み損が7万円になる前の時点で強制ロスカットが執行されていることになります。

強制ロスカットされる口座残高の金額の計算方法

証拠金維持率の計算方法を逆算すると、強制ロスカットにかかる口座残高がわかります。

上記の例で考えると、

口座残高÷50,000(必要証拠金)×100=70%

口座残高=70%÷100×50,000

口座残高=35,000円

含み損によって口座残高が35,000円を割ったら強制ロスカットが執行されます。

当初の口座残高が10万円の場合、含み損が65,000円を超えたらという言い方もできます。