FX取引の基礎(初級)

FXで損切りはしない?損切りが必要な理由を考える

FXで損切りはしない?損切りが必要な理由を考える
初心者
初心者
損切り注文っていれなくてもよくない?
ボナパル
ボナパル
損切り注文はトレードで稼いでいきたいなら絶対に入れないとダメです。ここでは、損切りをきちんと行うための方法についてまとめていきます

この記事でわかること

・損切りの必要性

・損切りをきちんと行うための方法

・損切りラインをどこにするか

損切りができない理由を考える

エントリーと同時に損切りの注文をいれる。(と本にも書いてあるし)

しかし、損切りポイントに近づくと、取り消したり、ずらしたりしてしまう。

FXをやったことのある人なら、わりと多くの人が経験済みだと思います。

損切りができない理由は、「損切りして口座残高が減ってしまうのが嫌だ・・・。」という感情が損切りしようという感情を上回るからです。

大抵の場合は、レートは耐えていれば戻ってくるので、損切りしなくてもなんとかなってしまいます。

ですが、一旦トレンドがでてしまうとおしまいです。

含み損に耐えに耐え、口座残高がなくなるまで「戻ってきてくれ」とお祈りすることなります。

口座を吹っ飛ばすことなく、トレードを継続していくためには損切りは必須です。

損切りは必要だと理解しても、やっかいなのが損切りの際の感情の問題。

きちんと損切りができるようになるための方策を考えます。

きちんと損切りができるようになるための方法を考える

理想は、エントリー後に損切り注文を入れてその注文を動かさない状態です。(注文にかかったら損切り)

どうしてもそれができない場合に、損切りをきちんと行うために必要な方法を考えます。

<損切りをきちんと行うための方法の例>

1、エントリー後、損切りと利食いの注文をいれてあとは相場を見ない

2、口座残高に最低限の額だけ入金して、業者による強制ロスカット=損切りにする

1、エントリー後、損切りと利食いの注文をいれてあとは相場を見ない

エントリー後に損切りと利食いの注文を入れてあとはどちらかがヒットするまで相場を見ないという方法です。

リアルタイムで値動きを見ていなければ、「損切りにかかってしまう・・」というような感情の問題は起きません。

結果として、リスク管理がなされているトレードが実践できることになります。

2、口座残高に最低限の額だけ入金して、強制ロスカット=損切りにする

口座残高に最低限の金額だけ入金して、業者による強制ロスカットを損切りにする方法です。

具体的に言うと、10万円の資金があったら1万円ずつ口座に入金し、ロスカットされたらまた1万円入金するというのを繰り返す方法です。

口座残高が少ないため、含み損に耐えることができません。

損をしても口座残高までなので、結果として、リスク管理がなされているトレードが実践できることになります。

なお、この方法をとる場合、追証(おいしょう)のある国内FX業者はやめておきましょう。ゼロカットのある海外FX業者を利用すべきです。

オススメの海外FX業者はここだ!
オススメの海外FX業者はここだ! この記事でわかること 私的な海外FX業者の選択基準とオススメする海外FX業者 海外FX業者を選ぶため...

追証とは

「追証(おいしょう)」とは、急激な相場の暴騰や暴落で口座残高がマイナスになった場合、不足のマイナス分をトレーダーが追加で支払わなければならないという仕組みです。

もし支払わなければ、裁判所命令での銀行口座の凍結、資産の差し押さえなどが執行されることになります。

なお、すべての国内FX業者では「追証」を定めた規定があります。

損切りラインはどこに置くべきかを考える

損切りラインはどのように決めるのが合理的なのかを考えます。

<損切りラインの決め方の例>

1、固定幅で損切りする

2、当初のトレードプランが崩れてしまうところで損切りする

1、固定幅で損切りする

エントリーから20pips逆行したら損切りする等、固定幅で損切りを決める方法です。

「ある程度の値幅が逆行したら、当初の目論見は外れているので損切る」といった考え方がしっくりくる人にはいい方法だと思います。

2、当初のトレードプランが崩れてしまうところで損切りする

例えば、ここから上がっていくと考えて買いエントリーした場合を考えます。

この場合、上がっていくというトレードプランが否定されたところが損切りラインになります。

ダウ理論を重視する方でしたら、直近の安値を割ってしまったら、安値が切り下がって上昇トレンドは否定されます。そのため、直近の安値を割ったところに損切り注文を置くことになります。

移動平均線でトレンド判断をしている方なら、移動平均線を割ったところに損切り注文をおくことになります。

「チャート的に当初のプランが否定されたら損切る」といった考え方がしっくりくる方にはいい方法だと思います。

損切りをきちんと行うのまとめ

損切りは、継続してトレードしていくために必須の技術です。

最初から損切りがきっちりできる方というのは少ないと思います。

でも、トレードで稼いでいきたいと思うのならば身につける必要があります。

この記事であげた損切りに関する方法論はあくまで例ですが、参考にしてみてください。