稼ぐためのヒント

損切りができない?悩んでるなら海外FXで強制ロスカットされるのが上達の近道

損切りができない?悩んでるなら海外FXで強制ロスカットされるのが上達の近道

エントリーと同時に損切りの注文をいれる。(と本にも書いてあるし)

しかし、損切りポイントに近づくと、取り消したり、ずらしたりしてしまう。

そして、いつの日かこの世の果てまでもっていかれて口座を飛ばす。

FXをやったことのある人なら、わりと多くの人が経験済みだと思います。

どうしたら損切りをきちんとできるのか?解決法を提示します。

損切りができない

「損切りして口座残高が減ってしまうのが嫌だ・・・。」

損切ると決めたポイントに近くなると湧く感情。

こういう気持ちになってしまうのもわかります。

たいていの場合は、耐えていれば戻ってきます。

が、戻ってこない場合を考えて損切りはしていかなければなりません。

口座を吹っ飛ばす人は、こつこつ負けるのではなく、たいていの場合は一撃で吹っ飛ばします。

損切りで悩むということは、トレーダーとしては前進している証拠でもあります。

私も最初はそうでしたし、誰しもが通る道だと思います。

強制的に損切りされてみる

「損切りがうまくできないなら、業者に切ってもらおうぜ!」というのがコンセプトです。

つまり、強制ロスカットを利用しようということです。

この場合、国内FX業者はオススメしません。

なぜなら「追証(おいしょう)」によって借金を負う可能性があるからです。

FXは危ない?FXで借金を負ってしまう人がいるのはなぜか
FXは危ない?FXで借金を負ってしまう人がいるのはなぜか「FXに手を出して借金を抱えてしまった。」 みたいな話を1度は耳にしたことがあるかもしれません。 そういうのを聞くと「FXっ...

なので、追証なしの「ゼロカット」を採用している海外FX業者を利用していこうという話になります。

追証とは

「追証(おいしょう)」とは、急激な相場の暴騰や暴落で口座残高がマイナスになった場合、不足のマイナス分をトレーダーが追加で支払わなければならないという仕組みです。

もし支払わなければ、裁判所命令での銀行口座の凍結、資産の差し押さえなどが執行されることになります。

なお、すべての国内FX業者では「追証」を定めた規定があります。

強制ロスカットを利用して上達する

強制的に切られることを前提とした場合、決めるべきは何pips逆行したら損切りされるかだけです。

あとは、入金額にロスカット基準をかけていくらまで損失を出せるか計算。

それをpipsで割って何万通貨でトレードするか決めます。

ロスカット水準20%の業者で1万円を入金、損切りは20pipsでドル円のトレードをする場合

10,000円×20%=2,000
(口座が2,000円になったら強制ロスカット)

10,000円-2,000円=8,000円
(可能な損失額)

8,000円÷20pips÷100円=4万通貨
(ポジションの大きさを決定)

※ドル円の1pipsの変動値は100円

この場合、ロスカット水準が0%の業者を利用するとわかりやすいです。

入金額がそのまま可能な損失額になるからです。

ロスカット水準が0%の海外FX業者は、iFOREXXLNTradeになります。

 

強制ロスカット利用の効用

この方法のいいところは、損切りできずにダラダラ耐えるということがなくなることです。

切られるときはスパッと逝かれます。

元々10万円入金するつもりだったのなら、1万円ずつ入金して強制ロスカットが損切りラインでのトレードをした方が初心者は伸びる気がします。

ミスったら口座が飛ぶので、損切りラインをより意識することになり、エントリーが厳しくなります。

つまり、「とりあえず入ってみる」みたいなことが減ります。

そして、強制ロスカットされた後には口座に余力がないので、負けたことで熱くなってさらにやられるというパターンも回避できます。

ゼロカットされた場合、エントリータイミングを考え直す、失敗した原因をしっかり確認する、それらを繰り返すことで成長していきます。

この方法で、1万円から5万円などに増やせるようになったら相当成長したと考えていいと思います。

そのような状態になったときには、入金額に関わらずエントリーと同時にストップを入れられるようになっていると思いますし、トレードの精度もあがっていることでしょう。

エントリーしたらストップを入れるのを当然に

損切りできないという悩みをどう解消していくかの一案でした。

損切りをきちんとできるようにならないと、安定的な勝ちは望めません。

最終的には、エントリーしたらストップをいれるのは当たり前になるようにしていきましょう。(スキャルピングなどの場合はそんな余裕はないかもしれませんが。)

今回の例はあくまで私がオススメする一案ですので、いろいろ自分でも考えてみてください。