FXの基礎

【初心者向け】FXで損切りが必要な理由

【初心者向け】FXで損切りが必要な理由

どの初心者用のFX本でも損切りが大事と書いてあります。

損切りが大事な理由は、口座資金を極端に減らしてトレードできなくなるような事態を防ぐため。

儲けることばかり考えて、口座資金を守れないとFXで安定的に稼ぐということは不可能。

ここでは、

FXで損切りが必要な理由

についてまとめていきます。

FXで損切りが必要な理由

FXで安定して稼ぐというのは、一定のトレードルールに従って、勝ったり負けたりを繰り返しながら少しずつ口座残高が増えている状態です。

FXでトレードする度に常に勝つということは確率的にありえず、基本的に負けを挟みつつ口座残高を増やしていくことになります。

そのため、その負けを適切な範囲に収める必要があり、だからこそ損切りが必要になってきます。

損切りが必要な理由、それは1回のトレードで大損することなく継続的にトレードをしていくためです。

1度のトレードで大損、口座資金がなくなってしまい退場というのは、FXで稼いでいくなら絶対に避けないといけません。

口座資金を守らないと稼ぐチャンスも失ってしまうわけですから。

とは言うものの、なかなか最初はきちんと損切りできないもの。

「損切りして口座残高が減ってしまうのが嫌だ・・・。」という感情が損切りしようという感情を上回るからです。

結局は、必要経費と割り切って損切りすることに慣れていくしかないのですが、確実に損切りを行うために逆指値注文(ロスカット注文)はポジション保有と同時にいれるべきです。

適切なロスカット位置の決め方
適切なロスカット位置の決め方 FXの収支を安定させるために必須なロスカット(損切り)。ここでは合理的なロスカット位置を考えます。 ロスカット位置以前...

損切りができない場合の処方箋

理屈ではわかっていても行動にうまく反映できないこともあるのが普通の人間。

損切りもしないといけないとわかっていても、初心者ほど損したくないからできないもの。

損切りがどうしてもできない場合、とりあえず取引ロットを落としましょう

勝った時の儲けも少なくなりますが、損切りの際の負け額も減ります。

負けても気にならない金額になるまでロット数を落として、損切りに慣れましょう。

初心者は稼ぐことにフォーカスするよりも、とりあえず資金を極端に減らさないよう損切りがきちんとできるようになることの方が大事です。

結局、損切りがきちんとできないとFXで安定的に稼ぐということは不可能ですから。

やめた方がいいのは損切りをしないでしのぐ方法に傾倒すること。

例えばナンピンしてトントンで終わらせるというような方法は、うまくいくときはあってもいつか大損につながります。特に初心者は。

適切な範囲で損切りを行えるスキルを身につけること、初心者には特に注力してほしいところです。