XM(エックスエム)

最大レバレッジが強制的に変更!XMのレバレッジ制限ルール

最大レバレッジが強制的に変更!XMのレバレッジ制限ルール
この記事でわかること

  • XMのレバレッジ制限ルール詳細
  • XMのレバレッジ制限の注意点
  • XMのレバレッジ制限を解除する方法

XMでは有効証拠金の残高が一定の額を超えると最大レバレッジが制限されます。ここでは、XMのレバレッジ制限ルールについてまとめていきます。

エヌ
エヌ
このレバレッジ制限は強制なので注意です。

XMのレバレッジ制限ルール詳細

最大レバレッジの制限ルール

最大レバレッジが200倍に制限
→ 有効証拠金2万ドル(200万円相当)以上になった時

最大レバレッジが100倍に制限
→ 有効証拠金10万ドル(1,000万円相当)以上になった時

有効証拠金が増えてある基準に達すると、XMでは強制的に最大レバレッジが200倍100倍にそれぞれ変更されます。

レバレッジ制限の基準となる有効証拠金とは

有効証拠金とは

証拠金として利用可能な口座残高のこと

例 口座に100万円ある場合の有効証拠金

ポジションをもっていない場合
→ 有効証拠金は100万円のまま

5万円の証拠金を使用してポジションを持っていた場合
→ 有効証拠金は、100万円から証拠金を引いた95万円にポジションの含み損益を足した額。(含み益が1万なら有効証拠金は96万円になり、含み損が‐1万円なら有効証拠金は94万円になります。)

最大レバレッジが制限されるタイミング

最大レバレッジ制限のタイミング

正確なタイミングは不明(即時ではない)

※メールが来るのでわかる

厳密に2万ドル(200万円相当)を超えたら、即座に制限されるということはありません

正確なタイミングは明確にはなっていませんが、メールが来るのでその時点でわかるはずです。

こんな感じのメールが来ます。

XM-レバレッジ制限メール

レバレッジ制限に関する注意点

  • 有効証拠金は、口座単位ではなくアカウント単位で判定
  • 有効証拠金には含み損益が入ることを忘れない
  • ポジション保有中でも最大レバレッジは制限される

有効証拠金は、口座単位ではなくアカウント単位で判定

XMでは複数口座を持つことが可能です(最大8つまで)。

最大レバレッジ変更に際しての有効証拠金は、すべての口座の有効証拠金の合計で判定されます。

例えば、メインの取引口座に100万円あって、サブ口座に100万置いていた場合には最大レバレッジが変更されるという可能性があるということです。

そのため、最大レバレッジの変更を避けたいのであれば、アカウント単位で2万ドル(200万円相当)以下にしておく必要があります。

有効証拠金には、含み損益含まれることを忘れない

前述のとおり、ポジションを持っていた場合には有効証拠金にポジションの含み損益が足されます。

例えば、口座残高が170万円あって、証拠金10万円を使用してポジションを持っていた際、そのポジションの含み益が40万を超えてくると最大レバレッジ変更のおそれがあるということになります。

※口座残高170万円-取引に必要な証拠金10万円+含み益40万円=有効証拠金200万円

ポジション保有中でも最大レバレッジは制限される

含み損益が最大レバレッジ制限の判定の際の有効証拠金に含まれるので当然なのですが、ポジション保有中でも最大レバレッジは変更されます。

ここで注意したいのは、最大レバレッジが変更されると証拠金維持率が変わることです。

証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100

証拠金維持率の計算式は上記のとおりですが、最大レバレッジの変更で必要証拠金の金額が増えるためです。

XMの強制ロスカットの基準は、証拠金維持率20%以下になった場合です。

ですので、ポジションをたくさん持っていて最大レバレッジが変更され、相場状況が急変した場合、強制ロスカットの基準にかかってしまうというおそれがあります。

必要証拠金を多く使っている状態で、

  1. レバレッジが制限で必要証拠金の額があがる
  2. 相場の急変で含み益が含み損に
  3. 強制ロスカットの基準に引っかかる

という流れです。

参考:強制ロスカットの仕組みを理解する(証拠金維持率の計算方法)

有効証拠金以外の理由でレバレッジ制限がかかる場合(例外)

XMでは有効証拠金の判定によるレバレッジ制限が基本ですが、例外として有効証拠金に関わらずレバレッジ制限がかかる場合があります。

それは、「相場が激しく動くことがあらかじめ予測される時」です。

これまでの例で言えば、

  • EU離脱に関してのイギリスの国民投票
  • ギリシャの財政危機に関してのEU首脳会談

など期日が決まっているイベントの時です。

こういうときは、大体ですが最大レバレッジが50倍くらいに制限されます。

そして、そのイベントを通過したら通常の最大レバレッジに戻ります。

このような一律のレバレッジ制限は事前にXMの公式HPやメールで告知されるので注意しましょう。

レバレッジ制限がかかった場合に888倍に戻す方法

レバレッジ制限を解除する方法

レバレッジ制限の条件にかからない状態にしてサポートにメールする

レバレッジ制限されても2万ドル以下にすれば888倍に戻せます。

XMのサポートにレバレッジ変更の依頼のメールを送るだけです。

以下のような感じで送ればすぐに888倍に戻せます。

・件名

レバレッジ変更の依頼

・本文

口座残高を2万ドル以下にしたので、1:888にレバレッジの変更をお願いいたします。

口座ID 〇〇〇〇〇

レバレッジ制限は回避すべきかの考察

このレバレッジ制限は回避した方がいいのかということについて考えます。

結論から言うと、資金効率の考え方によるので人それぞれになります。

レバレッジ制限がかかった後の最大レバレッジは、それぞれ200倍、100倍です。

これは888倍の時に比べると必要資金が多くなりますが、十分ハイレバレッジと呼べるレベルです。(国内のFX業者だったら最大レバレッジは25倍ですし)

個人的には有効証拠金200万円以下で取引するよりも200万円以上で取引する方が、トータルとして稼げる額は大きくなると思います。(取引ロットが大きくなるため)

ここら辺のとらえ方は個人差があるので、200万以下で888倍でやるのがいいか、レバレッジ制限を受け入れて200万円以上で取引するのがよいかをよく考えた方がいいです。

私の場合は、最大レバレッジを200倍受け入れて、200万円以上の有効証拠金でトレードしています。

XMのレバレッジ制限ルールのまとめ

最大レバレッジの制限ルール

最大レバレッジが200倍に制限
→ 有効証拠金2万ドル(200万円相当)以上になった時

最大レバレッジが100倍に制限
→ 有効証拠金10万ドル(1,000万円相当)以上になった時

レバレッジ制限で大事な数字は、2万ドル(200万円相当)と10万ドル(1,000万円相当)。

レバレッジ制限を受け入れて200倍で取引するか、888倍にこだわるかは自身の資金量と相談して決めるといいと思います。

レバレッジ制限ルールがXMにはあるということは把握しておきましょう。