【レバレッジ25倍→10倍】国内FXのレバレッジ規制について考察する

国内FXは、金融庁のレバレッジ規制でどんどん取引の自由度が失われています。

国内FXは海外FXに比べて税率が安いというメリットがあるものの、レバレッジ規制によってどんどん使いづらいものになっています。

段階的に行われてきたレバレッジ規制ですが、さらに最大レバレッジ10倍が検討されているため改めて考察してみました。

レバレッジ規制の目的と歴史

レバレッジ規制とは、レバレッジの上限を従来よりも下げる金融庁の規制のことです。

目的としては投資家保護が名目とされていますが、レバレッジ規制が投資家保護になるのかは疑問が多いところです。

金融庁はこれまで国内FXにおけるレバレッジを段階的に規制してきました。

これまでの金融庁によるレバレッジ規制の変遷は以下のとおりになります。

2010年8月 最大レバレッジを50倍に

2011年8月 最大レバレッジを25倍に

2017年9月 最大レバレッジを10倍に引き下げ検討 ← New 

なお、2010年8月以前は最大レバレッジは大手は200倍、FX業者によっては400倍のところもあり海外FX業者と全く遜色のない状態でした。

レバレッジ規制の問題点

このようなレバレッジ規制が行われると取引の自由度が低下します。

最大レバレッジが大きいというのは、取りたいポジションに対して自己資金が少なくて済むということを意味します。

レバレッジが規制されると、取りたいポジションに対して自己資金が従来よりも多く必要になります。

そのため、少ない自己資金だけFX業者にいれて業者リスクを減らしておきたいという場合にも問題が起きますし、あまりお金のない駆け出しの投資家の門戸を狭めることにもなります。

国内FXの問題点

国内FXの最大の問題点は、追証(おいしょう)があることです。

これは、預け入れたお金以上の損失を出す可能性があるということです。

FXで借金を負ってしまう方がいるのは、この追証というシステムのせいです。

一方、海外FXではゼロカットというシステムが整備されており、預け入れたお金以上の損失を被ることはありません。

投資家保護の観点から見た場合、レバレッジ規制よりも追証というシステムをなくしてゼロカットを導入したほうがよほど投資家保護になると思います。

ですが、国内FX業者で導入するところはありませんし、金融庁からそういう声があがったこともありません。

ゼロカットは顧客の損失を業者がカバーするということなので業者の負担が大きいというのが理由だと思います。

レバレッジ規制に対する考察

レバレッジ規制は投資家保護を目的としていますが、その投資家というのはどのレベルの投資家を基準に考えているのでしょうか。

駆け出しの投資家が損をするのは、たいていの場合当然のことです。そこから、知識や経験などを積んでいっぱしの投資家になっていくわけです。

一部の大損をした駆け出しの投資家の声が大きいがために、レバレッジ規制が進んできたのではないかと思うところが多々あります。

FXに限らずですが、声が大きいだけの初心者を基準にルールを決めてしまうと、ルールによって恩恵を得られる層よりもルールによって不自由なことになる層が多くなってしまいます。

そこら辺を金融庁にはちゃんと考えて欲しいと個人的には思います。

本日のまとめ

国内FXにおける金融庁のレバレッジ規制について考察しました。

国内FXにおけるレバレッジ規制についてもっと詳しく知りたい方は、以下のようなサイトもあるようなので覗いてみるといいかもしれません。

レバレッジ規制改正を考える会特設サイト

関連記事

事故?故意?楽天FXがやらかしたスプレッド1,500pips拡大事件とその対応

【レバレッジ25倍→10倍】国内FXのレバ規制、とりあえず見送りへ

【レバ規制】金融庁がレバレッジ25倍→10倍への引き下げを本格検討。国内FXは来...

FXの新レバレッジ規制(25倍→10倍)談義。「影響なし」「業界再編か」

国内FX業者を選ぶならココだ!オススメの国内FX業者

国内FX業者を利用するメリット・デメリット