【レバレッジ25倍→10倍】国内FXのレバ規制、とりあえず見送りへ

昨年から話題になっていた国内FXのレバ規制。

投資家保護を名目に25倍→10倍にレバレッジを制限しようとしていました。

実施時期については2018年の春~夏にかけてかと言われていましたが、とりあえず見送られたとの報道がありました。

まだ金融庁から正式に発表があったわけではないのであれですが。

レバレッジ規制の変遷

これまでの金融庁によるレバレッジ規制の変遷は以下のとおりになります。

2010年8月 最大レバレッジを50倍に

2011年8月 最大レバレッジを25倍に

2017年9月 最大レバレッジを10倍に引き下げ検討 

 

レバレッジ規制見送りの報道

引用元: https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-05-29/P9GXCI6JIJUS01

ブルームバーグでレバレッジ規制見送りのニュースが流れました。

今回、レバレッジ規制の見送りに影響したと思われる有識者会議の要点をまとめると以下のとおりです。

・海外のFX業者に顧客が流れる

・他の金融商品との規制のバランスを考えろ

海外FX業者に顧客が流れるのは当然でしょう。

レバレッジが大きいということは取引の自由度が大きいと同義ですので、わざわざ使いづらくなった国内FX業者で取引をするのはメリットが少なくなります。

他の金融商品との規制の兼ね合いですが、株の信用取引などは3倍ですが、仮想通貨などはレバレッジが20-25倍が普通です。

仮想通貨はFXをやる層と顧客層が重なると思われますので、そちらにも顧客が流れると国内FX業者は大打撃ということでしょう。

レバレッジ規制は別に顧客のためにならない

顧客保護を目的にしているレバレッジ規制ですが、取引するのに必要なお金(証拠金)が今よりも多く必要になるだけで大して顧客保護に効果はありません。

それよりもゼロカットを導入して追証をなくすべきです。

レバ規制は見送られましたが、レバレッジが高く、ゼロカットもある海外FX業者から国内FX業者に戻るという選択肢は個人的にはないですね。

本日のまとめ

・レバレッジ規制25倍→10倍の見送り報道あり

・金融庁発表ではないのでまだ確定ではない

・レバレッジ規制は大して顧客保護にはならない

関連記事

FXの新レバレッジ規制(25倍→10倍)談義。「影響なし」「業界再編か」

【レバレッジ25倍→10倍】国内FXのレバレッジ規制について考察する

【レバ規制】金融庁がレバレッジ25倍→10倍への引き下げを本格検討。国内FXは来...

国内FX業者を利用するメリット・デメリット

国内FX業者を選ぶならココだ!オススメの国内FX業者

FXは危ない?FXで借金を負ってしまう人がいるのはなぜか