海外FX PR

海外FXのECN口座の特徴

ここでは、海外FX業者に特有のECN口座についてまとめておきます。

  • ECN口座の特徴はなんなのか?

といった疑問を解消するための記事になっています。

海外FXのECN口座とは?

海外FX業者で用意されているECN口座とは、スプレッドが狭く、取引手数料が別途かかる口座タイプのこと。

※スプレッドのみの口座タイプはSTP口座という

取引手数料があると、取引コストが多くなりそうな気がしますが、手数料以上にスプレッドが狭いため、トータルの取引コストとしてはスプレッドのみの口座よりも安くなる場合がほとんどです。

そのため、取引コストを重視して口座タイプを選ぶ場合、このECN口座を選んだ方がよいということになる。

ECN口座の名称は、海外FX業者によって異なりますが、取引手数料ありとなっている口座タイプがECN口座になるので判別は簡単かと思います。

取引手数料の考え方

ECN口座の取引手数料は、「1ロットにつき片道5ドル」みたいな表記がされており、直感的にわかりにくいのが難点です。

まず、「片道」というのは、新規取引、決済取引のどちらか片方のこと。

トレードは、「新規取引→決済取引」で完結するので、この両方を合わせて「往復」と言います。

つまり、片道5ドルの手数料というのは、1トレードで考えると往復10ドルの手数料がかかるということを意味します。

そして、5ドルの方ですが、これはpips換算すると理解が早いです。

例えば、ドル円の1ロット(10万通貨)の1pipsの変動額は1,000円です。

1ドル=100円の時に5ドルは500円になるので、pipsで考えると片道0.5pipsが取引手数料にあたることがわかります。

このような感じで取引手数料がどれくらいのpipsにあたるのかを計算し、それにスプレッドを足すと、1トレードあたりの取引コストが算出できる。

仮にスプレッドが0.3pipsで取引手数料が往復10ドルならなら、トータルコストは1.3pipsといった具合です。

※ドルの円換算は、その時々のドル円のレートを掛けると算出できます。

⇒ 【FXの基礎】スプレッドと取引手数料

まとめ

海外FXのECN口座のまとめ

ECN口座とは

スプレッドが狭く、取引手数料がかかる口座タイプのこと

取引手数料がかかるがスプレッドが狭いため、取引コストは他の口座タイプよりも安くなる

取引手数料の理解

取引手数料はドル表記をpips換算するとわかりやすくなる