海外FXの特徴

海外FXは違法で危険なのかについての答え

海外FXは違法で危険なのかについての答え

海外FXは、国内FXに比べると怪しいというイメージが抱かれがち。

金融庁も無登録業者として海外FX業者に対して警告を出したりもしています。

ここでは、

海外FXは違法で危険なのか?

に対する答えをまとめていきます。

海外FXは違法?に対する答え

海外FX業者でFXをすることは、全く違法ではありません。

海外FXは違法というイメージがある方もいるかもしれませんが、全く違法ではありません。

海外法人のFXサービスを利用したところで、「日本の金融庁の監督下にない業者を利用した」ことを理由に逮捕されるようなことは100%ありません

日本の金融庁は、日本居住者が海外FX業者を利用することをあまり快く思っていない節があり、海外FX業者に対して「無登録業者」として警告を出しています。

※ここでいう無登録とは金融庁に無登録ということ。

警告が出されているFX業者と聞くと、危険な業者をイメージしてしまいますが、主要な海外FX業者は海外の金融監督機関に監督されています。(外国の金融庁的なところ)

そのため、日本の金融庁から警告がでてるから直ちに海外FXは違法で危険という話は的外れということになります。

ただし、当然ながら海外FXで稼いだお金を脱税したら法律違反ですので、気をつけましょう。

海外FXをやって捕まったみたいな話は、海外FX業者の利用ではなく、ほとんど脱税なのが実際のところです。

金融ライセンスから見る海外FX業者の安全性
金融ライセンスから見る海外FX業者の安全性金融ライセンスとは、金融監督機関への登録(認可)のこと。 ※日本の場合、金融監督機関は金融庁。 海外FX業者の安全性を確認す...

海外FXは危険?に対する答え

金融ライセンスを保有し、顧客資金を分別管理している海外FX業者ならば、比較的安全です。

ただし、国内FX業者には安全性で劣る場合が多い。

海外FX業者は玉石混合ですが、きちんと金融ライセンスを保有し、顧客資金と海外FX業者の運営資金とを分別管理しているところを選べば比較的安全と言えます。

国内FX業者は、規制の厳しい金融庁のライセンス下で営業しており、顧客資金の信託保全が義務化されています。

一方、海外FX業者は金融庁ほど規制の厳しくない金融ライセンスを取得している場合が多く、顧客資金も分別管理が基本です。

そのため、安全性の面だけ見ると海外FX業者は国内FX業者よりは劣る場合が多いと言えます。

ただし、海外FX業者の中には独自に信託保全などを導入している業者もあるので、安全性をかなり重要視する方はそういう業者(XMAXIORY等)を選ぶことをオススメします。

分別管理と信託保全の違いをまとめます
分別管理と信託保全の違いをまとめます顧客資金の管理方法は、FX業者によって分別管理と信託保全に分かれます。 安全性が高いのは信託保全ですが、海外FX業者は分別管理のみ...