【画像付き】XMにおけるMT4の導入から初期設定のまとめ

多くの海外FX業者でスタンダードなトレーディングソフトとなっているMT4。

インストールからサーバー設定までについてまとめてみました。

どの海外FX業者でも基本的には同じ流れですが、ここではXMで説明していきます。

MT4(メタトレーダー4)とは

MT4(メタトレーダー4)とは、ロシアのMetaQuotesSoftware社メタクォーツソフトウェア社(メタクォーツソフトウェア社)が開発した高機能トレードシステムツールです。

無料で提供されており、多くの海外FX業者で採用されています。

注文の発注なども当然できますが、チャート分析をしたいだけの方にもオススメできるトレーディングソフトです。

MT5という次のナンバリングのソフトもリリースされていますが、MT4も依然として各海外FX業者で利用されています。(インジケーターやEAの数がMT4の方が多いためだと思われます。)

MT4を利用するために必要なもの

MT4をリアルタイムのデータで利用したい場合、海外FX業者の「口座ID」と「パスワード」が必要です。

この「口座ID」と「パスワード」はデモ口座のものでもかまいません。

そのため、MT4をチャート分析に使用したいだけの場合はデモ口座の開設をしておけばよいということになります。

ここからはXMのMT4の導入について説明していきます。

まだ口座を持っていない方は、リアル口座かデモ口座を開設して、「口座ID」と「パスワード」を用意しましょう。

→ 2018年最新版 XM新規登録・口座開設手順まとめ

→ デモトレードはすべき?XMでのデモ口座開設手順

MT4の導入(インストール)

まず、XMの公式HPへ行きます。

以下の画面に移動すると思います。

下の方に移動します。

PC用やMac用など様々な選択肢がありますので、ご自身の環境に合わせて選択します。

ここでは一般的なWindows用のMT4のダウンロードで説明します。

赤枠内の「PC対応MT4」をクリックします。

上記のページに移動しますので、下部にある「ダウンロード」をクリックします。

上記のようなポップアップが現れるので「ファイルを保存」をクリックします。

以下のようなファイルがPCにダウンロードされて保存されていると思います。

上記のセットアップファイルをダブルクリックします。

上記の画面がでてきますので、「次へ」をクリックするどインストールが開始されます。

インストールが無事完了すると上記の画面がでてきます。

これでインストールは完了です。お疲れさまでした。

MT4の初期設定(サーバー設定)

MT4をインストールして起動しただけでは、リアルタイムのチャートが表示されません。

リアルタイムのチャートを表示するためには前述した「口座ID」と「パスワード」を登録する必要があります。

以下、「口座ID」と「パスワード」の設定について説明していきます。

インストールしたMT4を起動すると上記のようなデフォルトの画面が現れると思います。

右下の部分を拡大してみると以下のような表示がなされています。

これは書いてあるままですが、回線がつながっていないのでリアルタイムのデータを受信できていないということになります。

「口座ID」と「パスワード」の設定をするために、左上にある「ファイル」から「取引口座にログイン」をクリックします。

上記のような画面が出てきます。

ご自身の「口座ID」と「パスワード」を入力し、サーバーを選択します。

サーバー名は、口座IDとパスワードと一緒にメールで送られてきているはずです。

入力し終わったら「ログイン」をクリックします。

XMのサーバーにうまくつながると上記のような画面が現れると思います。

先ほどの右下部分を拡大すると以下のようになっていると思います。

この表示がサーバーに接続してリアルタイムのデータを受信できている状態です。

これでリアルタイムのチャートが見れるようになりました。

MT4のサーバー設定はこれで完了です。お疲れさまでした。

本日のまとめ

MT4のインストールからサーバー設定までのまとめでした。

MT4はチャートソフトの中では高機能な割に扱いやすいため導入をオススメします。

関連記事

「XM Zero口座」はつかえるのか?特徴などをまとめてみた

XMでの出金方法と注意事項のまとめ

2018年最新版 XM新規登録・口座開設手順まとめ

どの口座を選ぶべき?XMの3つの口座タイプを解説する

XMの3つのボーナスについて徹底解説!

株価指数をトレードするならどっち?XMの先物CFDと現物CFDの比較