稼ぐためのヒント

どのインジケーターを使えば効率よく勝てるのか。インジケーター選択のヒント

どのインジケーターを使えば効率よく勝てるのか。インジケーター選択のヒント

FXをやる人は、だいたいテクニカル分析でチャートを見ながらトレードすると思います。

デフォのローソク足のみでトレードする人もいますが、たいていの場合なんらかのインジケーターを表示させているのではないでしょうか。

どのインジケーターを使えばいいのか、そこに悩んで無駄に時間を使っている人もいるかと思います。

インジケーター選択についてのヒントをまとめていきます。

なお、時間がない人のために、この記事でわかることを簡単にあげておきます。

オススメのインジケーターなどない

移動平均線とか、一目均衡表とか、MACDとか、そういうやつですね。

基本的にはすべてのインジケーターは過去の価格情報を元にいろいろ計算してチャート上に表示させるものです。

インジケーターをどう使うですが、「エントリーの基準にする」、「イグジットの基準にする」、「相場状況を判断する」、と使用方法は人それぞれといっていいでしょう。

そのため、「おすすめのインジケーター」などと検索してもあまり意味がないといっていいでしょう。

結局は、自身がどのような目的でインジケーターを使用したいかによるからです。

私自身、相場状況が把握しやすいという理由でボリンジャーバンドの3αしか表示させておらず、そこにラインを引いてトレードしていますが、それだけでも十分稼げます。(最近は移動平均も使っています。)

稼ぐためになにか特別なインジケーターが必要ということはありません。

自分が使いやすいもので稼ぐ方法を考えれば、なにも問題ないと言えます。

インジケーターの大まかな分類

インジケーターの種類としては、トレンド系とオシレーター系に分かれます。

簡易に説明すると以下のとおりです。

トレンド系

インジケータートレンド系

トレンド系のインジケーターとは、トレンドの方向や強さを判断するためのものです。

トレンド追従型と呼ばれ、実際の相場状況よりも反応は遅くなるのが通常です。

代表的なものとしては、移動平均線、一目均衡表、ボリンジャーバンド、などがあげられます。

オシレーター系

インジケーターオシレーター系

オシレーター系のインジケーターとは、相場の強弱を表すものです。

価格の水準とは関係なく、買われすぎ・売られすぎを表示させ、それを売買の判断基準として使用しようというものです。

代表的なものとしては、RSI、ストキャスティクス、MACDなどがあげられます。(※MACDは見方によってはトレンド系とも言えます。)

インジケーターの選択方法のヒント

前述のとおり、他人のおすすめのインジケーターを真似しても大して意味はありません。

まず、自身がどのような目的でインジケーターを使用したいのかを考えましょう。

「大まかなトレンドを知りたい」、「売買のタイミングをうまくはかりたい」、などなどです。

そのうえで、それに適するインジケーターがないかどうかを検索してみることをオススメします。

その際、インジケーターの計算方法もよくわからないような複雑なものは使わない方がよいと思います。

勝てなかった時に、勝てない原因をそこに求めたくなるためです。

難しい計算をしているから勝てるということもなく、聞いたことのある単純なインジケーターでも十分に勝てます。

そして、注意すべきなのは、あれもこれもとインジケーターばかりのチャートにしないことです。

ごちゃごちゃしたチャートになると相場状況が見にくくなることもそうですが、インジケーターの数だけ判断材料が多くなるため、トレードの判断に迷いが生まれることになります。

インジケータの数は、1から多くても3つくらいまでで収めるべきだと個人的には思います。

インジケーターを選択した後の注意点

インジケーターを選んだら、しっくりこないとかそういう理由でない限り使い続けましょう。

一時的に損をしたとかでインジケーターをころころ変えても儲けにはつながらないということです。

損をしたからとインジケーターを探す旅にでたところで、人それぞれおすすめのインジケーターは違うため終わりがありません。というか時間の無駄です。

それよりも、一つのインジケーターを使い続けてそれに精通していった方がよいでしょう。

インジケーター選択のヒントのまとめ

インジケーター次第で稼げると考えると、迷路にはまることになります。

どのような相場状況にも合う万能のインジケーターなどありません。

使用目的に合ったインジケーターを選択し、その使用目的にあう相場状況になるのを待てれば普通に稼げます。

自分がきちんと使用目的を考えて選択したインジケーターを通して相場を見つづけることが個人的には大切だと感じます。