その他の業者

iFOREXの特徴と評価!高額の出金報告が多い老舗の海外FX業者

iFOREX特徴と評価!高額の出金報告が多い老舗の海外FX業者
この記事でわかること

  • iFOREXの私的評価
  • iFOREXの安全性
  • iFOREXの取引スペック

iFOREXは、1996年からサービスを開始している老舗の海外FX業者。ここではiFOREXの特徴についてまとめていきます。

エヌ
エヌ
運営歴が長く、高額出金の報告が多い海外FX業者です。

iFOREXの私的評価

結論から言うと、iFOREXは人によってはオススメな海外FX業者になります。

  • 運営歴が長く、高額の出金報告が多い
  • ロスカット水準0%
  • DD方式の業者である

iFOREX(アイフォレックス)は、運営歴が20年を超えるアテネにある海外FX業者です。

運営歴が長いということは、多くのユーザーから評価されてきたことの現れでもあります。

比較的、ギャンブラーの気質がある方が集まっていそうな業者ということもあり、高額出金の報告も何度もあがっているのが特徴です。(億単位)

また、iFOREXはロスカット水準0%という特徴があり、口座の資金がなくなるまではポジションを持ち続けることができます。(ゼロカットもあるため強制ロスカットが滑ったところで借金を負う可能性は0%)

一方で、iFOREXは国内FX業者と同様のDD方式の業者です。

DD方式は、悪さ(ストップ狩り、レートずらし)をする余地のある約定方式です

そのため、そこを許容できるのであれば使う価値のある海外FX業者だと言えます。

参考:FXにおける約定方式の違い!DD方式とNDD方式を比較する

・DD方式の海外FX業者

DD方式の業者は「顧客の損失=業者の利益」という構図があります。

そのため、顧客が損をするような悪さ(ストップ狩り、レートずらし、故意のシステムダウン)をする余地がある業者と言い換えることが言えます。

まっとうに運営しているDD業者もあるでしょうが、避けられるなら避けた方がいいのがDD方式のFX業者かなと思います。

逆に、それを許容できるのであれば、DD方式の海外FX業者は「ゼロカットのある国内FX業者」を利用する感じになるので、メリット(安全性が上がって、スプレッドが狭い)が大きいとも言えます。

<iFOREXの会社情報詳細>

会社名:
Formula Investment House Ltd.

所在国:
アテネ

所在地:
15 Nikis st., Syntagma Square,10557 Athens, Greece

資本金:
$14,922,898

金融ライセンス:
BVI/Hungary

事業開始年:
1996年

顧客資金の管理:
分別管理

公式サイト日本語化:
完全日本語化

サポート体制:

  • 電話:+30-210-374-2583(平日24時間体制)
  • FAX:+30-210-374-2598(平日24時間体制)
  • メール:cs-jp@iforex.com(24時間以内に返信)
  • コールバック:メールで折り返し電話を希望(平日24時間体制)
  • ライブチャット:公式ホームページから(平日24時間体制)

iFOREXの安全性の考察

iFOREXの安全性

  • 追証なし
  • バージン諸島等の金融ライセンスを保有
  • 顧客資金は分別管理
  • 入出金は早い

海外FX業者の安全性を見るうえで必須の項目は、追証なし(ゼロカットの完備)金融ライセンスの保有です。

この2つの項目をクリアしてない海外FX業者は、安全性の観点から口座開設すべきではありません。

iFOREXはどちらもクリアしており、口座開設の検討に値する海外FX業者と言えます。

以下、iFOREXの安全性を見ていきます。

追証なし(FXで借金を負う可能性はゼロ)

iFOREXではゼロカットシステムを採用しているため追証(おいしょう)はありません。

ゼロカットにより、顧客がどんなにFXで負けても損失は入金額が上限になります。

そのため、FXで借金を負うような事態になる可能性はゼロになります。

追証とは

「追証(おいしょう)」とは、急激な相場の暴騰や暴落で口座残高がマイナスになった場合、不足のマイナス分をトレーダーが追加で支払わなければならないという仕組みです。

もし支払わなければ、裁判所命令での銀行口座の凍結、資産の差し押さえなどが執行されることになります。

なお、すべての日本のFX業者には「追証」を定めた規定があります。(FXで借金を負う可能性があるということ)

参考:デメリットなし!海外FXのゼロカットシステムを理解する

バージン諸島等の金融ライセンスを保有

iFOREXは、バージン諸島とハンガリーの金融ライセンスを保有。

グループとして複数の金融ライセンスを保有しているので、金融ライセンスを一つだけの海外FX業者よりは安全性は高いということができます。

金融ライセンスとは

世界各国にある金融監督機関への登録(認可)のこと

(日本の場合は、金融庁が金融監督機関)

金融ライセンスの保有でわかること

金融監督機関から一定の安全性を認められているということ

参考:金融ライセンスの有無でわかる海外FX業者の安全性

顧客資金は分別管理

iFOREXの顧客資金の保護

  • 分別管理のみ

iFOREXの顧客資金の管理方法は、分別管理のみで信託保全はありません。

そのため、信託保全のある海外FX業者(XMAXIORY)に比べると、安全性は一段落ちます。

なお、日本のFX業者は金融庁の規制により信託保全が必須となっており安全性がかなり高くなっています。一方、海外FX業者の場合、分別管理のみのところがほとんどです。

分別管理と信託保全

分別管理
→ 「FX業者の運営資金」と「顧客資金」を別の口座で管理すること

信託保全
→ 「FX業者の運営資金」と「顧客資金」を別の口座で管理したうえで、「顧客資金」の口座をFX業者以外(信託銀行等)が管理すること

信託保全がなされると顧客資金を業者が勝手に動かすことが難しくなるため、安全性が高いということです。

参考:海外FX業者の安全性!分別管理と信託保全の違いを理解する

入出金は確実

海外FX業者を利用して怖いのが、資金の出金拒否です。

これをされるといくら稼いでも全く意味がありません。

iFOREXは、1,000万を超えるような高額出金の報告も何度もあがっている、出金に関してかなり実績のある業者です。

そのため、入出金での心配は必要ないでしょう。

なお、iFOREXはbitwalletに対応しているので格安の手数料で出金が可能です。

参考:アイフォ戦士、ハイレバで稼いだ1億5000万円を出金!通帳を公開

<iFOREXの入出金方法詳細>

iFOREXの入金方法詳細

入金方法口座反映のスピード入金手数料
クレジットカード即時無料
bitwallet
海外銀行送金3~5営業日振込手数料
+中継銀行の手数料(3,000円くらい)

iFOREXの出金方法詳細

出金方法口座反映のスピード入金手数料
クレジットカード3~10営業日無料(返金処理)
bitwallet即時412円~824円
海外銀行送金3~10営業日1回2,000円
(※10万円以上の出金の場合、月3回まで無料)
+中継銀行の手数料(3,000円くらい)

iFOREXの取引スペックの考察

iFOREXの取引スペック

  • 最大レバレッジ400倍
  • スプレッドは狭い
  • ロスカット水準が0%
  • ボーナスキャンペーン充実
  • 為替以外も同一口座で取引可能
  • 取引ソフトはiFOREXの独自ソフト
  • 日本語サポートあり

取引スペックで大事なのは最大レバレッジ

最大レバレッジが大きければ大きいほど必要資金が少なくて済みます。

(海外FX業者は、たいてい400倍は越えてくるのでそこまで気にしなくてもよい。)

そのほかの取引スペックは個人の好みの部分が大きくなります。

  • ボーナスがあるほうが良い
  • ボーナスはなくて良いのでスプレッドが狭いのが良い
  • 為替だけトレードできれば良い
  • 為替だけでなく株価指数や仮想通貨もトレードしたい  等々。

以下、iFOREXの取引スペックを見ていきます。

最大レバレッジ400倍

iFOREXの最大レバレッジ400倍です。

日本のFX業者は、金融庁の規制により、どの業者も最大レバレッジは25倍。

結果、日本国内のFX業者で取引する場合に比べて、必要資金が16分の1で済んでしまうのがiFOREXを利用するメリットと言えます。

スプレッドは狭い

通貨ペアiFOREXXM(参考)
ドル円0.9pips1.6pips
ユーロ円1.7pips2.5pips
ポンド円2.5pips3.9pips
ユーロドル0.8pips1.7pips
ポンドドル1.5pips2.4pips

iFOREXは、国内FX業者と同様のDD業者なのでスプレッドは狭いです。

なお、iFOREXに口座タイプは1タイプしかありません。

<口座情報詳細>

iFOREXの口座情報詳細

口座通貨JPY・USD・EUR・GBP・CHF
最大レバレッジ400倍
契約規模1ロット=10万通貨
取引手数料なし
追証についてなし(ゼロカット)
ボーナスあり
最低入金額100ドル(1万円相当)
平均スプレッド
約定スピード
取引ツールFxnet(iFOREX独自のツール)
取扱銘柄通貨・商品・指数・株式・ETF・仮想通貨
両建て取引可能
1ポジションの最低ロット数0.01ロット(1,000通貨)
1ポジションの最大ロット数50ロット(500万通貨)
マージンコール水準証拠金維持率0.25%以下
ロスカット水準証拠金維持率0%
最大ポジション保有数制限なし

ロスカット水準が0%

ロスカット水準とは、強制ロスカットが発動される基準となる証拠金維持率のこと

ロスカット水準が20%くらいの海外FX業者はわりと多くありますが、0%の業者となるとiFOREX以外はほとんどありません。

ロスカット水準が0%というのは、口座残高が0になるまで強制ロスカットにはならないということです。

そのため、口座残高が0になるか倍になるかというようなシンプルな思考で戦いたいトレーダー(ギャンブラー)にとっては、とても分かりやすい仕組みだと言えます。

良し悪しはありますが、「ギリギリまで粘って相場が反転、一気に資金が億越えに」といった夢があるのがiFOREXという海外FX業者です。

参考:強制ロスカットの仕組みを理解する(証拠金維持率の計算方法)

ボーナスキャンペーン充実

iFOREXのボーナス

  1. 【初回入金】100%入金ボーナス+40%入金ボーナス
  2. 【2回目以降の入金】ペンディングボーナス(40%キャッシュバック)
  3. 【新規口座開設者】年利3%の利息キャッシュバック

iFOREXはプロモーションとして顧客に対してボーナスキャンペーンを提供しています。

これらのボーナスキャンペーンは、運用資金の少ないトレーダーにとっては非常に力強い味方になります。

自己資金が少なくてもボーナスをプラスすることで、入金額以上の証拠金で取引をすることができるからです。

iFOREXのボーナスは、入金ボーナス・キャッシュバックの2種類。

以下、簡単にボーナスの内容を記載しておきます。

参考:iFOREXのボーナスキャンペーンの内容と注意点のまとめ

ボーナスとは

ボーナスというのは、海外FX業者において証拠金としてだけ使えるお金です。

つまり、トレードするためだけに使えるバーチャルなお金がボーナスです。

ボーナス自体は出金できませんが、ボーナスを利用して稼いだお金は出金できます。

【初回入金】100%入金ボーナス+40%入金ボーナス

ボーナス獲得条件

初回入金すること

ボーナスの内容

  • 10万円までは100%ボーナス
  • 10万円~200万円までは40%ボーナス

iFOREXの初回入金ボーナスは、10万円までは入金額について100%のボーナスがつき、10万円を超える部分については200万円まで40%のボーナスがつきます。

・入金パターンとボーナスの例

入金額ボーナス有効証拠金
(入金額+ボーナス)
100,000円100,000円200,000円
300,000円180,000円480,000円
1,000,000円460,000円1,460,000円

【2回目以降の入金】ペンディングボーナス(40%キャッシュバック)

ボーナス獲得条件

2回目以降の入金すること

ボーナスの内容

入金額の40%を上限として、「0.5ロット(5万通貨)の取引につき1ドル」がキャッシュバックされる

iFOREXのペンディングボーナスは、ボーナスという名前がついていますがキャッシュバックのキャンペーンです。(キャッシュバックなのでそのまま出金も可)

このペンディングボーナスは、入金がキャッシュバックの前提条件となっており、トレードすることによって実際にキャッシュバックがなされます。

具体例 10万円を入金した場合

キャッシュバックの上限は、入金額10万円の40%である4万円。

0.5lot(5万通貨)の取引につき、1ドルがキャッシュバックされるので、上限の4万円のキャッシュバックを受けたい場合、200lot(2,000万通貨)の取引量が必要となります。

・計算参考

4万円=約400ドル(ドルに換算)、400ドル÷1ドル=400(必要な取引回数)、0.5lot×400=200lot(必要な取引量)。

【新規口座開設者】年利3%の利息キャッシュバック

ボーナス獲得条件

  • 新規口座開設する
  • 初回入金10万円以上
  • 口座残高10万円以上をキープ

ボーナスの内容

上限1,500万円まで年利3%の利息がもらえる

iFOREXの新規口座開設者のみの利息のキャッシュバックキャンペーンです。

こちらもペンディングボーナスと同様にボーナスではなく、キャッシュバックなのでそのまま出金も可能です。

ただし、トレードしない期間が30日を超えてしまうと利息は付与されないので注意が必要です。

為替以外も同一口座で取引可能

iFOREXの取扱銘柄

  • FX通貨ペア:82種類
  • 商品CFD:20種類
  • 株価指数CFD:33種類
  • 株式CFD:644種類
  • ETF:53種類
  • 仮想通貨CFD:18種類

iFOREXでは、FXだけでなく株価指数CFD等も同一口座で取引可能です。

株式CFDの種類が多いのが特徴です。

<iFOREXで取引できる全銘柄>

FX通貨ペア:82種類

  1. Dクローネ/円
  2. NZドル/カナダドル
  3. NZドル/スイス
  4. NZドル/円
  5. NZドル/南アランド
  6. NZドル/米ドル
  7. Nクローネ/Sクローナ
  8. Nクローネ/円
  9. Pズウォティ/Hフォリント
  10. SGドル/円
  11. Sクローナ/円
  12. カナダドル/Hフォリント
  13. カナダドル/円
  14. スイス/Hフォリント
  15. スイス/Nクローネ
  16. スイス/Pズウォティ
  17. スイス/カナダドル
  18. スイス/トルコリラ
  19. スイス/円
  20. スイス/南アランド
  21. スウェーデンクローナ/デンマーククローネ
  22. トルコリラ/Hフォリント
  23. トルコリラ/円
  24. ポンド/Dクローネ
  25. ポンド/Hフォリント
  26. ポンド/NZドル
  27. ポンド/Pズウォティ
  28. ポンド/カナダドル
  29. ポンド/スイス
  30. ポンド/トルコリラ
  31. ポンド/円
  32. ポンド/南アランド
  33. ポンド/米ドル
  34. ポンド/豪ドル
  35. ポーランドズウォティ/スウェーデンクローナ
  36. ポーランドズウォティ/デンマーククローネ
  37. ポーランドズウォティ/ノルウェークローネ
  38. ユーロ/Cクローネ
  39. ユーロ/Dクローネ
  40. ユーロ/Hフォリント
  41. ユーロ/NZドル
  42. ユーロ/Nクローネ
  43. ユーロ/Sクローネ
  44. ユーロ/インドルピー
  45. ユーロ/オフショア人民元
  46. ユーロ/カナダドル
  47. ユーロ/スイス
  48. ユーロ/トルコリラ
  49. ユーロ/ポンド
  50. ユーロ/ロシアルーブル
  51. ユーロ/円
  52. ユーロ/南アランド
  53. ユーロ/米ドル
  54. ユーロ/豪ドル
  55. ユーロ/Pズウォティ
  56. 南アランド/円
  57. 米ドル/Cクローネ
  58. 米ドル/Dクローネ
  59. 米ドル/Hフォリント
  60. 米ドル/Nクローネ
  61. 米ドル/Pズウォティ
  62. 米ドル/SGドル
  63. 米ドル/Sクローネ
  64. 米ドル/インドルピー
  65. 米ドル/オフショア人民元
  66. 米ドル/カナダドル
  67. 米ドル/スイス
  68. 米ドル/トルコリラ
  69. 米ドル/メキシコペソ
  70. 米ドル/円
  71. 米ドル/南アランド
  72. 米ドル/露ルーブル
  73. 米ドル/香港ドル
  74. 英ポンド/スウェーデンクローナ
  75. 英ポンド/ノルウェークローネ
  76. 豪ドル/Hフォリント
  77. 豪ドル/NZドル
  78. 豪ドル/カナダドル
  79. 豪ドル/スイス
  80. 豪ドル/円
  81. 豪ドル/米ドル
  82. 香港ドル/円

商品CFD:20種類

  1. WTI原油
  2. ガソリン
  3. ココア
  4. コーヒー
  5. コーン
  6. パラジウム
  7. ヒーティングオイル
  8. ブレント原油
  9. 上海原油
  10. 大豆
  11. 天然ガス
  12. 小麦
  13. 白金
  14. 砂糖
  15. 綿
  16. 金 (EUR)
  17. 金 (グラム, トルコリラ)

株価指数CFD:33種類

  1. FANG+
  2. USDX
  3. VIX
  4. イタリア40
  5. インド50
  6. オランダ25
  7. オーストラリア200
  8. ギリシャ20
  9. サウジ全株指数
  10. シンガポール 25
  11. スイス20
  12. スウェーデン30
  13. スペイン35
  14. トルコ100
  15. ドイツ30
  16. ドバイ指数
  17. フランス40
  18. ブラジル 60
  19. メキシコ 35
  20. ヨーロッパ50
  21. 中国50
  22. 台湾指数
  23. 日本100
  24. 日本225(円)
  25. 日本225(米ドル)
  26. 日本400
  27. 米国2000
  28. 米国30
  29. 米国500
  30. 米国テック100
  31. 英国100
  32. 韓国 200
  33. 香港50

株式CFD:644種類

  1. A2A
  2. ABB
  3. ABNアムロ・グループ
  4. ACI
  5. ACS
  6. Adyen
  7. AIA
  8. AIG
  9. AMD
  10. ANZ
  11. ASMLホールディング
  12. ASRネダーランド
  13. ASローマ
  14. AT&T
  15. BASF
  16. BHPグループ
  17. Bilibili
  18. BMW
  19. BP
  20. BPERバンカ
  21. BT
  22. CBRE
  23. CBS
  24. CEZ as
  25. China Literature
  26. CNHインダストリアル
  27. CSL
  28. CVS
  29. DEH
  30. DeNA
  31. DIA
  32. DOUYU.COM
  33. DSM
  34. Etsy
  35. EventBrite
  36. Exor
  37. GEG
  38. GMO
  39. HDFC銀行
  40. HOYA
  41. HSBC HK
  42. HSBC UK
  43. HUYA
  44. IBM
  45. ICICI銀行
  46. Indra
  47. INGグループ
  48. ITC
  49. ITV
  50. JDドットコム
  51. JFEホールディングス
  52. JPモルガン・チェース
  53. JSW
  54. JT
  55. JUMIA
  56. JXTGホールディングス
  57. K+S
  58. KDDI
  59. KPN
  60. LG化学
  61. LG電子
  62. LiveRamp
  63. MAADEN
  64. MOMO
  65. mongoDB
  66. MS&AD インシュアランスグループホールディングス
  67. NAB
  68. NCB
  69. Nio
  70. NNグループ
  71. O2チェコ・レプブリック
  72. OHL
  73. OPAP
  74. PGE
  75. PGNiG
  76. Pinduoduo
  77. Pinterest
  78. Pivotal
  79. PKOバンク・ポルスキ
  80. Pluralsight
  81. PZU
  82. QBEインシュアランス
  83. RWE
  84. SABIC
  85. SBIホールディング
  86. SBMオフショア
  87. SGS
  88. SIMON
  89. SKF
  90. SKハイニックス
  91. SMC
  92. Sogou
  93. SOMPOホールディングス
  94. SSラツィオ
  95. STマイクロエレクトロニクス
  96. SUBARU
  97. SUMCO
  98. SurveyMonkey
  99. T&Dホールディングス
  100. TDK
  101. Tenable
  102. UBIバンカ
  103. UBSグループ
  104. UPMキュンメネ
  105. VTB銀行
  106. ZOZO
  107. いすゞ自動車
  108. みずほ
  109. りそなホールディングス
  110. アイクストロン
  111. アイシン精機
  112. アエナ
  113. アエロフロート
  114. アクサ
  115. アクシオナ
  116. アクシス銀行
  117. アクセンチュア
  118. アクゾノーベル
  119. アクティビジョン・ブリザード
  120. アコー
  121. アジムト・ホールディング
  122. アストラゼネカ
  123. アストンマーティン
  124. アセリノックス
  125. アッサ・アブロイ
  126. アップル
  127. アップワーク
  128. アッヴィ
  129. アディダス
  130. アデコ
  131. アトス
  132. アトラスコプコ
  133. アトランティア
  134. アトレスメディア
  135. アドビ
  136. アバスト
  137. アバロンベイ
  138. アビバ
  139. アフラック
  140. アホルド・デレーズ
  141. アボット
  142. アマゾン
  143. アマデウス
  144. アムジェン
  145. アメリカン・エキスプレス
  146. アメリカン・タワー
  147. アメリカン航空
  148. アメリカ・モビル
  149. アモーレパシフィック
  150. アリアンツ
  151. アリオル・バンク
  152. アリババ
  153. アルカ・コンティネンタル
  154. アルセロール・ミタル
  155. アルタバ
  156. アルタ・ビューティ
  157. アルティス
  158. アルトリア
  159. アルバーツ・インダストリーズ
  160. アルファ
  161. アルファベット
  162. アルファ・ラバル
  163. アルファ銀行
  164. アルプス電気
  165. アルマライ
  166. アングロ・アメリカン
  167. アンハイザー・ブッシュ・インベブ
  168. イオン
  169. イベルドローラ
  170. イルミナ
  171. インテル
  172. インテーザ・サンパオロ
  173. インディテックス
  174. インドステイト銀行
  175. インフィニオン
  176. インフォシス
  177. インベストール
  178. インマー銀行
  179. イージージェット
  180. イーベイ
  181. ウィン・リゾーツ
  182. ウェアーハウザー
  183. ウェスファーマーズ
  184. ウェルズ・ファーゴ
  185. ウエストパック
  186. ウォルグリーンズ・ブーツ
  187. ウォルマート
  188. ウォルマート・デ・メヒコ
  189. ウッドサイド
  190. ウニクレディト
  191. ウニベイル・ロダムコ
  192. ウニポルサイ
  193. ウーバー
  194. ウールワース
  195. エアステ・グループ
  196. エアバス・グループ
  197. エア・リキード
  198. エイゴン
  199. エクイニクス
  200. エクスペディア
  201. エクソン・モービル
  202. エシティ
  203. エナガス
  204. エニ
  205. エヌビディア
  206. エネル
  207. エバーグランデ
  208. エリクソン
  209. エルメス
  210. エレクトロニック・アーツ
  211. エレクトロラックス
  212. エンジー
  213. エンデサ
  214. エーオン
  215. エーゲ航空
  216. エールフランス・KLM
  217. オクタ
  218. オラクル
  219. オランジュ
  220. オリックス
  221. オリンパス
  222. オレンジ・ポルスカ
  223. オートデスク
  224. オートリブ
  225. オーレン
  226. オーロラ・カンナビス
  227. カイシャバンク
  228. カシオ
  229. カタラナ・オキシデンテ
  230. カルフール
  231. カンタス航空
  232. カンパリ
  233. ガスプロム
  234. ガス・ナトゥラル・フェノーサ
  235. ガラパゴス
  236. ガンホー
  237. ガーミン
  238. キャタピラー
  239. キャップジェミニ
  240. キャノピー・グロース
  241. キャボット
  242. キャンベルスープ
  243. キヤノン
  244. キリンホールディングス
  245. キンダー・モルガン
  246. キンバリー・クラーク
  247. キーエンス
  248. ギリアド・サイエンシズ
  249. ギリシャ・ナショナル銀行
  250. クアルコム
  251. クボタ
  252. クラウン・キャッスル
  253. クラフト・ハインツ
  254. クレディセゾン
  255. クレディ・アグリコル
  256. クレディ・スイス
  257. グラクソ・スミスクライン
  258. グラブハブ
  259. グリフォルス
  260. グルパ・ロトス
  261. グルポ・エレクトラ
  262. グルポ・メヒコ
  263. グレンコア
  264. ケリング
  265. ケロッグ
  266. ゲティンゲ
  267. コカ・コーラ
  268. コストコ
  269. コタック・マヒンドラ銀行
  270. コネ
  271. コノコフィリップス
  272. コマツ
  273. コムキャスト
  274. コメルチニ銀行
  275. コメルツ銀行
  276. コモンウェルス銀行
  277. コルゲート-パルモリーブ
  278. コンステレーション・ブランズ
  279. コンチネンタル
  280. ゴールドマン・サックス
  281. サイバーアーク
  282. サイプレス
  283. サイペン
  284. サウジ・エレクトリシティー
  285. サウジ・カヤン
  286. サシール
  287. サップ(SAP)
  288. サノフィ
  289. サバデル銀行
  290. サフラン
  291. サムスン
  292. サルドヤ・オーチス
  293. サンコープ
  294. サンゴバン
  295. サンタンデール・バンク・ポルスカ
  296. サンタンデール銀行
  297. サンドビック
  298. サーブ
  299. ザ・トレード・デスク
  300. シェブロン
  301. シスコシステムズ
  302. シティグループ
  303. シノペック
  304. シフロヴィ・ポルサット
  305. シャープ
  306. シュナイダーエレクトリック
  307. シュルンベルジェ
  308. ショッピファイ
  309. シンナビーク
  310. シーゲイト・テクノロジー
  311. シーメンス
  312. シーメンスガメサ
  313. ジャンボ
  314. ジョンソン&ジョンソン
  315. スイスコム
  316. スイス・リー
  317. スウェドバンク
  318. スウォッチ
  319. スカンジナビスカ・エンスキルダバンケン
  320. スカンスカ
  321. スクエア
  322. スズキ
  323. スタンダードチャータード
  324. スターバックス
  325. ストラ・エンソ
  326. スナップチャット
  327. スナム
  328. スポティファイ
  329. スラック
  330. スリーエム
  331. ズオラ
  332. ズベルバンク
  333. セキュリタス
  334. セメックス
  335. セルジーン
  336. セルネックス・テレコム
  337. セールスフォース・ドットコム
  338. ゼットスケーラー
  339. ゼネラリ
  340. ゼネラル・エレクトリック
  341. ゼネラル・モーターズ
  342. ソシエテ・ジェネラル
  343. ソデクソ
  344. ソニー
  345. ソノス
  346. ソフトバンクグループ
  347. タイタン・セメント
  348. タウロン
  349. タタ・コンサルタンシー
  350. タークセル
  351. ターゲット
  352. ダイキン
  353. ダイムラー
  354. ダッソー・システムズ
  355. ダノン
  356. ダンキン・ブランズ
  357. ダール・アル・アルカン
  358. チェック・ポイント
  359. チャールズ・シュワブ
  360. チューリッヒ保険
  361. ツイッター
  362. ティッセンクルップ
  363. ティファニー・アンド・カンパニー
  364. ティルレイ
  365. テイクツー・インタラクティブ
  366. テキサス・インスツルメンツ
  367. テクニカス・レウニダス
  368. テスコ
  369. テスラ
  370. テナリス
  371. テリア
  372. テルストラ
  373. テルナ
  374. テルナ・エナジー
  375. テレコム・イタリア
  376. テレビサ
  377. テレフォニカ
  378. テンセント
  379. テンセント・ミュージック
  380. ディアジオ
  381. ディズニー
  382. デルタ航空
  383. デルテクノロジーズ
  384. デルファイ
  385. デンソー
  386. トゥイリオ
  387. トタル
  388. トヨタ
  389. トレルボルグ
  390. ドイツテレコム
  391. ドイツ・ポスト
  392. ドイツ銀行
  393. ドキュサイン
  394. ドミノ・ピザ
  395. ドロップボックス
  396. ナイキ
  397. ネスレ
  398. ネットフリックス
  399. ノキア
  400. ノバルティス
  401. ハイデルベルグセメント
  402. ハイネケン
  403. ハネウェル
  404. ハリバートン
  405. ハンデルスバンケン
  406. バイエル
  407. バイドゥ(百度)
  408. バノルテ
  409. バンキア
  410. バンキンテル
  411. バンク・オブ・アメリカ
  412. バンク・ペカオ
  413. バンコBPM
  414. バンシ
  415. バークシャー・ハサウェイ
  416. バークレイズ
  417. バーバリー
  418. パナソニック
  419. パブリック・ストレージ
  420. パロアルト
  421. ヒューゴ・ボス
  422. ビザ
  423. ビベンディ
  424. ビヨンド・ミート
  425. ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行
  426. ピュア・ストレージ
  427. ピュブリシス・グループ
  428. ファイザー
  429. ファイブ・ビロー
  430. ファナック
  431. ファブリネット
  432. ファーストリテイリング
  433. フィアット・クライスラー
  434. フィリップス
  435. フィリップ・モリス
  436. フェイスブック
  437. フェデックス
  438. フェムサ
  439. フェラーリ
  440. フェロビアル
  441. フォルクスワーゲン
  442. フォーテ スキュー・メタルス
  443. フォード
  444. フグロ
  445. フレゼニウス
  446. ブイグ
  447. ブッキング
  448. ブリストル・マイヤーズ スクイブ
  449. ブリヂストン
  450. ブリティッシュ・アメリカン・タバコ
  451. ブルーコープ・スチール
  452. ブロードコム
  453. プジョー
  454. プラネット・フィットネス
  455. プリスミアン
  456. プルデンシャル
  457. プロクター・アンド・ギャンブル
  458. プロジーベンザット1
  459. プロロジス
  460. ヘキサゴン
  461. ヘネス&モーリッツ (H&M)
  462. ヘレニック・ペトロリウム
  463. ヘレニック・テレコミュニケーションズ
  464. ヘンケル
  465. ベストバイ
  466. ベライゾン
  467. ペイコム
  468. ペイパル
  469. ペトロチャイナ
  470. ペプシコ
  471. ペルノ・リカール
  472. ホンダ
  473. ホーム・デポ
  474. ホーメルフーズ
  475. ボスカリス・ウエストミンスター
  476. ボリデン
  477. ボルシアドルトムント
  478. ボルボ
  479. ボーイング
  480. ボーダフォン
  481. ポスコ
  482. ポステ・イタリアーネ
  483. ポストNL
  484. ポスト・ホールディングス
  485. ポーランド銅公社
  486. マイクロソフト
  487. マイクロン
  488. マクドナルド
  489. マスターカード
  490. マッコーリー
  491. マッチ・グループ
  492. マツダ
  493. マネックスグループ
  494. マフレ
  495. マルチ・スズキ
  496. マンチェスター・ユナイテッド
  497. ミシュラン
  498. ミティリネオス
  499. ミネベアミツミ
  500. ミュンヘン再保険
  501. メイレ・テクニモント
  502. メットライフ
  503. メディアセット
  504. メディオバンカ
  505. メドトロニック
  506. メリア・ホテルズ
  507. メルカリ
  508. メルク
  509. モネタ
  510. モルガン・スタンレー
  511. モンクレール
  512. モンスター・ビバレッジ
  513. モーターオイル
  514. ヤフージャパン
  515. ヤマハ発動機
  516. ヤンデックス
  517. ユナイテッド・コンチネンタル
  518. ユナイテッド・テクノロジーズ
  519. ユナイテッド・パーセル・サービス
  520. ユナイテッド・ヘルス
  521. ユニオン・パシフィック
  522. ユニバーサル・ディスプレイ
  523. ユベントス
  524. ユーロバンク・エルガシアス
  525. ラスベガス・サンズ
  526. ラファージュホルシム
  527. ランクセス
  528. ランスタッド
  529. ラージヒー銀行
  530. リオ・ティント
  531. リクルートホールディングス
  532. リシュモン
  533. リフト
  534. リライアンス・インダストリーズ
  535. ルイヴィトン
  536. ルクオイル
  537. ルグラン
  538. ルネサス
  539. ルノー
  540. ルフトハンザ
  541. ルルレモン・アスレティカ
  542. レオナルド
  543. レキットベンキーザー
  544. レコルダッチ
  545. レド・エレクトリカ
  546. レプソル
  547. ロイズ
  548. ロイヤル・ダッチ・シェル
  549. ロウズ
  550. ロシュ
  551. ロスネフチ
  552. ロッキード・マーチン
  553. ロッテ・ケミカル
  554. ロビオ
  555. ロレアル
  556. ローム
  557. ロールスロイス
  558. ヴァレオ
  559. ヴァーレ
  560. ヴィーヴァ
  561. ヴェオリア
  562. ヴォノヴィア
  563. ヴォルタース・クルーワー
  564. 三井不動産
  565. 三井住友トラスト
  566. 三井住友フィナンシャルグループ
  567. 三井物産
  568. 三菱UFJ
  569. 三菱ケミカル
  570. 三菱商事
  571. 三菱地所
  572. 三菱自動車
  573. 三菱重工業
  574. 三菱電機
  575. 中国人寿保険
  576. 中国太平洋保険(集団)
  577. 中国工商銀行
  578. 中国平安保険
  579. 中国建設銀行
  580. 中国海外発展
  581. 中国海洋石油
  582. 中国神華能源
  583. 中国移動
  584. 中国聯通
  585. 中国農業銀行
  586. 中国電信
  587. 中銀香港
  588. 丸紅
  589. 交通銀行
  590. 京セラ
  591. 任天堂
  592. 伊藤忠商事
  593. 住友不動産
  594. 住友化学
  595. 住友商事
  596. 住友金属鉱山
  597. 信越化学工業
  598. 出光興産
  599. 吉利汽車
  600. 国際石油開発帝石
  601. 大和ハウス工業
  602. 安川電機
  603. 富士フイルムホールディングス
  604. 富士通
  605. 小米集団
  606. 微博
  607. 愛奇芸
  608. 招商銀行
  609. 新日鉄住金
  610. 新韓金融グループ
  611. 新鴻基地産発展
  612. 日本郵政
  613. 日本電信電話
  614. 日本電産
  615. 日東電工
  616. 日産
  617. 日立
  618. 旭化成
  619. 村田製作所
  620. 東レ
  621. 東京エレクトロン
  622. 東京海上ホールディングス
  623. 東京電力
  624. 東日本旅客鉄道
  625. 東海旅客鉄道
  626. 東芝
  627. 楽天
  628. 武田薬品工業
  629. 積水ハウス
  630. 第一生命
  631. 米国銀行
  632. 美団点評
  633. 融創中国
  634. 豊田通商
  635. 野村ホールディングス
  636. 長城汽車
  637. 長江和記
  638. 長江実業集団
  639. 電通
  640. 韓国電力公社(KEPCO)
  641. 香港証券取引所
  642. BNPパリバ
  643. NTTドコモ
  644. mバンク

ETF:53種類

  1. EAFE
  2. IPO
  3. WTI原油先物ロングx3
  4. アジア太平洋(除く日本)
  5. エマージング・マーケット
  6. オーストラリア200ファンド
  7. カナダ
  8. グローバル
  9. グローバル・カンナビス
  10. グローバル・ゴールド・マイナーズx3
  11. グローバル・ブロックチェーン
  12. グローバル・リチウム&バッテリー
  13. グローバル・ロボティクス
  14. ゴールド・トラスト
  15. シルバー・トラスト
  16. ジュニアゴールドマイナーロングx3
  17. ドイツ30ファンド
  18. ブラジルファンド
  19. 中国トップ50ロングx3
  20. 中国大型株
  21. 原油ファンド
  22. 日本
  23. 日本225 ETF
  24. 日本225ショートx2
  25. 日本225ロングx2
  26. 欧州先進国ファンド
  27. 欧州先進国大型株
  28. 米セミコンダクター
  29. 米国100ロングx3
  30. 米国2000ファンド
  31. 米国30トラスト
  32. 米国500トラスト
  33. 米国500ロングx3
  34. 米国500小型株
  35. 米国インダストリアル
  36. 米国エネルギー
  37. 米国テクノロジー
  38. 米国テック100大型株信託
  39. 米国バイオテク
  40. 米国ファンド
  41. 米国ヘルスケア
  42. 米国一般消費財
  43. 米国不動産
  44. 米国公共事業
  45. 米国基礎素材
  46. 米国好配当
  47. 米国生活必需品
  48. 米国金融
  49. 米国金融ロングx3
  50. 米国銀行
  51. 英国
  52. 韓国
  53. 韓国トップ50ロングx3

仮想通貨CFD:18種類

  1. EOS
  2. イーサリアム
  3. イーサリアム(ユーロ)
  4. イーサリアム(日本円)
  5. ダッシュ
  6. ビットコイン
  7. ビットコイン/イーサリアム
  8. ビットコイン/ライトコイン
  9. ビットコインキャッシュ
  10. ビットコイン(ユーロ)
  11. ビットコイン(日本円)
  12. モネロ
  13. ライトコイン
  14. ライトコイン(ユーロ)
  15. ライトコイン(日本円)
  16. リップル
  17. リップル(ユーロ)
  18. リップル(日本円)

取引ソフトはiFOREXの独自ソフト

iFOREXのトレードソフトは、iFOREXで作られた独自のソフトです。

多くの海外FX業者で採用されているMT4は利用できません

ソフト自体は日本語で直感的に操作できるものになっています。

※業者による独自の取引ソフトは、DD業者に見られる仕様です。独自ソフトだと悪さをしやすいという説もあったりなかったり。

参考:FX業者によるノミ行為、DD業者は避けるべきかを考える

日本語サポートあり

iFOREXは日本語サポートがあるので英語は不要です。

20年強の運営歴を誇るため、日本語サポートの質はかなり高いと言えます。

日本人のサポート社員も多数在籍しており、丁寧にサポートしてくれます。

<サポート詳細>

iFOREXのサポート

  • 電話:
    +30-210-374-2583(平日24時間体制)
  • FAX:
    +30-210-374-2598(平日24時間体制)
  • メール:
    cs-jp@iforex.com(24時間以内に返信)
  • コールバック:
    メールで折り返し電話を希望(平日24時間体制)
  • ライブチャット:
    公式ホームページから(平日24時間体制)

iFOREXの特徴・評価のまとめ

  • 運営歴が長く、高額の出金報告が多い
  • ロスカット水準0%
  • DD方式の業者である

iFOREXは、ロスカット水準が0%という特徴があるため、ハイレバで一攫千金を夢見る人向きの海外FX業者と言えます。

「口座資金が0になるか倍になるか」といった勝負をしたい方にはいいかもしれません。

一方で、DD業者であるという特徴もあるため、業者が悪さをする可能性を許容する必要があります。(そこが許容できないのであればNDD業者を選びましょう)

【画像付き】iFOREXの口座開設手順+本人確認のまとめ
【画像付き】iFOREXの口座開設手順+本人確認のまとめ iFOREXの口座開設手順等について画像付きでまとめておきます。参考にしてみてください。 参考:iFOREX特徴と評価!高...