とりあえず覚えよう!トレードに使えるいろいろな注文方法の解説

FXの取引にはいくつかの注文方法があります。

注文方法を知らないと自分がしたいトレードができません。

これは実際にトレードしていけば勝手に覚えていくものではあります。

まあせっかくなので、できるだけ理解しましょう。

では、説明していきます。

基本となる3種類の注文方法

基本となる3種類の注文方法を説明します。

正直、この3つさえ仕組みを理解して扱うことができればトレードには困ることはないでしょう。

成行注文

「なりゆきちゅうもん」と読みます。

おしゃれな言い方として「マーケット注文」というのも同じ注文を意味します。

その時点での為替レートで注文する方法が成行注文です。

買いの成行注文を出せば、112.671円でドル円が買えます。

売りの成行注文を出せば、112.654円でドル円が売れます。

新規注文の場合には、注文してすぐにポジションを持つことになるのが成行注文の特徴です。

また決済の場合には、注文してすぐにポジションがなくなることになります。

成行注文は機動的に取引をしたい場合に使用する注文方法です。

スキャルピング等の短期売買では、通常成行注文しか使用しません。

指値注文

「さしねちゅうもん」と読みます。

おしゃれな言い方として「リミット注文」というのも同じ注文を意味します。

あらかじめ為替レートを指定して「買い」または「売り」の注文を出すのが指値注文です。

現在のドル円のレートが上記。

例1

「112円まで下落したら買いたい場合」

112円の買い指値注文を出すと目的が達せられます。

112円以下までレートが下落すれば、指値注文が約定しポジションを持つことになります。

例2

「112円で買ったポジションを持っており、113円まで上昇したら利食いをしたい場合」

113円に売りの指値注文を出すと目的が達せられます。

113円以上にレートが上昇した場合、指値注文が約定しポジションがなくなることになります。

指値注文は、買いたいレート、売りたいレートが決まっている場合に使用する注文方法です。

仕組みを理解すれば当然ですが、指値注文の特徴は以下のとおりになります。

・現在のレートよりも「安い値段」でしか「買いの指値注文」は出せません。

・現在のレートよりも「高い値段」でしか「売りの指値注文」は出せません。

逆指値注文

「ぎゃくさしねちゅうもん」と読みます。

おしゃれな言い方として「ストップ注文」というのも同じ注文を意味します。

現在の為替レートよりも不利なレートをあらかじめ指定しておき、そのレートを超えたら自動的に注文するのが逆指値注文です。

「113円を超えたら買いが強くなると想定し、113円を超えたら新規で買いたい場合」

113.001で買いの逆指値注文を出すと目的が達せられます。

「112円を下回ってきたら売りが強くなると想定し、112円を下回ったなら現在持っている買いポジションを決済したい場合」

119.999で売りの逆指値注文を出すと目的が達せられます。

後者の方が、いわゆる損切りの逆指値注文(ストップ注文)です。

手動での損切りというのは、慣れるまではなかなか難しいです。

損切りできずに耐えてしまうという事態を防ぐために便利なのがこの逆指値注文(ストップ注文)です。

前者の使用方法としては、大きな指標時に節目を超えたところに逆指値注文を置き、指標発表時の勢いに自動で飛び乗るといった使用法が考えられます。

うまくいくと一瞬で大きく利益を獲れる可能性がありますが、戻ってきしまうと高値掴みや安値掴みといった事態に陥る可能性があります。

仕組みを理解すれば当然ですが、逆指値注文の特徴は以下のとおりになります。

・現在のレートよりも「高い値段」でしか「買いの逆指値注文」は出せません。

・現在のレートよりも「安い値段」でしか「売りの逆指値注文」は出せません。

逆指値注文は、主に損切りに使用するための注文方法になります。

使い方次第では力を発揮する3種類の注文方法

少し特殊な注文方法を3種類説明します。

そこまで利用機会も多くないかと思うので簡単に。

IFD注文

「あいえふでぃーちゅうもん」または「いふだんちゅうもん」と読みます。

新規注文とその決済注文を同時に出せる注文方法がIFD注文です。

当然、新規注文が約定しなければ決済注文は執行されません。

「112円まで下落してきたら買い、112.500円まで戻ったら決済したいと考えている場合」

112円の新規の指値注文と112.500円の決済の指値注文を設定したIFD注文を出すと目的が達せられます。

IFD注文は、ポジションをとりたいレートと決済したいレートがあらかじめ決まっている場合に使用する注文方法です。

OCO注文

「おーしーおーちゅうもん」と読みます。

2つの売買注文を同時に発注し、一方の注文が約定するともう一方の注文が自動的にキャンセルされる注文方法がOCO注文です。

「現在、買いのポジションを持っており、113円まで上がれば利食いの決済注文を、112.50を割ってくるようなら損切りの決済注文を出したい場合」

113.00円の指値の決済注文と112.499円の逆指値の決済注文を組み合わせたOCO注文を出すと目的が達せられます。

OCO注文の主な使いどころとしては、ポジションを所持している際に利食いと損切りの両方の注文を出したい時になります。

IFO注文

「あいえふおーちゅうもん」または「いふだんおーしーおーちゅうもん」と読みます。

IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法が、IFO注文になります。

つまり、新規注文と同時に決済注文を2種類出すのがIFO注文です。

「113円を超えたら新規で買いのポジションをとった上で、113.50円まで上昇するなら利食いの注文を、112.80円まで下落してしまうようなら損切りの注文を出したい場合」

113.001円の新規の逆指値注文、113.50円の決済の指値注文、112.799円の決済の逆指値注文を組み入れたIFO注文を出すと目的が達せられます。

あまり相場を見ていられない人が出すような注文方法になります。

ただ、IFO注文をわざわざ使うよりは、普通にポジションをとった後にOCO注文の方が簡単な気がします。

まとめ

注文の種類を6種類説明しました。

基本となる3種類については、トレードする際に使う機会が多いので理解しておきましょう。

OCO注文は意外と使えるので覚えておくといいのではと個人的には思います。

参考にしてください。

関連記事

これをやると負ける!FXトレードでしてはいけないこと集

FX初心者はまず何から始めるべきか。トレード上達のための手順

トレードをするにあたって、まず決めるべきこと

FXトレードにおける資金管理の方法を語る

経済指標って何? 初心者が抑えるべき経済指標の基礎知識

ポジポジ病の処方箋。ポジポジ病になってしまったら