FXの基礎

【初心者向け】FX取引で使用する注文方法を理解する

【初心者向け】FX取引で使用する注文方法を理解する

当然ですが、FX取引で稼ぐためには、買いか売りの注文を出す必要があります。

注文の種類はいくつかありますが、成行注文・指値注文・逆指値注文の3種類さえ理解しておけば特に困ることはありません。

ここでは、

FX取引で使う注文方法の種類と内容

についてまとめていきます。

成行注文(なりゆきちゅうもん)

成行注文(なりゆきちゅうもん)とは、

その時点での為替レートで注文する方法

※マーケット注文という言い方もあり

成行注文とは、その時点での為替レートで注文する方法です。

新規注文の場合には、注文した時点の為替レートでポジションを保有することになります。

決済の場合には、注文した時点の為替レートで保有ポジションがなくなることになります。

成行注文は機動的に取引をしたい場合に使用する注文方法です。

スキャルピング等の短期売買では、通常成行注文しか使用しません。

ドル円のレートが上記の場合

・買いの成行注文を出せば、112.671円でドル円が買えます。

・売りの成行注文を出せば、112.654円でドル円が売れます。

指値注文(さしねちゅうもん)

指値注文(さしねちゅうもん)とは、

あらかじめ為替レートを指定して注文を出す方法

※リミット注文という言い方もあり

指値注文とは、あらかじめ為替レートを指定して注文を出す方法です。

つまり、買いたい値段、売りたい値段が決まっている場合に使用する注文方法です。

仕組みを理解すれば当然ですが、指値注文には以下の特徴があります。

・現在のレートよりも「安い値段」でしか「買いの指値注文」は出せません。

・現在のレートよりも「高い値段」でしか「売りの指値注文」は出せません。

現在のレートよりも高い値段の買いの指値注文や安い値段での売りの指値注文は、基本的に成行注文と同様にすぐに約定します。(100円で売ってるものを110円で買おうとしたら100円ですぐ買えてしまうということ)

ドル円のレートが上記の場合

・112円まで下落したら買いたい場合、112円の買い指値注文を出すと目的が達せられます。

112円で買ったポジションを保有しており、113円まで上昇したら利益確定をしたい場合、113円に売りの指値注文を出すと目的が達せられます。

逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)

逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)とは、

現在の為替レートよりも不利なレートをあらかじめ指定しておき、そのレートを超えたら自動的に注文する方法

※ストップ注文という言い方もあり

逆指値注文とは、現在の為替レートよりも不利なレートをあらかじめ指定しておき、そのレートを超えたら自動的に注文する方法です。

逆指値注文は、主に損切りに使用するための注文方法。

仕組みを理解すれば当然ですが、逆指値注文の以下の特徴があります。

・現在のレートよりも「高い値段」でしか「買いの逆指値注文」は出せません。

・現在のレートよりも「安い値段」でしか「売りの逆指値注文」は出せません。

ドル円のレートが上記の場合

・113円を超えたら新規で買いたい場合、113.001で買いの逆指値注文を出すと目的が達せられます。(いわゆるブレイクアウト狙いの逆指値注文)

112円を下回ったなら現在保有している買いポジションを決済したい場合、119.999で売りの逆指値注文を出すと目的が達せられます。(いわゆる損切りの逆指値注文)

少し特殊な注文方法

IFD注文(いふだんちゅうもん)
→ 新規注文とその決済注文を同時に注文する方法

IFD注文は、「ポジションを保有したいレート」と「決済したいレート」があらかじめ決まっている場合に使用する注文方法です。

OCO注文(おーしーおーちゅうもん)
→ 2つの売買注文を同時に発注、一方の注文が約定するともう一方の注文が自動的にキャンセルされる注文方法

OCO注文の使い方としては、ポジションを保有している際に利益確定と損切り両方の注文を出したい時です。

IFO注文(あいえふおーちゅうもん)
→ IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法

IFO注文は、新規注文と同時に決済注文を2種類出すものです。

あまり相場を見ていられない人が出すような注文方法になります。