海外FX業者

ボーナス充実で安全性の高い海外FX業者!HotForex(ホットフォレックス)の特徴と評価

ボーナス充実で安全性の高い海外FX業者!HotForex(ホットフォレックス)の特徴と評価

HotForex(ホットフォレックス)は、日本での知名度こそ高くないですが、ヨーロッパ・東南アジアあたりでは知名度が高い海外FX業者のひとつです。

ボーナスキャンペーンが充実しており、安全性も高いというメリットの一方で、円口座がないというデメリットもあります。(ドル口座かユーロ口座で口座開設)

円口座がないということは、入金の際には円をドルに替える必要があり、出金の際にはドルを円に替える必要があるということ。(入出金の度に為替変動のリスクを受ける)

そのため、その点を許容できる方ならオススメできる業者と言えます。

ここでは、

HotForexのスペック概要と私的評価

について述べた後、

HotForexの安全性・取引スペックの詳細

についてまとめていきます。

口座開設の参考にしてみてください。

HotForexのスペック概要と私的評価

HotForexのスペック概要

HotForexの安全性について

  • ゼロカット完備(追証なし)
  • セントビンセント・グラナディーンの金融ライセンスを保有
  • 顧客資金は実質信託保全
  • 入出金は確実

HotForexは海外FX業者の中でも安全性が高い業者のひとつです。

HotForexの取引スペックについて

  • 最大レバレッジ500倍
  • スプレッドは狭い
  • ボーナスキャンペーン充実
  • 為替以外にゴールドや日経225なども取引可能
  • 取引ソフトはMT4・MT5から選択
  • 日本語サポート完備

HotForexはボーナスキャンペーンに特徴のある業者です。

また、スプレッドも全般的に狭い方です。

HotForexはボーナスと安全性の高さに強みを持つ海外FX業者です。

特に上限額が5万ドル(500万円相当)と枠が大きめの入金ボーナスと取引量に応じたキャッシュバックのある100%スーパーチャージボーナスはおいしい。

その一方で、円口座がないため入出金の度に為替変動のリスクを受けるというデメリットもある業者です。

その点を許容できるのであれば、わりとオススメといえるのがHotForexという海外FX業者になります。

HotForexの安全性の詳細

HotForexの安全性について

  • ゼロカット完備(追証なし)
  • セントビンセント・グラナディーンの金融ライセンスを保有
  • 顧客資金は信託保全
  • 入出金は確実

HotForexは海外FX業者の中でも安全性が高い業者のひとつです。

以下、HotForexの安全性について詳しく見ていきます。

ゼロカット完備(追証なし)

日本の業者(FXで借金を負う可能性あり)

強制ロスカット
→マイナス残高
→不足分を顧客が補填(追証)

海外の業者(FXで借金を負う可能性なし)

強制ロスカット
→マイナス残高
→不足分は業者が補填(ゼロカット)

相場の急変による強制ロスカットで口座残高がマイナスになってしまった場合、日本のFX業者は追証としてマイナス分を顧客が補填する必要があります。

一方、海外FX業者はゼロカットが主流。顧客の最大損失は入金額に限定されます。

HotForexもゼロカットを採用しているため追証はなく、顧客がFXでどんなに負けてもゼロカットによって最大損失は入金額が上限になります。

つまり、HotForexを利用してFXで借金を負うような事態になる可能性はゼロということです。

追証(おいしょう)とは

追証とは、急激な相場の暴騰や暴落で口座残高がマイナスになってしまった場合、不足のマイナス分をトレーダーが追加で支払わなければならないという仕組みです。

もし支払わなければ、裁判所命令での銀行口座の凍結、資産の差し押さえなどが執行されることになります。

なお、すべての国内FX業者には「追証」を定めた規定があります。(FXで借金を負う可能性があるということ)

>> デメリットなし!海外FXのゼロカットを紹介します

セントビンセント・グラナディーンの金融ライセンスを保有

日本のFX業者はすべて金融庁の許可を受けて営業しており、業者が不正をしないよう金融庁に管理監督されています。

一方、海外のFX業者は様々な国の金融ライセンスの元で営業しています。(所在地が日本ではないので金融庁のライセンスではない)

HotForexの場合、日本人向けサービスはセントビンセント・グラナディーンという国の金融ライセンスの元で営業されており、一定の安全性が担保されています。

また、HotForexは営業する地域ごとにそれぞれ金融ライセンスを保有して営業しているため、グループとしての安全性が高い業者と言えます。

金融ライセンスとは

世界各国にある金融監督機関への登録(認可)のこと

(日本の場合は、金融庁が金融監督機関)

>> 金融ライセンスでわかる海外FX業者の安全性

HotForexグループの金融ライセンス

グループ全体で多数の金融ライセンス

HotForexを運営する「HF Markets」は地域ごとに現地法人を置き、それぞれ金融ライセンスを取得して活動しています。

  • HF Markets (UK) Ltd
    → FCA:英国金融行為監督機構
  • HF Markets (Europe) Ltd
    → CySEC:キプロス証券取引委員会
    → FSC:モーリシャス共和国金融サービス委員会
  • HF Markets(SV) Ltd
    → FSA:セントビンセント・グラナディーン金融庁
  • HF Markets (DIFC) Ltd
    → DFSA:ドバイ金融サービス機構
  • HF Markets (Seychelles) Ltd
    → FSA:セーシェル金融庁
  • HF Markets SA(PTY) Ltd
    → FSCA:南アフリカ金融サービス委員会

HotForexをグループ全体で多数の金融ライセンスを取って活動しており、安全性・信頼性のかなり高い海外FX業者だと言えます。

顧客資金は実質信託保全

日本のFX業者は金融庁の規制により信託保全が必須となっており安全性がかなり高くなっています。

一方、海外FX業者の場合、分別管理のみのところがほとんど

そのような中、HotForexは分別管理に加えて、独自に民事賠償保険に加入することで顧客資金の安全性を高めています。

この民事賠償保険は万が一の時に「最大500万ユーロ」まで補償する契約であり、実質的に信託保全に近いものになります。

そのため、分別管理しか行っていない海外FX業者に比べて、HotForexの顧客資金の管理方法は安全性が高いということができます。

分別管理と信託保全

分別管理
→ 「FX業者の運営資金」と「顧客資金」を別の口座で管理すること

信託保全
→ 「FX業者の運営資金」と「顧客資金」を別の口座で管理したうえで、「顧客資金」の口座をFX業者以外(信託銀行等)が管理すること

>> 分別管理と信託保全の違いをまとめます

入出金は確実

入出金方法HotForexの入金手数料HotForexの出金手数料
クレジット/デビットカード
(VISA・JCBのみ)
無料
(最低入金額5ドル)
無料
(最低出金額5ドル)
bitPay
(仮想通貨)
無料
(最低入金額5ドル)
1%
(最低出金額5ドル)
bitwallet無料
(最低入金額1,000円)
無料
(最低出金額20ドル)

HotForexは入出金とも確実で、出金拒否のようなことはありません。

HotForexでの入出金ですが、bitwalletを利用するのが一番手間がなくオススメ。

HotForexに円口座はありませんが、日本円で入金するとHotForex側でドル換算して口座に反映してくれます。

bitwalletでドルに換えた後にHotForexに入金するという方法もありますが、bitwalletは両替手数料が高いので、日本円で直接HotForexに入金してしまう方がよい。

※ドルと円の交換手数料は、HotForexだと20pips前後、bitwalletだと500pips前後。

なお、クレジット/デビットカード入金は入金分しか出金できません。利益分については他の方法で出金する必要があります。

HotForexの取引スペックの詳細

HotForexの取引スペックについて

  • 最大レバレッジ500倍
  • スプレッドは狭い
  • 円口座はなし(ドル口座かユーロ口座を選択)
  • ボーナスキャンペーン充実
  • 為替以外にゴールドや日経225なども取引可能
  • 取引ソフトはMT4かMT5を選択
  • 日本語サポート完備

HotForexはボーナスキャンペーンに特徴のある業者です。

また、スプレッドも全般的に狭い方です。

以下、HotForexの取引スペックについて詳しくまとめていきます。

最大レバレッジ500倍

一般に、最大レバレッジが大きいほど必要資金が少なくて済みます。(必要証拠金が少なくなるため)

日本のFX業者は、金融庁の規制により全ての業者が最大レバレッジ25倍

一方、HotForexの最大レバレッジは500倍

HotForexでは日本のFX業者に比べて必要証拠金が20分の1程度で済んでしまいます。

例えば、ドル円が110円の時に1万通貨の売買をする場合、国内FX業者では44,000円の証拠金が必要になりますが、HotForexでは2,200円で済むということ。

(※110円×10,000通貨÷25倍=44,000円、110円×10,000通貨÷500倍=2,200円)

口座タイプとスプレッド

HotForexの口座タイプ

HotForexの口座タイプ

  1. マイクロ口座
    → 初心者のお試し用口座
  2. プレミアム口座(オススメ
    → 他の海外FX業者でいうスタンダード口座
  3. ZERO口座
    → ECN型のスプレッドが狭いタイプの口座

※HotForexは1つのアカウントで5つまで複数口座開設可能。

※なお、自動売買専用口座として下記の2種類もあり。

  1. AUTO口座  
    → 自動売買用の口座、スペックはプレミアム口座と同じ
  2. HFコピー口座
    → 上手なトレーダーのトレードをコピーして自動売買する口座

HotForexのスプレッド

通貨ペアプレミアム口座XM(参考)
ドル円1.7pips1.6pips
ユーロ円1.7pips2.5pips
ポンド円3.0pips3.9pips
ユーロドル1.2pips1.7pips
ポンドドル1.8pips2.4pips

※プレミアム口座は他の業者でいうところのスタンダード口座

スプレッドは買値と売値の差のことで、取引コストにあたるもの

HotForexのスプレッドは、数ある海外FX業者の中でも狭いほうです。

HotForexは口座タイプがいくつがありますが、比較的どれもスプレッドは狭いです。

円口座はなし

円口座がないデメリット

  • 入出金の際に為替の両替手数料がかかる
  • 入金から出金までの間に為替変動の影響を受ける

HotForexの取扱口座に円口座はなく、ドル口座かユーロ口座のどちらかを選択して口座開設することになります。

円口座の取扱がないため入出金に際して、為替変動の影響をもろに受け、かつ、為替の両替手数料もかかります

円高で入金して円安で出金すれば、円に戻した際にプラスになることもありますが、なかなか狙ってできるものではありません。

円口座の設定も予定されいるようですが、それまではドルかユーロで口座を開いて利用する必要があります。

ボーナスキャンペーン充実

HotForexのボーナスキャンペーン

  1. 100%スーパーチャージボーナス(プレミアム口座)
  2. 100%クレジットボーナス(マイクロ口座・プレミアム口座)
  3. ロイヤリティ・プログラム
  4. 余剰証拠金に対するキャッシュバック

※100%スーパーチャージボーナスと100%クレジットボーナスはどちらか1つを選択

多くの海外FX業者で実施されているボーナスキャンペーン。

自己資金が少なくてもボーナスをプラスすることによって、入金額以上の証拠金で取引ができるようになります。

HotForexのボーナスキャンペーンは、他の海外FX業者と比べても高水準。

なお、100%スーパーチャージボーナスと100%クレジットボーナスは、口座開設時にどちらか一方しか選べません。

以下、HotForexのボーナスキャンペーンについてまとめます。

100%スーパーチャージボーナス(プレミアム口座)

100%スーパーチャージボーナス(プレミアム口座)

  • 250ドル以上の入金に対して100%の入金ボーナス。(上限5万ドル)
  • 1ロット(10万通貨)の取引につき2ドルのキャッシュバック(上限8,000ドル)

100%スーパーチャージボーナスは、「入金に対し100%ボーナスがつき、かつ、キャッシュバックもあり」という、至れり尽くせりのボーナス。プレミアム口座の開設時に選択することで適用されます。

入金ボーナス・キャッシュバックともに上限金額が大きいので、資金量が少ないトレーダーの方ならば、相当な期間ボーナスがもらえ、かつ、キャッシュバックが得られることになります。

100%入金ボーナスをもらえる海外FX業者はわりとありますが、キャッシュバックまでセットでついてくるのはHotForexくらい。

なお、100%スーパーチャージボーナスの注意点は以下のとおり。

  • キャッシュバックが口座に入金されるのは5ドル以上貯まってから
  • キャッシュバックが発生するのは利益が出たトレードのみ
  • 1分以内のトレードはキャッシュバックはなし
  • 2分以内のトレードはキャッシュバックが半減

HotForexの入金ボーナスのイメージ

入金額ボーナス合計取引資金
500ドル500ドル1,000ドル
1,000ドル1,000ドル2,000ドル
3,000ドル3,000ドル6,000ドル
5,000ドル5,000ドル10,000ドル

累計5万ドル(500万円相当)になるまでは、入金額とボーナスを合わせると入金額の倍の取引資金になります

管理人
管理人
後述する100%クレジットボーナスよりも、100%スーパーチャージボーナスを選んだ方がおいしいと思います。

100%クレジットボーナス(マイクロ口座・プレミアム口座)

100%クレジットボーナス(マイクロ口座・プレミアム口座)

  • 100ドル以上の入金に対して100%の入金ボーナス(上限3万ドル)
  • 条件を満たせばボーナスも出金可能(条件:ボーナス÷2のロット数の取引)

100%クレジットボーナスは入金に対し100%ボーナスがつき、条件を満たせばボーナスも出金できる」というボーナスです。

ボーナス自体は証拠金として使用できても出金はできないのが基本ですが、このボーナスキャンペーンでは条件を満たせば出金もできます。

ただし、ボーナスの出金条件である「ボーナス÷2のロット数の取引」という条件が渋いので、100%スーパーチャージボーナスを選択した方がよいと思います。

具体例 100ドル(1万円相当)入金した場合

100%ボーナスが100ドル(1万円相当)つきます。

そのボーナス100ドル(1万円相当)を出金するための条件は以下のようになります。

”ボーナス100÷2=50lot(500万通貨)の取引をすること”

入金とボーナスを合わせた200ドルの証拠金で50ロット(500万通貨)のトレードをこなすというのはなかなか厳しいと言え、条件が渋いことがわかります。

ロイヤリティ・プログラム

HotForexのロイヤリティプログラム(全ての口座タイプが対象)

取引するたびにHotForexバーが貯まり、「現金」、「商品」、「HotForexが提供するサービス」と交換できる

HotForexのロイヤリティプログラムとは、取引毎にポイント(HotForexバー)が貯まり、その後に現金等に交換できるシステム

交換できる商品やサービスは以下のような感じ。

貯まるポイントはステータスによって異なり、既定の取引期間をこなすと、ステータスが上がり、もらえるHotForexバーが増えていきます。(下記参照)

ステータス取引期間付与ポイント
(1ロット=10万通貨あたり)
レッド0~30日6バー
シルバー31~61日8バー
ゴールド62~104日10バー
プラチナ105日~12バー

なお、現金への交換する際の還元式は以下のとおり。

HotForexバー÷35=現金(ドル)

※HotForexバーは最低1,000本から交換可能

例えば、プラチナステータスで100lot取引した場合に交換できる金額は以下のようになります。

付与されるHotForexバーは1,200バー。(12バー×100lot)

1,200バー÷35=約34.2ドル(3,400円相当)

管理人
管理人
HotForexのロイヤリティプログラムは、XMのロイヤリティプログラムに似たものになりますが、XMに比べると還元率があまりよくないため、おまけ程度に思っていた方がよいです。

>> XMのボーナスキャンペーンを紹介します

余剰証拠金へのキャッシュバック

HotForexの余剰証拠金へのキャッシュバック(全ての口座タイプが対象)

余剰証拠金の金額、月ごとの取引量に応じて年利2~3%が毎日キャッシュバック

HotForexでは、余剰証拠金に対して年利2~3%のキャッシュバックが行われます。

余剰証拠金とは、取引に利用していない口座残高のこと。

※余剰証拠金 = 純資産(口座残高) – 必要証拠金(取引の際に拘束される証拠金)

年利のパーセンテージは余剰証拠金の金額、月の取引量によって決定され、対応表は以下のとおりになります。

銀行にお金を預けていると利子がつくのと同じ感覚で、HotForexの口座残高に日々キャッシュバックがなされるため、かなりおいしいと言えるでしょう。

HotForexのボーナスキャンペーンの注意点

HotForexのボーナスはボーナスだけでの取引はできない

HotForexはボーナスだけで取引することはできません。

HotForexのボーナスは、あくまで自己資金の補助的な扱いになります。

口座資金の一部を出金すると、出金額×100%のボーナスが消滅する

HotForexでは、資金を出金した場合、出金額と同額のボーナスが消滅します。

例えば、口座に自己資金500ドル、ボーナス500ドルある状況で300ドル出金した場合、出金額と同額の300ドルのボーナスが消滅し、出金後の口座残高は自己資金200ドル、ボーナス200ドルになります。

なお、口座残高がマイナスになればボーナスもすべて消滅します。

為替以外も同一口座で取引可能

日本のFX業者の取引銘柄は通貨ペアのみ20種類くらいなのが通常。

一方、海外FX業者の取引銘柄は通貨ペアで50種類以上あるのが通常なうえ、ゴールドや日経225などのCFD銘柄も同一口座で取引可能です。(CFD口座のようなものを新たに開設する必要がない)

HotForexも取扱銘柄が多い業者であり、様々な銘柄をトレードすることができます。

HotForexの取扱銘柄

  • FX通貨ペア:49種類
  • 貴金属・エネルギーCFD:9種類
  • コモディティCFD:8種類
  • 株価指数CFD:22種類
  • 株式CFD:56種類
  • 仮想通貨CFD:8種類
  • 債券CFD:3種類
HotForexで取引できる全銘柄

FX通貨ペア:49種類

  1. AUDCAD
  2. AUDCHF
  3. AUDJPY
  4. AUDNZD
  5. AUDUSD
  6. CADCHF
  7. CADJPY
  8. CHFJPY
  9. EURAUD
  10. EURCAD
  11. EURCHF
  12. EURCZK
  13. EURDKK
  14. EURGBP
  15. EURHUF
  16. EURJPY
  17. EURNOK
  18. EURNZD
  19. EURPLN
  20. EURUSD
  21. EURZAR
  22. GBPAUD
  23. GBPCAD
  24. GBPCHF
  25. GBPJPY
  26. GBPNZD
  27. GBPUSD
  28. GBPZAR
  29. NZDCAD
  30. NZDCHF
  31. NZDJPY
  32. NZDUSD
  33. USDCAD
  34. USDCHF
  35. USDCNH
  36. USDCZK
  37. USDDKK
  38. USDHKD
  39. USDHUF
  40. USDJPY
  41. USDMXN
  42. USDNOK
  43. USDPLN
  44. USDRUB
  45. USDSEK
  46. USDSGD
  47. USDTRY
  48. USDZAR
  49. ZARJPY

貴金属・エネルギーCFD:9種類

現物CFD(取引期限なし)

  1. UKOIL.S(ブレント原油)
  2. USOIL.S(WTI原油)
  3. XAGEUR(シルバー/ユーロ)
  4. XAGUSD(シルバー/ドル)
  5. XAUEUR(ゴールド/ユーロ)
  6. XAUUSD(ゴールド/ドル)

先物CFD(取引期限あり)

  1. NGAS(天然ガス)
  2. UKOIL(ブレント原油)
  3. USOIL(WTI原油)

コモディティCFD:8種類

現物CFD(取引期限なし)

  1. Palladium(パラジウム)
  2. Platinum(プラチナ)

先物CFD(取引期限あり)

  1. Cocoa(ココア)
  2. Coffee(コーヒー)
  3. Copper(銅)
  4. Cotton(綿)
  5. Sugar(砂糖)
  6. SoybeanOil(大豆油)

株価指数CFD:22種類

現物CFD(取引期限なし)

  1. AUS200(ASX200)
  2. FRA40(CAC)
  3. GER30(DAX)
  4. JPN225(日経225)
  5. NETH25(AEX)
  6. SPA35(IBEX)
  7. SUI20(SMI20)
  8. UK100(FTSE100)
  9. USA100(ナスダック)
  10. USA30(ダウ)
  11. USA500.S(S&P500)

先物CFD(取引期限あり)

  1. EU50.F(EuroStoxx50)
  2. FRA40.F(CAC)
  3. GER30.F(DAX)
  4. JP225.F(日経225)
  5. N25.F(AEX)
  6. SUI20.F(SMI20)
  7. UK100.F(FTSE100)
  8. US100.F(ナスダック)
  9. US30.F(ダウ)
  10. US500.F(S&P500)
  11. USDIndex(ドルインデックス)

株式CFD:56種類

  1. Adidas.K
  2. AIRFKLM.K
  3. ALCOA
  4. ALIBABA
  5. AMAZON
  6. AMEX
  7. ANGLO
  8. APPLE
  9. Bankia.K
  10. BARC
  11. BAY
  12. Bayer.K
  13. BBVA.K
  14. BOA
  15. BOEING
  16. BPLON
  17. Canopy
  18. CHEVRON
  19. CISCO
  20. COKE
  21. Daimler.K
  22. Danone.K
  23. EBAY
  24. FB
  25. GE
  26. GOOGLE
  27. GS
  28. GW_Pharma
  29. HLT
  30. HSBCL
  31. Iberdrola.K
  32. IBM
  33. ILMN
  34. INTEL
  35. LLOY
  36. Lufthansa.K
  37. LVMH.K
  38. Mapfre.K
  39. MCARD
  40. MCDON
  41. MSFT
  42. Netflix
  43. PFIZER
  44. QCOM
  45. RBS
  46. RIO
  47. RollsRoyce
  48. Santander.K
  49. Telefon.K
  50. TESCO
  51. Tesla
  52. TEVA
  53. Tilray
  54. TWTR
  55. VOD
  56. Volksw.K

仮想通貨CFD:8種類

  1. BTCEUR(ビットコイン/ユーロ)
  2. BTCUSD(ビットコイン/米ドル)
  3. DSHUSD(ダッシュ/米ドル)
  4. ETHEUR(イーサリアム/ユーロ)
  5. ETHUSD(イーサリアム/米ドル)
  6. LTCEUR(ライトコイン/ユーロ)
  7. LTCUSD(ライトコイン/米ドル)
  8. XRPUSD(リップル/米ドル)

債券CFD:3種類

  1. EUBUND.F(Euro Bund)
  2. UKGILT.F(UK Gilt)
  3. US10YR.F(US 10-year Treasury Note)

取引ソフトはMT4かMT5を選択

HotForexの取引ソフトはMT4かMT5のどちらかを選択。

MT5はMT4の進化バージョン。

基本的な動作はMT4よりMT5の方が優れているため、特殊なインジケーターやEAを利用しない場合はMT5がオススメ。

なお、MT4とMT5に互換性はないので、MT4のインジケーターはMT5では使えず、逆もまた然り。

また、PCダウンロード型のMT4・MT5だけでなく、Webブラウザ版のMT4・MT5、スマホアプリ版のMT4・MT5が用意されています。

MT4とMT5の比較表

MT4/MT5MT4MT5
動作スピード普通サクサク
分足・時間足9種類21種類
気配値情報少ない多い
EAの種類とても多いMT4より少ない
カスタムインディケーターの種類とても多いMT4より少ない
アップデート回数ほぼない多め
対応海外FX業者ほぼ全ての業者一部の大手業者のみ
MT4とMT5で使える時間足比較

MT4で表示できる足

M1(1分足)、M5(5分足)、M15(15分足)、M30(30分足)、H1(1時間足)、H4(4時間足)、D1(日足)、W1(週足)、MN(月足)

MT5で表示できる足

M1(1分足)、M2(2分足)M3(3分足)M4(4分足)、M5(5分足)、M6(6分足)M10(10分足)M12(12分足)、M15(15分足)、M20(20分足)、M30(30分足)、H1(1時間足)、H2(2時間足)H3(3時間足)、H4(4時間足)、H6(6時間足)H8(8時間足)H12(12時間足)、D1(日足)、W1(週足)、MN(月足)

※赤字がMT4にはないもの

日本語サポートあり(英語は不要)

HotForexは海外にある業者ですが、日本語サポートがあるので英語は不要

困ったことがあれば、メールかチャットですぐに質問できます。

とても丁寧にサポートしてくれます。

HotForexの口座開設について

HotForexの口座開設は、氏名・住所などローマ字入力する必要がありますが、10分もかからずに完了します。

※住所の英語化などはこちらが便利。