【評判・特徴】かなり優良な海外FX業者!HotForexのメリット・デメリット。

HotForexという海外FX業者があります。

日本での知名度は正直いまいちですが、わりとオススメの海外FX業者になります。

安全性、スペック等はかなり優秀で、口座タイプも豊富なため様々ニーズに対応できると思います。

以下、HotForexという海外FX業者について、メリットデメリットをあげていきます。

HotForexとは(企業概要)

HotForexは2010年に設立されたカリブ海に浮かぶ島国「セントビンセント・グレナディーン」の海外FX業者です。

日本での知名度こそ高くないですが、ヨーロッパ・東南アジアあたりでは知名度が高い海外FX業者のひとつです。

円建ての口座がないため為替の影響を受けるなどのデメリットはあるものの、ボーナスも充実しており、海外FX業者の中では信頼性も高いため、オススメな海外FX業者と言えます。

HotForexの会社情報詳細
会社名HF Markets (SV) Ltd
所在国セントビンセント・グレナディーン
所在地Suite 305, Griffith Corporate Centre, P.O Box 1510, Beachmont Kingstown St. Vincent and the Grenadines
ライセンスIBC No: 22747 IBC 2015 St. Vincent and the Grenadines
事業開始2010年
従業員数200名以上
100% SuperCharged Bonus

HotForexの強み

1、口座タイプが豊富

HotForexは口座タイプが豊富です。豊富すぎて一見するとわかりにくいです。

口座タイプを列挙すると以下のとおり。

・マイクロ口座

・プレミアム口座

・ZERO口座

・FIXED口座

・VIP口座

・AUTO口座  ※自動売買用の口座、スペックはプレミアム口座と同じ

・HFコピー口座 ※上手なトレーダーのトレードをコピーして自動売買する口座

・イスラム口座 ※イスラム教徒限定

列挙したうちの下記3つの口座については特殊な口座なため、上記5つの中から選択することが基本となります。

選択肢としてあがる5つの口座を簡単にまとめると下記のようになります。

・マイクロ口座

→ 海外FX初心者やお試し用の口座。初回入金額5ドルから。

・プレミアム口座

→ 他の海外FX業者でいうスタンダード口座。特にこだわりがなければとりあえずこの口座。

・ZERO口座

→ スプレッドが狭いタイプの口座。ECN型なので外付けの手数料がかかる。

・FIXED口座

→ 固定スプレッドの口座。マイクロやプレミアムの平均スプレッドよりは広めになる。

・VIP口座

→ ZERO口座の上位互換。外付け手数料が安くなるが最低入金額が2万ドルと高い。

数が多すぎて決めにくいところはあるのですが、以下の基準で判断すればいいと思います。

・スキャルピングをメインに行う超短期のトレーダーならZERO口座かVIP口座

・それ以外の方はマイクロ口座かプレミアム口座

・固定スプレッドじゃなきゃ絶対イヤだという方はFIXED口座

なお、HotForexは1つのアカウントで5タイプまで複数口座開設可能です。

2、ボーナスが充実、3つのうちから1つを選ぶ

HotForexはボーナスが充実しています。

HotForexのボーナスキャンペーンは以下の3つがあり、その中から1つを選択することになります。※なお後述しますが、開設した口座によって選べるボーナスが異なります。

・100%スーパーチャージボーナス

・100%クレジットボーナス

・30%レスキューボーナス

結論から言うと、100%スーパーチャージボーナスが最もおいしいです。

HotForexのボーナスのシステムは、XMのようにボーナスだけでは取引できず、預入金額がマイナスになればボーナスも消滅するのが基本です。

例外的に、30%レスキューボーナスだけは、XMと同様にボーナスのみでも取引でき、預入金額がマイナスになっても消滅しません。

そのため、XMのボーナスのシステムに慣れている方は、30%レスキューボーナスもお勧めです。

100%スーパーチャージボーナス

100%スーパーチャージボーナスは、入金に対し100%ボーナスがつき、かつ、キャッシュバックもされるという、至れり尽くせりのボーナスです。入金は初回入金、追加入金を問いません。

条件としては以下のようになります。

・250ドル以上の入金に対して100%のボーナス。上限は累計5万ドルまで。

・1lot(10万通貨)の取引につき2ドルのキャッシュバック。上限は8,000ドル。

具体例をあげると、初回5万円(500ドル弱)を入金した場合、100%ボーナスで5万円分のボーナスがつき、入金分とボーナスで10万円分の証拠金が取引に使えることになります。

そして、1lot(10万通貨)につき2ドルのボーナスが4,000lot※になるまで取引毎にもらえることになります。※上限8,000ドル÷1lotのキャッシュバック2ドル

キャッシュバックの上限金額が大きいので、資金量が少ないトレーダーの方ならば、相当な期間キャッシュバックが得られることになり大変なメリットです。

100%入金ボーナスをもらえる海外FX業者はわりとあるのですが、キャッシュバックまでついてくるのはHotForexだけです。

この100%スーパーチャージボーナスを選択できる口座は、プレミアム口座とFIXED口座になります。

100%クレジットボーナス

100%クレジットボーナスは入金に対し100%ボーナスがつき、条件を満たせばボーナスも出金できるというボーナスです。100%スーパーチャージボーナスと同様に入金は初回入金、追加入金を問いません。

ボーナスというのは証拠金としては使用できますが、出金は出来ないのが基本です。もちろんボーナスを利用して得た利益は出金できますが。

初回入金の100%ボーナスは100ドル以上の入金となっており、前述の100%スーパーチャージボーナス(250ドル以上)よりも少額になっています。

ボーナスの出金もできるというのが100%クレジットボーナスのメリットなのですが、かなり条件が辛いです。

ボーナスの出金条件は「ボーナス÷2lot」以上の取引です。

具体的に言うと、100ドル入金した場合100%ボーナスが100ドルつきます。

そのボーナス100ドルを出金するためには、100ドル÷2lotで50lot(500万通貨)の取引をすることが条件になります。

入金とボーナスを合わせた200ドルの証拠金で50lot(500万通貨)のトレードをこなすというのは相当厳しいと言えます。

そのため、この100%クレジットボーナスは資金が少ない方向けの入金100%ボーナスだと割り切って(キャッシュバックは期待しないで)利用した方がいいと思います。

この100%クレジットボーナスを選択できる口座は、マイクロ口座、プレミアム口座、FIXED口座です。

30%レスキューボーナス

ボーナスの額は少ないですが、入金毎にボーナスをもらえるのが、30%レスキューボーナスです。

50ドル以上の入金に対して、累計7,000ドルになるまで何度でも入金額の30%のボーナスがもらえます。

また、累計7000ドルに達した後も、強制決済されてしまった口座に追加入金すると「Stop Out Reward」として30%ボーナスがもらえます。※申請して承認される必要あり。

このボーナスは他のボーナスと異なり、現金がマイナス残高になってもボーナスが消滅しません。そのため、現金分の含み損を超えてもボーナス分は耐えられます。

またボーナスだけでも取引が可能です。XMのボーナスのシステムと基本的に同じなので、XMのボーナスに慣れている人にとってはオススメです。

この30%のボーナスを選択できる口座は、マイクロ口座、プレミアム口座、FIXED口座です。

なお、ボーナスについて詳細を知りたい方は、HotForexのHPにも説明がありますので参照してください。

3、最大レバレッジは1000倍、ゼロカットを採用し追証なし

HotForexは、ゼロカットシステムを採用し追証はありません。

→ 最強の顧客保護!追証なしの「ゼロカットシステム」について説明する

相場が急変してロスカットが間に合わず口座残高がマイナスとなっても借金を負うことはないということです。これはどの口座を選んでも共通で適用されます。

なお、ロスカット水準は10%以下になります。

また、最大レバレッジは1000倍(マイクロ口座)です。レバレッジが高いというのは資金効率が良くなることを意味するので、ある程度は高い方がいいと言えます。

→ 海外FXと言えばハイレバ!ハイレバレッジ取引の魅力について語る

プレミアム口座やその他の口座も最大レバレッジは200~400倍に設定されており、ハイレバレッジで取引が可能です。

4、世界的な金融グループで安全性は高い

HotForexを運営しているのは、HF Marketsいう世界的にFXブローカー業務を行っている金融グループです。

日本での知名度はいまいちなところがありますが、世界的にはそれなりに名の知れたブローカーです。

HF Marketsは以下のように地域ごとに法人を置き、それぞれ金融ライセンスを取得して活動しています。

・ヨーロッパ

→ HF Markets(Europe)Ltd(キプロス証券取引委員会)

・アジア、アラブ諸国、アフリカ

→ HF Markets(SV) Ltd(セントビンセント・グラナディーン金融庁)

・南アフリカ

→ HF Markets SA(PTY) Ltd(南アフリカ金融サービス委員会)

※()内は、金融ライセンス

日本を含むアジア向けの法人は、セントビンセント・グラナディーン金融庁というあまり聞かない金融ライセンスですが、ヨーロッパ向けの金融ライセンスは取得難易度が高いキプロス証券取引委員会(CySEC)ライセンスです。

このことから、HotForexをグループ全体で考えた場合、信頼性は高いということができます。

→ 最強の金融ライセンス!キプロスのCysecライセンスについてのまとめ

また、さまざまなスポンサー活動などもしており、会社としての資金が潤沢であることが伺えます。

さらに、信託保全のシステムはありませんが、最大500万ユーロの賠償責任保険にも加入しており、安心して資金を預けて置ける環境も整っていると言えます。

5、海外のFXトレーダーからの評判がよい

HotForexは海外FXトレーダーからの評判がとても高いです。

海外FX業者の評価があつまる口コミサイト(ForexPeaceArmy)では5段階で4くらいの評価を受けています。これはXMよりも高い評価です。(XMは3くらい)

評価されている点は、以下のような感じです。

・出金スピードが早い

・スプレッドが常に狭い

・サポートが丁寧

評判を鵜呑みにすることは危険ではありますが、400件以上のレビューを受けての評価ですのである程度の信憑性はあると言えます。

6、取扱銘柄は豊富、FXだけでなくCFDや仮想通貨も

HotForexは、取扱銘柄が豊富です。

FXの通貨ペアは50種類以上、貴金属や原油、各国の株価指数のCFDのほか個別株のCFDも取引可能です。(アマゾンとかアップルとかを証拠金取引でトレードできます。)

また、仮想通貨のCFDもあるため、興味のある方は選択肢が多くていいと思います。

CFDの動きはFXに比べて大きいものもありますが、ゼロカットがあるので失うのは入金額に限られるので安心と言えます。(借金を負う可能性はありません。)

7、平日24時間いつでも日本語サポート

HotForexは、日本語サポートにもきちんと対応しています。

サポートの窓口としては以下の2種類。

・ライブチャット

・メール

ライブチャットはなじみがない方もいるかもしれませんが、レスポンスも早いのでオススメです。

HotForexの弱み

1、円口座の取扱がない

HotForexの取扱口座は2018年11月現在ドル口座かユーロ口座のみです。

円口座の取扱がないため現金化する際に為替の影響をもろに受けます。

かつ、入出金の際に両替の為替手数料もかかります。

これは大きなマイナスポイントと言えます。

できるだけ、円高で入金して、円安で出金することを心がけましょう。

2、入金の手段が少ない

HotForexは銀行からの入金はできません。(あいだにbitwalletを挟むなら可能です。)また、クレジットカード入金も日本顧客向けには提供されていません。

HotForexの入出金の手段は以下の通り。

・クレジットカード入金(VISA、MasterCardのみ)※日本顧客向けには提供なし

・ビットコイン入金

・bitwallet

ということで、ビットコインの扱いに慣れている方以外、入金はbitwallet一択になります。

bitwalletは出金に関してメリットがあるのですが、HotForexを使う場合は入金に関しても一部の方以外はbitwalletを利用するしかありません。円からドルの両替もbitwallet内で可能です。

→ bitwalletとは?海外FXで利用するメリットはあるのか

円口座はないですが、オススメの海外FX業者です。

HotForexの長所と短所を並べてきましたが、総合的にみてオススメの海外FX業者です。

安全性も高く、スプレッド等のスペックも高いです。

ボーナスも含め、今後さらに大きくなっていきそうな海外FX業者と思われますので、興味の湧いた方は一度利用してみるのがいいと思います。

Awards

関連記事

XMの取扱銘柄一覧

キャッシュバック込の実質取引コストで比較!TitanFXのスタンダード口座(ST...

【評判・特徴】金融ライセンスなし!信頼性皆無の海外FX業者GEMFOREX

【評判・特徴】追証なしを反故に!選んではいけない海外FX業者FXDD

【評判・特徴】口座開設の価値なし。怪しさ満点のBigBoss

【評判・特徴】君もアイフォ戦士に!iFOREXのメリットデメリット