海外FXと言えばハイレバ!ハイレバレッジ取引の魅力について語る

海外FX業者を利用してトレードする場合、最大のメリットなるのがハイレバレッジ!

少ない資金で大きな利益を上げることが可能になります。

これは国内FX業者でトレードしていては確実に実現できないものになります。

ハイレバレッジとは

レバレッジとは、少ない資金で大きな金額の取引を可能にする仕組みのこと。

てこ(lever)の原理から転じて、レバレッジ(leverage)と言われるようなったとかならないとか。

国内FX業者でも過去には最大200倍のレバレッジでのトレードが可能でした。

ですが、投資家保護の名目による金融庁の規制により最大レバレッジは段階的に引き下げられ、現在の最大レバレッジは25倍に制限されています。

一方、海外FX業者では最大レバレッジが500倍を超えることはザラです。

最大レバレッジの上限が高い方が、比較的自由度が高いトレードができます。

相場の動きをみて、勝負すべきところではガツンと突っ込み、抑えるべき時は抑えるということが、資金力が少なくとも可能になるからです。

この最大レバレッジが高く設定されていることをハイレバレッジと表現します。

ハイレバレッジによって証拠金は少なく済む

ハイレバレッジによる最大の効用は、トレードするために必要な資金が少なくて済むことです。

例としてドル円=110円の時に1万通貨を売買する事を考えてみます。

国内FX業者のレバレッジ25倍の場合には、44,000円の証拠金が必要です。

110(円)×10,000(通貨)÷25(倍)=44,000(円)

これが海外FX業者のレバレッジ500倍の場合には、2,200円の証拠金で済みます。

110(円)×10,000(通貨)÷500(倍)=2,200(円)

国内FXで1万円の証拠金で何とかトレードしようと思えば、せいぜい1000通貨くらいでトレードするのが精一杯です。

ですが、海外FXであれば1万円でも1万通貨以上の取引が十分可能になります。

ハイレバレッジでの取引は想定と逆方向に相場が動いた場合、通常よりもかなり早く損切りを余儀なくされますが、失っても1万円だと考えればハイレバでのトレードは相当効率がいいと言えます。

自己資金が少ない場合、国内FX業者を利用して1000通貨単位で証拠金を大きくしようとしても非常に時間がかかります。

一方で、海外FXの場合はハイレバレッジを活用することによって、同じ資金でも効率的な投資が可能になるのです。

ハイレバレッジの恩恵が大きいスキャルピング

ハイレバレッジと相性が良い投資手法はなにか。

それは、スキャルピングになります。

スキャルピングなら、自己資金を相場に晒している時間が短いため、リスクを抑えつつ、小さな資金でそれなりの金額の利益をコツコツ積むことができます。

もちろん相場が想定通りに動かない場合には躊躇なく損切りを行えることが必須です。

つまり、ハイレバレッジのトレードでは国内FX業者よりもリスク管理を徹底していくことが大切になります。

きちんと損切りを執行することを含めたスキャルピング手法を身につけられたのなら、海外FXにおけるハイレバレッジ取引はかなり魅力的なものになります。

また、ハイレバレッジ取引ができるということは、常にハイレバレッジで取引しなければならないということではありません。

相場のボラティリティにあわせて、柔軟にポジション量を調整できることもハイレバレッジの特徴であり、メリットになります。

→ 海外FXのハイレバレッジを最大限に生かす手法。スキャルピングのメリット・デメリット

ハイレバレッジを最大限活用するならボーナスを利用

ハイレバレッジと海外FX業者特有のボーナスプログラムはとても相性がよいです。

入金ボーナスがつくような海外FX業者であれば、ボーナスによって入金額以上の証拠金が使用できるようになります。

これは、自己資金で持てるポジション量よりもボーナスの分だけ多くポジションをとれるということなので、ハイレバレッジ取引と合わさることでより大きな利益を狙っていけるということになります。

ボーナスを活用して稼いでいきたい場合、最もボーナスプログラムが充実しているXMをオススメします。

→ XMの3つのボーナスについて徹底解説!

ハイレバレッジを生かして稼ごう

海外FXで業者でハイレバレッジを賢く活用していくためのキーワードは、「短期売買」「ボーナス」です。

スキャルピングなどの短期売買を身につけた場合、ボーナスとハイレバレッジの力によって国内FX業者では考えられないような利益をたたき出せることになります。

つまり、資金に対する投資効率が海外FXの場合は大きいのです。

慣れないうちは手探りの部分もあると思いますが、海外FX業者を利用して短期売買で戦う方法を身につけるというのは試す価値があると強く言っておきたいと思います!

関連記事

最強の金融ライセンス!キプロスのCysecライセンスについてのまとめ

ハイレバレッジは危険?レバレッジ何倍なら安全なのか

海外FX業者を利用することは違法になるのか?

ECN口座の取引コストは?ECN口座の取引手数料は「pips」換算すると理解しや...

分別管理と信託保全の違い。海外FX業者の安全性

悪質な海外FX業者に騙される前に。金融ライセンスを知れ!