海外FXの特徴

ハイレバレッジがまったく危険ではない理由

ハイレバレッジがまったく危険ではない理由

マネー誌に載るような専門家たちは言う。

「ハイレバレッジでのトレードは危険!」
「初心者なら低いレバレッジでトレードすべきだ!」

で、実際のところハイレバレッジは危険なのか。

結論から言うと、資金管理さえきちんとすれば、ハイレバレッジは全く危険ではありません。

レバレッジの計算方法

ハイレバレッジが危険かを判断するために、まずレバレッジの理解です。

<レバレッジの計算式>

(通貨ペアのレート×ポジション量)÷自己資金=レバレッジ

レバレッジの計算式は上記のとおり、例をあげると以下のとおりになります。

自己資金15万円、ドル円が100円の時、2万通貨のポジションを持った場合のレバレッジ

(100円×20,000通貨)÷150,000円=13.3

という計算で、レバレッジ13.3倍となります。

とりあえず、この式は普通に覚えておくべきものです。

一般的になされているレバレッジの理解

あなたは「レバレッジ200倍」と聞いたら、どういう風に理解していますか?

「レバレッジ200倍だと、自己資金の200倍の取引が出来る。だから、プラスに動けば200倍のおかげで大儲けだが、マイナスに動けば200倍のせいで大損する。」

という理解している方が多いかと思います。

これは、レバレッジの説明としては間違っていませんが、トレードするという視点で見た場合、あまりいい説明ではありません。

上記のレバレッジの説明は、説明の起点が「自己資金」です。

あなたは1回のトレードに「自己資金」すべてをベットしますか?

その場合レバレッジが低い方が、含み損に耐えられるので安全と言えます。

なぜなら、レートが戻ってくるまで耐えられる可能性が高いからです。

レバレッジが高い場合、強制ロスカットにかかる可能性がレバレッジが低い場合より高まります。

つまり、「1回のトレードのリスクを自己資金すべてとした場合」、ハイレバレッジは危険で、ローレバレッジは安全ということになります。

トレーダーとして正しいレバレッジの理解

継続的にトレードを行っていくことを考えた場合、自己資金すべてを1回のトレードにかけるということは当然ながらしません。

大抵のトレーダーは、「1回のトレードでどれくらいのリスクを取るのか」を決めてからエントリーします。

要は、いくらやられたら損切りするとあらかじめ決めているということです。

この「1回のトレードでとるリスクをあらかじめ決めている場合」にハイレバレッジは危険にでしょうか。

具体例で説明していきます。

(具体例)

口座残高30万円、ドル円の今のレートが100円の場合に

ドル円20,000通貨買いのポジションを持ち、どちらかに1円動いたら決済するとします。(1回のトレードでとるリスクの決定)

ドル円を20,000通貨を持つには200万円必要です。(100円×20,000通貨)

レバレッジ10倍なら20万円の証拠金(200万円÷10倍)
レバレッジ200倍なら1万円の証拠金(200万円÷200倍)
が必要になります。

3日後、ドル円が99円になりました。

20,000通貨もっているので、保有ポジションは198万円(99円×20,000通貨)の価値になり、決済して-2万円の損失を確定させました。

この場合、レバレッジによって違いはあるでしょうか?

どちらも-2万円で、口座残高は28万円になります。

レバレッジ10倍よりもレバレッジ200倍の方が危険でしょうか?

答えは、「レバレッジ10倍もレバレッジ200倍も危険性は変わらない」です。

むしろ、レバレッジ200倍の方が、拘束資金が少なく済んでいるため資金効率がいいのです。

まとめると、「あらかじめ1回のトレードでとるリスクを決めている場合」、ハイレバレッジでもローレバレッジでも危険性は同じです。必要証拠金に差異が出るだけで、やられた時の額は一緒だからです。

もちろん最初の計画通りに損切り(ロスカット)することは大前提です。

トレーダーとして成功したいのであれば、1回のトレードでどのくらいのリスクをとるのかを決めないといけません。

いわゆる、資金管理と言われるところです。

トレーダーとしての正しいレバレッジの理解は、「あるポジション量を保有したい時に、必要な証拠金がFX会社が定めるレバレッジ内に収まるのか」ということだけです。

例がないとよくわからないと思うので、具体例をあげます。

(具体例1)

国内FX業者(最大レバレッジ25倍)で取引。

自己資金15万円、ドル円が100円の時、2万通貨のポジションを持ちたい場合。

(100円×20,000通貨)÷150,000円=13.3

レバレッジ13.3倍で、25倍に収まるのでOK。

(具体例2)

国内FX業者(最大レバレッジ25倍)で取引。

自己資金15万円、ドル円が100円の時、5万通貨のポジションを持ちたい場合。

(100円×50,000通貨)÷150,000円=33.3

レバレッジ33.3倍なで、25倍を超えてしまう。

ポジション量を下げる必要があります。

例で示したように、「保有したいポジション量がレバレッジ内に収まっているか」だけが、トレーダーのレバレッジに対する姿勢になります。

ハイレバレッジは資金管理ができていれば危険ではない

トレードする際、「自己資金に対してとるリスクを事前に決めない場合」、ハイレバレッジは危険で、ローレバレッジは安全となります。

ただ単純に、含み損にどれだけ耐えられるかという話になるからです。

トレードする際、「自己資金に対してとるリスクを事前に決めている場合」、ハイレバレッジもローレバレッジもとくに変わらなくなります。

保有したいポジション量がレバレッジ内に収まっていればいいという話になり、「ハイレバレッジは危ない」みたいな話は関係なくなります。

トレーダーとして成功したいのであれば、1回のトレードでとるべきリスクを決めてトレードすることが必要です。

1回のトレードで資金を全部吹き飛ばすような事態はあってはならないからです。