FXトレード論

トレードがうまくいかない日の対処

これはデイトレードの場合の話ですが、感覚的に今日はうまくいかないなって日がある。

相場の値動きが悪いか、自分がルール外の余計なことをしているか、はたまた両方か。

チャート監視中にそういうことに気づいたときに意識したいこと。

それは、「いかに損失を抑えるか」ということ。

そういう時は、チャートを閉じて「今日はおしまい!」にした方がいい場合が多いです。

うまくいかない日は、何をやってもうまくいかない。

それでイライラしながら、損失を取り返そうとするとろくなことになりません。

簡単にとれる日もあるのだから、むきになってその日をプラスにする必要はない

うまくいかない日の損失を最小限に抑えて、取りやすい日に取り返す。

そうしていれば、おのずと資金は増えていく。

そういう割り切りができなかった時は私にも当然あり、半月分の利益を1日で飛ばしたりしてました。

今はそういうことは滅多になくなりましたが、それは相場が悪い時はやらない、ルール外のことはやらないということが徹底できるようになったから。

相場が悪い時というのは、値幅がなかったり、値動きが不規則だったりっていう時があたりますが、私は一定の時間で一定以上の値幅がない時はトレードしないようにしています。

自分の感情をいかにコントロールするかっていうのは、相場で稼ぐうえでそれなりに大きなテーマだと思います。

できるだけ平静な状態でトレードするっていうのが大事なわけで、そういう状態でないことに気づいたらトレードはしないほうがいい。

簡単にとれる日が資金を増やす日なら、うまくいかない日は資金を守る日。

今日はなんか熱くなって変なことをやりそうになったので、自戒の意味も込めて。