FX取引の基礎

FXを始めたい!FXの始め方と注意点をやさしく解説

FXを始めたい!FXの始め方と注意点をやさしく解説

FXに興味があるけど、何から始めていいかわからないという方のためのまとめです。

FXをはじめてから、どれくらいで安定的に稼げるようになるかは人それぞれですが、スタートを切らないと稼ぐもなにもありません。

ここではFXを始めるための基本から稼ぐための方法、注意点などをまとめていきます。

FXを始めるためのステップ
ステップ1、FXの基本知識を学ぶ!
ステップ2、FX業者に口座開設!
ステップ3、稼ぐ方法を考えながらトレードをしていく!

FXの基本を知る

そもそもFXとは

FXとはForeign Exchange」の略で、日本語で言うと「外国為替証拠金取引」と言います。

これを言い換えると、「外国為替という対象を証拠金を用いて取引する」ということです。

円に対してドルがいくらか、円に対してユーロがいくらかというのは日々変動しています。

そのような為替レート通貨間の交換レート)が上がるか、下がるかを当てるゲームがFXになります。

具体例をあげると、以下のような感じ。

・ドル/円が上がりそうだから買って、上がったから儲かった。

・ユーロ/ドルが下がりそうだから売ったが、上がったため損した。

このように為替レート(通貨間の交換レート)を売買して利益を上げることが、FXをやる目的になります。

FX市場は世界最大の市場

FX市場(外国為替市場)は、世界最大の市場になります。

株式市場の市場規模と比べるとよくわかります。

2014年度における東証(東京証券取引所)の年間売買代金は、5兆4438億ドルで世界6位でした。

同年の年間売買代金の世界1位は、NYSE(ニューヨーク証券取引所)で、15兆8679億ドルです。

対して、FX市場は「1日で」2兆ドル以上です。

はっきりいって、株式市場など比にならない市場規模になります。

なぜ為替レートは変動するのか

時期によって1ドルの価値が110円にったり、90円になったりします。

なぜでしょう?

結論から言うと、交換レートの価格は「需要と供給」によって成り立っているためです。

簡単に言うと、買いたい人が多ければ価格は上昇し、売りたい人が多ければ価格は下落するということです。

買いたい人>売りたい人
価格は上昇
買いたい人<売りたい人
価格は下落

需要と供給の話

需要と供給で価格が決まるのは、他のものも同じです。

・リンゴが今年は台風であまりとれなかったから値段が上がった。(需要>供給)

・サンマが取れすぎて、サンマの値段が下がった(需要<供給)

このリンゴとサンマにあたるのが、FXでは外国為替というだけです。

米ドルがFX市場の王様

FXで取引される通貨のうち、だいたい85%程度は米ドル絡みの取引です。

他は、ユーロ絡みが39%、日本円絡みが19%という感じで続きます。

これは、米ドルが現在の基軸通貨なので当然と言えます。

簡単に言うと、世界で最も信用力のある通貨が米ドルということです。

これは現在アメリカが、「世界一の経済力」と「世界一の軍事力」をもっているからです。

そのため、国をまたいだ決済はドル決済がほとんどです。

例えば、日本が中東から原油を買う場合、米ドルで買わなければなりません。もし米ドルが手元になければ、まず円を売って米ドルを買わなければならないということです。

国際的に取引されるようなものは、ほとんど米ドル建てなので、必然的に米ドルの取引量は増えることになります。

FX取引をするなら米ドルの動向には注意するということは覚えておきましょう。

FXは平日の24時間いつでもトレードできる

FXのメリットは、平日の24時間いつでも取引できることです。

そして為替市場のメインの時間はアメリカの日中、つまり日本の夜の時間です。

サラリーマンの方でも夜なら在宅している方が多いでしょう。

どのような働き方をしている方でもトレードできるのがFXの魅力です。

さらに詳しく知りたい方は、以下の記事も参照してください。

FXはいつできるの?FXの取引時間と時間ごとの特徴
FXはいつできるの?FXの取引時間と時間ごとの特徴日本株は東証が開いている時間に取引できます。 一方、FXは24時間取引ができます。 FXの取引時間と時間ごとの特徴についてま...

FXを始める前に最低限知っておく専門用語

FXを始める前に絶対に知っておくべき専門用語が2つあります。

それは、「レバレッジ」「スプレッド」です。

レバレッジ

レバレッジとは、少ない資金で大きな金額の取引を可能にする仕組みのことです。

FXというのは証拠金取引です。

つまり証拠金を預けることで、証拠金以上の売買が可能になります。
※可能になるだけでしなければいけないというわけではありません。

レバレッジ

例えば、5万円を証拠金として預けて、5万円分の取引をすればレバレッジ1倍、100万円分の取引をすればレバレッジ20倍です。

FX業者ごとに最大レバレッジは決まっています。(国内FX業者は全て最大レバレッジ25倍)

最大レバレッジが25倍なら、5万円で125万円分のトレードが可能ということになります。

このレバレッジによって、少ない資金でも大きな収益が狙えることがFXの魅力のひとつです。

スプレッド

スプレッドとは、「売値」と「買値」の差のことです。

おしゃれに言うと「bid(ビッド)=売値」と「ask(アスク)=買値」の差。

fx-start_スプレッド

FXのレート表示は上記のように表されます。

BIDというのは売る時の値段、ASKというのが買う時の値段です。

値段に差があると思いますが、それがスプレッドです。(画像で言うと中央のSP)

このスプレッドは、通常FX業者に支払う取引手数料にあたります。

基本的にはスプレッドが狭ければ狭いほど、取引手数料が安いということが言えます。

FXのやり方・始め方

FXの始め方の流れ
ステップ1、FX業者を選んで口座開設
ステップ2、口座に入金する
ステップ3、トレード開始する

ステップ1 FX業者を選んで口座開設

FXを始めるためにはFX業者に口座を開設する必要があります。

FX業者は大きく分けて国内FX業者海外FX業者があります。

海外FX業者はハイレバレッジ追証がないのが特徴です。

ハイレバレッジのおかげで、少ない資金(1万円以下)からでもそれなりの利益を出すことが可能です。

また、追証がないので入金額以上の損失を負うことがありません。

そのため、個人的には海外FX業者で練習した方がいいと思います。

追証とは

「追証(おいしょう)」とは、急激な相場の暴騰や暴落で口座残高がマイナスになった場合、不足のマイナス分をトレーダーが追加で支払わなければならないという仕組みです。

もし支払わなければ、裁判所命令での銀行口座の凍結、資産の差し押さえなどが執行されることになります。

なお、すべての国内FX業者では「追証」を定めた規定があります。

海外FX業者なら、初心者はXMを選んでおけば間違いありません。

【総合力NO.1!】XMの評判・評価、強みも弱みもすべて解説!
【総合力NO.1!】XMを利用するメリット・デメリットを徹底解説!XM(エックスエム)は地中海にあるイギリス連邦加盟国「キプロス」に本社がある、ヨーロッパのFX会社です。 日本人向けのサービスをし...

国内FX業者ならどこでも問題ありません。DMMFXなどでいいと思います。

国内FX業者を選ぶならココだ!オススメの国内FX業者
国内FX業者を選ぶならココだ!オススメの国内FX業者海外FXを推奨する私ですが、国内FXについても書いておきます。 国内FXのメリットは、FXの利益に対する税率が海外FXよりも低いこ...

ステップ2、口座に入金する

口座開設が完了したら、入金をします。

海外FX業者の場合は、国内銀行送金(銀行振込)だけでなくクレジットカートやbitwalletも利用できます。

国内FX業者の場合は、普通に国内銀行送金(銀行振込)をするだけです。

ステップ3、トレード開始する

入金が完了したらトレードが可能になります。

トレードの仕方ですが、基本的には「買う」か「売る」かだけです。

つまり、「買うボタン」と「売るボタン」さえ把握できれば、あとはそれをクリックするだけで注文が発注されます。

上がると思えば「買うボタン」、下がると思えば「売るボタン」をクリックするだけです。

自分の予想通り価格が動けば利益を確定(利食い)、予想と反対に動いた場合には損失を確定(損切り)させます。

注文方法の種類について詳しく知りたい方は以下の記事も参照してください。

トレードに使える!様々な注文方法を解説
トレードに使える!様々な注文方法を解説FXの取引にはいくつかの注文方法があります。 注文方法を知ると自分がしたいトレードができるようになります。 基本となる3種類...

FXで稼ぐための相場の分析方法

「買うボタン」「売るボタン」で売買ができるのは理解しても、稼ぐためにはどのタイミングで押すかが問題です。

そのタイミングを計るための分析方法には、ファンダメンタルズ分析テクニカル分析という2種類の分析方法があります。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは、各国から発表される経済指標などを用い、その国の経済、財務状況などを分析することによって、これからの値動きを予測していこうとするものです。

リスクオンとリスクオフ

ファンダメンタルズに関連してリスクオン(リスク選好)とリスクオフ(リスク回避)という言葉について説明します。

リスクオンとは
世界的な経済情勢がよく、リスクが高い資産への投資が増えること
リスクオフとは
世界的な経済情勢が悪く、リスクが低い資産への投資が増えること

これらは世界情勢によってリスクオンの時期があったり、リスクオフの時期があったりします。

それぞれの時期に買われやすい通貨というのが傾向としてあるので、覚えれる方は覚えておきましょう。

リスクオンの時買われやすい通貨

・EUR(ユーロ)
・GBP(ポンド)
・AUD(オーストラリアドル)
・NZD(ニュージーランドドル)
・CAD(カナダドル)

リスクオフの時買われやすい通貨

・USD(ドル)
・JPY(円)
・CHF(スイスフラン)

テクニカル分析

テクニカル分析とはチャートなどを用い、過去の値動きや推移、時系列などを分析することによって、これからの値動きを予測していこうとするものです。

もっと簡単に言うと、過去の相場の値動きから「一定の法則」であったり、「値動きの癖」を見つけて、これからの相場の値動きを予測していこうという分析方法です。

テクニカル指標は必勝のツール?

テクニカル分析をする場合、様々なテクニカル指標があることに気づきます。

・移動平均線
・ボリンジャーバンド
・RSI
・MACD  etc・・

これらのテクニカル指標は必勝のツールではなく、あくまで相場環境を把握するためのツールです。

ですので、儲かってそうな人が使っているからと真似して利用しても、同じように儲かるわけではありません。(そもそも人の真似をしても何連敗かしようものなら、使い続けられないでしょう。)

自分が過去の値動きから一定の法則を見つけられ、実際にトレードする際に使いやすいテクニカル指標を色々試して「自分で選択すること」をオススメします。

オススメなのはテクニカル分析

世界情勢に精通しているような方以外はテクニカル分析を極めていくべきだと思います。

過去のチャートからパターンの分析さえできれば、再現性が高いからです。

また、FXはチャートがきれいでテクニカルが効きやすいという特徴もあります。

そのため、初心者はテクニカル分析を用いて利益を狙っていくべきです。

FXで勝つために必要な情報、不要な情報
FXで勝つために必要な情報、不要な情報FXで安定的に勝ちたいなら情報過多にならないことが大事です。 日常生活や他の分野では、知識はないよりはある方がいいでしょう。 ...

FXにおけるトレードスタイル

FXではトレードスタイルが3つあります。

ポジションの保有時間による区別ですが、正直どれが合うかは人によります。

どのスタイルが儲かりやすいとかはありませんので、色々試しながら自分にあったトレードスタイルを見つけていきましょう。

1、スキャルピング

スキャルピングは長くても数分という短い間隔でトレードを行うスタイルです。

少しの値幅で利食いや損切りを繰り返して、小さな利益を積み重ねていくという稼ぎ方です。

このスタイルのメリットは、相場に自分のお金をさらしている時間が短いのでリスクが低いということです。

自分が相場を見ていない時に世界で何か起こっても、ポジションをもってなければ損をすることもありません。

一方、デメリットとしては、トレードするタイミングがシビアになるということです。

狙う変動幅が小さいため、タイミングを見極めないとスプレッド分を抜いてプラスに持っていくのが難しいです。

比較的、センスが必要とされ、難易度が高めのトレードスタイルです。

2、デイトレード

デイトレードは、その名のとおり1日(デイ)で取引を完結させるスタイルです。

数分から数時間の間ポジションを保有し、1日の値幅のうち取れそうなところを狙って利益をあげていくという稼ぎ方です。

このスタイルのメリットは、ある程度の利益を狙いつつ、次の日まで持ち越さないためリスクもそこそこというバランスの良さです。

デメリットはそこまでありませんが、強いて言うなら、相場があまり動かない場合には値幅がないので儲からないということくらいです。

自分の都合のいい時間に相場をみて、数時間保有するつもりでトレードというようなスタイルなので万人向けです。

初心者はまずデイトレードからチャレンジすることをオススメします。

3、スイングトレード

スイングトレードとは、ポジションを持ったら短くても1週間くらいは保有して利益を狙うスタイルです。

このスタイルのメリットは、大きな利益を狙えることです。

1日の値幅よりも1週間の値幅の方が当然大きくなるためです。

一方、デメリットとしては、自分が相場を見てない間に何か起こった場合には大負けするリスクがあることです。

そのため、スイングトレードをする場合には必ず損切り注文(売買した値段からいくらか逆行したら決済する注文)を事前に出しておくことが必須になります。

忙しくてあまりFXに集中して取り組めない方向けのスタイルといえるかもしれません。

トレードに使える!様々な注文方法を解説
トレードに使える!様々な注文方法を解説FXの取引にはいくつかの注文方法があります。 注文方法を知ると自分がしたいトレードができるようになります。 基本となる3種類...

FXで安定して稼げるようになるため必要なこと

ここまで初心者がトレードを開始するまでに必要なことを述べてきました。

最後にアドバイスとしてFXで安定して稼げるようになるために必要なことを書いておきます。

FXで安定して稼げるようになるために必要なことはひとつだけです。

自分の頭でしっかり考えること!

これのみです。

自分の頭で考えて、行動(トレード)した経験値というのは次のトレードにも生かされます。それを積み重ねていくことが大切です。

FXで安定的に稼ぐのは簡単ではありませんが、そこまで無茶でもありません。

初心者の方が安定して勝てるようになることを陰ながら応援しています。

【最短でFXで稼げるように!】トレード上達のための正しい手順
【最短でFXで稼げるように!】トレード上達のための正しい手順一応、私は専業トレーダーなので、トレードで稼いで生活しています。 とはいっても、私も安定して稼げるようになるまでには、わりと遠回り...