国内FX業者を選ぶならココだ!オススメの国内FX業者

海外FXばかり薦めている私。国内FXについても書いておきます。

国内FXのメリットは、はっきり言ってFXの利益に対する税率が海外FXよりも低いことです。

まあ稼げるようになってからの話ですが。

選ぶならココだ!とか煽っといてあれですが、結論から言うと企業規模が大きいところを選んでおけばいいと思います。

国内FX業者を利用するメリット・デメリット

国内FXのメリット・デメリットをおさらいしましょう。

国内FXのメリット

国内FXの最大にして唯一と言ってもいいメリットは税率が低いことです。

海外FXは累進課税でMAX55%まで税率があがります。

一方、国内FXは申告分離課税でいくら稼いでも税率は20%です。

稼げるようになってからの話ではありますが、国内FXの税率の低さというのはとても魅力的な点です。

また、「繰越控除」、「損益通算」という技も使えます。

国内FXのデメリット

国内FXのデメリットはいくつかあります。

その中でも最大のデメリットは追証があることです。

追証とは追加の証拠金を意味し、相場の急変に巻き込まれ口座がマイナスになった場合、マイナス分をFX業者から請求されることになります。

つまり、FXで借金を作ってしまう可能性があるということです。

この追証システムこそが国内FXの最大にして最悪のデメリットです。

他のメリット・デメリットについては以下の記事でどうぞ。

→ 国内FX業者を利用するメリット・デメリット

主要国内FX業者の特徴

とりあえず、有名どころをあげてみました。

多すぎるので、気が向いたら追加します。

GMOクリック証券

FX取引高ランキング世界1位を取り続けている国内最強のFX会社のひとつ

はっちゅう君という発注ソフトが使いやすい。

19通貨ペアが用意され、取引単位は10,000通貨から。

(参考)ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)

DMMFX

FX口座数国内ナンバー1。

スマホ取引アプリがシンプルで使いやすい

20通貨ペアが用意され、取引単位は10,000通貨から。

(参考)ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)

ヒロセ通商

食べ物がもらえるキャンペーンが豊富。

変なライオンのキャラがいる。

50通貨ペアが用意され、取引単位は1,000通貨から。

(参考)ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)

YJFX!

スマホアプリの使いやすさはピカイチ。

元はサイバーエージェントの子会社で、現在はヤフーの子会社。

2016年の2月に大規模な情報漏えいという失態。

22通貨ペアが用意され、取引単位は1,000通貨から。

(参考)ドル円スプレッド 0.3銭(原則固定)

マネーパートナーズ

ドルやユーロなどの外貨を買い、そのまま現物として受け取る外貨両替サービスというものがある。※空港などの両替サービスより手数料が安い。

100通貨からの取引が可能な「パートナーズFX nano」という初心者用口座がある。

20通貨ペアが用意され、取引単位は10,000通貨から。

(参考)ドル円スプレッド 0.5銭(原則固定)

SBI FXトレード

1通貨から取引が可能。

通貨を擬人化してきた。

26通貨ペアが用意され、取引単位は1通貨から。

(参考)ドル円スプレッド 0.29銭(50万通貨以下の場合)

マネースクウェア・ジャパン(M2J)

自動売買の一種である「トラリピ」が売り。

外為オンラインの「iサイクル注文」を特許侵害であるとして訴える。

一審敗訴で、現在控訴審中。

スプレッドが狭くもないのに謎の手数料までとられる。

11通貨ペアが用意され、取引単位は1,000通貨から。

(参考)ドル円スプレッド 1.0銭+手数料

外為オンライン

自動売買の一種である「iサイクル注文」というのが売り。

マネースクウェア・ジャパンから「iサイクル注文」が特許侵害であるとして訴えられる。現在、控訴審中。

24通貨ペアが用意され、取引単位は1,000通貨から。

(参考)ドル円スプレッド 1.0銭(原則固定)

どのFX業者がオススメか!

結論としては、口座数が多くて、スプレッドが狭いところを選べばいいと思います。

国内の場合、どのFX業者も最大レバレッジは25倍で、信託保全アリです。

口座数が多いところは、国内特有のスプレッド競争で勝ち抜いているところなのでスプレッドが狭いです。

スプレッドが広く、自動売買を売りにしているようなFX業者は個人的には口座開設の価値なしだと思っています。

なお、口座開設する場合には、ポイントサイト(キャッシュバックサイト)経由で申し込むことをオススメします。

FX業者の口座開設系はキャッシュバック率が高いので、もらえるものはもらっておきましょう。(どこも1万円くらいはもらえるかと)

ポイントサイトについては以下をお読みください。

→ FXをするための元手がない?ノーリスクで軍資金を稼ぐ方法

国内FX業者はスペック面ではどこも大差がない

国内FX業者の紹介でした。

国内FXの場合、業者のスペックはほぼ横並びでたいした違いがありません。

これは金融庁の規制によるものです。

そのため口座数が多くスプレッドが狭いところを選んでおけばいいと思います。

関連記事

【レバレッジ25倍→10倍】国内FXのレバレッジ規制について考察する

事故?故意?楽天FXがやらかしたスプレッド1,500pips拡大事件とその対応

狙われてる?FX業者によるストップ狩りについて解説する

FXの新レバレッジ規制(25倍→10倍)談義。「影響なし」「業界再編か」

国内FX業者を利用するメリット・デメリット

国内FXがオワコンに!金融庁、FXのレバレッジを10倍程度に引き下げ検討