FXの基礎

【初心者向け】FXの基礎用語、レバレッジとスプレッドを理解する

【初心者向け】FXの基礎用語、レバレッジとスプレッドを理解する

FXを始める前に初心者が知っておいた方がよいFXの基礎用語。

とりあえず、レバレッジとスプレッドを抑えておけばいいかと。

あとは実際にトレードしてたら勝手に色々覚えていくと思います。

ということで、ここでは、

レバレッジとはなにか

スプレッドとはなにか

についてまとめていきます。

レバレッジとは

レバレッジとは

少ない資金で大きな金額の取引をできるようにする仕組みのこと

レバレッジとは、少ない資金で大きな金額の取引を可能にする仕組みのことです。

FXの場合、証拠金をFX業者に預けることで、証拠金以上の金額の売買が可能になります。(証拠金取引と言う。)

※可能になるだけでしなければいけないというわけではありません。

例えば、最大レバレッジが25倍なら、5万円の証拠金で125万円分までのトレードが可能ということ。

このレバレッジによって、少ない資金でも大きな収益が狙えることがFXの魅力のひとつです。

なお、このレバレッジが高いことを危険という風に感じる方もいるかもしれませんが、最大レバレッジが高いということは必要資金が少なくて済むということを意味します。

そのため、「最大レバレッジ高い=危険」という認識は正しくなく、「最大レバレッジが高い=危険なこともできる」というのが正しい認識です。

制度レバレッジと実効レバレッジ

制度レバレッジ
→ 業者ごとの最大レバレッジのこと

実効レバレッジ
→ 総資金から見た保有ポジションにかかっているレバレッジのこと

前述のとおり、レバレッジとは少ない資金で大きな金額の取引を可能にする仕組みのこと。

他にレバレッジという言葉がつく用語に制度レバレッジと実効レバレッジがあります。

制度レバレッジとは、業者ごとに定められている最大レバレッジのこと。

国内FX業者なら25倍、海外FX業者なら400倍~といった業者ごとに定められているもの。

この制度レバレッジは、大きければ大きいほどよいと言えます。(ポジションを保有するための資金が少なくて済む)

実効レバレッジとは、総資金から見て保有ポジションにどれくらいのレバレッジがかかっているのかということ。

例えば、総資金が100万円でドル円=100円の時に、

ドル円1万通貨を保有したなら、実効レバレッジは1倍

ドル円15万通貨を保有したなら、実効レバレッジは15倍

という感じになります。

※100円×1万通貨÷100万円=1、100円×15万通貨÷100万円=15

実効レバレッジは、低ければ低いほどリスクを抑えていることを意味しますが、利益も相応に少なくなります。

スプレッドとは

スプレッドとは

売値と買値の差のこと。FX業者に支払う取引手数料にあたる

スプレッドとは売値と買値の差のことであり、業者に支払う取引手数料にあたるものです。

FXのレート表示は下記のように表されます。

BIDというのは売る時の値段(売値)、ASKというのが買う時の値段(買値)です。

値段に差があると思いますが、それがスプレッドです。(画像で言うと中央のSP)

基本的にはスプレッドが狭ければ狭いほど、取引手数料が安いということが言えます。