FX取引の基礎知識

FX初心者が知っておくべきFXの基礎知識

FX初心者が知っておくべきFXの基礎知識
この記事でわかること

  • FX初心者が知っておくべきFXの基礎知識

FX初心者がFXを始める前に知っておくべきFXの専門用語は、レバレッジとスプレッドです。ここさえ理解すれば、あとは実際にトレードしながら勉強していけばいいと思います。

エヌ
エヌ
FXを始める前にレバレッジとスプレッドについてはきちんと理解しておきましょう。

FXを始める前に絶対に知っておくべき専門用語

FXを始める前に絶対に知っておくべき専門用語が2つあります。

それは、「レバレッジ」「スプレッド」です。

レバレッジとは

<レバレッジとは>

少ない資金で大きな金額の取引をできるようにする仕組みのこと

レバレッジとは、少ない資金で大きな金額の取引を可能にする仕組みのことです。

FXというのは証拠金取引です。

つまり証拠金を預けることで、証拠金以上の金額の売買が可能になります。
※可能になるだけでしなければいけないというわけではありません。

レバレッジ

例えば、5万円を証拠金として預けて、5万円分の取引をすればレバレッジ1倍、100万円分の取引をすればレバレッジ20倍です。

FX業者ごとに最大レバレッジは決まっています。(日本のFX業者は全て最大レバレッジ25倍)

最大レバレッジが25倍なら、5万円で125万円分のトレードが可能ということになります。

このレバレッジによって、少ない資金でも大きな収益が狙えることがFXの魅力のひとつです。

なお、このレバレッジが高いことが危険という風に感じる方もいるかもしれませんが、最大レバレッジが高いということは必要資金が少なくて済むということを意味します。

そのため、「最大レバレッジ高い=危険」という認識は正しくなく、「最大レバレッジが高い=危険なこともできる」というのが正しい認識です。

そして、資金管理をきちんとしたうえでトレードすれば最大レバレッジが高いということは必要資金が少なくて済むというメリットしかなくなります。

参考:資金管理さえすればハイレバレッジにはメリットしかない理由

スプレッドとは

<スプレッドとは>

売値と買値の差のこと。通常、FX業者に支払う取引手数料

スプレッドとは、「売値」と「買値」の差のことです。

おしゃれに言うと「bid(ビッド)=売値」「ask(アスク)=買値」の差。

fx-start_スプレッド

FXのレート表示は上記のように表されます。

BIDというのは売る時の値段、ASKというのが買う時の値段です。

値段に差があると思いますが、それがスプレッドです。(画像で言うと中央のSP)

このスプレッドは、通常FX業者に支払う取引手数料にあたります。

基本的にはスプレッドが狭ければ狭いほど、取引手数料が安いということが言えます。

FXを始める前に知っておいてもいい知識

レバレッジとスプレッドほど重要ではありませんが、知っておいた方がいいであろうことをまとめておきます。

そもそもFXとは

FXとはForeign Exchange」の略で、日本語で言うと「外国為替証拠金取引」と言います。

これを言い換えると、「外国為替という対象を証拠金を用いて取引する」ということです。

FX市場(外国為替市場)は世界最大の市場であり、円に対してドルがいくらか、円に対してユーロがいくらかというのは日々変動しています。

為替レート通貨間の交換レート)が上がるか、下がるかを当てるゲームがFXというものです。

具体例

・ドル/円が上がりそうだから買って、上がったから儲かった。

・ユーロ/ドルが下がりそうだから売ったが、上がったため損した。

このように為替レート(通貨間の交換レート)を売買して利益を上げることが、FXをやる目的になります。

参考:通貨ペアの見方とチャートの強弱の判断

なぜ為替レートは変動するのか

時期によって1ドルの価値が110円にったり、90円になったりします。

なぜでしょう?

結論から言うと、交換レートの価格は「需要と供給」によって成り立っているためです。

簡単に言うと、買いたい人が多ければ価格は上昇し、売りたい人が多ければ価格は下落するということです。

需要と供給の話

需要と供給で価格が決まるのは、他のものも同じです。

・リンゴが今年は台風であまりとれなかったから値段が上がった。(需要>供給)

・サンマが取れすぎて、サンマの値段が下がった(需要<供給)

このリンゴとサンマにあたるのが、FXでは外国為替というだけです。

米ドルがFX市場の王様

FXで取引される通貨のうち、だいたい85%程度は米ドル絡みの取引です。

他は、ユーロ絡みが39%、日本円絡みが19%という感じで続きます。

これは、米ドルが現在の基軸通貨なので当然と言えます。

簡単に言うと、世界で最も信用力のある通貨が米ドルということです。

これは現在アメリカが、「世界一の経済力」と「世界一の軍事力」をもっているからです。

そのため、国をまたいだ決済はドル決済がほとんどです。

例えば、日本が中東から原油を買う場合、米ドルで買わなければなりません。もし米ドルが手元になければ、まず円を売って米ドルを買わなければならないということです。

国際的に取引されるようなものは、ほとんど米ドルでの決済なので、必然的に米ドルの取引量は増えることになります。

FX取引をするなら米ドルの動向には注意するということは覚えておきましょう。

FXは平日の24時間いつでもトレードできる

FXのメリットは、平日の24時間いつでも取引できることです。

そして為替市場のメインの時間はアメリカの日中、つまり日本の夜の時間です。

サラリーマンの方でも夜なら在宅している方が多いでしょう。

どのような働き方をしている方でもトレードできるのがFXの魅力です。

参考:FXはいつできるの?FXの取引時間と時間ごとの特徴

FXの基礎知識のまとめ

<レバレッジとは>

少ない資金で大きな金額の取引をできるようにする仕組みのこと

<スプレッドとは>

売値と買値の差のこと。通常、FX業者に支払う取引手数料

FX初心者がFXを始めるまでに知っておくべき専門用語は、レバレッジとスプレッド。

その他の知識は、実際にトレードしていれば勝手に身についてきます。

本などでの勉強もよいですが、あまりやりすぎずに実際にトレードしながら修正していくことが勝つための近道だと思います。