悪質な海外FX業者に騙される前に。金融ライセンスを知れ!

海外FXに興味をもって、口座を開こうと思ったあなた。

口座を開く前に、その海外FX業者の安全性を確認しましょう。

悪質なFX業者に捕まって、大事なお金がなくなってからでは遅いです。

海外FX業者の安全性を判断するには、金融ライセンスを所持しているかを確認するのが手っ取り早いです。

「金融ライセンスってなんだよ」というあなたのために、私が語ります。

金融ライセンスとは?

金融監督機関への登録(認可)のことを金融ライセンスと言います。

世界の多くの国では、その国の金融監督機関の認可がなければ金融業という商売はできません。

日本の場合で言えば、金融庁(FSA)が金融監督機関に当たります。

金融ライセンスの所持でわかること

金融ライセンスの所持が意味するところは、一定の安全性を金融監督機関を認められているということです。

金融ライセンス取得のためには、認可のための基準をクリアする必要があります。

金融業を営む上での十分な資金力があるか?

リスク管理の体制は整っているのか?

分別管理、信託保全はされているか?

顧客へのリスクに対する説明は十分か?

顧客情報の適切に記録保持しているか?

などなどです。

金融ライセンス取得のための認可基準は世界各国で違うため、金融ライセンスごとに取得の難易度は異なります。

取得する難易度の高い金融ライセンスを所持していれば、安全性の面では安心ができますが、規制や監視が厳しくなってしまい、顧客にとって逆に使いづらいということになってしまう面があるの難しいところです。

日本の金融庁に登録した場合、信託保全は義務づけられ、最大レバレッジは25倍に制限されます。

前者は顧客にとってメリットですが、後者はデメリットです。

取得の難しい金融ライセンス

特に取得が難しいとされている金融ライセンスは以下の2つ。

FCA(イギリス金融行動監査機構)

イギリスのFCAライセンスは世界中の金融ライセンスの中で最も取得が難しいとされています。

このライセンスを取得している海外FX業者なら、まず安全と言えます。

Cysec(キプロス証券取引所)

FCAライセンスに劣りますが、キプロスのCySecライセンスも登録の難しさに定評があります。

そして、CySecライセンスを取得している海外FX業者には必ず信託保全があります。日本の金融庁と同様に信託保全が義務づけられているためです。

登録ライセンスの数

取得の難しい金融ライセンスを所持しているのと同様に、登録している金融ライセンスが多いというのも業者の安全性を証明していると言えます。

登録している金融ライセンスが多いということは、複数の金融監督機関の監視・規制の中で運営されているということになるからです。

海外FX業者の安全性を確認する

海外FX業者の安全性を判断するには、

1、どこに金融ライセンスを所持しているか

2、いくつのライセンスを所持しているか

この基準で見ておけば問題ないです。

絶対に選んでいけないFX業者は、どの国の金融ライセンスも取得してないFX業者です。

安全性は全くないといっていいです。

→ 【評判・特徴】金融ライセンスなし!信頼性皆無の海外FX業者GEMFOREX

金融庁からみた海外FX業者

金融庁から見た場合、自分のところで監督できない海外FX業者は全て無登録業者となります。

無登録というとネガティブな響きですが、金融庁に登録されてないからといって、全ての海外FX業者が危ないということではないのです。

金融庁がレバレッジ規制をしたために、あえて金融庁に登録していない海外FX業者が多いと思います。

海外の金融庁レベルの金融ライセンスを取得して運営されている海外FX業者であれば安全性は問題はありません。

海外FX業者の安全性の確認は大事

金融ライセンスを取得しているとは、金融監督機関から一定の安全性は認められているということ。

海外FX業者の安全性を判断する基準は以下の2つ。

1、どこに金融ライセンスを所持しているか

2、いくつのライセンスを所持しているか

絶対に選んではいけない海外FX業者は、どの国の金融ライセンスも所持していないFX業者。

要は、海外FX業者をあまり調べもしないまま口座を開くのはもちろん、お金は絶対預けちゃダメだよ!ってことです。

関連記事

最強の金融ライセンス!キプロスのCysecライセンスについてのまとめ

海外FX業者を利用することは違法になるのか?

DD、NDD?FX会社の約定方式ついて解説する

ECN口座の取引コストは?ECN口座の取引手数料は「pips」換算すると理解しや...

分別管理と信託保全の違い。海外FX業者の安全性

最強の顧客保護!追証なしの「ゼロカットシステム」について説明する