海外FXの特徴

金融ライセンスから見る海外FX業者の安全性

金融ライセンスから見る海外FX業者の安全性

金融ライセンスとは、金融監督機関への登録(認可)のこと。

※日本の場合、金融監督機関は金融庁。

海外FX業者の安全性を確認するために、保有の有無は見ておきたいところです。

ここでは、

金融ライセンスからみる海外FX業者の安全性

についてまとめていきます。

金融ライセンスからみる海外FX業者の安全性

金融ライセンス

各国にある金融監督機関への登録(認可)のこと

金融ライセンスの保有でわかること

金融監督機関から一定の安全性を認められているということ

金融監督機関への登録(認可)のことを金融ライセンスと言います。

世界の多くの国では、その国の金融監督機関の認可がなければ、基本的に金融業という商売をその国でできません。

日本の場合で言えば、金融庁(FSA)が金融監督機関に当たります。

日本国内のFX業者はすべて金融庁に監督されて営業しています。

DMMFXのHPにある記載(参考)

金融ライセンスの保有でわかることは、一定の安全性を金融監督機関を認められているということ。

金融ライセンス取得のためには、以下のような認可基準をクリアする必要があります。

  • 金融業を営む上での十分な資金力があるか?
  • リスク管理の体制は整っているのか?
  • 分別管理、信託保全はされているか?
  • 顧客へのリスクに対する説明は十分か?
  • 顧客情報の適切に記録保持しているか?

などなどです。

金融ライセンスを保有していない業者は、上記のような基準をクリアしていないことが多いため、安全性に欠ける業者だということが言えます。(クリアしていてもそれを客観的に認められてはいない)

そのため、金融ライセンスなく営業しているFX業者を利用するというのはリスクが有るということを理解しておくべきといえます。

なお、金融ライセンスの取得難易度まで見るかは人それぞれ。

取得難易度の高い金融ライセンスは、安全性については心配ないというメリットの一方で、規制が厳しいという点がデメリット。

※日本の金融庁に登録した場合、信託保全が必須で安全性が高いが、最大レバレッジは25倍に制限。

個人的には、金融ライセンス保有の有無だけ確認すればいい気がします。

金融庁からみた海外FX業者

日本の金融庁は、日本居住者が海外FX業者を利用することをあまり快く思っていない節があり、海外FX業者に対して「無登録業者」として警告を出しています。

無登録というとネガティブな響きですが、この無登録は「金融庁に登録されてない」という意味の無登録です。

ある海外FX業者が日本で無登録、他の国でも無登録なら確かに危険ですが、そのような海外FX業者はそんなにありません。

日本以外の国の金融ライセンスを保有している海外FX業者なら、日本の金融庁のライセンスがないからと言って、一概に危険性が高いとは言えないということです。

※そもそも、海外FX業者が金融庁に積極的に登録しない理由は、レバレッジ規制(25倍)があるためと言われます。

取得難易度が高いライセンス

取得するための基準値が高く、保有していると安全性がより高いと言われる金融ライセンスをいくつか紹介しておきます。

・FCA(イギリス)

FCAはイングランド中央銀行(BOE)が2012年に設立。FCA管理下にある企業は、入出金が自動処理されるシステムが構築されており、不正をすることが不可能。そのため出金トラブルとは無縁で世界トップクラスの安全性と信頼性を誇るライセンスです。

・Cysec(キプロス)

CySECキプロス証券委員会は、ライセンスに対して厳しい基準を設けており、加入するとICFといわれる補償機関に入ることが必須です。ICFは顧客の資産に不利益があった場合に、最大で20.000ユーロまでの補償を規定しており、安全・信頼性が高いライセンスです。

・FSP(ニュージーランド)

かつては、それほど取得難易度が高くありませんでしたが、2015年の10月頃に、今までの方針を改めて規制を強化。その結果、155もの登録業者が基準を満たせず、ライセンスを剥奪されるという事態に。そのため、現在FSPライセンスを保有している業者は、それなりのレベルの安全性と信頼性を兼ね備えていると言えます。