その他の業者

FBSの特徴と評価!最大レバレッジの3,000倍でボーナスが充実している海外FX業者

【最大レバレッジ3000倍×充実のボーナス】FBSを利用するメリット・デメリット
この記事でわかること

  • FBSの私的評価
  • FBSの安全性
  • FBSの取引スペック

FBSは、2009年からサービスを開始している海外FX業者。ここではFBSの特徴についてまとめていきます。

エヌ
エヌ
ユーロドルやポンドドルのスプレッドがかなり狭いので、それらをメインにトレードする方にはオススメです。

FBSの私的評価

結論から言うと、FBSはわりとオススメな海外FX業者になります。

  • 最大レバレッジ3,000倍
  • ボーナスキャンペーンが充実
  • 口座タイプが多すぎ
  • 公式HPの日本語がわかりにくい

FBS(エフビーエス)は、2009年設立のバヌアツにある海外FX業者。

世界190ヵ国以上でFXサービスを提供し、ベスト・ブローカー in アジア」など数多くの業界賞を受賞しているグローバル企業です。

FBSがオススメできる最大の理由は、最大レバレッジの高さ充実のボーナスキャンペーン

そのため、現在資金が少ない方やボーナスを活用してトレードしたい方にはオススメできるFX業者です。

一方、口座タイプがやたら多く公式HPの日本語がわかりにくいというデメリットがあります。

取引スペックはいいものの、日本人にそんなに優しくない感じが漂うのがFBSという海外FX業者です。

以下、FBSの特徴について記載していきます。

<FBSの会社情報詳細>

会社名:
日本人向け:
Mitsui Markets Ltd.(バヌアツ)
外国人向け:
FBS Markets Inc(ベリーズ)

所在国:
バヌアツ

所在地:
133 Santina Parade, Elluk, Port Vila, Efale, Vanuatu

金融ライセンス:
IFSC/Berrys

事業開始年:
2009年

顧客資金の管理:
分別管理

公式サイト日本語化:
日本語化

サポート体制:
・電話
→ 折り返し
・メール
→ support@fbs.com
・ライブチャット

FBSの安全性の考察

FBSの安全性

  • 追証なし
  • バヌアツの金融ライセンスを保有
  • 顧客資金は実質信託保全
  • 入出金は早い

海外FX業者の安全性を見るうえで必須の項目は、追証なし(ゼロカットの完備)金融ライセンスの保有です。

この2つの項目をクリアしてない海外FX業者は、安全性の観点から口座開設すべきではありません。

FBSはどちらもクリアしており、口座開設の検討に値する海外FX業者と言えます。

以下、FBSの安全性を見ていきます。

追証なし(FXで借金を負う可能性はゼロ)

FBSではゼロカットシステムを採用しているため追証(おいしょう)はありません。

ゼロカットにより、顧客がどんなにFXで負けても損失は入金額が上限になります。

そのため、FXで借金を負うような事態になる可能性はゼロになります。

追証とは

「追証(おいしょう)」とは、急激な相場の暴騰や暴落で口座残高がマイナスになった場合、不足のマイナス分をトレーダーが追加で支払わなければならないという仕組みです。

もし支払わなければ、裁判所命令での銀行口座の凍結、資産の差し押さえなどが執行されることになります。

なお、すべての日本のFX業者には「追証」を定めた規定があります。(FXで借金を負う可能性があるということ)

参考:デメリットなし!海外FXのゼロカットシステムを理解する

バヌアツの金融ライセンスを保有

FBSは、バヌアツの金融ライセンスを保有しており、一定の安全性が担保されています。

ただし、バヌアツの金融ライセンスは審査が緩く、それほど取得が難しくないのが実情。

そのため、金融ライセンスから見るFBSの安全性は最低限のラインはクリアといったところです。

金融ライセンスとは

世界各国にある金融監督機関への登録(認可)のこと

(日本の場合は、金融庁が金融監督機関)

金融ライセンスの保有でわかること

金融監督機関から一定の安全性を認められているということ

参考:金融ライセンスの有無でわかる海外FX業者の安全性

顧客資金は分別管理

FBSの顧客資金の保護

  • 分別管理のみ

FBSの顧客資金の管理方法は、分別管理のみで信託保全はありません。

そのため、信託保全のある海外FX業者(XMAXIORY)に比べると、安全性は一段落ちます。

なお、日本のFX業者は金融庁の規制により信託保全が必須となっており安全性がかなり高くなっています。一方、海外FX業者の場合、分別管理のみのところがほとんどです。

分別管理と信託保全

分別管理
→ 「FX業者の運営資金」と「顧客資金」を別の口座で管理すること

信託保全
→ 「FX業者の運営資金」と「顧客資金」を別の口座で管理したうえで、「顧客資金」の口座をFX業者以外(信託銀行等)が管理すること

信託保全がなされると顧客資金を業者が勝手に動かすことが難しくなるため、安全性が高いということです。

参考:海外FX業者の安全性!分別管理と信託保全の違いを理解する

入出金は確実

海外FX業者を利用して怖いのが、資金の出金拒否です。

これをされるといくら稼いでも全く意味がありません。

FBSは、きちんと出金できます。

なお、FBSはbitwalletに対応しているので格安の手数料で出金が可能です。

<FBSの入出金詳細>

FBSの入金情報詳細

入金方法口座反映のスピード入金手数料
クレジットカード即時無料
bitwallet
STICPAY入金額の2.5%+0.3ドル

FBSの出金情報詳細

出金方法口座反映のスピード出金手数料
クレジットカード15~20分(最大48時間)1ドル
bitwallet即時824円
STICPAY15~20分(最大48時間)入金額の2.5%+0.3ドル

FBSの取引スペックの考察

FBSの取引スペック

  • 最大レバレッジ3,000倍
  • スプレッドは一部通貨ペアが狭い
  • ボーナスキャンペーン充実
  • 為替以外も同一口座で取引可能
  • 取引ソフトはMT5も選択可能
  • 無料のVPSサービスあり
  • 日本語サポートあり(弱め)

取引スペックで大事なのは最大レバレッジ

最大レバレッジが大きければ大きいほど必要資金が少なくて済みます。

(海外FX業者は、たいてい400倍は越えてくるのでそこまで気にしなくてもよい。)

そのほかの取引スペックは個人の好みの部分が大きくなります。

  • ボーナスがあるほうが良い
  • ボーナスはなくて良いのでスプレッドが狭いのが良い
  • 為替だけトレードできれば良い
  • 為替だけでなく株価指数や仮想通貨もトレードしたい  等々。

以下、FBSの取引スペックを見ていきます。

最大レバレッジ3,000倍

fbs-最大レバレッジ3000倍

FBSの最大レバレッジ3,000倍です。

※入金ボーナスを利用した場合、最大レバレッジは500倍に制限

日本のFX業者は、金融庁の規制により、どの業者も最大レバレッジは25倍。

結果、日本国内のFX業者で取引する場合に比べて、必要資金が120分の1で済んでしまうのがFBSを利用するメリットと言えます。

<口座タイプごとの最大レバレッジ>
口座タイプ最大レバレッジ
Trade 100 Bonus口座最大100倍
セント口座最大1000倍
マイクロ口座最大3000倍
スタンダード口座最大3000倍
ゼロスプレッド口座最大3000倍
ECN口座最大500倍

なお、FBSでオススメの口座タイプはスタンダード口座です。

参考:FBSの口座タイプごとの特徴とその比較

スプレッドは一部通貨ペアが狭い

通貨ペアFBSスタンダード口座AXIORY(参考)
ドル円2.0pips1.5pips
ユーロ円3.0pips1.7pips
ポンド円4.0pips2.7pips
ユーロドル1.1pips1.3pips
ポンドドル0.9pips1.9pips

FBSのスプレッドは、円絡みの通貨ペアは並ですが、ユーロドルやポンドドルといった通貨ペアは狭いです。

そのため、これらの通貨ペアをメインにトレードする方には、かなりメリットがある業者ということができます。

※AXIORYは、ボーナスを提供していないかわりにスプレッドが狭い業者なので、一概に比較はできませんが参考まで。

ボーナスキャンペーン充実

FBSのボーナス

  1. 口座開設ボーナス
  2. 入金ボーナス
  3. キャッシュバック

FBSはプロモーションとして顧客に対してボーナスキャンペーンを提供しています。

これらのボーナスキャンペーンは、運用資金の少ないトレーダーにとっては非常に力強い味方になります。

自己資金が少なくてもボーナスをプラスすることで、入金額以上の証拠金で取引をすることができるからです。

FBSのボーナスは、他の海外FX業者と比べても高水準。口座開設ボーナス・入金ボーナス・キャッシュバックと3種類揃っている業者はなかなかありません。

以下、簡単にボーナスの内容を記載しておきます。

参考:FBSのボーナスキャンペーンの内容と注意点のまとめ

ボーナスとは

ボーナスというのは、海外FX業者において証拠金としてだけ使えるお金です。

つまり、トレードするためだけに使えるバーチャルなお金がボーナスです。

ボーナス自体は出金できませんが、ボーナスを利用して稼いだお金は出金できます。

口座開設ボーナス(10,000円)

ボーナス獲得条件

「Trade 100 Bonus口座」を口座開設すること

ボーナスの内容

100ドル(約10,000円)のボーナスがもらえる

FBSの口座開設ボーナスは、「Trade 100 Bonus口座」という口座タイプで口座開設することでもらえます。

ただし、この「Trade 100 Bonus口座」は取引条件や出金条件などに縛りがあるお試し用の口座です。

そのため、初めから普通にトレードで稼ぎたい場合はスタンダード口座を開設して、この口座開設ボーナスは捨てましょう。

入金ボーナス

ボーナス獲得条件

入金すること

ボーナスの内容

累計10,000ドル(100万円相当)まで入金ボーナスがもらえる

FBSの入金ボーナスは、累計1万ドルまで100%の入金ボーナスです。

注意点としては、入金ボーナスは申請制なため、サポートに連絡する必要があります。

また、この入金ボーナスを利用すると最大レバレッジが500倍に制限されます。

そのため、3,000倍のレバレッジを維持したい場合は利用しないほうがいいと言えます。

エヌ
エヌ
500倍でも十分ハイレバレッジなため、この入金ボーナスは利用したほうがいいと個人的には思います。
<入金ボーナス詳細>

・入金ボーナスのイメージ

入金額ボーナス合計取引資金
500ドル500ドル1,000ドル
1,000ドル1,000ドル2,000ドル
3,000ドル3,000ドル6,000ドル
5,000ドル5,000ドル10,000ドル

・100%入金ボーナスの申請方法

会員エリアのボーナスリクエストページかメールにて申請。

FBSのサポートがメール確認した後、口座にボーナスが即時反映。

申請例

宛先:promo@fbs.com

件名:100% Bonus request

本文:
I’d like to apply for the 100% bonus campaign.

Name:名前(ローマ字)
Account number:自身の口座番号
Payment amount:入金額(概算でもOK)

キャッシュバック

キャッシュバックの条件

取引すること

キャッシュバックの内容

取引するたびに最大15ドル(1ロットにつき)のキャッシュバック

※キャッシュバック額は銘柄ごとに異なる

FBSは取引量に応じたキャッシュバックを実施しています。

もらえるキャッシュバック額は、1ロット(10万通貨)の取引で最大15ドル(1,500円相当)。(取引銘柄によって異なる)

ドル円などの主要通貨ペアは、だいたい1ロット(10万通貨)の取引で2ドル~3ドルといったところです。

どの銘柄でどれくらいのキャッシュバックがもらえるかは、公式HPに一覧表があります。

為替以外も同一口座で取引可能

FBSの取扱銘柄

  • FX通貨ペア:37種類
  • 貴金属CFD:4種類
  • 原油・株価指数CFD:5種類
  • 株式CFD:33種類

FBSでは、FXだけでなく貴金属CFD等も同一口座で取引可能です。

<FBSで取引できる全銘柄>

FX通貨ペア:37種類

  1. AUDCAD
  2. AUDCHF
  3. AUDJPY
  4. AUDNZD
  5. AUDUSD
  6. CADCHF
  7. CADJPY
  8. CHFJPY
  9. EURAUD
  10. EURCAD
  11. EURCHF
  12. EURGBP
  13. EURJPY
  14. EURNZD
  15. EURUSD
  16. GBPAUD
  17. GBPCAD
  18. GBPCHF
  19. GBPJPY
  20. GBPNZD
  21. GBPUSD
  22. NZDCAD
  23. NZDCHF
  24. NZDJPY
  25. NZDUSD
  26. USDCAD
  27. USDCHF
  28. USDJPY
  29. CNHJPY
  30. EURCNH
  31. EURTRY
  32. USDBRL
  33. USDCNH
  34. USDMXN
  35. USDRUB
  36. USDTRY
  37. USDZAR

貴金属CFD:4種類

  1. Palladium(パラジウム)
  2. Platinum(プラチナ)
  3. XAGUSD(シルバー/ドル)
  4. XAUUSD(ゴールド/ドル)

原油・株価指数CFD:5種類

  1. BRN(ブレント原油)
  2. WTI(WTI原油)
  3. DAX30(ドイツの株価指数)

株式CFD:33種類

  1. AIG
  2. ALCOA
  3. ALIBABA
  4. AMAZON
  5. APPLE
  6. AT&T
  7. BAC
  8. CISCO
  9. CITIGROUP
  10. COCA-COLA
  11. DISNEY
  12. EBAY
  13. FACEBOOK
  14. FORD
  15. GE
  16. GM
  17. GOOGLE
  18. HP
  19. IBM
  20. INTEL
  21. JPM
  22. MASTERCARD
  23. MCDONALDS
  24. MICROSOFT
  25. NETFLIX
  26. NIKE
  27. NVIDIA
  28. ORACLE
  29. PEPSICO
  30. PFIZER
  31. TESLA
  32. VISA
  33. WALMART

MT5も選択可能

FBSは、MT4だけでなくMT5も利用可能です。

MT5はMT4の進化バージョンなので基本的な動作はMT4より優れています。

一方、インジケーターやEAはまだMT4の方が多いという面があります。

ダウンロード型のソフトだけでなく、Webブラウザ・スマホ等にも対応しています。

参考:MT5は利用する価値があるのか?MT4とMT5を比較する

無料のVPSサービスあり

fbs-無料VPS

VPSの無料利用条件

  1. 初月:450ドル(5万円弱)の入金をおこなうこと
  2. 2か月目以降:前月に3ロット(30万通貨)以上の取引があること

FBSは上記の条件を満たすことで、無料でVPSが利用可能です。

上記の条件を満たさない場合、VPSの月額使用料として33ドル(3,300円相当)が口座から自動で引き落とされます。

参考:【MT4】FX自動売買するならVPSは必須!VPSの基本とオススメのVPS【EA】

日本語サポートあり(弱め)

FBSは日本語サポートがあるので英語は不要です。

ただし、他の海外FX業者に比べると多少弱め。(※公式HPもあまり自然ではない日本語)

また、少し前までは円口座がなくドル口座かユーロ口座しか口座開設できませんでしたが、2019年10月3日に追加口座で円口座を開設できるようになりました。

徐々にではありますが、日本人向けのサービスも充実してきているのが現状です。

参考:FBS(エフビーエス)で円口座が作れるようになった模様

FBSの特徴と評価まとめ

  • 最大レバレッジ3,000倍
  • ボーナスキャンペーンが充実
  • 口座タイプが多すぎ
  • 公式HPの日本語がわかりにくい

FBSは最大レバレッジの大きさとボーナスに強みをもつ海外FX業者です。

また、ユーロドルやポンドドルといった一部通貨のスプレッドがかなり狭いです。

日本語サポートはやや弱い印象ですが、取引スペックは悪くありません。

そのため、FBSに口座開設はありだと思います。

【画像付き】FBSの口座開設手順+本人確認のまとめ FBSの口座開設手順等について画像付きでまとめておきます。参考にしてみてください。 参考:FBSの特徴と評価!最大...