海外FX業者

最大レバレッジ3000倍でボーナス充実!FBS(エフビーエス)の特徴と評価

最大レバレッジ3000倍でボーナス充実!FBS(エフビーエス)の特徴と評価

FBS(エフビーエス)は、2009年設立のバヌアツにある海外FX業者。

世界190ヵ国以上でFXサービスを提供し、ベスト・ブローカー in アジア」など数多くの業界賞を受賞しているグローバル企業です。

FBSの売りは、最大レバレッジの大きさとボーナスの充実度。

特にボーナスが条件達成で出金できるようになるのが他の海外FX業者にはないメリットです。

ここでは、

FBSのスペック概要と私的評価

について述べた後、

FBSの安全性・取引スペックの詳細

についてまとめていきます。

口座開設の参考にしてみてください。

FBSのスペック概要と私的評価

FBSのスペック概要

FBSの安全性について

  • ゼロカット完備(追証なし)
  • バヌアツの金融ライセンスを保有
  • 顧客資金は分別管理
  • 入出金は確実

FBSの安全性は標準的な感じです。

FBSの取引スペックについて

  • 最大レバレッジ3000倍(入金ボーナス利用で500倍)
  • 口座タイプが多い(迷う)
  • スプレッドは一部通貨ペアが狭い
  • ボーナスキャンペーンが充実
  • 為替以外にゴールドや日経225なども取引可能
  • 取引ソフトはMT4かMT5を選択
  • 無料のVPSサービスあり
  • 日本語サポート完備(弱め)

FBSはボーナスキャンペーンに特徴のある業者です。

最大レバレッジは実質500倍なので、他の業者と同じくらいです。

FBSの売りは、最大レバレッジの大きさボーナスキャンペーン

そのため、現在資金が少ない方やボーナスを活用してトレードしたい方にはオススメできるFX業者です。

一方、口座タイプがやたら多く公式HPの日本語もわかりにくいというデメリットがあります。

日本人にそんなに優しくない感じが漂いますが、取引スペックは良いので、気になる方は口座開設して使ってみればいいのではないかと思います。

FBSの安全性についての詳細

FBSの安全性について

  • ゼロカット完備(追証なし)
  • バヌアツの金融ライセンスを保有
  • 顧客資金は分別管理
  • 入出金は確実

FBSの安全性は標準的な感じです。

以下、FBSの安全性について詳しく見ていきます。

ゼロカット完備(追証なし)

日本の業者(FXで借金を負う可能性あり)

強制ロスカット
→マイナス残高
→不足分を顧客が補填(追証)

海外の業者(FXで借金を負う可能性なし)

強制ロスカット
→マイナス残高
→不足分は業者が補填(ゼロカット)

日本のFX業者は相場の急変によって口座残高がマイナスになってしまった場合、追証としてマイナス分を顧客が補填する必要があります。

一方、海外FX業者はゼロカットが主流。顧客の最大損失は入金額に限定されます。

FBSもゼロカットを採用しているため追証はなく、顧客がFXでどんなに負けてもゼロカットによって最大損失は入金額が上限になります。

つまり、FBSを利用してFXで借金を負うような事態になる可能性はゼロということです。

追証(おいしょう)とは

追証とは、急激な相場の暴騰や暴落で口座残高がマイナスになってしまった場合、不足のマイナス分をトレーダーが追加で支払わなければならないという仕組みです。

もし支払わなければ、裁判所命令での銀行口座の凍結、資産の差し押さえなどが執行されることになります。

なお、すべての国内FX業者には「追証」を定めた規定があります。(FXで借金を負う可能性があるということ)

>> デメリットなし!海外FXのゼロカットを紹介します

バヌアツの金融ライセンスを保有

日本のFX業者はすべて金融庁の許可を受けて営業しており、業者が不正をしないよう金融庁に管理監督されています。

一方、海外のFX業者は様々な国の金融ライセンスの元で営業しています。(所在地が日本ではないので金融庁のライセンスではない)

FBSの場合、バヌアツという国の金融ライセンスの元で営業されており、一定の安全性が担保されています。

金融ライセンスとは

世界各国にある金融監督機関への登録(認可)のこと

(日本の場合は、金融庁が金融監督機関)

>> 金融ライセンスでわかる海外FX業者の安全性

顧客資金は分別管理

日本のFX業者は金融庁の規制により信託保全が必須となっており安全性がかなり高くなっています。

一方、海外FX業者の場合、分別管理のみのところがほとんど

FBSの資金管理方法も分別管理のみです。

そのため、信託保全のある海外FX業者(XMAXIORYなど)に比べると、安全性は一段落ちます。

分別管理と信託保全

分別管理
→ 「FX業者の運営資金」と「顧客資金」を別の口座で管理すること

信託保全
→ 「FX業者の運営資金」と「顧客資金」を別の口座で管理したうえで、「顧客資金」の口座をFX業者以外(信託銀行等)が管理すること

信託保全がなされると顧客資金を業者が勝手に動かすことが難しくなるため、安全性が高いといえます。

入出金は確実

FBSは入出金とも確実に執行され、出金拒否のようなことはありません。

結論を言うと、入出金ともにbitwalletを選ぶのが手数料を安く抑えられるのでオススメです。

FBSの取引スペックの詳細

FBSの取引スペックについて

  • 最大レバレッジ3000倍(入金ボーナス利用で500倍)
  • 口座タイプが多い(迷う)
  • スプレッドは一部通貨ペアが狭い
  • ボーナスキャンペーンが充実
  • 為替以外にゴールドや日経225なども取引可能
  • 取引ソフトはMT4かMT5を選択
  • 無料のVPSサービスあり
  • 日本語サポート完備(弱め)

FBSはボーナスキャンペーンに特徴のある業者です。

最大レバレッジは実質500倍なので、他の業者と同じくらいです。

ここでは、最大レバレッジやスプレッド、ボーナスキャンペーン等の取引スペックを順にみていきます。

最大レバレッジ3000倍

一般に、最大レバレッジが大きいほど必要資金が少なくて済みます。(必要証拠金が少なくなるため)

日本のFX業者は、金融庁の規制により全ての業者が最大レバレッジ25倍

一方、FBSの最大レバレッジは3000倍。(入金ボーナスを利用で500倍)

日本国内のFX業者で取引する場合に比べて、必要証拠金が120分の1程度で済んでしまうことが分かります。(500倍なら20分の1)

例えば、ドル円が110円の時に1万通貨の売買をする場合、国内FX業者では44,000円の証拠金が必要になりますが、FBSでは2,200円で済むということ。(500倍の場合)

(※110円×10,000通貨÷25倍=44,000円、110円×10,000通貨÷500倍=2,200円)

また、口座タイプによって最大レバレッジが異なることにも注意です。

管理人
管理人
FBSを利用するなら入金ボーナスは活用したほうがよいので、最大レバレッジは実質500倍だと思った方がよいです。

<口座タイプごとの最大レバレッジ>

口座タイプ最大レバレッジ
セント口座最大1000倍
マイクロ口座最大3000倍
スタンダード口座最大3000倍
ゼロスプレッド口座最大3000倍
ECN口座最大500倍

なお、FBSでオススメの口座タイプはスタンダード口座です。(後述)

口座タイプとスプレッド

FBSの口座タイプ

FBSの口座タイプ

  1. セント口座(MT4/MT5)
    → 最低入金額が一番小さい口座タイプ(1ドル~)
  2. マイクロ口座
    → 最低入金額が二番目に小さい口座タイプ(5ドル~)
  3. スタンダード口座(MT4/MT5)
    → FBSが提供しているサービスを最も生かせる口座タイプ
  4. ゼロスプレッド口座
    → スプレッドが狭いが、取引手数料が割高な口座タイプ(片道20ドル)
  5. ECN口座
    → スプレッドが狭く、取引手数料も少なめだがボーナスが適用外の口座(片道6ドル)

FBSは口座タイプが多く、5種類の口座タイプがあります。(MT4/MT5での分け方も含めると7種類)

結論を言うと、取引コストとボーナスの適用の有無により、スタンダード口座がオススメになります。(以下の表参照)

<口座別の取引コストの比較>

口座タイプTrade 100 BonusセントマイクロスタンダードゼロスプレッドECN
取引手数料
(1ロット)
なしなしなしなし20ドル6ドル
平均スプレッド
(ドル円
1.33.03.01.300.6

スプレッドの広いセント口座とマイクロ口座、取引手数料の高いゼロスプレッド口座は選ぶべきではないことわかります。

<ボーナス適用の有無の比較>

口座タイプセントマイクロスタンダードゼロスプレッドECN
ボーナス入金ボーナス入金ボーナス入金ボーナス入金ボーナスなし
キャッシュバック×

取引コストの比較から、採用候補として残っているのは、スタンダード口座、ECN口座。

ボーナス・キャッシュバックが適用外のECN口座は選ぶべきではありません。(FBSを利用するなら、ボーナス・キャッシュバックはできるだけ利用したほうがいい)

よって、取引コスト・ボーナス適用の有無から消去法的にスタンダード口座を選べばいいことが分かります。

口座タイプ比較表
口座タイプセントマイクロスタンダードゼロスプレッドECN
最大レバレッジ1000倍3000倍3000倍3000倍500倍
取引手数料(1ロット)なしなしなし20ドル6ドル
平均スプレッド(ドル円)3.03.01.300.6
ボーナス入金ボーナス入金ボーナス入金ボーナス入金ボーナスなし
キャッシュバック×
注文可能ロット0.01~5000.01~5000.01~5000.01~5000.1~500
初回最低入金額1ドル5ドル100ドル500ドル1000ドル

FBSのスプレッドは一部通貨ペアが狭い

通貨ペアFBSスタンダード口座
ドル円2.0pips
ユーロ円3.0pips
ポンド円4.0pips
ユーロドル1.1pips
ポンドドル0.9pips

スプレッドは買値と売値の差のことで、取引コストにあたるもの

FBSのスプレッドは、円絡みの通貨ペアは並ですが、ユーロドルやポンドドルといった通貨ペアが狭いという特徴があります。

そのため、これらの通貨ペアをメインにトレードする方にはメリットがある業者と言えます。

ボーナスキャンペーン充実

<FBSのボーナスキャンペーン>

入金ボーナス(100%、上限1万ドル)
→ 条件達成でボーナスも出金可能

キャッシュバック
→ 最大15ドル/1ロット、主要通貨ペアは2~3ドル/1ロット

FBSは他の海外FX業者と比べても、ボーナスキャンペーンが充実。

自己資金が少なくてもボーナスをプラスすることによって、入金額以上の証拠金で取引ができるようになるのがボーナスのメリット。

ボーナスはあくまで当該FX業者で証拠金としてだけ使えるのが基本ですが、FBSでは条件達成で入金ボーナスを出金できるのが大きな特徴。

以下、それぞれのボーナスについて簡単にまとめていきます。

入金ボーナス(100%、上限1万ドル)

ボーナス獲得条件
→ 入金すること

ボーナスの内容
→ 累計10,000ドル(100万円相当)まで入金ボーナスがもらえる

入金ボーナス対象の口座タイプ
→ セント口座・マイクロ口座・スタンダード口座・ゼロスプレッド口座

入金ボーナスは、取引口座に入金するともらえるボーナスです。

FBSは、累計1万ドル(100万円相当)まで100%の入金ボーナス

入金ボーナスのイメージとしては以下のとおりです。

<FBS入金ボーナスのイメージ>

入金額ボーナス合計取引資金
500ドル500ドル1,000ドル
1,000ドル1,000ドル2,000ドル
3,000ドル3,000ドル6,000ドル
5,000ドル5,000ドル10,000ドル

FBSの入金ボーナスが他の海外FX業者と違うのは、条件を満たすとボーナス自体も出金できること。

ボーナスの出金条件は、ボーナス÷3で計算されるロット数の取引をすることです。

ボーナス出金の具体例

900ドル入金して900ドルのボーナスがついた場合、300ロットの取引をするとボーナスの900ドルが出金できます。(ボーナス900ドル÷3)

最後に、入金ボーナスの注意点は以下の2つになります。

入金ボーナスは申請制

自動反映ではないので多少手間がかかります。

入金ボーナスを利用すると最大レバレッジが500倍に制限

3000倍の最大レバレッジを利用したいなら使わない方がよいです。

入金ボーナス詳細

入金ボーナス詳細

  • 100%入金ボーナス
  • 上限1万ドル(100万円相当)
  • 入金ボーナスは申請制
  • 入金ボーナスを利用すると最大レバレッジは500倍に制限
  • 適用口座は、セント口座・マイクロ口座・スタンダード口座・ゼロスプレッド口座
  • 条件を満たすとボーナスも出金可能

入金ボーナス申請方法

・100%入金ボーナスの申請方法

会員エリアのボーナスリクエストページかメールにて申請。

FBSのサポートがメール確認した後、口座にボーナスが即時反映。

申請例

宛先:promo@fbs.com

件名:100% Bonus request

本文:
I’d like to apply for the 100% bonus campaign.

Name:名前(ローマ字)
Account number:自身の口座番号
Payment amount:入金額(概算でもOK)

キャッシュバック

キャッシュバック獲得条件
→ 取引すること

キャッシュバックの内容
→ 取引するたびに最大15ドル(1ロットにつき)のキャッシュバック

※キャッシュバック額は銘柄ごとに異なる

キャッシュバック対象の口座タイプ
→ セント口座・マイクロ口座・スタンダード口座・ゼロスプレッド口座

FBSは取引量に応じたキャッシュバックを実施しています。

もらえるキャッシュバック額は、1ロット(10万通貨)の取引で最大15ドル(1,500円相当)。(取引銘柄によって異なる

ドル円などの主要通貨ペアは、だいたい1ロット(10万通貨)の取引で2ドル~3ドルといったところです。

どの銘柄でどれくらいのキャッシュバックがもらえるかは、公式HPに一覧表があります。

キャッシュバック詳細

キャッシュバック詳細

  • 1ロット(10万通貨)の取引で最大15ドル
  • キャッシュバック額は取引銘柄により異なる
  • 適用口座は、セント口座・マイクロ口座・スタンダード口座・ゼロスプレッド口座

ボーナスキャンペーン全般の注意点

ロスカット水準にボーナスは含まない

ロスカット水準とは強制ロスカットになる水準のこと。

FBSではロスカット水準の計算にボーナスが含まれないため、強制ロスカットになるレートがボーナスを含む場合よりも近くなります。

口座残高がボーナスの30%以下になるとボーナス消滅

FBSでは口座残高(ボーナスを除いた自己資金)がボーナスの30%以下になるとボーナスが消滅します。

つまり、FBSではボーナスだけでトレードするということはできません

ボーナス消滅の具体例

<ボーナス消滅の具体例>

口座残高(ボーナスを除いた自己資金)が500ドル、ボーナスが1,000ドルあった場合に300ドル損切りをしたらどうなるか。

損切り前

口座残高500ドル÷ボーナス1,000ドル=0.5(50%)
口座残高がボーナスの30%を超えているため、ボーナスは消滅していません。

損切り後

(口座残高500ドル-損切り300ドル)÷ボーナス1000ドル=0.2(20%)
口座残高がボーナスの30%以下になっているため、ボーナス1000ドルは消滅します。

為替以外も同一口座で取引可能

日本のFX業者の取引銘柄は通貨ペアのみ20種類くらいなのが通常。

一方、海外FX業者の取引銘柄は通貨ペアで50種類以上あるのが通常なうえ、ゴールドや日経225などのCFD銘柄も同一口座で取引可能です。(CFD口座のようなものを新たに開設する必要がない)

FBSも取扱銘柄が多い業者であり、様々な銘柄をトレードすることができます。

FBSの取扱銘柄

  • FX通貨ペア:37種類
  • 貴金属CFD:4種類
  • 原油・株価指数CFD:5種類
  • 株式CFD:33種類
FBSで取引できる全銘柄

FX通貨ペア:37種類

  1. AUDCAD
  2. AUDCHF
  3. AUDJPY
  4. AUDNZD
  5. AUDUSD
  6. CADCHF
  7. CADJPY
  8. CHFJPY
  9. EURAUD
  10. EURCAD
  11. EURCHF
  12. EURGBP
  13. EURJPY
  14. EURNZD
  15. EURUSD
  16. GBPAUD
  17. GBPCAD
  18. GBPCHF
  19. GBPJPY
  20. GBPNZD
  21. GBPUSD
  22. NZDCAD
  23. NZDCHF
  24. NZDJPY
  25. NZDUSD
  26. USDCAD
  27. USDCHF
  28. USDJPY
  29. CNHJPY
  30. EURCNH
  31. EURTRY
  32. USDBRL
  33. USDCNH
  34. USDMXN
  35. USDRUB
  36. USDTRY
  37. USDZAR

貴金属CFD:4種類

  1. Palladium(パラジウム)
  2. Platinum(プラチナ)
  3. XAGUSD(シルバー/ドル)
  4. XAUUSD(ゴールド/ドル)

原油・株価指数CFD:5種類

  1. BRN(ブレント原油)
  2. WTI(WTI原油)
  3. DAX30(ドイツの株価指数)

株式CFD:33種類

  1. AIG
  2. ALCOA
  3. ALIBABA
  4. AMAZON
  5. APPLE
  6. AT&T
  7. BAC
  8. CISCO
  9. CITIGROUP
  10. COCA-COLA
  11. DISNEY
  12. EBAY
  13. FACEBOOK
  14. FORD
  15. GE
  16. GM
  17. GOOGLE
  18. HP
  19. IBM
  20. INTEL
  21. JPM
  22. MASTERCARD
  23. MCDONALDS
  24. MICROSOFT
  25. NETFLIX
  26. NIKE
  27. NVIDIA
  28. ORACLE
  29. PEPSICO
  30. PFIZER
  31. TESLA
  32. VISA
  33. WALMART

取引ソフトはMT5も選択可能

FBSでは、セント口座とスタンダード口座でMT5が選択可能。

MT5はMT4の進化バージョン。

基本的な動作はMT4よりMT5の方が優れているため、特殊なインジケーターやEAを利用しない場合はMT5がオススメ。

なお、MT4とMT5に互換性はないので、MT4のインジケーターはMT5では使えず、逆もまた然り。

また、PCダウンロード型のMT4・MT5だけでなく、Webブラウザ版のMT4・MT5、スマホアプリ版のMT4・MT5が用意されています。

MT4とMT5の比較表

MT4/MT5MT4MT5
動作スピード普通サクサク
分足・時間足9種類21種類
気配値情報少ない多い
EAの種類とても多いMT4より少ない
カスタムインディケーターの種類とても多いMT4より少ない
アップデート回数ほぼない多め
対応海外FX業者ほぼ全ての業者一部の大手業者のみ
MT4とMT5で使える時間足比較

MT4で表示できる足

M1(1分足)、M5(5分足)、M15(15分足)、M30(30分足)、H1(1時間足)、H4(4時間足)、D1(日足)、W1(週足)、MN(月足)

MT5で表示できる足

M1(1分足)、M2(2分足)M3(3分足)M4(4分足)、M5(5分足)、M6(6分足)M10(10分足)M12(12分足)、M15(15分足)、M20(20分足)、M30(30分足)、H1(1時間足)、H2(2時間足)H3(3時間足)、H4(4時間足)、H6(6時間足)H8(8時間足)H12(12時間足)、D1(日足)、W1(週足)、MN(月足)

※赤字がMT4にはないもの

無料のVPSサービスあり

裁量トレーダーの方にはあまり関係ありませんが、FBSでは無料でVPSが利用可能です。

FBSで無料VPSを利用するための条件は以下のとおりです。

初月

450ドル(5万円弱)の入金をおこなうこと

2か月目以降

前月に3ロット(30万通貨)以上の取引があること

VPSとは

VPSとは、とあるサーバーにある仮想のPCのこと。

VPS上で自動売買のシステムを回すことによって、自宅のパソコンは電源を切ろうが、停電で落ちようが自動売買には影響がなくなります。

基本的にEAなどで稼ぐシステムトレーダーに利用価値があるもので、裁量トレーダーは必要ありません。

なお、海外FX業者の無料VPSはスペックが低い場合が多いので、本格的にシステムトレードをやる場合には、お名前 .com使えるネットのFX専用VPSを利用した方がよいと思います。

日本語サポートあり(弱め)

FBSは海外にある業者ですが、日本語サポートがあるので英語は不要

困ったことがあれば、メールかチャットですぐに質問できます。

ただし、他の海外FX業者に比べると多少弱め。(※公式HPもあまり自然ではない日本語)

少し前まで円口座がなかったことも含め、徐々に日本人向けのサービスも充実させようとしてきているという印象です。

FBSの口座開設について

FBSの口座開設は、氏名・住所などローマ字入力する必要がありますが、10分もかからずに完了します。

※住所の英語化などはこちらが便利。