経済指標って何? 初心者が抑えるべき経済指標の基礎知識

通貨というのは国が発行しています。

ということは、国の景気や政策などが通貨の動きに影響してくるわけです。

今後の国の動向をうらなう上で、様々な統計結果が国から発表されてます。

それが経済指標と呼ばれるものですが、なにに気をつければよいのでしょう。

そもそも経済指標とは

経済指標とは、各国における政府や経済関連の中央省庁(日本なら財務省とか)、中央銀行(日本なら日本銀行)が発表している「経済に関連する統計」のことを言います。

簡単に言うと、「現在の国の経済の状況はこんな感じです」ということを国が発表することを指します。

経済指標は、国の今後の経済動向を見ていくうえで最も重要視されているものの一つです。

為替市場は、各国の景気や経済状況などに敏感に反応するため経済指標の発表というのは、相場が動くきっかけとなることが多々あります。

テクニカル分析派にも関係あるのか

トレードする人の派閥として、「ファンダメンタルズ分析派」、「テクニカル分析派」とに分類されることがあります。

・ファンダメンタルズ分析派

「経済動向などを分析予測してトレードする人たち」

・テクニカル分析派

「チャートなどで値段の値動きを分析してトレードする人たち」

ファンダメンタルズ分析派にとっては、経済指標が大切な分析対象になることは言うまでもありません。

では、テクニカル分析派には経済指標の情報は不要なのか?

答えは、否です。

経済指標発表の時間前後は、テクニカルを無視した値動きをすることがあることが多々あります。

そのため、特に重要とされている経済指標の日時を把握することは、リスク管理の観点からもとても重要になります。

経済指標の何に注目すべきか

経済指標の発表で注目すべきは、数値の増減よりも「市場予想と結果の差」になります。

為替は、予想と違う結果になった時に相場は大きく動きます。

市場予想がプラスだったのに結果がマイナスだったり、プラスが極端に大きかったりした場合、相場が大きく動くことになります。

また、指標の結果が前月よりも悪化した場合でも、市場予想よりもマイナス幅が小さかったら上昇するということもありうることになります。

まとめると、前月比での改善・悪化よりも市場予測と比較してどうだったの方がトレードする上では重要ということです。

経済指標の発表時、ポジションはどうするか

重要指標の場合

重要な経済指標の前には、ポジションをもたないことをおすすめします。

重要な経済指標とは、アメリカの雇用統計やFOMCなど発表時に相場が荒れることが通例化している指標を指します。(最近は全然動きませんが・・)

トレードを続けていくうえで一番大事なのことは、一発で口座を吹っ飛ばすリスクを避けることです。

重要な経済指標の発表時というのは値動きが激しいので、うまくいけば一瞬で大儲けすることもあるでしょうが、逆もあるわけです。

重要な経済指標の発表時にポジションをもって博打をしなくても、指標発表後の動きに乗るだけでも利益は十分に狙えます。

ですので、重要な経済指標の発表前に持っているポジションは決済しておくことを推奨します。

その他の指標の場合

指標の発表時間くらいは把握しておくべきです。

安全なのは、重要指標と同様にポジションを事前に決済してくことになりますが、そこまで気にせずトレードしても大丈夫かと思います。

見るべき経済指標は

どの経済指標を注意しておけばいいのか。

保有ポジションにもよりますが、以下のように判断しましょう。

1、自分が保有している通貨に関わる経済指標

ユーロ円のポジションをもっているなら、ユーロ圏の指標と日本の指標は気にするといった具合です。

2、アメリカの経済指標

ドルは基軸通貨で、アメリカは世界経済の中心です。

ドルを保有していなかったとしても、アメリカの経済指標の結果は、どの国の通貨にも大きく影響を与えるので注意しておくべきです。

→ トレードする際に注意!重要なアメリカの経済指標まとめ

指標の発表時間は把握しておきましょう

FX初心者用の経済指標の説明でした。

重要な経済指標の発表時間は最低限把握しましょう。

指標の発表時間の把握し忘れによる損失は避けましょう。

関連記事

逆張りナンピン手法はオススメしない理由

株価指数や商品をトレード。CFD取引とFX取引との違い

ほとんどの人がFXで勝てないのはなぜか

FX初心者が知っておくべきFXの基礎用語

きちんと理解できている?通貨ペアの読み方と為替レートの意味

FXトレードにおける資金管理の方法を語る