海外FXの特徴

ECN口座の特徴!外付け取引手数料を理解する

初心者
初心者
ECN口座ってなにがいいの?
ボナパル
ボナパル
取引コストがスタンダード口座より安くなることが多いです。ここではECN口座についてまとめていきます。

この記事でわかること

・ECN口座の特徴

・主要な海外FX業者の取引コスト比較

ECN口座の特徴

<ECN口座の特徴>

・スプレッドが狭い

・外付けの手数料がかかる

ECN口座とは、顧客から受けた注文をそのままインターバンクへ流す方式をとっている口座のことです。

ECN口座の最大の特徴は、スプレッドとは別に外付けの手数料がかかることです。

別途手数料がかかる理由は、インターバンクにそのまま注文を流すため、FX業者が自社の手数料をスプレッドに乗せれないためです。

ECN口座は外付けの手数料がかかりますが、スタンダード口座(STP)よりもスプレッドが狭いという特徴があります。

そのため、外付けの手数料を足してもスタンダードな口座(STP)よりもトータルコストは安くなる場合が多いです。

DD、NDD、ECN、STP?FX会社の約定方式ついて解説する
FXにおける約定方式の違い!DD方式とNDD方式を比較する この記事でわかること DD方式とNDD方式の特徴と比較 約定方式とはなにか <FXにおける...

ECN口座の外付け取引手数料

ECN口座の取引手数料は、「10万通貨につき片道5ドル」などという記載がなされていることがほとんどで、直感的にわかりにくいものとなっています。

これをわかりやすく考えるには「ドル」から「pips」に換算してしまうことです。

わかりやすくするため、1ドル=100円と仮定します。(正確に計算することよりも暗算でだいたいを計算できた方がよいです。)

具体例 

10万通貨につき1ドルの取引手数料の場合

1ドル/10万通貨 
→ 100円/10万通貨 
→ 10万通貨につき0.1pips

※10万通貨でドル円を取引した場合の1pipsの変動額は1,000円。そのため、100円は0.1pips分の変動額にあたります。

という風に考え、「10万通貨の取引をした場合0.1pips」分の手数料がだいたいかかると考えます。

正確に算出したい場合、現在のレートやトレードする通貨ペアによって変わってきますが、だいたいのコストを把握したい場合は上記のような考え方でOKです。

ボナパル
ボナパル
この外付け取引手数料は、儲かって確定申告する場合に経費とすることができるのもメリットです。

主要海外FX業者のECN口座:取引コスト比較

<XMの外付け手数料>

往復で10万通貨につき10ドル

<TitanFXの外付け手数料>

往復で10万通貨につき7ドル

<AXIORYの外付け手数料>

往復で10万通貨につき6ドル

オススメどころの海外FX業者のECN口座についてまとめていきます。

なお、外付け手数料だけで業者を比較しても意味はありません。

”外付け手数料+スプレッド”のトータルコストで比較することが大事です。

XMの「XMZero口座」の取引コスト

XMZero口座

<XMZero口座の外付け手数料>

往復で10万通貨につき10ドル

XMのECN口座にあたるのは「XMZero口座」です。

XMZero口座では「片道10万通貨につき5ドル」の手数料が規定されています。

つまり、発注と決済の「往復で10万通貨につき10ドル」の手数料がかかるということになります。

前述の考え方でpips換算していきます。

10ドル/10万通貨
→ 1,000円/10万通貨 
→ 10万通貨につき1pips

XM Zero口座では「10万通貨につき大体1pips」の手数料がとられると考えられます。

主要通貨で取引コストを比較した場合、スタンダード口座とXMZero口座では以下のようになります。

<XMの口座タイプごとの取引コスト比較>

スタンダード口座XMZero口座
通貨ペア平均スプレッド平均スプレッド+手数料
ドル円1.8pips1.1pips (0.1pips)
ユーロ円2.6pips1.6pips (0.6pips)
ポンド円3.8pips1.9pips (0.9pips)
ユーロドル1.7pips1.1pips (0.1pips)
ポンドドル2.3pips1.3pips (0.3pips)

※XM Zero口座内の()内は手数料を入れない場合のスプレッドになります。

上記の表のとおり、XMZero口座の方が、スタンダード口座よりもトータルの取引コストがかからないことがわかります。

ただし、XMZero口座だとボーナスはもらえないに注意です。

ボナパル
ボナパル
XMはボーナスが充実している海外FX業者なので、ボーナスがつくスタンダード口座の方が個人的にはオススメです。
【最大手で総合力NO.1!】XM(エックスエム)の特徴・評価
XM(エックスエム)の評判!最大手で総合力NO.1の海外FX業者 この記事でわかること XMという海外FX業者の特徴と評価 結論:XMはかなり優良な海外FX業者(90...

TitanFXの「ブレード口座」の取引コスト

TitanFXのブレード口座

<ブレード口座の外付け手数料>

往復で10万通貨につき7ドル

TitanFXのECN口座にあたるのは「ブレード口座」です。

ブレード口座では「片道10万通貨につき3.5ドル」の手数料が規定されています。

つまり、発注と決済の「往復で10万通貨につき7ドル」の手数料がかかるということになります。

前述の考え方でpips換算していきます。

7ドル/10万通貨 
→ 700円/10万通貨 
→ 10万通貨につき0.7pips

ブレード口座では「10万通貨につき大体0.7pips」の手数料がとられると考えられます。

主要通貨で取引コストを比較した場合、スタンダード口座とブレード口座では以下のようになります。

<TitanFXの口座タイプごとの取引コスト比較>

スタンダード口座ブレード口座
通貨ペア平均スプレッド平均スプレッド+手数料
ドル円1.3pips1.0pips (0.3pips)
ユーロ円1.7pips1.4pips (0.7pips)
ポンド円2.5pips2.1pips (1.4pips)
ユーロドル1.2pips0.9pips (0.2pips)
ポンドドル1.6pips1.3pips (0.6pips)

※ブレード口座内の()内は手数料を入れない場合のスプレッドになります。

上記の表のとおり、ブレード口座の方が、スタンダード口座よりもトータルの取引コストがかからないことがわかります。

ただし、TitanFXはスプレッドの狭さを売りにしている海外FX業者のため、ブレード口座とスタンダード口座との差がそこまでありません。

【極狭スプレッドで低コスト!】TitanFXの評判・評価、強みも弱みもすべて解説!
TitanFX(タイタンエフエックス)の評判!極狭スプレッドで低コストな海外FX業者 この記事でわかること TitanFXという海外FX業者の特徴と評価 結論:TitanFXは優良な海外...

AXIORYの「ナノスプレッド口座」の取引コスト

AXIORYのナノスプレッド口座

<ナノスプレッド口座の外付け手数料>

往復で10万通貨につき6ドル

AXIORYのECN口座にあたるのは「ナノスプレッド口座」です。

ナノスプレッド口座では「片道10万通貨につき3ドル」の手数料が規定されています。

つまり、発注と決済の「往復で10万通貨につき6ドル」の手数料がかかるということになります。

前述の考え方でpips換算していきます。

6ドル/10万通貨 
→ 600円/10万通貨 
→ 10万通貨につき0.6pips

ナノスプレッド口座では「10万通貨につき大体0.6pips」の手数料がとられると考えられます。

主要通貨で取引コストを比較した場合、スタンダード口座とナノスプレッド口座では以下のようになります。

<AXIORYの口座タイプごとの取引コスト比較>

スタンダード口座ナノスプレッド口座
通貨ペア平均スプレッド平均スプレッド+手数料
ドル円1.5pips1.0pips (0.4pips)
ユーロ円1.7pips1.3pips (0.7pips)
ポンド円2.7pips2.3pips (1.7pips)
ユーロドル1.3pips1.0pips (0.4pips)
ポンドドル1.9pips1.5pips (0.9pips)

※ナノスプレッド口座内の()内は手数料を入れない場合のスプレッドになります。

上記の表のとおり、ナノスプレッド口座の方が、スタンダード口座よりもトータルの取引コストがかからないことがわかります。

ただし、TitanFXと同様にスタンダード口座とナノスプレッド口座の取引コストにそこまで差がありません。

AXIORY(アキシオリー)の評判!スプレッドの狭さが売りの海外FX業者
AXIORY(アキシオリー)の評判!スプレッドの狭さが売りの海外FX業者 この記事でわかること AXIORYという海外FX業者の特徴と評価 結論:AXIORYは優良な海外FX...

ECN口座の外付け取引手数料を理解するのまとめ

<ECN口座の特徴>

・スプレッドが狭い

・外付けの手数料がかかる

取引コストが安く済むというのがECN口座を利用するメリット。

外付けの手数料は、ドルをpipsに大まかに換算してしまうとわかりやすくなります。

10万通貨でドル円を取引した場合の1pipsの変動額は1,000円です。

それを基準に外付け手数料が何pipsにあたるのかを考えましょう。

また、外付け手数料だけで業者を比較しても意味はありません。

”外付け手数料+スプレッド”のトータルコストで比較することを忘れずに。