ECN口座の取引コストは?ECN口座の取引手数料は「pips」換算すると理解しやすい

基本的にFXでの取引コストというのはスプレッドになります。

例外なのが、ECN口座。

インターバンクに直接注文を流す方式の口座です。

ECN口座はスプレッドとは別に手数料がかかります。

その手数料の把握の仕方についての解説です。

ECN口座とは

ECN口座とは、顧客から受けた注文をそのままインターバンクへ流す方式をとっている口座です。

ECN口座はスプレッドがスタンダードな口座(STP)よりも狭いというメリットがある一方で、スプレッドとは別に手数料がかかります。

別途手数料がかかる理由は、インターバンクにそのまま注文を流すため、FX業者が自社の手数料をスプレッドに乗せれないためです。

ただ、外付けの手数料を足してもスタンダードな口座(STP)のスプレッドによる手数料よりもトータルコストは安くなる場合が多いです。

→ DD、NDD?FX会社の約定方式ついて解説する

ECN口座の外付け取引手数料

ECN口座の取引手数料は、「10万通貨につき5ドル」などという記載がなされていることがほとんどで、直感的にわかりにくいものとなっています。

これをわかりやすくするには「ドル」から「pips」に換算してしまうことです。

わかりやすくするため、1ドル=100円と仮定します。

例 10万通貨につき1ドルの取引手数料の場合

1ドル/10万通貨 → 100円/10万通貨 → 10万通貨につき0.1pips

※10万通貨でドル円を取引した場合、0.1pipsで100円の変動幅です。

という風に考え、「10万通貨の取引をした場合0.1pips」分の手数料がかかるとみなします。

正確に算出したい場合、現在のレートやトレードする通貨ペアによって変わってきますが、だいたいのコストを把握したい場合は上記のような考え方でOKです。

以下、オススメどころの海外FX業者のECN口座について説明していきます。

XMの場合(XM Zero口座)

→ 【評判・特徴】総合力NO.1!XMを選んでおけば問題なし!

XMのECN口座にあたるのは「XM Zero口座」です。

→ 「XM Zero口座」はつかえるのか?特徴などをまとめてみた

XM Zero口座では「片道10万通貨につき5ドル」の手数料がかかります。

つまり、発注と決済の「往復で10万通貨につき10ドル」の手数料がかかるということになります。

前述の考え方でpips換算していきます。

10ドル/10万通貨 → 1,000円/10万通貨 → 10万通貨につき1pips

XM Zero口座では「10万通貨につき大体1pips」の手数料がとられると考えられます。

主要通貨で取引コストを比較した場合、スタンダード口座とXM Zero口座では以下のようになります。

スタンダード口座XM Zero口座
通貨ペア平均スプレッド平均スプレッド+手数料
ドル円1.8pips1.1pips (0.1pips)
ユーロ円2.6pips1.6pips (0.6pips)
ポンド円3.8pips1.9pips (0.9pips)
ユーロドル1.7pips1.1pips (0.1pips)
ポンドドル2.3pips1.3pips (0.3pips)

※XM Zero口座内の()内は手数料を入れない場合のスプレッドになります。

上記の表のとおり、XM Zero口座の方が、スタンダード口座よりもトータルの取引コストがかからないことがわかります。

ただし、XMに限ってはスタンダード口座でトレードするとボーナスがつくため、どちらの口座を選択するかは好みによります。

→ どの口座を選ぶべき?XMの3つの口座タイプを解説する

TitanFXの場合(ブレード口座)

→ 【評判・特徴】極狭スプレッド!TitanFXのメリット、デメリット

TitanFXのECN口座にあたるのは「ブレード口座」です。

ブレード口座では「片道10万通貨につき3.5ドル」の手数料がかかります。

つまり、発注と決済の「往復で10万通貨につき7ドル」の手数料がかかるということになります。

前述の考え方でpips換算していきます。

7ドル/10万通貨 → 700円/10万通貨 → 10万通貨につき0.7pips

ブレード口座では「10万通貨につき大体0.7pips」の手数料がとられると考えられます。

主要通貨で取引コストを比較した場合、スタンダード口座とブレード口座では以下のようになります。

スタンダード口座ブレード口座
通貨ペア平均スプレッド平均スプレッド+手数料
ドル円1.3pips1.0pips (0.3pips)
ユーロ円1.7pips1.4pips (0.7pips)
ポンド円2.5pips2.1pips (1.4pips)
ユーロドル1.2pips0.9pips (0.2pips)
ポンドドル1.6pips1.3pips (0.6pips)

※ブレード口座内の()内は手数料を入れない場合のスプレッドになります。

上記の表のとおり、ブレード口座の方が、スタンダード口座よりもトータルの取引コストがかからないことがわかります。

ただし、TitanFXはスプレッドの狭さを売りにしている海外FX業者のため、ブレード口座とスタンダード口座との差がそこまでありません。

そのため、キャッシュバックサイト経由で口座開設した場合、主要な通貨をトレードする限り、スタンダード口座の方が取引コストは抑えられます。

AXIORYの場合(ナノスプレッド口座)

→ 【評判・特徴】運営の透明性が高い!AXIORYのメリット・デメリット

AXIORYのECN口座にあたるのは「ナノスプレッド口座」です。

ナノスプレッド口座では「片道10万通貨につき3ドル」の手数料がかかります。

つまり、発注と決済の「往復で10万通貨につき6ドル」の手数料がかかるということになります。

前述の考え方でpips換算していきます。

6ドル/10万通貨 → 600円/10万通貨 → 10万通貨につき0.6pips

ナノスプレッド口座では「10万通貨につき大体0.6pips」の手数料がとられると考えられます。

主要通貨で取引コストを比較した場合、スタンダード口座とナノスプレッド口座では以下のようになります。

スタンダード口座ナノスプレッド口座
通貨ペア平均スプレッド平均スプレッド+手数料
ドル円1.5pips1.0pips (0.4pips)
ユーロ円1.7pips1.3pips (0.7pips)
ポンド円2.7pips2.3pips (1.7pips)
ユーロドル1.3pips1.0pips (0.4pips)
ポンドドル1.9pips1.5pips (0.9pips)

※ナノスプレッド口座内の()内は手数料を入れない場合のスプレッドになります。

上記の表のとおり、ナノスプレッド口座の方が、スタンダード口座よりもトータルの取引コストがかからないことがわかります。

ただし、TitanFXと同様にスタンダード口座とナノスプレッド口座の取引コストにそこまで差がありません。

そのため、キャッシュバックサイト経由で口座開設した場合、主要な通貨をトレードする限り、スタンダード口座の方が取引コストは抑えられます。

FxProの場合(cTrader口座)

→ 【評判・特徴】安全性抜群!FxProのメリット・デメリット

FxProのECN口座にあたるのは「cTrader口座」です。

cTrader口座では「片道10万通貨につき4.5ドル」の手数料がかかります。

つまり、発注と決済の「往復で10万通貨につき9ドル」の手数料がかかるということになります。

前述の考え方でpips換算していきます。

9ドル/10万通貨 → 900円/10万通貨 → 10万通貨につき0.9pips

cTrader口座では「10万通貨につき大体0.9pips」の手数料がとられると考えられます。

主要通貨で取引コストを比較した場合、MT4口座(STP)とcTrader口座では以下のようになります。

MT4口座cTrader口座
通貨ペア平均スプレッド平均スプレッド+手数料
ドル円1.4pips1.4pips (0.5pips)
ユーロ円1.9pips1.8pips (0.9pips)
ポンド円3.0pips2.8pips (1.9pips)
ユーロドル1.4pips1.2pips (0.3pips)
ポンドドル1.8pips1.6pips (0.7pips)

※cTrader口座内の()内は手数料を入れない場合のスプレッドになります。

上記の表のとおり、cTrader口座の方が、MT4口座よりもトータルの取引コストがかからないことがわかります。

ただし、MT4口座とcTrader口座の取引コストにそこまで差がなく、トレードソフト自体も変わってしまうため、どちらを選択するかは好みの要素が強くなります。

本日のまとめ

・ECN口座の取引手数料は「pips」換算して大体のコストを把握するとよい。

・取引手数料が別途かかっても、ECN口座の方が取引コストは少なく済む。

関連記事

海外FXと言えばハイレバ!ハイレバレッジ取引の魅力について語る

DD、NDD?FX会社の約定方式ついて解説する

海外FX業者を利用することは違法になるのか?

最強の顧客保護!追証なしの「ゼロカットシステム」について説明する

悪質な海外FX業者に騙される前に。金融ライセンスを知れ!

分別管理と信託保全の違い。海外FX業者の安全性