その他

外貨預金、外貨建てMMF、FXの違いを解説

「外貨預金」、「外貨建てMMF」、「FX」の違いを解説する
この記事でわかること

  • 外貨預金・外貨建てMMF・FXの違い

FXと同じ外貨投資である外貨預金・外貨建てMMF。ここではそれらとFXの違いについてまとめていきます。

エヌ
エヌ
FXよりも安全な外貨運用を検討するなら、外貨預金よりは外貨建てMMFの方が利用価値があると個人的には思います。

外貨預金、外貨建てMMF、FXの違い

外貨預金
→ 円を他の外貨に交換して保有(利息目的)

外貨建てMMF
→ 安全性がかなり高い投資信託を外貨で購入して保有(分配金目的)

FX
→ レバレッジを利かせた証拠金取引(売買差益目的)

外貨投資であるFX。

似たような外貨投資には外貨預金、外貨建てMMFがあります。

それぞれのメリット・デメリットについてまとめていきます。

外貨預金のメリット・デメリット

  • 円よりも高金利の通貨で預金することで、円預金よりも高い利息がもらえる
  • 為替レートの変動で、円に戻したときに儲かる場合がある
  • 海外旅行などの際に、外貨のまま引き出して使うことができる
  • 円を他の外貨に交換する際の手数料が高い(スプレッドが広い)
  • 為替レートの変動で、円に戻したときに損をする場合がある
  • 預金保険の対象外なので、銀行が倒産したら保護されない

外貨預金は、円を外国の通貨に交換して保有することです。

私たちが銀行預金といえば、普通何も考えなくても単位は円です。

銀行預金のドルやユーロ版などが外貨預金です。

外貨預金のメリットは、円で預金しておくよりも利息がたくさんもらえることです。

日本の政策金利は他の国と比べて低いため、外貨預金をした方が多くの利息がもらえる場合が多いです。

一方、デメリットとしては為替変動によって利息よりも大きな損をする可能性があります。

また、手数料が高いことが一般的です。

FXで言うところのスプレッド(売値と買値の差)が大きいのです。

そのため、外貨預金で短期での売買などは向きません。

あくまで使っていないお金を利息目的でやるものが外貨預金と言えます。

<住信SBI銀行の外貨預金の利率(参考)>

住信SBI銀行の円普通預金と外貨預金の利率

外貨預金利率

引用元:https://www.netbk.co.jp/contents/

外貨建てMMFのメリット・デメリット

  • 外貨預金よりも高利回り
  • 毎月月末に分配金がもらえて、元本に再投資される
  • 少額から購入可能で、いつでも解約できる。また積立なども可能
  • 元本割れの可能性がある
  • 外貨建てなので為替レートの変動により損失が出る可能性がある

外貨建てMMFは、安全性の高い外貨建ての国債や社債をパッケージにした投資信託を外貨を用いて購入するものです。

MMFとは、マネーマネジメントファンドMoney Management Fund)の略で、極めて安全性の高い債券を中心にした投資信託のことです。

それを円ではなく「外貨で買う」のが外貨建てMMFになります。

外貨建てMMFで運用したい場合、円を外国の通貨に交換したうえで、外貨建てMMFを購入するというような流れになります。

外貨建てのメリットとしては、外貨預金よりも利回りがいいということです。

円預金と比べると外貨預金も魅力的な利率でしたが、それを上回る利率です。

一方、デメリットとしては、外貨建てなので円に戻す際に為替変動の影響を受けて損をする可能性があることです。これは外貨預金と同様です。

また、元本保証もないため外貨ベースで見ても(円に戻さなくても)損失を出す可能性があります。

格付けの高い短期証券で運用されているので滅多に元本割れはしませんが、可能性は0ではありません。

まとめると、元本割れが滅多にない比較的安全な投資信託を外貨で買うのが外貨建てMMFということになります。

<SBI証券の外貨建てMMFの利率(参考)>

SBI証券の外貨建てMMFの利率

外貨建てMMF

引用元:https://www.sbisec.co.jp/

FXのメリット・デメリット

  • レバレッジによって少ない資金で大きな利益を狙っていける
  • 資金をすべて失う可能性がある

外貨預金や外貨建てMMFよりも外貨での積極的な運用方法がFXになります。

FXはレバレッジを利かせた証拠金取引です。

つまり、外貨預金や外貨建てMMFは、基本的に利息目的で行うものですが、FXはリスクをとってリターンを狙うものになります。

そのため、外貨預金や外貨建てMMFよりもリスクもリターンも大きくなるのが特徴です。

レバレッジという特性上、FXの場合は利率に注目してトレードするのはあまりオススメしません。

FXでスワップ(利息)目的でトルコリラなどを買っていた人たちもいますが、FXでスワップ(利息)が高いものは基本下落基調なので大損した人がたくさんいます。

売買技術を磨いて、値動きから利益を狙っていくのがFXの正しいやり方だと思います。

参考:トルコリラ暴落!スワップ狙いのトレードの可否を考える

外貨預金、外貨建てMMF、FXの違いのまとめ

外貨預金
→ 円を他の外貨に交換して保有(利息目的)

外貨建てMMF
→ 安全性がかなり高い投資信託を外貨で購入して保有(分配金目的)

FX
→ レバレッジを利かせた証拠金取引(売買差益目的)

FXと同じ外貨を対象とした金融商品である外貨預金、外貨建てMMF。

外貨預金、外貨建てMMFは、円預金よりもたくさん利息をもらいたい人がやるものです。

FXは、そもそも利息目的でやるものではないので、外貨預金、外貨建てMMFとは毛色が違います。

外貨預金、外貨建てMMFと比べるとリスクはあるが、売買技術が身につけば大きなリターンが見込めるのがFXと言えます。