海外FXの入金は面倒?海外FX業者への入金方法まとめ

海外FX業者への入金と聞くと、国内FX業者に比べて時間もお金もかかりそうなイメージを持っている方もいるかと思います。

ですが、実際には様々な入金方法があり、口座に即時反映できるような方法もあります。

結論から言うと、入金に関しての手間は、国内FX業者とそこまで変わらないというのが実態になります。

入出金の基本ルール

入出金に関しては、全ての海外FX業者共通でマネーロンダリング対策のために以下のルールがあります。

1、「入金元」、「口座」、「出金先」は全て同一名義人であること。

2、原則として「入金元」と「出金先」は「同一経路」であること。

1は当然の話で、入出金に関わる口座の全てが自己名義である必要があるということです。

自己名義の銀行口座から入金後に、自分の奥さんの銀行口座に出金とかはできないということです。

2の「同一経路」というのは、例えばクレジットカードで入金したならクレジットカードでの出金が大前提ですよということです。

入金額を超える利益分の出金は、海外FX業者によって自由に選べる場合と海外銀行送金のみとなる場合に分けられます。

なお、ビットコインの場合は本人確認というものは存在しないので例外的になります。

海外FXでの入金方法は主に4通り

入金方法の種類は、どの海外FX業者もおおむね下記の4通りになります。

・クレジットカード入金

・国内銀行送金

・海外銀行送金

・ビットコイン入金

以下、各々について解説していきます。

クレジットカード入金

海外FX業者への入金方法として最もメジャーな入金方法なのがクレジットカード入金です。

クレジットカード入金の仕組みは、「キャッシング枠」ではなく「ショッピング枠」を利用し口座に入金するというかたちになります。

クレジットカード会社での処理も、クレジットカードで買い物をした場合と同じ処理です。

例えば、クレジットカードで5万円を入金すると、5万円分の買い物をしたことと同じで、カードの引き落とし日に5万円が引き落とされるといったかたちです。

海外FX会社が入金手数料を負担し、口座への反映もリアルタイムに行われる場合がほとんどです。

海外FX業者によりますが、VISAとMasterCardには対応しているところが多く、JCBとAMEXは対応していないところが多いです。

対応するクレジットカードを持っていない場合には、海外FX用に年会費無料のカードを作るのがオススメです。

なお、クレジットカードを作る場合、ポイントサイトを利用してキャッシュバックを受けるのがお得です。

→ FXをするための元手がない?ノーリスクで軍資金を稼ぐ方法

また、クレジットカードの不正利用などセキュリティに関して不安を覚える方がいるかもしれませんが過度な心配は不要です。

世界各国で金融業を行っている海外FX業者では、個人情報の取り扱いはとても厳格に行われており、今まで海外FX業者から顧客の個人情報が漏れた事例は聞いたことがありません。

国内銀行送金

海外FX業者は日本国内に銀行口座を持てないため、第三者の決済代行会社を利用して国内銀行送金での入金を可能にしています。

これにより、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行経由での入金が可能となっており、国内FX業者を利用する場合と同様にATMやネットバンクから入金でるようになりました。

これは普通に国内での銀行振込と同じ手続きで、手数料なども基本的には同様になります。

クレジットカードほどではありませんが、こちらも入金スピードは早く、どれだけ遅くても24時間以内に口座に反映されます。

クレジットカードを持っていない、クレジットカードの登録などが嫌な方などにはオススメな方法になります。

多くの日本人に馴染みのある入金方法ですが、全ての海外FX業者で可能なわけではないので注意が必要です。

海外銀行送金

国内の銀行から海外の銀行に海外送金して入金する方法です。

他の入金方法に比べてメリットがあまりないため、わざわざ海外銀行送金を選ぶ必要はありません。

まず、銀行での手続きが煩雑です。海外送金用の書類作成自体も面倒ですが、銀行によっては窓口までいかなければならない場合もあります。

また、口座への反映に時間がかかります。早くて3営業日、遅いと1週間近くかかることもあります。

クレジットカードの限度額よりも大きい額の入金をしたい場合には向いていると言えますが、基本的にはあまりメリットのない入金方法となります。

ビットコイン入金

徐々に脚光を浴び始めているのがビットコイン入金です。

ビットコインウォレットという、ビットコイン用の口座をつくればビットコインでの入金ができる海外FX業者が増えつつあります。

入金手数料はFX業者側は無料な場合が多く、入金から口座への反映までの時間も早いです。

デメリットとしては、「ビットコインをあらかじめ購入している必要がある」ことと、「ビットコイン自体の価値の変動が大きい」ことになります。

今後メインの入出金方法になっていく可能性もあると言えますが、仮想通貨の盛り上がりも下火で今後どうなっていくかは何とも言えません。

入金方法の簡易比較表

入金方法口座反映手数料
クレジットカード◎(とても早い)◎(無料)
国内銀行送金○(早い)○(108円~540円)
海外銀行送金△(遅い)△(3,000円くらい)
ビットコイン◎(とても早い)○(ブローカー側無料)

オススメの入金方法は

2017年現在、手数料無料で口座に即時反映されるクレジットカード入金が最もオススメで、次いで国内銀行送金になるかと思います。

海外送金、ビットコイン入金はとりあえず使わなくていいのではないかと個人的には思います。

クレジットカードを持っていない・抵抗があるといった方は、国内銀行送金に対応している海外FX業者で口座を開設するようにしましょう。

また、出金にメリットのあるmybitwalletという業者を挟む方法もあります。

→ mybitwalletとは?海外FXで利用するメリットはあるのか

ただ、mybitwalletは入金に関してはそこまでメリットがないのでクレジットカードか国内銀行送金での入金をオススメします。

関連記事

ビットコインで入出金。そもそもビットコインとは

パターン別に解説。海外FX業者からの出金方法まとめ

bitwalletとは?海外FXで利用するメリットはあるのか

海外FXの出金拒否!きちんと出金できることがなにより大事