国内FX

なぜFXで借金を負うのか?借金を負わないためにできること

なぜFXで借金を負うのか?借金を負わないためにできること
この記事でわかること

  • FXで借金を負う状況
  • FXで借金を負わないためにできること

FX取引は条件次第で借金を負う可能性があります。ここでは、FXで借金を負う状況、その回避方法をまとめていきます。

エヌ
エヌ
追証(おいしょう)のあるFX業者を利用していると、万が一の場合に借金を負う可能性があります。

FXをやって借金を負う状況

FXで借金を負う状況(条件)

  1. ゼロカットを採用していないFX業者で、
  2. 口座残高がマイナスになり、
  3. 追証が発生した場合

「FXに手を出して借金を抱えてしまった。」みたいな話を1度は耳にしたことがあるかもしれません。

普通にFX取引をやっていて、借金を負うという状況は稀です。

FX取引で借金を負ってしまう状況というのは、「ゼロカットを採用していないFX業者で、口座残高がマイナスになり、追証が発生した場合」です。

以下、順番に見ていきます。

FX業者にゼロカットシステムがない

FX業者による顧客保護

全ての国内FX業者+一部の海外FX業者
→ 強制ロスカット

主要な海外FX業者
 強制ロスカット+ゼロカット

FX業者は顧客がFXで借金を負わないように顧客保護のシステムを備えています。

全ての国内FX業者と一部の海外FX業者では、強制ロスカットで顧客保護を図っています。

強制ロスカットとは、顧客のポジションの含み損が増えたらFX業者が強制的にそのポジションを損切りするというルールです。(業者ごとに強制ロスカットになる水準は異なる)

ただし、この強制ロスカットのみというのは、顧客保護のシステムとしては欠陥があります。

欠陥というのは、相場の急変などによって口座残高がマイナスになってしまった場合には、追証(おいしょう)が発生するということです。

追証(おいしょう)とは、口座残高がマイナスになった場合に、そのマイナス分を補填するために追加で入金しなければいけないというルールです。

この追証になったマイナス分がすぐに支払えないような金額になってしまった場合に、FXで借金を負うという状況になります。

一方で、主要な海外FX業者では強制ロスカットに加えて、ゼロカットシステムで顧客保護を図っています。

ゼロカットシステムとは、入金額以上の損失を顧客は負わないというルールです。

つまり、ゼロカットシステムのあるFX業者を利用すれば、追証が発生することもなく、FXで借金を負う状況には100%ならないということです。

参考:デメリットなし!海外FXのゼロカットシステムを理解する

口座残高がマイナスになってしまう状況

口座残高がマイナスになってしまう状況

強制ロスカットが想定より遠くで執行されてしまった場合

口座残高がマイナスになってしまう状況が起こるのは、強制ロスカットが想定より遠くで執行されてしまった場合です。

そのような状況が起こりうるのは、以下のような場合です。

・FX業者にシステム的なトラブルが起きた時
→ システム障害によりスプレッドが驚くほど広がり、強制ロスカットされる価格よりもはるかに遠い価格で強制ロスカットが執行された場合など

・「○○ショック」のような相場の急変時
→ あまりの暴騰、暴落のためにインターバンクが価格をすぐに提示できず、強制ロスカットされる価格よりもはるかに遠い価格が提示され、そこで強制ロスカットが執行された場合など

前者は、国内FX業者の楽天FXにおいて、USD/JPY(ドル円)で1,504pipsというスプレッドを提示した事件などがこれに当たります。

参考:過去に楽天FXがやらかしたスプレッド1,500pips拡大事件とその対応

後者の○○ショックというは、リーマンショック(2008)、東日本大震災(2011)、スイスフランショック(2015)などがあたり、それなりの頻度で起きています。

参考:スイスフランショックの原因とその被害をわかりやすく解説

これらの状況の時に、ゼロカットのないFX業者でポジションを持っていた場合には借金を負う可能性があります。

追証(おいしょう)により借金が発生

前述のとおり、ゼロカットのないFX業者で、口座残高がマイナスになってしまうと追証(おいしょう)が発生します。

繰り返しになりますが、追証(おいしょう)とは、口座残高がマイナスになった場合に、そのマイナス分を補填するために追加で入金しなければいけないというルールです。

※追証=追加証拠金の略

FX業者が「追証(おいしょう)」を求めてきた場合、基本的には顧客には支払い義務が生じます。

口座開設の際に、追証に関する規約に同意しているためです。

もし追証を支払わなければ、裁判所命令での銀行口座の凍結、資産の差し押さえなどが執行されることになります。

FXの1回のミスで借金を負って、人生が詰んでしまうという事態もありうるということです。

FXで借金を負わないためにできること

FXで借金を負う事態を回避する方法

ゼロカットが採用されている海外FX業者を使うこと

FXで借金を負うという状況を避けるためにできることは、ひとつだけです。

ゼロカットを採用しているFX業者を利用することです。

追証のあるFX業者を利用しないこととも言えます。

ゼロカットを採用している国内FX業者は、ひとつもありません。

そのため、FXで借金を負う可能性をなくしたいなら、メジャーな海外FX業者を利用すべきという結論になります。

FXで借金を負う状況と回避方法のまとめ

FXで借金を負う状況(条件)

  1. ゼロカットを採用していないFX業者で、
  2. 口座残高がマイナスになり、
  3. 追証が発生した場合

FXで借金を負う事態を回避する方法

ゼロカットが採用されている海外FX業者を使うこと

通常の相場状況でFXで借金を負うという状況は、ほぼありません。

だたし、通常ではない相場状況というはそれなりの頻度で起こります。

そのような時、ゼロカットのないFX業者を利用していると追証によって悲惨な状況になるおそれがあります。

このような事態を防ぐには、ゼロカットシステムを採用する海外FX業者を利用するしかありません。

たった一回のFXでのミスで人生が終わったとならないように、海外FX業者の利用を検討することをオススメします。

オススメの海外FX業者はここだ!
私ならここを選ぶ!オススメの海外FX業者はここだ! ボーナスのある海外FX業者とボーナスのない海外FX業者からひとつずつオススメの業者を紹介します。 海外FX業者を選ぶた...