国内FX

なぜFXで借金を負う状況になるのか?その危険な状況の回避方法

なぜFXで借金を負う状況になるのか?その危険な状況の回避方法
初心者
初心者
FXで借金を負った人がいるからFXは危険だって聞いたんだけど?
ボナパル
ボナパル
ゼロカットのないFX業者を利用していると、そういう状況もありえます。ここでは、FXで借金を負う状況、避ける方法をまとめていきます。

この記事でわかること

・なぜFXで借金を負う状況になるのか

・FXで借金を負わないためにできること

FXをやって借金を負ってしまう状況

「FXに手を出して借金を抱えてしまった。」みたいな話を1度は耳にしたことがあるかもしれません。

FXを普通にやっていて、借金を負うという事態になる場合は稀です。

FXで借金を負うという状態になるのは、以下の状況の時です。

1、「ゼロカットを採用していないFX業者で」

2、「口座残高がマイナスになり」

3、「追証が発生した場合」

順番に見ていきます。

1、FXで借金を負うのはゼロカットがない場合

国内外のFX業者は顧客がFXで借金を負わないように顧客保護のシステムを備えています。

<FX業者の顧客保護>

全ての国内FX業者+一部の海外FX業者
→ 強制ロスカット

主要な海外FX業者
→ 強制ロスカット+ゼロカット

強制ロスカット
→ 顧客のポジションの含み損が増えたらFX業者が強制的にそのポジションを損切りするというルール(業者ごとに強制ロスカットになる水準は異なる)

ゼロカット
→ 入金額以上の損失を顧客は負わないというルール

上記を見てもらえばわかりますが、ゼロカットがある場合には、どのような状況でも顧客がFXで借金を負うという状況はありえません。

FXで借金を負うという状況は、ゼロカットを採用していないFX業者を利用している場合にのみ起こります。

ゼロカットを採用していないFX業者は、追証(おいしょう)の規定が必ずあります。

口座残高がマイナスになった場合には、そのマイナス分をさらに入金しなければいけないという規定です。

このマイナス分がすぐに支払えないような額になってしまった場合に、FXで借金を負うという状況になります。

ボナパル
ボナパル
ゼロカットを採用していないFX業者で、口座残高がマイナスになってしまった場合にFXで借金を負うということです。
最強の顧客保護!追証なしの「ゼロカットシステム」を徹底解説
デメリットなし!海外FXのゼロカットシステムを理解する この記事でわかること 海外FXのゼロカットシステムの内容と採用している業者 海外FXのゼロカットシス...

2、口座残高がマイナスになってしまう状況

口座残高がマイナスになってしまう状況が起こるのは、強制ロスカットが想定より遠くで執行されてしまった場合です。

<強制ロスカットが想定より遠くで執行される状況>

・FX会社にシステム的なトラブルが起きた時

FX業者のシステム障害によりスプレッドが驚くほど広がり、強制ロスカットされる価格よりもはるかに遠い価格で強制ロスカットが執行された場合など。

・「○○ショック」のような相場の急変時

あまりの暴騰、暴落のためにインターバンクが価格をすぐに提示できず、強制ロスカットされる価格よりもはるかに遠い価格が提示され、そこで強制ロスカットが執行された場合など。

前者は、国内FX業者の楽天FXにおいて、USD/JPY(ドル円)で1,504pipsというスプレッドを提示した事件などがこれに当たります。

後者の○○ショックというは、リーマンショック(2008)、東日本大震災(2011)、スイスフランショック(2015)などがあたり、それなりの頻度で起きています。

これらの状況の時に、ゼロカットのないFX業者でポジションを持っていた場合には借金を負う可能性があります。

スイスフランショックの原因とその被害をわかりやすく解説 この記事でわかること ・スイスフランショックの原因 ・スイスフランショックの被害 スイスフラン...

3、追証(おいしょう)により借金が発生

ゼロカットのないFX業者で、口座残高がマイナスになってしまうと追証(おいしょう)」が発生します。

「追証(おいしょう)」とは、追加の証拠金の意味です。

「追証」が発生したというのは、強制ロスカットによって口座に入れている資金が不足した結果、FX業者から追加の証拠金を求められるということを意味します。

FX業者が「追証(追証が)」を求めてきた場合、基本的には顧客には支払い義務が生じます。

FX業者のシステム障害の場合でも、規約に「システム環境に不具合が生じ、ロスカット機能が働かない場合においてもFX業者は一切責任は負わない」といった旨の記載がされているはずなので、基本的に支払い義務が生じます。

この口座残高のマイナス分がすぐに支払えないような額になってしまった場合に、FXで借金を負うという状況になります。

もし追証を支払わなければ、裁判所命令での銀行口座の凍結、資産の差し押さえなどが執行されることになります。

FXで借金を負わないためにできること

FXで借金を負ってしまう状況について見てきました。ここでは、その回避法について考えます。

FXで借金を負うという状況を絶対的に避けるために、私たちができることはひとつだけです。

ゼロカットが採用されている海外FX業者を使うこと

国内のFX業者でゼロカットを採用していることはなく、すべての業者で「追証(おいしょう)」の規定があります。

結局、強制ロスカットというシステムだけでは、顧客保護としては不十分なのです。

ゼロカットがあることが顧客にとって絶対的な安全弁となるということを覚えておきましょう。

FXにおける借金の回避方法まとめ

・FXで借金を負うという状態になるのは、「ゼロカットを採用していないFX業者で」、「口座残高がマイナスになり」、「追証が発生した場合」

・ゼロカットを採用しているのは、主要な海外FX業者

・すべての国内FX業者、一部の海外FX業者にはゼロカットのかわりに追証の規定がある

通常の相場状態でFXで借金をするという事態は、ほぼありません。

FXで借金を抱えるという事態は、ゼロカットを採用していないFX業者で追証(おいしょう)が発生することで起こります。

このような事態を防ぐためには「ゼロカットシステム」を採用する海外FX業者を利用するしかありません。

たった一回のFXでの事故で人生が終わったとならないように、海外FX業者の利用をオススメします。

オススメの海外FX業者はここだ!
オススメの海外FX業者はここだ! この記事でわかること 私的な海外FX業者の選択基準とオススメする海外FX業者 海外FX業者を選ぶため...