海外FX業者の比較

DD方式の海外FX業者を利用するメリット・デメリット

DD方式の海外FX業者を利用するメリット・デメリット
この記事でわかること

  • DD方式の海外FX業者を利用するメリット・デメリット

DD方式の海外FX業者は、スプレッドが狭いというメリットと業者に悪さをされる可能性があるというデメリットがあります。ここでは、DD方式の海外FX業者についてまとめていきます。

エヌ
エヌ
DD方式の海外FX業者を利用するかどうかは好みの部分がおおきくなります。

DD方式の海外FX業者を利用するメリット・デメリット

  • スプレッドが狭い
  • ハイレバレッジ
  • ゼロカットがあるためFXで借金を負う可能性がない
  • 顧客にとって不利になる行為が行われる可能性がある

DD方式の海外FX業者を利用するメリット

・スプレッドが狭い
→ NDDの海外FX業者よりもスプレッドが狭い

・ハイレバレッジ
→ 国内FX業者よりも必要資金が少なくて済む

・ゼロカットがあるためFXで借金を負う可能性がない
→ 国内FX業者は追証あり

DD方式の海外FX業者を利用するのメリットは、NDDの海外FX業者よりもスプレッドが狭いことがあげられます。

これは、スプレッドによる手数料収入よりも顧客の損失による収入の方が多いからと言われています。(DD方式の収益の構図より)

また、海外FX業者はどこもハイレバレッジが特徴です。

そのため、同じDD方式である国内FX業者を利用するよりも必要資金が少なくて済みます。

そして、DD方式の海外FX業者には、大体の場合ゼロカットがあります。

そのため、顧客の損失は入金額が限度になり、借金を負う可能性がありません。(追証は発生しない)

・追証とは

「追証(おいしょう)」とは、急激な相場の暴騰や暴落で口座残高がマイナスになった場合、不足のマイナス分をトレーダーが追加で支払わなければならないという仕組みです。

もし支払わなければ、裁判所命令での銀行口座の凍結、資産の差し押さえなどが執行されることになります。

なお、すべての日本のFX業者には「追証」を定めた規定があります。(FXで借金を負う可能性があるということ)

参考:デメリットなし!海外FXのゼロカットシステムを理解する

・DD方式の海外FX業者と国内FX業者の違い

DD方式の海外FX業者

  • ゼロカットがあるのでFXで借金を負う可能性はない
  • ハイレバレッジなので必要資金が少なくて済む
  • 儲かった時の税率が高い(累進課税で最高45%)

国内FX業者(国内FX業者はすべてDD方式)

  • ゼロカットがないのでFXで借金を負う可能性がある
  • 最大レバレッジが25倍なので海外FX業者より資金が必要になる
  • 儲かった時の税率が低い。(一律20.315%)

参考:国内FX業者を利用するメリット・デメリット

DD方式の海外FX業者を利用するデメリット

・顧客にとって不利になる行為が行われる可能性がある
→ 顧客の損失がFX業者の収益になるという構図があるため

DD方式とは、FX業者の約定方式(注文執行方式)のひとつです。

DD方式のFX業者は、FX業者内にあるディーリングデスクを通してから、インターバンクに注文を流します。

DD方式を採用しているFX業者は、いわゆる呑み業者と言われます。

DD方式は、顧客が注文を出した後、FX業者内のディーリングデスクのカバーディーラーを経て、インターバンク等に注文が流される方式とされていますが、実際には注文を流していないとされるためです。

外部に注文を流さないということは、顧客と反対のポジションをFX業者が持っているのと同じことになります。

つまり、顧客が損をすればFX業者が儲かり、顧客が儲かるとFX業者が損をするという状態です。

顧客に損をしてもらうことがFX業者の利益になるため、下記のような行為が国内FX業者で頻繁に行われている時期があり、問題になっていたことがありました。(国内FX業者はすべてDD方式のFX業者です。)

  • ストップ狩り
  • レートずらし
  • 約定拒否
  • 故意のシステムダウン
  • 故意のスリッページ
  • スキャルピングの禁止

現在はあからさまなことは少なくなりましたが、上記のような行為をFX業者にされる可能性が消せないのがDD方式のFX業者を利用するデメリットになります。

参考:FXにおける2つの約定方式!DD方式の業者とNDD方式の業者を比較する

DD方式とNDD方式の違い

DD方式(Dealing Desk)
→ 顧客が注文を出した後、ディーリングデスクを経て、インターバンク等に注文が流される方式

NDD方式(NDealing Desk)
→ 顧客が注文を出した後、ディーリングデスクを経ないで、インターバンク等に注文が流される方式

DD方式の海外FX業者を利用するかどうかの判断

DD方式の海外FX業者を利用するかどうかは、個々人の好みによります。

DD方式のFX業者が悪さ(ストップ狩りやレートずらし等)をしてくる可能性は少ない、または、無視できるレベルと考える方には、海外FX業者はオススメと言えます。

一方で、公正な取引を行いたいと考える方はNDD方式の海外FX業者を利用したほうが良いと思います。

DD方式の海外FX業者でオススメな業者

・iFOREX(アイフォレックス)
→ 運営歴が長く、高額の出金報告が多い業者

参考:iFOREXの特徴と評価!高額の出金報告が多い老舗の海外FX業者

・GEMFOREX(ゲムフォレックス)
→ 
ボーナスキャンペーンが充実している業者

参考:GEMFOREXの特徴と評価!無料で200種類以上の自動売買ソフトが利用可能な海外FX業者

・LAND-FX(ランドエフエックス)
→ 国内FX業者並にスプレッドが狭い業者

参考:LAND-FXの特徴と評価!スプレッドの狭さが売りの海外FX業者

DD方式の海外FX業者を利用するメリット・デメリットまとめ

  • スプレッドが狭い
  • ハイレバレッジ
  • ゼロカットがあるためFXで借金を負う可能性がない
  • 顧客にとって不利になる行為が行われる可能性がある

DD方式の海外FX業者を利用するかどうかの判断は人それぞれです。

「ストップ狩りなどはそんなに行われないはず」と割り切れる方には、DD方式の海外FX業者はオススメです。

NDD方式の海外FX業者がいいと思われる方は、そちらの海外FX業者を選択した方がいいと思います。

考え方次第で変わりますので、ご自身でよく考えてみるといいと思います。

オススメの海外FX業者はここだ!
私ならここを選ぶ!オススメの海外FX業者はここだ! ボーナスのある海外FX業者とボーナスのない海外FX業者からひとつずつオススメの業者を紹介します。 海外FX業者を選ぶた...