海外FXの入出金

海外FXにおけるcurfex経由の入出金のメリット・デメリット

海外FXにおけるcurfex経由の入出金のメリット・デメリット
この記事でわかること

  • curfex入出金のメリット・デメリット
  • curfexを経由しての入出金の仕組み

bitwalletと契約解除したAXIORYが採用したcurfex経由の入出金。ここではcurfex経由の入出金の仕組みとメリット・デメリットをみていきます。

エヌ
エヌ
AXIORYはcurfexの利用手数料を負担してくれており、手数料無料で入出金が行えます。

curfex経由の入出金のメリット・デメリット

  • FX業者次第で入出金の手数料が無料に
  • 基本的な利用手数料は高め

海外FX業者では、国内FX業者と違い入出金の方法によってコストに差がでます。

(※国内FX業者は、入出金ともに銀行振込で手数料無料のところが多いため悩む必要なし)

基本的に入金に関しては無料の方法もありますが、出金方法が手数料無料ということは少なく、いかに出金手数料を抑えることができるかが海外FXにおける入出金のテーマです。

海外FX業者からcurfexを経由して銀行口座へ出金する場合にかかるコストは、基本的には割高なのでオススメしません。

ですが、FX業者によってはcurfexの利用手数料を負担してくれている場合があります。

AXIORYにおいては、curfex(カーフェックス)の利用手数料を負担してくれているため、海外FX業者からの出金が手数料無料でいけます。

参考:オススメはこれだ!AXIORY(アキシオリー)のベストな入出金方法を考える

curfex(カーフェックス)の会社概要

curfexは、香港に本社のある国際決済サービスの会社。

国をまたいだ送金サービスを行う会社で、日本にも事業所(Curfex Japan株式会社)を置いています。

curfex(カーフェックス)の安全性

「Curfex Japan株式会社」は、関東財務局に資金移動業者として登録を受けています。

Curfex Japan株式会社は資金決済に関する法律(平成21年6月24日法律第59号。以下「資金決済法」といいます。)に基づき内閣総理大臣の登録を受けた資金移動業者です(登録番号:関東財務局長第00059号)。

怪しい会社ではないということです。

海外FXの入出金でcurfexを利用するメリット

  • FX業者次第で入出金の手数料が無料に

curfexを利用するメリットは、海外FX業者次第では、手数料が無料で入出金が行えるようになることです。

AXIORYでは、入金・出金ともにcurfexの利用でかかる手数料を負担しています。

そのおかげで、顧客は手数料無料で入出金を行うことができます。

<AXIORYの入出金手数料比較>

入金方法入金手数料出金手数料
クレジットカード無料
国内銀行送金(Curfex経由)無料
海外銀行送金3,000円くらい
SticPay1%~出金額の2.5%+600円
bitpayあり(bitpayの設定により手数料が変わる)

※どの入出金方法もAXIORYでかかる手数料は無料ですが、それ以外でかかる手数料を載せています。(海外銀行送金なら中継銀行の手数料、SticPayならSticPayへの入出金手数料です)
※AXIORYへの入手金額が2万円以下だと1,500円の手数料がAXIORYでも発生します。

海外FXの入出金でcurfexを利用するデメリット

  • 基本的な利用手数料は高め

curfexを利用するデメリットは、海外FX業者がcurfex利用の手数料を負担してくれない場合には手数料が高いことです。

curfexの手数料は、送金額の1%

手数料が固定額ではなく、入出金額の数%という決め方なので、出し入れする金額が大きければ大きいほど手数料をたくさん取られます。

場合によっては、海外送金で出金するよりも手数料が安くなる場合もありますが、海外FX業者がcurfex利用の手数料を負担してくれない場合には、積極的に利用する必要はないと言えます。(手数料が格安のbitwalletを利用した方がよい。)

curfex経由の入出金の仕組み

<curfex経由の入金の仕組み>

curfex_入金

<bitwallet経由の入金の仕組み(比較参考)>

bitwalletを海外FX業者への入金で利用

curfexは、bitwallet等と違ってオンラインウォレットの機能はありません

ただ単に送金の際に間に入って、送金サービスを行うだけです。

上図のとおり、bitwalletの場合には、bitwalletに入金してから海外FX業者に入金するという2回の入金手続きが必要になります。

一方、curfexはただ間にいるだけなので、curfexを経由してそのまま海外FX業者に着金します。1回の入金手続きで済むということです。

なお、出金の場合は、上図の矢印が逆になるだけです。

参考:出金手数料が格安!海外FXにおけるbitwallet入出金のメリット・デメリット

curfex経由のメリット・デメリットまとめ

  • FX業者次第で入出金の手数料が無料に
  • 基本的な利用手数料は高め

curfex(カーフェックス)を利用しての入出金は、送金額の1%の手数料がかかるため、基本的には積極的に利用する必要はありません。(bitwalletがあるならそちらの方が安い)

例外的に、curfexの手数料を海外FX業者が負担してくれる場合には、入出金が手数料無料で行えるため積極的に利用すべきです。

現在、AXIORYはcurfexの手数料を負担してくれるため、AXIORYを利用するならcurfex経由の国内銀行送金を積極的に利用しないと損です。

AXIORYの特徴と評価!スプレッドが狭く、安全性も高い海外FX業者
AXIORYの特徴と評価!スプレッドが狭く、安全性も高い海外FX業者 AXIORYは、2013年からサービスを開始している海外FX業者。スプレッドの狭さと安全性の高さが売りであり、わりとオススメの業...