逆張りナンピン手法はオススメしない理由

勝率が高い手法のひとつに逆張りナンピン手法があります。

暴騰や暴落の際に逆張りして、そこから暴騰・暴落したらさらにポジションを積んでいくという手法です。

急激な相場変動は戻る場合がほとんどですので、この手法は勝率が高くなります。

ですが、99回勝っても1回で資金を飛ばしてしまうような手法なので全くオススメできません。

逆張りナンピン手法とは

逆張りナンピン手法とは、暴騰や暴落の際に逆張りしてポジションをとり、そこから暴騰・暴落したら、さらにポジションを積んでいくという手法です。

基本ロスカットは設定せず、暴騰・暴落の反動で価格が戻ってきたところで利食うというようなスタイルの手法になります。

ナンピンの結果、平均取得単価はよくなっているため、多少価格が戻ってきさえすれば利食える価格帯になります。

例えば、わかりやすく説明すると以下のようになります。

ドル円が100円から99円に暴落したので10万通貨を買い、98.5円まで下がったのでさらに10万通貨を買い、98円までさらに下がったので10万通貨を買います。

この時、平均取得単価は98.5円((99+98.5+98)÷3)ですので、98.5円が損益分岐点の価格になります。

価格が98.5円より高くなれば、つまり安値から50pipsくらい戻れば儲かる状態になります。

200pipsも下落したら50pipsくらいはたいてい戻ります。

そのためこの逆張りナンピン手法は高勝率になるということです、

価格が戻らないと悲惨な状態に

ほとんどの場合、儲かると言ってもいい逆張りナンピンの手法ですが価格が戻らなければ当然のことながら悲惨な状態になります。

逆張りということですので、直近のトレンドに逆らうかたちでポジションをとっているわけです。

そのトレンドが強かった場合、ひたすら逆にもっていかれ含み損に喘ぐこととなります。

また、逆張りナンピンはロスカットを想定していないため、損切れないか、損切りをしても「耐えられないから投げる」というような感覚的なものになります。

そのため、多くの場合なぜか底や天井で投げることになります。

1回のミスで資金の大半を吹っ飛ばすか、ゼロカットの憂き目にあうのが逆張りナンピンという手法です。

直近だとユーロを買っていると悲惨な状態

直近だとユーロがひたすら売られています。

例えば、ユーロドルだと下記のチャートのような状態です。

上記チャートはユーロドルの日足です。

わかりやすいようにラインを引いてみましたが、ラインを下に割ってからひたすら下げ続けています。そして目につく範囲での安値も割り込んでいます。(5/30現在)

ラインを割ってから1か月くらいで、600pips以上の下落です。

そろそろ戻るだろうでユーロを買って、さらにナンピンなどをしている人は大惨事になっていると思います。

海外FXでナンピンはオススメしない

海外FXの売りのひとつはハイレバレッジです。

ハイレバレッジというのは少ない資金で効率よく稼ぐのためには大事なシステムですが、下手なことをすると資金が一瞬で溶けます。

ナンピンという方法は、使いようによっては使えるという話もありますが、海外FXのような証拠金取引でレバレッジをかける場合にはあまり当てはまらないと個人的には思います。

株の現物などはずっと持っているつもりで買っているならいいかもしれません。

人は損失を回避する行動があるので、できれば損をしない高勝率の手法を求めがちです。

ですが、高勝率であることがトレードで安定して稼ぐための絶対条件ではありません。

現在ナンピンをしている方は、再考した方がよいと思います。

本日のまとめ

・逆張りナンピンは高勝率だが1回で破産する可能性がある。

・海外FXのような証拠金取引でのナンピンはオススメしない。

関連記事

ライン(水平線)の引き方の基礎とトレードへの活かし方

トレードの検証・分析に!Forex Tester(フォレックステスター) のスス...

きちんと理解できている?通貨ペアの読み方と為替レートの意味

FXトレードにおける資金管理の方法を語る

トレードをするにあたって、まず決めるべきこと

どのインジケーターを使えば効率よく勝てるのか。インジケーターの選択方法