海外FX業者の比較

TitanFXとAXIORYを比較する

TitanFXとAXIORYを比較する
この記事でわかること

  • TitanFXとAXIORYの比較

どちらもスプレッドの狭さを売りとしているTitanFXとAXIORY。どちらを選ぶのが良いのか比較検討していきます。

エヌ
エヌ
個人的にはAXIORYの方がオススメです。

参考:AXIORYの特徴と評価!スプレッドが狭く、安全性も高い海外FX業者

TitanFXとAXIORYの共通点

TitanFXとAXIORYの共通点

  • ボーナスキャンペーンは基本ない
  • スプレッドの狭さを売りとしている

TitanFXAXIORYはどちらもボーナスキャンペーンが基本なく、スプレッドの狭さを売りとしているという特徴があります。

そのため、スプレッドの狭さを重視する方にはどちらも人気のある海外FX業者です。

※稀にボーナスキャンペーンをやったりもします。

参考:AXIORYでお中元ボーナスキャンペーンが開催されます

TitanFXとAXIORYの取引スペックの比較

最大レバレッジ

TitanFX(500倍)>AXIORY(400倍)

平均スプレッド

大差なし

安全性・信頼性

AXIORYの方がよい。(信託保全あり)

最大レバレッジの比較

最大レバレッジ

TitanFX(500倍)>AXIORY(400倍)

最大レバレッジはTitanFXの方が大きいので、必要資金はTitanFXの方が少なく済みます。

この100倍差が、実際どれくらいの必要証拠金の差になるかを見てみます。

<必要証拠金を比較>

ドル円が110円の時に1万通貨を売買する場合

・TitanFX(最大レバレッジ500倍)の場合
→ 2,200円の証拠金が必要になります。

110円×10,000通貨÷500倍=2,200円

・AXIORY(最大レバレッジ400倍)の場合
→ 2,750円の証拠金が必要になります。

110円×10,000通貨÷400倍=2,750円

・国内FX業者(最大レバレッジ25倍)の場合(参考)
→ 44,000円の証拠金が必要になります。

110円×10,000通貨÷25倍=44,000円

上記例の場合、TitanFXとAXIORYとの必要証拠金の差異は、1万通貨で550円、10万通貨なら5,500円、100万通貨なら55,000円になります。

この差が大きいとみるか小さいとみるかは人それぞれですが、TitanFXの方が必要資金が少なくて済むということがわかります。

参考:資金管理さえしていればハイレバレッジにはメリットしかない理由

平均スプレッドの比較

平均スプレッド

大差なし

TitanFXAXIORYのスプレットを比較すると、通貨ペアにもよりますが、全般的にAXIORYの方が微妙にスプレッドが狭いですが大差はありません

主要な通貨ペアの平均スプレッドを口座タイプごとに表にしたものが下記になります。

・STP口座の平均スプレッドの比較表

通貨ペアTitanFXAXIORY
ドル円1.33pips1.3pips
ユーロ円1.74pips1.9pips
ポンド円2.45pips2.0pips
豪ドル円2.12pips1.7pips
ユーロドル1.2pips1.3pips
ポンド円1.57pips1.2pips

・ECN口座の平均スプレッドの比較表

通貨ペアTitanFX
(ブレード口座)
AXIORY
(ナノスプレッド口座)
ドル円1.03pips
(0.33pips)
1.1pips
(0.5pips)
ユーロ円1.44pips
(0.74pips)
1.2pips
(0.6pips)
ポンド円2.15pips
(1.45pips)
1.7pips
(1.1pips)
豪ドル円1.82pips
(1.12pips)
1.3pips
(0.7pips)
ユーロドル0.9pips
(0.2pips)
0.8pips
(0.2pips)
ポンドドル1.27pips
(0.57pips)
1.0pips
(0.4pips)

※青字が取引手数料込みのスプレッド、()内が見た目上のスプレッドになります。

安全性・信頼性の比較

安全性・信頼性

AXIORYの方がよい。(信託保全あり)

TitanFXAXIORYで運営歴(1年違い)、金融ライセンス(どちらもマイナーライセンス)に大差はありません。

差がつくのは、顧客資金の管理方法。

AXIORYは「分別管理+信託保全」ですが、TitanFXは「分別管理」のみ。

そのため、AXIORYの方が安全性が高いと言えます。

運営歴の比較:長ければ長いほど安全性・信頼性アップ

  • TitanFX
    → 2014年設立、2020現在で運営歴6年
  • AXIORY
    → 2013年設立、2020年現在で運営歴7年

金融ライセンスの比較:取得難易度が高いラインセスだと安全性・信頼性アップ

  • TitanFX
    → バヌアツ共和国の金融サービス委員会(VFSC)
  • AXIORY
    → ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)

分別管理・信託保全の比較:信託保全がある方が安全性・信頼性アップ

  • TitanFX
    → 分別管理のみ
  • AXIORY
    → 分別管理+外部の第三者監督機関による信託保全

TitanFXとAXIORYの比較まとめ

最大レバレッジ

TitanFX(500倍)>AXIORY(400倍)

平均スプレッド

大差なし

安全性・信頼性

AXIORYの方がよい。(信託保全あり)

どちらの業者を選ぶかは、正直好みの問題です。

全体的にはAXIORYの方がスペックが良いように見えますが、最大レバレッジを重視するならばTitanFXもありです。

個人的にはAXIORYの方がいいかなと思います。