海外FX業者の比較

国内FX業者と海外FX業者の違いを10項目で比較する!

この記事でわかること

  • 国内FX業者と海外FX業者との比較

国内FX業者と海外FX業者を10項目で比較していきます。

エヌ
エヌ
国内FX業者の最大のメリットは儲かった場合の税率の低さ。一方、海外FX業者の最大のメリットはFXで借金を負う可能性がないことです

国内FX業者と海外FX業者の比較

国内FX業者と海外FX業者の比較

  1. 最大レバレッジの比較
    → 海外FX業者の方がメリットあり
  2. 顧客資金の安全性の比較
    → 国内FX業者の方がメリットあり
  3. 入出金手続きの簡易さ
    → 国内FX業者の方がメリットあり
  4. 約定方式の比較
    → 海外FX業者の方がメリットあり
  5. 顧客保護のシステムの比較
    → 海外FX業者の方がメリットあり
  6. ボーナスキャンペーンの比較
    → 海外FX業者の方がメリットあり
  7. 通貨ペアの数の比較
    → 海外FX業者の方がメリットあり
  8. 日本語サポートの比較
    → 国内FX業者の方がメリットあり
  9. 口座開設にかかる時間の比較
    → 海外FX業者の方がメリットあり
  10. 税金の比較
    → 国内FX業者の方がメリットあり

1、最大レバレッジの比較

・最大レバレッジの比較でわかること
→ FXをするための必要資金が多いか少ないか

・国内FX業者のレバレッジ
→ どの業者も最大25倍

・海外FX業者のレバレッジ
→ 業者により最大400倍~3,000倍

最大レバレッジの比較でわかることは、FXをするための必要とされる資金の量の多さです。

一般に、最大レバレッジが大きいほど必要資金が少なくて済みます。

国内FX業者は、日本の金融商品取引法による規制によって、どの業者も最大レバレッジは25倍に制限されています。

一方、海外FX業者は、日本国外にあるため金融商品取引法による規制は受けません。

そのため、最大レバレッジが大きい海外FX業者の方が国内FX業者よりも必要資金が少なくて済むので、海外FX業者の方がメリットが大きいと言えます。

なお、最大レバレッジが高いと危険という認識の方もいるかもしれませんが、基本的に危険なものではありません。

参考:海外FXにおけるハイレバレッジ取引の魅力

参考:資金管理さえしていればハイレバレッジにはメリットしかない理由

2、顧客資金の安全性の比較

・顧客資金の安全性の比較でわかること
→ 顧客資金がきちんと守られて、出金できるかどうか

・国内FX業者の安全性・信頼性
→ 
すべての業者が信託保全を完備しているため、かなり安全

・海外FX業者の安全性・信頼性
→ 基本は分別管理のみ、安全性は業者ごとに異なる

顧客資金の安全性の比較でわかることは、入金した顧客資金がきちんと守られ、出金できるかということです。

国内FX業者の場合、金融商品取引法によって信託保全が義務化されているため、たとえ業者が倒産しても顧客資金は守られます。

一方、海外FX業者の場合、各々登録している金融ライセンスが異なるため、業者ごとに顧客資金の管理方法が異なります。

一番多いのは、分別管理のみという方法ですが、業者によっては顧客資金の信託保全まで整備しているところもあります。

どの業者を選んでも信託保全を完備している国内FX業者の方が、全般的に顧客資金の安全性は高いと言えます。

参考:海外FX業者の安全性!分別管理と信託保全の違いを理解する

3、入出金手続きの簡易さの比較

・入出金手続きの簡易さ比較でわかること
→ 入出金が簡単かどうか

・国内FX業者の入出金
→ 国内銀行送金(銀行振込)
→ 入出金ともに無料

・海外FX業者の入出金
→ 国内銀行送金(銀行振込)・クレジットカード入金等、業者によって多種多様
→ 
入金のみ手数料無料の場合が多い

入出金手続きが簡単かどうかは、地味に大事なところです。

国内FX業者での入出金は、一般的な銀行振込です。

クイック入金というシステムが整備されており、入金に関しては即時反映されるところが多いです。出金に関しては、通常の銀行振込の日数がかかります。

また、入出金手数料はほとんどの場合無料です。

一方、海外FX業者の入出金は、業者によって多種多様です。

大体どこの業者もクレジットカード入金と海外銀行送金はある印象。

基本的に入金は即時反映され手数料は無料ですが、出金は出金手数料がかかる場合が多く、出金方法によっては時間もかかる場合があります。(3~5営業日)

一般的な銀行振込を利用でき、手数料が無料の国内FX業者の方が、入出金に手間がないと言えます。

4、約定方式(取引方式)の比較

・約定方式の比較でわかること
→ 取引に公正さがあるかどうか

・国内FX業者の約定方式
→ 
DD方式(業者に悪さをされる可能性がある約定方式)

・海外FX業者の約定方式
→ 
NDD方式(公正な約定方式)

約定方式の比較でわかることは、取引に公正さがあるかどうかです。

DDとはディーリンデスク、NDDとはノーディリングデスクのことです。

顧客が注文を発注してからインターバンクに注文が届くまでの間にディーリングデスクのディーラーを挟むか挟まないかが両方式の違いです。

国内FX業者は、DD方式を採用しています。

DD方式は、顧客とインターバンクの間に業者のディーラーが介在し、ディーラーが顧客の注文を受けたうえでインターバンクに流すという建前の方式です。

ですが、実際には顧客の注文を呑んでインターバンクには注文を流していないとされており、DD方式の業者は呑み業者と言われます。

このようなDD方式の業者は、顧客が損をすればFX業者が儲かり、顧客が儲かるとFX業者が損をするという特徴があります。

そのため、ストップ狩りやレートずらしなど顧客に損をさせるような行為が国内FX業者では目立つ時期がありました。

一方、主要な海外FX業者はNDD方式を採用しています。

顧客とインターバンクの間に業者のディーラーは介在せず、業者は基本的に注文をそのままインターバンクに流します。

そのため、NDD方式は一般的に公正な約定方式とされます。

海外FX業者の中にもDD方式の業者はありますが、主要な海外FX業者はNDD方式を採用しているので国内FX業者よりも海外FX業者の方がよいと言えます。

参考:FXにおける2つの約定方式!DD方式の業者とNDD方式の業者を比較する

参考:過去に楽天FXがやらかしたスプレッド1,500pips拡大事件とその対応

5、顧客保護のシステムの比較(追証の有無)

・顧客保護のシステムの比較でわかること
→ FXで借金を負う可能性があるかないか

・国内FX業者の顧客保護システム
→ 
強制ロスカットのみ(追証あり)

・海外FX業者の顧客保護システム
→ 
強制ロスカット+ゼロカット(追証なし)

顧客保護システムの比較でわかることは、FXで借金を負う可能性の有無です。

国内FX業者と海外FX業者に共通なのは強制ロスカットです。

これは、顧客が口座残高以上の損失を負わないために、顧客が持っているポジションを業者が強制的に損切りするシステムです。

これは業者が適当に気分で損切りするわけではなく、業者ごとのロスカット水準が定められており、この水準に達してしまうと強制ロスカットがなされることになります。

強制ロスカットは、口座残高以上の損失を負わないためのものですが、これまで相場が急変した場合などに、強制ロスカットがうまくいかずに口座残高以上のマイナスが発生した場合が何度もあります。

この場合に、ゼロカットのある海外FX業者では損失は入金額に限定されますが、ゼロカットのない国内FX業者では、追証(おいしょう)として口座残高のマイナス分を追加で入金することを求められます。

つまり、国内FX業者の場合、FXで借金を負う可能性があるということです。

そのため、ゼロカットのある海外FX業者の方が、万が一の時の安全性が高いと言うことができます。

参考:なぜFXで借金を負うのか?借金を負わないためにできること

参考:デメリットなし!海外FXのゼロカットシステムを理解する

ロスカット水準

ロスカット水準は国内FX業者でだいたい50~100%、海外FX業者だと0%~30%というのが一般的です。

ロスカット水準は「有効証拠金(口座残高+評価損益)÷必要証拠金(ポジションを持つために必要な証拠金)×100」で計算されます。

追証とは

「追証(おいしょう)」とは、急激な相場の暴騰や暴落で口座残高がマイナスになった場合、不足のマイナス分をトレーダーが追加で支払わなければならないという仕組みです。

もし支払わなければ、裁判所命令での銀行口座の凍結、資産の差し押さえなどが執行されることになります。

なお、すべての日本のFX業者には「追証」を定めた規定があります。(FXで借金を負う可能性があるということ)

参考:デメリットなし!海外FXのゼロカットシステムを理解する

6、ボーナスキャンペーンの比較

・ボーナスキャンペーンの比較でわかること
→ ボーナスキャンペーンが充実しているかどうか

・国内FX業者のボーナスキャンペーン
→ 主に
キャッシュバック

・海外FX業者のボーナスキャンペーン
→ 
口座開設ボーナス・入金ボーナス・キャッシュバック

ボーナスキャンペーンは、国内FX業者、海外FX業者共に行われています。

一般的にボーナスキャンペーンが充実しているのは海外FX業者の方です。

国内FX業者のDMMFXの場合は、取引回数に応じてキャッシュバックがあります。

一方、海外FX業者のXMの場合、口座開設をすると3,000円のボーナス、入金すると入金額に応じてボーナス、さらに取引毎にキャッシュバックがあります。

海外FX業者で多いのは入金ボーナスで、入金額に応じてその業者だけで使える証拠金がもらえるものです。(ボーナスの内容は業者によって異なる)

海外FX業者は、ボーナスの種類が多く、多くの業者がボーナスキャンペーンを行っているので国内FX業者よりもメリットがあると言えます。

参考:主要な海外FX業者のボーナスキャンペーン比較

参考:主要な海外FX業者のキャッシュバックキャンペーン比較

海外FX業者のボーナスとは

ボーナスというのは、海外FX業者において証拠金としてだけ使えるお金です。

つまり、トレードするためだけに使えるバーチャルなお金がボーナスです。

ボーナス自体は出金できませんが、ボーナスを利用して稼いだお金は出金できます。

7、通貨ペアの数(取引できる銘柄の多さ)の比較

・通貨ペア数の比較でわかること
→ 取引できる銘柄の多さ

・国内FX業者の取扱銘柄
→ 
通貨ペア20種類前後

・海外FX業者の取扱銘柄
→ 
通貨ペア60種類前後+貴金属・原油・株価指数などのCFD

国内FX業者の場合には、通貨ペアのみ20種類前後の業者がほとんどです。

為替のみトレードできるのが国内FX業者ということです。(CFD等を取引したい場合にはFXの口座とは別にCFDの口座を開く必要あり)

一方、海外FX業者の場合には、通貨ペアは60種類前後の業者が多く、また、同一口座で貴金属・原油・株価指数等のCFDもトレード可能です。

ひとつの口座で様々な対象をトレードできるため、利便性が高いのは海外FX業者の方と言えます。

8、日本語サポートの比較

・日本語サポートの比較でわかること
→ 日本語でのサポートの受けやすさ

・国内FX業者の日本語サポート
→ 当然、日本語サポートあり

・海外FX業者の日本語ポート
→ たいていの業者で日本語サポートあり

国内FX業者は、日本の企業なので当然日本語サポートがあります。

一方、海外FX業者もほとんどの業者で日本語サポートがあります。(日本人のサポート担当がいる場合が多い)

そのため、海外FX業者を利用するにあたって英語の不安というのは持つ必要がありません。

ただし、サポートの質に関してはやはり、日本の企業である国内FX業者の方が安心というところはあると思います。

参考:海外FXに関してよくある疑問に対する答え

9、口座開設にかかる時間の比較

・口座開設にかかる時間の比較でわかること
→ 口座開設が簡単かどうか

・国内FX業者の口座開設にかかる時間
→ 
ネットのみで完結せず、郵送を経るため数営業日かかる

・海外FX業者の口座開設にかかる時間
→ 
ネットのみで完結、10分くらいで完了

国内FX業者の場合、ネットで申込後に取引パスワードを郵送するという過程があるため、申込から取引開始までに数営業日かかります。

一方、海外FX業者の場合、ネットのみで口座開設が完了するため、10分程度で取引が開始できます。

海外FX業者の方が手間がかからず、簡単に口座開設ができることがわかります。

参考:海外FX業者の口座開設手順と必要書類のまとめ

10、税金の比較

・税金の比較でわかること
→ 儲かった場合、どちらが税金をもっていかれるか

・国内FX業者の税金
→ 
利益に対して、一律20.315%

・海外FX業者の税金 
→ 
利益に対して、15~55%(他の所得と合算して率が決まる)

国内FX業者を利用した場合の税金は、申告分離課税のため、いくら稼いでも一律20.315%です。(所得税15.315%+住民税5%)

一方、海外FX業者を利用した場合の税金は、総合課税のため、他の所得と合算されての累進課税となります。

サラリーマンの方なら、給料としてもらっている所得に海外FXで稼いだ分の利益を足した所得金額の税率を納める必要があるということです。

累進課税の表をみると、「所得金額(給料)+FXで稼いだ金額が330万円を超えてくるなら、国内FX業者を利用した方が税金的にはお得になる」ということがわかります。

参考:海外FXの確定申告のまとめ(確定申告をする必要がある人、納税額の計算方法等)

・累進課税の表

課税所得金額税率(所得税+住民税)所得税住民税
195万円以下15%5%10%
195〜330万円以下20%10%10%
330〜695万円以下30%20%10%
695〜900万円以下33%23%10%
900〜1800万円以下43%33%10%
1800万円~4000万円以下50%40%10%
4000万円~55%45%10%

国内FX業者と海外FX業者どちらを選ぶべきか

国内FX業者と海外FX業者の選択基準

・国内FX業者にした方がいい人
→ 使える資金が多い人、利益に対する税金を重視する人

・海外FX業者にした方がいい人
→ 使える資金が少ない人、万が一の時の安全性を重視する人

国内FX業者にした方がいい人

国内FX業者は、利益に対する税率の面で圧倒的に海外FX業者よりも優れています。

そのため、すでにFXに利用できる資金が多く、最大レバレッジが低くても問題ない方は国内FX業者を使った方がよいでしょう。

また、日本企業の安全性・信頼性は何にも代えがたいと考える人も国内FX業者をオススメします。

国内FX業者はどこもスペックは横並びなので、企業規模の大きいところで口座開設すればいいと思います。

その場合、ポイントサイトを利用すると5,000円~10,000円くらいキャッシュバックがもらえるのでお得です。

海外FX業者にした方がいい人

現在FXに使える資金が少額の方は迷わず海外FX業者です。

使える資金が少ないと、最大レバレッジ25倍の国内FXでは税率20.315%の恩恵は薄いです。(使える資金が少ないと得られる利益も少ないため)

海外FXの最大のメリットは、ゼロカットシステムがあること。(追証がないこと)

万が一の時でもFXで借金を負うことは100%ありません。

そのため、万が一の時の安全性を重視するなら海外FX業者で取引すべきです。

国内FX業者と海外FX業者の比較のまとめ

国内FX業者と海外FX業者の比較

  1. 最大レバレッジの比較
    → 海外FX業者の方がメリットあり
  2. 顧客資金の安全性の比較
    → 国内FX業者の方がメリットあり
  3. 入出金手続きの簡易さ
    → 国内FX業者の方がメリットあり
  4. 約定方式の比較
    → 海外FX業者の方がメリットあり
  5. 顧客保護のシステムの比較
    → 海外FX業者の方がメリットあり
  6. ボーナスキャンペーンの比較
    → 海外FX業者の方がメリットあり
  7. 通貨ペアの数の比較
    → 海外FX業者の方がメリットあり
  8. 日本語サポートの比較
    → 国内FX業者の方がメリットあり
  9. 口座開設にかかる時間の比較
    → 海外FX業者の方がメリットあり
  10. 税金の比較
    → 国内FX業者の方がメリットあり

国内FX業者の最大のメリットは、利益に対する税率が低いこと。

海外FX業者の最大のメリットは、万が一の時にFXで借金を負う可能性がないことです。

各人で何を重視するかは異なりますので、どちらがいいか絶対的な正解はありません。

私の場合は、多少税金を多く払っても、一回の事故やミスで人生が終わってしまうような借金を負わないことを重視して海外FX業者を利用しています。

FX業者選びの参考にしてみてください。

オススメの海外FX業者はここだ!
私ならここを選ぶ!オススメの海外FX業者はここだ! ボーナスのある海外FX業者とボーナスのない海外FX業者からひとつずつオススメの業者を紹介します。 海外FX業者を選ぶた...